2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 世界の日時計=イスラエルから新着情報 | トップページ | Breaking Newsを二つほど »

2013年5月 1日 (水)

アラブの春の仕上げ=シリアとエゼキエル・ウォーのヒント~ダニエル書11章から

http://www.youtube.com/watch?v=DTItjcgBiPU

Obama Calls Putin "Chemical Weapons" Syria
Paul Begley

べグレー師が最新のユーチューブ・ビデオで興味深い事を語ってました。

ダニエル書から展開してますが、このダニエル書の11章 --;・・・
ダニエル書の中でも難解中の難解。以前、久保師のHPでアレクサンダー王のギリシャのあと4国に分裂したうちの一国、セレウコス朝シリアのアンティオコス・エピファネスと、当時のユダヤの英雄、マカバイ(外典マカバイ記のマカバイです)の時代の預言であるとの解説を読みましたがこれはこれで納得。
しかし疑問は完全には消えず・・・それは、と同時に終末における預言とも取れ、いわゆる聖書の二重性としての解釈があるのではないか?と考えたからです。

そこでべグレーさんも引用した41節から45節がキーとなろうかと。
しかしながら、40節からじゃないと消化不良となってしまうので40節から引用。

終りの時になって、南の王は彼と戦います。北の王は、戦車と騎兵と、多くの船をもって、つむじ風のように彼を攻め、国々にはいっていって、みなぎりあふれ、通り過ぎるでしょう。
彼はまた麗しい国にはいります。また彼によって、多くの者が滅ぼされます。しかし、エドム、モアブ、アンモンびとらのうちのおもな者は、彼の手から救われましょう。
彼は国々にその手を伸ばし、エジプトの地も免れません。

彼は金銀の財宝と、エジプトのすべての宝物を支配し、リビヤびと、エチオピヤびとは、彼のあとに従います。

しかし東と北からの知らせが彼を驚かし、彼は多くの人を滅ぼし絶やそうと、大いなる怒りをもって出て行きます。
彼は海と麗しい聖山との間に、天幕の宮殿を設けるでしょう。しかし、彼はついにその終りにいたり、彼を助ける者はないでしょう。

ダニエル 11:40~45

ここは現在進行中、そして、これから起こるであろう終末預言を実にシンプルに書いてます。
ただ、どうしてもこの北の王と南の王がわからない・・・特定できない、これがわからないと大枠は掴めても不完全燃焼となってしまう。そこでふと思いついたのが誤訳、意訳の可能性 --;?

ちとネット上から名訳と言われる、KJVをピックアップ。

40 And at the time of the end shall the king of the south push at him: and the king of the north shall come against him like a whirlwind, with chariots, and with horsemen, and with many ships; and he shall enter into the countries, and shall overflow and pass over.

 

41 He shall enter also into the glorious land, and many countries shall be overthrown: but these shall escape out of his hand, even Edom, and Moab, and the chief of the children of Ammon.

 

42 He shall stretch forth his hand also upon the countries: and the land of Egypt shall not escape.

 

43 But he shall have power over the treasures of gold and of silver, and over all the precious things of Egypt: and the Libyans and the Ethiopians shall be at his steps.

 

44 But tidings out of the east and out of the north shall trouble him: therefore he shall go forth with great fury to destroy, and utterly to make away many.

 

45 And he shall plant the tabernacles of his palace between the seas in the glorious holy mountain; yet he shall come to his end, and none shall help him.


KJVでは the king of the south push at him
 とあります。

ワタクシごときボンクラが、ダニエル書の講解をやるなど恐れ多い限りですが、まあ、べグレーさんの力を借りてやってみようかと。参考程度に軽い気持ちで興味ある方は聞いてください^^;

pushを調べたところ、辞書には「戦う」という訳は皆無・・・ここは、「駆り立てる」「押し動かす」の方がベターだと感じました。

少し見えた・・・ここで言う北の王、南の王とは evil spirit 人間を背後で動かす高位の悪霊のことではないのか?と。

さしずめ、北の王は欧米そしてイスラエルのシオニスト連中(NWO、ユダ金、フリーメーソン・イルミナティと、近いうちに現われるであろう反キリスト)のような気がします。
そして南の王はイスラム国家の背後で援護射撃する悪霊とすると何となく見えてくる。この世的には against 敵対するとなるでしょう。都合よすぎる解釈か --;?

そうなると42章までは成就しているとも解釈できる?
チュニジア、エジプト、リビア、イエメンなどは「アラブの春革命」によって、政権が倒れました。そしてシリアがその最後のターゲットであるというわけです。どうりで手こずってるわけです。
しかし湾岸王族国家群、ヨルダンなどは無傷、むしろ傀儡。また「麗しい国」とはイスラエルの事でしょうが、いずれイスラエルも攻め込まれることは聖書に書いてあります。

カダフィとムバラクの隠し財産はおそらくは欧米の手に渡っているはずです。そしてエゼキエル書38章にはリビア、エチオピアが動くとあります。

あとはシリアで今現在問題となっているというか、因縁つけられている化学兵器を巡った対応となるのでしょうが、べグレーさんによるとイスラエルは化学兵器工場空爆をやる気満々だそうで、アメリカに打診中だとか。しかしながらオバマも、ロシアの対応を考えるとそう簡単には手を出せない。

そこで44節、ここはピン!と来た、「北の王」はロシアじゃないと・・・だから余計、11章は解釈に苦しみました。ロシアがエゼキエル38章にあるように、いよいよ動くのでしょう。そして北野氏の言葉を借りるならば「ロシアの傍らにはいつも中国がいる」 --;
しかしながら、エゼキエル38章を読む限り、黙示録からは、狡猾な中国は漁夫の利狙いで最前線には出てこないと思われます。そしてシリアがやられたら、イランも黙ってはいない・・・
当然、ハマス、ヒズボラあたりも動いてくるでしょう、イスラエルは全面包囲されるわけです。

ここでエゼキエル書38章の内容まで触れると日が暮れるので、またこのブログでも何度となく書いてきたので今回は省略します。
これがゴグ・マゴグの乱、第三次世界大戦としての可能性が危惧されます・・・

そして45章が黙示録と符合し、終末の7年の大艱難期、ハルマゲドン、キリストの再臨、千年王国という流れなのでしょう。

もうすでに終末の兆候は見られるといっていいのでしょう、そこまで時は押し詰まっている。また、日本においても、中国、南北朝鮮から憎悪の圧力かけられ、アメリカには国富を毟り取られ(品のない言い方をすると --;・・・ケツの毛まで毟り取られるというやつ^^;)、地震、火山噴火、原発放射能リスクと青色吐息、もっとも世界中どこにいたって安全なところなどない。

あなたがたのうち主を恐れ、そのしもべの声に聞き従い、暗い中を歩いて光を得なくても、なお主の名を頼み、おのれの神にたよる者はだれか。

イザヤ 50:10

この箇所がふと思い浮かびました・・・これからの時代、これしかないでしょう。

注;) 今回のエントリーは正しく解釈できているとは限りません、参考程度にお願いします。しかし自分で言うのもなんですが、当たらずとも、遠からず・・・

追記~

某家庭集会で賛美した曲がユーチューブにありました。
とても気に入ってます~ハードボイルドかつ、シリアスな中にもキリスト者には確固たる希望と平安があるものです。

« 世界の日時計=イスラエルから新着情報 | トップページ | Breaking Newsを二つほど »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

以前、新宿オアシスでダニエルの預言解釈本を何冊か見かけました。その時は荷物になるので雑誌と絵はがきだけ買ってきただけでしたが
もしよろしかったら、また機会ある時に偵察してきますね♪約束はしませんよ。前川正さんじゃありませんけど…約束はしません。たまたま寄った時に覗いてみます。連休明けですけど…記憶違いでないなら、山岸牧師もダニエル書を講解していますが、わたしがたまたま読んだのは、さらに詳しく預言解釈した正統なものでした。現代的にどうこうでなく歴史的な経緯を講釈していたっけかな?

久保氏も、ダニエルと黙示録やっていましたよね…とにかく難解です。

約束はしませんが、機会ありましたら、探してきます。


いつになるかはわかりませんが…


あら、あんがとさん。
機会があったら、ついでがあったらでいいですのでね。

そう言えば、板のほうの「アンスレ」で黙示録やったことあったけど、なかなかどうして、いいセン行ってたんでないの?

悪霊と言う言葉を平気で使える偽善的なキリスト教徒。
その傲慢の極みによって苦しめられた人々。
真の裁きを受けるべき人間。

平安の世の光さん、コメありがとうございます。
あなたがキリスト者かどうかわかりませんが、もしあなたがキリスト者としましょう。

失礼ながらあなたの認識の中で、もしくは教会内では

「地獄はない、サタン、悪霊はいない」と耳障りのいいことしか言わないのでしょうか?だとすれば、現実が見えない大変おめでたいとしか言いようがありません。
汚いもの、見たくも聞きたくもないものを無視したいのはわかります。ただ清く敬虔でいたいのでしょうね。
しかしながら、聖書には地獄もサタンも悪霊も、はたまた近親相姦、レイプ etc・・・すべて書いてありますよ?神は必要とあらば人間の罪を赤裸々に曝け出しますし、霊的世界の事も、一部でしょうが教えてくれます。倫理の書などではありません。真理の書ですので。そこに美辞麗句など必要ありません。

これは私が言っているのではなく、聖書が言っている事です。

読みたくなければ読まないで下さい。私は眼の開かれた人にわかってもらえればそれでいいですので。
それでは、ごきげんよう、さようなら。

おそらく「平安の世の光」さんは、霊の戦いをキリストの恵みの力を超えて強調する教えによって、とても苦い経験をされた方ではないでしょうか。ザアカイさんに対する直接的な非難というより、おそらく「悪霊」という言葉もしくは「悪霊を追い出す」という「働き」によって精神的暴力を受け、非常に敏感になられていると推測します。間違えていたら済みません。

ただ確かに2元論的に誇張された霊の戦いの教えは、欺瞞や猜疑心、一方的な押し付け、分裂、孤立を生み出します。
律法主義と同様、気を付けなければいけない偽りの教えです。

礼拝の最後に「イエス・キリストの恵み」を求めるのは、宗教的習慣ではなく、核心的な祈りだと思います。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

十字架で罪の贖罪を
成し遂げられたイエス。
愛の神。
人の霊を救い
人を愛された神。

義の神。
太陽が輝き昇るように
神の義が現れるとき、
神の御怒りのときが始まる。

忍耐の限りを尽くして
黙してこられた主。
その忍耐が終わるとき、
御怒りは解き放たれる。

人の罪は積もりに積もって
天に届いている。

それゆえ、わたしは天を震わせる。
万軍の主の憤りによって、
その燃える怒りの日に、
大地はその基から揺れ動く。
(イザヤ13・13)

大津波が押し寄せるように
背後に迫る主の燃える怒りの日。
人が主の前に
へりくだり、
イエスの愛を受け入れなければ、
世界の全ての人の上に
その日がやってくる。

厳粛な生きた神の義が
現されるとき。
ヤコブの苦難のとき。
天と地に現される神の御怒り。
それは確実にやってくる。

イエスの救いは
今も全ての人に提供されている。
その救いは全地に響き渡っている。
主がイエスの愛に引き寄せられた人は
幸いであると。
耳を傾け、目を開かれた人は恵みであると。
願わくば永遠の命を自分のものとすることが
できますように。

主を求めよ。おあいできる間に。
近くにおられるうちに、呼び求めよ。
悪者はおのれの道を捨て、
不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。
主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。
(イザヤ55・6-7)

いやいやミヤサカさんにはかないませんね。
実はゆうべ、ふと突然・・・似たような思いが脳裏を掠めたのです。
「ひょっとしたら、私は見立てを誤ったのかもしれない。彼?彼女?は、心に傷を受けているのかもしれない。最悪カルト被害のトラウマからつい感情的に悪霊という言葉に過剰反応したのではあるまいか?」と。

だとすれば、ちょっときつかったかな?と反省・・・

実は以前、「ベニー・ヒンを受け入れないのはあなたが悪霊にやられているからだ」と主任牧師に言われたとかで、神の愛を忘れ、神の義ばかりを追求し、教理を正しく理解しなければ救いに与れないというようなベクトルに傾倒してしまった女性伝道師をふと思い出しました。

結果、その女性伝道師のヒンに対する見立てが正しかったわけですが、愛と恵み、赦しを忘れてしまい、間違いは許されないという信仰者になっていました・・・

enjeruさん、ニアミスでした。

我々の信じる神は愛であると同時に義なる方でもある。
極端なる義に走り愛を忘れてしまうのも問題ですが、義をおざなりにするのもまた問題なわけですね。

バランスが大事だと自分に言い聞かせているのですが、これがなかなか難しいです。

インターネットの領域というのは人間の知性の領域に対して働くので、特にアダムとエヴァが受けた誘惑が最も効果的に実を結ぶ大変難しい世界だと、最近つくづく自省する次第です。

確かにネットは諸刃の剣だと感じます。
使い方次第で、良くも悪くも働くし、玉石混交なので見極めが難しいのも事実ですね。

自己の間違いに気づいた時、フライングした可能性がある場合は、素直に再検証せねばならないようです。

インターネットも進化して、今はかなりの画像も送れるようですが
今から十数年前の携帯は、白黒に単色グリーンなどの液晶画面
それでも、やはり言葉活字を通じてのコミュニケーションは今も変わらない。そうである以上そこにはやはり、日本語ならではの精神がインターネットとはいえ受け継がれてほしいものですね。
日本語には言霊思想が中心にあり、普通語 丁寧語 尊敬語 謙譲語さらには流行語など、他のげんごにはスラングのような言語はあっても日本語の中の人を敬い、自らの分をわきまえ、相手を立てる精神に富んだ日本語のような考え方はあまりない。

言葉は、使い方によっては人を傷つけ、時には殺害することも出来る、しかしまた逆に、言葉は人に勇気を与え、活力を与え、大きなpowerを与える。言霊ことだまは、こだまと略すこともあって、いわゆるヤマビコと同義語
自分の発した言葉は、必ず自らに返ってくる。

さらに祈りは、言葉の白眉、洗練された武器として慎重に扱わなければならない。と思います。

これまた同感です<(_ _)>

ところが、舌を制しうる人は、ひとりもいない。それは、制しにくい悪であって、死の毒に満ちている。

ヤコブ書 3:8

何度この箇所を読んだ事か、そして何度自分を戒めたか --;・・・それでも未だに制する事が出来ない(涙;)

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

カサブランカの花。
大輪の花を咲かせた。
白く大きな花びら。
そこから臭い立つ香り。

美しい気品に満ちた花。
神の栄光をたたえるように
恵みの生きた喜びを伝えるように
凛として咲いている。

人がどんなに悲しいときでも、
苦しいときでも、
カサブランカの気品に満ちた花は
ただそこに存在して
美しく咲き誇っている。

イエスの愛。
地上の日々襲う苦難のときでも
存在していて
人の心を神の言葉を通して
慰めてくださる。
涙が頬を伝わるとき
その涙を見て
かわいそうに思われ、
ぬぐってくださる。
愛に満ち満ちたお方は、
主を呼び求める人のもとに
すぐさま駆け寄る。
人類の罪の身代わりになったお方は
憐れみ深いお方だから。

カサブランカの花。
イエスの愛をほめたたえよ。
美しく咲き誇れ。
白い花を大きく開け。
キリストの香りを立ち上らせよ。

見よ。この方こそ、
私たちが救いを待ち望んだ私たちの神。
この方こそ、私たちが待ち望んだ主。
その御救いを楽しみ喜ぼう。(イザヤ25・9)

五月五日の子どもの日
世間は連休まっただ中、如何お過ごしでしょうか?

お金使わずに旅行する方法、それは歩くこと…まだお空を自由に翔べる身体になっていない旧い身体なので、ひたすら地上を這いつくばって、歩行の達人になりましょう!いわゆるかっかよく言うなら、ウォーキングです。
脚は大事ですからね、人間足腰は要、中心点です。良いウォーキング用のshoesを購入しませう。藤岡弘、さんはサバイバルブーツとサバイバルベルトを常に身につけておられるようですが常人はそこまで徹底しなくても、しっかりした靴、しっかりした腰ベルトで安定したウォーキングを楽しみたいものです。

午後から少し某地点から某地点までの軽い距離を歩く予定です。昔の距離で2里程度でしょうか?八重さんたちが白河へ峠越えするようなハードなウォーキングではありませんが、少し日本の世界の行く末を祈りつつ歩行の祈りにchallengeしようと思っています。とりなしの祈りよろしくお願いいたします。

enjeruさん、カサブランカの花いいですね。なんとも清楚で品のいい花ですね。
世間はゴールデンウイークだというのに、こちとら一人で砂漠を放浪している気分です(笑)
いつかオアシスに辿り着けると信じて歩き続けたいものです。

シリウスさん、プレイヤー・ウォークですか。
お祈りいたします。

オハヨさん!
昨日は昼から、友人誘って日本橋神田中央通りから北上のウォーキングいたしました。先日までに横浜〜川崎〜品川〜日本橋
第一京浜国道ウォーキングの追加、として

です。

今回は気楽にブラブラ、秋葉原、御徒町、上野動物園 子どもの日だから不忍口からも人手が凄かったです。

その後にいわゆる谷根千(谷中、根津、千駄木の略)ウォーキング、ちょうど根津神社でつつじ祭だったので甘酒で休憩して、いろいろぶらついて、夕焼けだんだんの坂道で猫たちにご挨拶して解散しました、ザッと八キロほど、よおく歩いたナア、

あ、あんまし祈りに徹しなかったけどね…テヘ

感謝

連休も終わり、飛び石七連スペンサー銃ゴールデンウィークも今日でおしまい、
外電でイエローストーンのアレがかなりヤバいとか?仮に噴火した場合、地球的な規模のアレが起こるそうです。皆さん気をつけてください。

8キロですか、立派立派。
文京区根津ね、高三の時の予ゼミ夏期講習と大学受験の時の根城が根津にあったんですよ、懐かしい~

下町の地味で小さな町ですけど、千代田線で表参道まで一本、大手町で乗り換えれば都内どこへでも行けて立地としては最高の場所ですね。

それはそうと、イエローストーンが話題ですか・・・

根津神社、奥間った道沿いに端切れ屋とか雑貨店とか、楽しそうな界隈でした!そうそう、三十年以上店を出しているとかの自然食品のお店で、玄米を一キロ買いました。炒り玄米が健康に良いことを教えていただきますた。酢 にんにく、黒糖、梅干し、あとなんだっけかな
谷中根津千駄木、面白い町でした。

千年王国まで現存しているでしょうか?或いは富士山同様、今の形ないかもしれませんね…最後の地球規模の大陸移動を伴う大震災で…日本自体が存在しているのか怪しくなってきちゃいましたから

ま、今持っている肉体や財産も、来るべき時代までの方便なんだと認識していれば…執着しないと思いますけどね

仮に一千万現金+保険や証券 金 等一千万の二千万円弱の資産あったとしても、

それらは新しい創造の身体になるまでの、身を養い守る方策の一つでしかないんですよね♪

地上を離れてしまえば、不要なもの、防災用品と同じこと…

過度に地上のことに執着しないように、されど地上で生きている間までは、大切なんだと認識しようと思っています。


今から後は結婚している者は、結婚していないように

などなど、

あと僅かでgoalですからね。2013 5 7 ゴールデンウィークも終了、季節は夏になっちまいました!

ファイト!!

確かにそうですわね。
この世を生き抜いていくために必要なものと私も認識しております。

ゴールまでなんとか主が養ってくださいますように。

バビル2世リターナー№7新しく刊行されました。
ロプロス、ポセイドン、ロデムの三つのしもべを従えて、闇の世界政府とアメリカと対決する無敵の少年バビル2世光一
肉体が破壊されても瞬時に再生されるbody、電撃で迎えうつ敵を瞬殺し 一回の跳躍で数十メートルを飛び上がり、水陸空中を移動できる奇跡のバビルカーに乗る バビル2世

私たちには、今はそんな能力はありませんが、考えてみたら現実に今、新しい創造の身体になるまで 忍耐するのは良いことだと思います。

旧来の今の肉体はとても弱いです。どんなに鍛えて格闘技で牛や熊や虎を一撃出来ると勇ましく闘える身体になれたとしても…選ばれた恵まれた例外中の例外のスーパーpowerの保持者であっても、必ず弱点はあるもの…たとえば、そんな強い人間でも異性にだらしなかったり、お酒にだらしなかったりしたら、サムソンのように捕らえられて負けてしまいます。ヨンジュウニチ断食したモーセや主イエスさまは、ともかく、普通どんなに強いと意気がっていても一年間食べなかったり飲まなかったら死ぬでしょう。病原菌に負けてしまうこともあります。喧嘩に勝ち続けても、必ず眠りますから、其処を狙われたら如何いたしますか?

ま、言葉のお遊びですが…所詮は現今の身体は、「弱い」のです。不老不死ではありません、必ずいつかは死にます。

だからこそバビル2世ではありませんが、私たちは死に勝利された無敵の新しい創造の復活体にあこがれます。しかもその能力は無限大 +アルファなのです。詳細は略


おやすみなさい。

隠謀説 都市伝説に属する話題で…信憑性は百%はありませんけど、あり得る話を一つ
昨年秋の地上波テレビから、吉本タレントを一掃する働きと言うか隠謀がありました。
民主党在日政権下のアレ!?で、電通の幹部からの情報によると、ナゼか未然に防がれたそうです。内実は、特に関東キー局から吉本タレントを一掃(残るのは、さんまと、有名老舗落語家と漫談、漫才に徹している純粋な芸人のみ)した後は、韓流タレントをゴールデンに大量に出演させて殆んど日本マスコミを乗っ取る隠謀だったそうです。

韓流タレントもいらないけど、吉本バカタレントもいらないわ!!

地上デジタル放送は、吉本タレントに占領されていますね♪
有吉とか異常に出ている?彼は吉本ではありませんが、中和剤の役割で悪口を言うのだそうです。オカマもウザいです。マツコ・デラックス、ミッツマングローブだったけか!?クリスとか、IKKOとか異常過ぎ

あと、ゴーリキアヤメ、ベッキー、ローラちゃんは許す、関根マリもおかしいなぁ…一番奇妙なタレントが、れいのキャリーぱみゅぱみゅと、宇多田ヒカル、パフューム、浜崎あゆみ、等々はフリーメ悪魔との契約をしているそうですよ!?詳しくは人工地震Ⅲ

とにかく、吉本バカタレントはいらないわ!!

関東から消えてくりんかの!?くもジイじゃ(笑)

毎度ながら投稿ひとつ、出しておきましたぜ。
確かに今のテレビはどうなっちゃってるの?って感じです。
お笑い芸人の方がギャラが安くてすむのはわかるけど、世間で騒いでいるほどカネ回りよくないと言う証拠でしょう。
やってられませんな~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/57287836

この記事へのトラックバック一覧です: アラブの春の仕上げ=シリアとエゼキエル・ウォーのヒント~ダニエル書11章から:

« 世界の日時計=イスラエルから新着情報 | トップページ | Breaking Newsを二つほど »