2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イスラエルにとっての"peace & security" ~それはイラン抹殺なのだ | トップページ | エゼキエル書38章13節に見るアメリカ »

2013年8月 9日 (金)

Breaking News:本日のVORは盛り沢山

「アルカイダ」 見えない爆弾を発明

「アルカイダ・アラビア半島」の火薬製造の専門家イブラギム・アル-アズィリ氏は、空港などの通常の検査では検出されない新しいタイプの爆弾を発明した。
   新聞Corriere della Seraがワシントンの消息筋の話として報じたところでは、この爆発物質は水に溶けるもので、テロリストは自分の衣服をその溶液に浸した上で、それを乾かし身に着けて使用する。爆発させる際には、携帯電話の中に隠した化学的な起爆装置あるいは機器の助けを借りる。
   なお麻薬密売人のやり方を借用した、人体に爆発物質を埋め込む所謂「外科的テロリズム」は、この方法とはべつものである。

  ロシア及び外国の複数のマスメディア報道から

* --;・・・毎度おなじみ困った時のアルカイダ・・・お郷が知れるとはこのことでしょうか。

新型コロナウイルスの感染源はラクダか

  中東を中心に広がっている中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの研究者たちは、ラクダが感染源の可能性があるとの結論に達した。
   研究チームの情報によると、オマーンのラクダの血清から、MERSコロナウイルスの抗体が検出されたという。研究チームは、ラクダが人への感染源の可能性があるとの見方を表している。
   世界保健機関はこれより先、MERSコロナウイルスは世界を脅かす存在になっていると発表した。MERSコロナウイルスが初めて確認されたのは2012年。これまでに約100人が感染、そのうちの約50人が死亡している。

* --;・・・もうすでに黙示録、第四の騎士・・・青白い馬の封印が解かれている?なんてことはないのだろうか・・・黙示録の記述と現実世界の整合性の吟味ほど難しいものはない・・・

台湾 原発から放射性物質を含む水が漏出している恐れがあると発表

台湾当局は、3年間にわたって原発から放射性物質を含む水が漏れ続けている恐れがあると発表した。ロイター通信が伝えた。
   監察院(台湾の監督機関)の情報によると、汚染水が漏れているのは台湾電力の金山(チンシャン)原子力発電所。
   監察院は、台湾電力の作業ミスに関する報告書を提出し、台湾電力には使用済み燃料の処理に関する詳細な計画がないと主張した。一方で台湾電力はこれに反論し、放射性物質を含む水は縮合物だと発表、床掃除の水は、放射性物質のような特質をもっており、今回その痕跡が検出されたとの見方を表した。台湾電力は、放射性物質を含む水は核燃料サイクルで使用されているため、環境汚染の恐れはないと主張したが、監察院は台湾電力に対し、汚染水漏れの防止や、原因の究明を求めている。

* --;・・・臭いものには蓋をする。これはなにも日本に限った事ではなく万国共通のようです。

ローマ法王 マネーロンダリング対策に取り組む

ローマ法王は、財務安全保障委員会を設立した。同委員会は、教皇庁の全ての機関と寄付金を集めている団体を管理し、偽装ファンドの設立やマネーロンダリングの防止などに取り組む。
   ローマ法王は2013年6月、一連のスキャンダルが勃発した後、バチカン銀行の活動を調査する特別委員会を設立し、バチカン市国の刑法を大幅に改正した。

イタル・タス、ロシア24

* バチカンの闇って、どこまで深いのでしょうか?地獄の底に達してしまいそうです --;・・・黙示録17、18章の「バビロンの大淫婦」の解釈には正解がいくつかありそうですが、霊的意味においての正解最右翼はやはりバチカンをおいて他にはないとつい、考えてしまう。

HSBCホールディングスの在英各国大使を含む、バチカン口座の取扱い中止、他の銀行に口座を移すよう通達を受け、一番困ったのはバチカンだそうな。

HSBCホールディングスのこの情報に関しても、いくつかのウラ読み情報があるようですが、ここでは触れません。
イングランド銀行、ECB、FRBの実質的オーナーであるロスチャイルド家の鶴の一声で、その運命は決まるかもしれません。
ただ注意したいのは万が一の事態が起きた場合・・・リーマン・ブラザース破綻の時と違うところ。それはリーマンが投資銀行であったのに比べHSBC(香港上海銀行)の場合、投資銀行業務だけではなく、一般の商業銀行業務も扱っていると言う事(日本からはすでに撤退したようですけど)で、その金融爆弾の破壊力はリーマンの時の比ではないということです。キプロスのバンクホリデーはその実験場であったのかも??

連中の恐ろしいところは、やる時は世界トップクラス級のオーナー銀行でも平気で計画倒産させ、資産を強奪するというデモニック(サタニック、悪魔的)なところです。

« イスラエルにとっての"peace & security" ~それはイラン抹殺なのだ | トップページ | エゼキエル書38章13節に見るアメリカ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

キリストは、神の御姿であられる方なのに、
神のあり方を捨てることができないとは考えないで、
ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、
人間と同じようになられたのです、
(ピリピ6-7)

神ご自身がその栄光の座に留まること。
そうすれば、イエスさまは全く苦しむこともなく、
その座の栄光の輝きの中で
天の軍勢の讃美の中に留まることがおできになられたことでしょう。
けれども、神は愛の窮みであり、
人間を創造されたお方。(ヨハネ1・3)
その人間が罪のゆえに滅びに向かうのを黙って見過ごすことが
おできにならなかった。
それゆえ、神のあり方を捨てるという
とうてい考えもつかない方法でへりくだられて
人間のご性質をもって神が地上に下られた。
天地を創造された方が一人の人の中に入られたという
そのへりくだりがどれほどのものだったのかを思う時、
わたしのような人間の愚かな思いをはるかに越えた神の愛の深さを知ります。
イエスさまが背負われた罪の重荷の中に
私自身の生涯の罪も入っていることを・・・。
罪を悲しむとともにイエスさまが十字架で贖いを完成してくださった
恵みを心から感謝!

キリストは人としての性質をもって現われ、
自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも
従われたのです。(ピリピ2・8)

それゆえ、神は、キリストを高く上げて、すべての名にまさる名を
お与えになりました。
イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、
地の下にあるものすべてが、ひざをかがめ、
すべての口が「イエス・キリストは主である。」と告白して、
父なる神がほめたたえられるためです。(ピリピ2・9-11)

enjeruさん、いつもありがとうございます。

今回もまた心に染み入るコメント、恐れ入ります。
何となく本日アップしたエントリーの補足、フォローも兼ねていてうれしく感じました。

>すべての口が「イエス・キリストは主である。」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。

そうです、我々は日本人。イエス=キリストで十分天に届くはずです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/57959656

この記事へのトラックバック一覧です: Breaking News:本日のVORは盛り沢山:

« イスラエルにとっての"peace & security" ~それはイラン抹殺なのだ | トップページ | エゼキエル書38章13節に見るアメリカ »