2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 終末預言の直近考察 | トップページ | ジョン=ケリーが「7年間の中東和平」を画策中 »

2013年7月15日 (月)

シリアを挑発するイスラエル

イスラエル ロシア製ミサイル殲滅のためシリア領を攻撃

15.07.2013, 00:13

イスラエルは、シリア領内の施設を攻撃するため最新鋭潜水艦を初めて使用した。14日、英国の新聞「サンデータイムス」が報じたところでは、7月5日未明「ドルフィン」級潜水艦から、中距離巡航ミサイルを発射、地中海に面するシリアの港町ラタキヤ地区にある軍事倉庫を攻撃した。

    新聞報道によれば「標的となったのは、ロシアがシリア軍に供与した対艦ミサイル『ヤホント』で、イスラエル軍の攻撃は、あらゆる事から考えて、米国との緊密な調整のうえで行われたもようだ」。

 「ドルフィン」級の潜水艦は、ドイツがイスラエルに供与したもので、「サンデータイムス」のデータによれば、現在イスラエルは、このクラスの潜水艦を5隻所有している。なお潜水艦は、通常弾頭及び核弾頭を搭載する射程130キロの米国の巡航ミサイル「ハープーン」を装備している。

 さらに新聞「サンデータイムス」は「今回の攻撃は、この2年間でシリア領内の標的に対しイスラエルが行ったものとしては4度目だが、これまで同様の作戦は、航空機を伴ったものだった」と指摘している。

http://japanese.ruvr.ru/2013_07_15/117868743/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しばらく中東情勢はエジプトばかりで、シリアからの情報がありませんでしたが、ここに来てこのまま終わるはずがないと思っていたところ、このようなことが。

4harpoon_launched_by_submarine

つい数ヶ月前にも、ダマスカス近郊の軍事施設を空爆したばかり。
シリアがなかなか挑発に乗ってこないから、エジプトでモルシが失脚し風向きが変わり、ムスリム同胞団不利となり、そのことが影響したのか?シリア反体制派の旗色が悪いから(本来であればムスリム同胞団のレイムダック化はイスラエルにとっては吉報のはずだったのが誤算だった?)、ゴラン高原にロシアが国連監視団として軍を派遣しようとしているから、レバノン国境でヒズボラが暗躍しだしたから、ロシアが「化学兵器を使用したのは反体制派側であるとの証拠を国連に提出しようとしている」からなど、いろいろと思索をめぐらせばきりがありませんが、元々はムバラク、アサド体制下で危うい均衡が保たれてたわけでして・・・アサドにしてもはらわた煮えくり返っている事でしょう。

ここまでコケにされて、アサドとシリア軍部がどこまで我慢できるのか?

イスラエルとしては当然、その先に見据えているのはイランであろうし、「エジプトの川からユーフラテ」までという神がアブラハムに約束した「エレーツ=イスラエル」の思想を捨てたとも思えません。

やはり毎回繰り返しになりますが、詩篇83篇、イザヤ17章、イザヤ19章、エゼキエル38章はもはや時間の問題であると考えざるを得ません。

スノーデンの処遇を巡って米ロ間もどう展開するかまだ不確定ですし、中東和平工作(今のところうまくいってない模様)、ソロモンの第三神殿の再建計画も水面下で動いているようです。

ブリュッセルにあるEU議会の666番目の議席は空席、その主を待っているようですし、プラス13議席で679席あるそうです。この13議席にはイルミナティのトップ13家系から輩出されるかもしれません。

バチカンはバチカンで新教皇フランチェスコが動き出し、「バチカン内の同性愛者、幼児愛好癖を持つ変態神父の洗い出しをやる」らしいです。このイエズス会が送り込んだ教皇が第二の獣=反教皇=偽預言者である可能性はあるのか?はたまた、ヨハネ=パウロ1世のような、わずかな隙間をついて神が仕掛けたペテロ2世の可能性はどうなのか??こちらも興味は尽きません。

時代はここまで押し詰まってきたということでしょうか、王であるキリストの帰還を待つ時期が時間とともにクリアになりつつあると感じるのは私だけでしょうか・・・

もしキリストがよみがえらなかったとしたら、わたしたちの宣教はむなしく、あなたがたの信仰もまたむなしい。
すると、わたしたちは神にそむく偽証人にさえなるわけだ。なぜなら、万一死人がよみがえらないとしたら、わたしたちは神が実際よみがえらせなかったはずのキリストを、よみがえらせたと言って、神に反するあかしを立てたことになるからである。
もし死人がよみがえらないなら、キリストもよみがえらなかったであろう。
もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう。
そうだとすると、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのである。

もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。
しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。

第一コリント 15:14~20

« 終末預言の直近考察 | トップページ | ジョン=ケリーが「7年間の中東和平」を画策中 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

これからいよいよ悪がもっとはびこると考えると、不安です。

でも、希望が近づいていると思うと嬉しくて喜ばしくて^ ^

目を覚まして、祈って備えたいです。突如として患難が襲ってきても、倒れないように!


いつも楽しみにしてブログ読ませていただいています
これからも、興味そそる内容お願いします^o^

その時はもうそんなに遠くない!
希望はイエスさまだけ!

みんな、元気出して行こう!

実際はなんとか生きてるって感じだけど・・・。

ヒーブルンさん、いつもありがとうございます。
ネガティブ報道を追いかけねばならないにしても、それだけだと本当に気が滅入ってしまいます。
やはりその先にある希望を見上げたいものですね。そうじゃないと発狂しますから --;

ツバサさん、毎度さんです。
そうですね、元気出していこうですね!

>実際はなんとか生きてるって感じだけど・・・

→あはは、現実は私も右に同じです(笑)

ザアカイさん 皆さんこんばんは
>プラス13議席で679席あるそうです。
プラス13まであったとは・・・(・・`);

nさん、こんにちは。
確かnさんからガジマ師がEU議会を訪問した折、「この666番目が空席になっているのは何ゆえですか?」と質問したら「ある人物を待っているのです」というエピソードを紹介してくれましたね。

可能ならば私もEU議会へ取材へ行って確認したいところですがちょっと無理なようなので、信頼できる筋からの情報を伝聞調で書きました^^;

シオン長老の議定書にも、「ユダヤの王は2~3人の賢者によりサポートされる」とあるのであり得るでしょう。

総議席数は加盟国の増加に伴い年々、上限が増えているようですね・・・最終的にはどうなるのでしょうか??流動的ではあるようですが。

ただ、666番目の議席だけは不動なのでしょうね。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

天地万物を創造された主。
その唯一の神のみ力ある方。
その神こそ礼拝されるべきお方。

この神以外の他に神はおらず
この方のみが人間の救い主。
この方のみをただ愛し、
栄光を帰すことを主は望まれる。

堕落して、自分たちのために、どんな形の彫像をも
造らないようにしなさい。
男の形も女の形も。
地上のどんな家畜の形も、空を飛ぶどんな鳥の形も、
地をはうどんなものの形も、地の下の水の中にいるどんな魚の形も。
また、天を見上げて、日、月、星の天の万象を見るとき、
魅せられてそれらを拝み、それらに仕えないようにしなさい。
それらのものは、あなたの神、主が全天下の国々の民に
分け与えられたものである。
(申命記4・16-19)

人の心は罪に満ちているので
目に見えるものを拝み、それに仕える人が大勢います。
けれど主は、どんな形の偶像も作ってはならないと。
目には見えないけれど、
生きて働いて人の罪の救いを窮みまで成し遂げられ、
人との霊的な交わりを心から望んでおられます。
神の愛は、神と共に生きる人との
霊的な交わりに豊かに働いてくださいます。

今、試みの中に置かれています。
とても激しい試みで、主の力強い御手が唯一の支え。
主は言われます。

あなたがたの神、主は、あなたがたが心を尽くし、
精神を尽くして、ほんとうに、あなたがたの神、
主を愛するかどうかを知るために、
あなたがたを試みておられるからである。
(申命記13・3)

時にどうしてよいかわからなくなるときも、
主は道を備えて忍耐強く導いて下さっています。
一切のことはわからなくても
ただ主が私を愛してくださっていることに感謝。
どうかこの主イエスにのみ仕え、
心と精神を尽くして愛せますように。
皆さまの上に主の愛と恵みと平安が豊かにありますように。

私たちは、神の中に生き、動き、存在しているのです。(使徒17・28)

神はそのような無知の時代を見過ごしておられましたが、
今は、どこででもすべての人に悔い改めを命じておられます。
(使徒17・30)

enjeruさん、いつもありがとうございます。

試みは辛く厳しいものですよね。
一難さってまた一難、火の粉は次から次へとやって来る。

誰かが弱っているのに、わたしも弱らないでおれようか。だれかが罪を犯しているのに、私の心が燃えないでおれようか。
もし誇らねばならないのなら、わたしは自分の弱さを誇ろう。

第二コリント12:29~30

私も今こうしているのが奇跡に近いかもしれません。
きっと誰かしらが、どこかで執り成してくれているのでしょう。
enjeruさん、間違いなく執り成しがなされているはずです。
祈りは天に届いてるはずですよ。

多くの方々のお祈りに心から感謝。
ただ祈りによって生かされていると感じます。

またわたしも皆さんのために祈ります。
わざわいから守られますように。
健康で心に平安がありますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/57796630

この記事へのトラックバック一覧です: シリアを挑発するイスラエル:

« 終末預言の直近考察 | トップページ | ジョン=ケリーが「7年間の中東和平」を画策中 »