2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ジョン=ケリーが「7年間の中東和平」を画策中 | トップページ | 中東和平に関する考察と、忘れられていた2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

日々雑感~2013年7月末に思う

10日ぶりの更新となってしまいました・・・

この間、参議院選挙あり、改めて「この世に信頼できるものなどないのだな」という思いでいっぱいです。
何もインスピレーションが湧かず --;・・・言葉が見つからず、ただただ、この世の物質世界の無常、無力、理不尽さを噛みしめさせられるばかり。

日本海方面では集中豪雨あり、被災者の立場を思うと言葉が見つかりません。洪水は日本に限った事ではなく、中国西部、北朝鮮でも多大な被害が出ているようです。
その少し前はヨーロッパ、カナダ、ブラジルでもありました。
決して他人事ではない、いつ自分がどうなっても不思議じゃない世の中になってしまったようです。

それから公共交通機関の事故の多発・・・カナダであったと思いきや、ここ数日でスペイン、イタリア(これはバス)、スイスと連鎖的に。
ある筋によると、「あれらはウィンドウズOSシステムを使った遠隔操作による人工的な事故だ」とする話があるようですが --;・・・

だとすれば誰が?何のために?その目的は?誰が得する?単なる実験段階としてのテストか?(だとすればとんでもなく邪悪な悪魔的暴挙)・・・可能性がゼロとは言いませんが証明できるものでもなく、何でもかんでも陰謀と結びつける短絡思考もどうか?という思いも無きにしも非ず・・・真実は神のみぞ知るでしょうが、天からの警告の意味合いがあるのではないか?という気がしてなりません。

以下の聖書箇所が脳裏をよぎりました・・・我々は生かされているに過ぎない、いつでも殺されうるのだと。

ちょうどその時、ある人々がきて、ピラトがガリラヤ人たちの血を流し、それを彼らの犠牲の血に混ぜたことを、イエスに知らせた。
そこでイエスは答えて言われた、「それらのガリラヤ人が、そのような災難にあったからといって、他のすべてのガリラヤ人以上に罪が深かったと思うのか。
あなたがたに言うが、そうではない。あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう。
また、シロアムの塔が倒れたためにおし殺されたあの十八人は、エルサレムの他の全住民以上に罪の負債があったと思うか。
あなたがたに言うが、そうではない。あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう」。

ルカ 13:1~5

また、なかなか先が見えてきませんが、エジプト情勢、シリア情勢、エドワード=スノーデン事件の行方・・・(ロシアはアメリカへスノーデン氏を送還するつもりはまったくない模様、アメリカの一部議員は強行発言をし始めた)、直近のキーロールとなるような気がしてなりません。
これらによって、ロシア、イランのベールが剥がれて来る気がします(ここのところおとなしめ)。

その一方で、ワシントンDCでパレスチナとイスラエルがとりあえず?和平交渉のテーブルに着いたようです。
メディア報道によると最低でも9ヶ月は要する(来年の3~4月頃・・・2014年最初のblood moonの時期ですが考えすぎ??)らしいし、アッバス議長は強行に、ヨルダン川西岸地区へのイスラエル人入植者は認めないと鼻息荒く。
これまた紆余曲折が予想され、7年間の中東和平がそう簡単に締結されるとも思えず、世界中のあらゆる交渉、会議が決裂という結果になり・・・世界的天変地異も異常レベルであるし、あまり言葉にしたくはないことがいよいよという気もしなくもない。

人々が「無事だ。安全だ」と言っているそのやさきに、突然、破滅が襲うのです。ちょうど妊婦に産みの苦しみがやって来るのと同じで、決してそれから逃れられません。

第一テサロニケ 5:3

この状況をいくら想像を逞しくして思索を巡らせても、中東情勢はあまりにも複雑怪奇、不確定要素が多過ぎて、私では具体的にどのような状況なのかまだ見えて来ませんが、今の状況からしてこうなる前に、かなり巨大なインパクトとなるワンクッションが発生する気がしてなりません、そう遠くなくです。
なってみなければ、わからないものはわからない。

ここ数日、ヘブル書から調べ物をしてましたが、これだけは確かなのではないでしょうか。この書物は読めば読むほど奥が深いです・・・

この地上には永遠の都はない。きたらんとする都こそ、わたしたちの求めているものである。

ヘブル 13:14

« ジョン=ケリーが「7年間の中東和平」を画策中 | トップページ | 中東和平に関する考察と、忘れられていた2013年8月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

この方にいのちがあった。
光はやみの中に輝いている。
(ヨハネ1-4・5)

暗闇にほのかな光を放つろうそくの火。
優しい炎の光は
闇の中でひときわ美しく輝きを放つ。
少しの風でも炎は揺れる。
それでも光は消えない。

イエスの光。
強く光を放っている。
暗い心を灯す灯台の光のように。
心の闇をその光で明るく喜びに満ちるように。
イエスの光。
眩しいくらいに光を放っている。
暗い顔が明るく輝くように。

何も言わなくても
自然と光の方へ顔が行くように。
心が光を求めているから。
イエスの光。
今も誰かの心を新しく照らし始めている。
主の御霊が豊かに流れるように。
次々と照らし続けている。

灯された光のなんて暖かなこと。
そこにある安らぎ。
満ちたりた満足の心。
今日もイエスの光・・・照らし続ける。
天の御国が来るときまで。

enjeruさん、毎度さんです。

光は闇の中に輝く・・・まだ、急激には暗くはなってませんけど、少しずつではありますが、闇が増している気がします。

本当にこれからが踏ん張りどころとなるのでしょうけど、希望が消え去る事はないはずですから、耐えるしかありませんね。
必ずや、光が見えてくる時が来ると信じて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/57894009

この記事へのトラックバック一覧です: 日々雑感~2013年7月末に思う:

« ジョン=ケリーが「7年間の中東和平」を画策中 | トップページ | 中東和平に関する考察と、忘れられていた2013年8月 »