2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 強気のイスラエル | トップページ | 荒野の旅よ、いつまで続く・・・早く楽になりてえなあ~ »

2013年5月29日 (水)

中東発 Breaking News 三連弾

UP DATE

やはり手抜きは性に合わない。気を取り直して追記しました!ただでさえ更新頻度低いし ^^;・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は --;・・・記事投稿ボタンをクリックしたら・・・エラー表示で記事内容が消滅(涙;)
何かまずい事書いてキーワードに引っかかったのだろうか??

このようなことはかつてなく、バックアップも取っておらず書き直す気力も失せ・・・よって手抜きですが情報ソースだけ載せます(T_T)、コメント、解説は省略させてください<(_ _)>

ロシア、シリアに対空ミサイル供与へ 内戦拡大の懸念高まる

2013年05月29日 06:56 発信地:ダマスカス/シリア

【5月29日 AFP】ロシアは28日、シリア政府に高性能対空ミサイル「S300(S-300)」を供与すると発表した。各国からの非難をよそに発表されたこの決定に、シリアで続く内戦の拡大を懸念する声がいっそう高まっている。

「S300」は、航空機や、北大西洋条約機構(NATO)がシリアのトルコとの国境に配備している「パトリオット(Patriot)」のような他の地対空ミサイルを迎撃することが可能。ロシアは今回のミサイル提供は既存の契約の一部だとしている。

 ロシアのセルゲイ・リャプコフ(Sergei Ryabkov)外務次官は、「このミサイル提供が安定化要因になるとわれわれは考えている」と語り、同時に外国からの介入に対する抑止力ともなりうると付け加えた。

 ロシアのこの発表に対してイスラエルは、もしロシアが実際にミサイル供与を行えば、対抗措置を講じると警告した。

 これらの動きは、欧州連合(EU)が27日にシリア反体制派に対する武器禁輸の解除を決定したことで増した緊張を、さらにあおる形となった。

 シリア政権側は、支援国のロシアとともに、このEUの決定を和平努力に対する「妨害行為」と非難。「テロリスト」を支持・奨励しているとして批判した。

一方の米国は、EUの決定は反体制派に対する「全面協力」を示すものだとして、武器禁輸解除の決定を支持すると表明。だが米国はこれまでに、過激派の手に武器がわたる危険があるとして、武器提供は行わないとしている。(c)AFP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* これで欧米イスラエルNATO陣営 VS ロシア、中国、イランを中心とする上海条約機構の構図がはっきりしました。
なかでもロシアは、帝政ロシアがレーニンを中心とするロシア革命で(その後のソ連共産主義という歴史上の壮大なる実験を)、またエリツィン時代に新興財閥オリガルヒにより国家乗っ取り一歩手前までと、二度、ユダヤ国際金融財閥にやられている苦い経験を持っております。 

それにも関わらず・・・エゼキエル書の預言によれば、イスラエルが最終的には勝利する事になっている。ここは非常にデリケートで、複雑怪奇、一筋縄ではいかないゆえ、語りだしたら夜が明けてしまいますので詳しくは触れません。
「アブラハムへの神の祝福」という側面はあるものの、それだけとも思えない。その真相は我々人間では主の再臨の時まで本当の答えはわからないかもしれない。

たとえが悪いのですが、まるで「悪女の深情け」という言葉がイスラエルにはピッタリだと思います。いいかげん、見切ればいいのにとも思いますが。
しかしながら、神は義なる方でもある。最後にはいくらユダヤ人とは言え、麦と毒麦が振り分けられるように、公平かつ正しい裁きが下されると信じますが。聖書を読んでもそうなるとしか思えません。もっと具体的に言うならば、シオニスト、カバリスト、オーソドクス・ジュー、メサニック・ジュー、マラノとタイプは様々で、同じ扱いを受けるとも思えないですしね。
よく巷で言われる、アシュケナジーとスファラディーという単純なものでもなさそうです。

マケイン米上院議員が極秘でシリア入り、反体制派と協議

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2946651/10806256

* やはりアメリカは一枚噛んでいる、そして軍産複合体の亡霊を払拭する事は出来ないようです。イスラエルとは一蓮托生、番犬国家なのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

'Iran nuclear, Syria chemical, Hezbollah rockets: Axis has crossed all red lines'

http://www.israelhayom.com/site/newsletter_article.php?id=9579

英文記事ですが極めてシリアス、興味ある方は上のURLをコピペしてジャンプしてください。

イランの核、シリアの化学兵器、ヒズボラのロケット弾:枢軸はイスラエルにとって、レッドラインを超えたというものです。
それから興味深いのは、6月の大統領選挙を持ってしても体制に変化はないだろうと。ラフサンジャニ氏、あと名前忘れましたがアフマディネジャドの後継候補は立候補資格なしとして排除、ハメネイ体制が強化されそうです。
アフマディネジャドは12イマーム派の秘密組織=ホッジャディエの一員というより、やはりドンメイ・ユダヤ(改宗したユダヤ人)の刺客であったということでしょうかね?その正体にハメネイが気づいた?真相やいかに?

また、イランの核開発のスピードは驚くべき早さで進んでいるとの分析をイスラエルはしている模様・・・

今や世界戦争へと繋がりかねない中東の有事リスクと、世界金融市場の崩壊(日本だけでなくアメリカ国債金利も上昇傾向です)リスクと憂鬱な話しかない・・・最後の貸し手である国家の債務を最大限にし、いつはしごを降ろすのか?国家が破綻したらもう肩代わりする先はないわけでして(もっともその先に世界中央銀行の登場と言うシナリオがありそうですけど)。後はどちらが先か?の話になってしまう。

ところで希望はあるのか?私はあると信じます。
せっかく追記したのだからここの聖書箇所で締めましょう。

それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。
トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。
イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」。

ヨハネ 20:27~29

« 強気のイスラエル | トップページ | 荒野の旅よ、いつまで続く・・・早く楽になりてえなあ~ »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

目から入る強い光。
眩しくて目を細める。

強い光は
人の心に焼き付いて
離れない。

神の愛は
太陽より強い光を放っている。
力強く溢れるばかりに光っている。

光は闇に輝いている。
闇が濃くなればなるほど
光はより鮮明になる。

地上の闇が濃くなると
主イエスの光が強くなる。
眩しいぐらいに・・・。

悪いことをする者は光を憎み、
その行いが明るみに出されることを恐れて、
光のほうに来ない。
しかし、真理を行なう者は、光のほうに来る。
その行いが神にあってなされたことが
明らかになるためである。
(ヨハネ3・20-21)

闇が支配しないうちに
光の方に御心の方々が招き入れられますように。

あなたがたの光を人々の前で輝かせ、
人々があなたがたの良い行いを見て、
天におられるあなたがたの父を
あがめるようにしなさい。
(マタイ5・16)

enjeruさん、こんにちは。

本当になんか時が経てば経つほど闇が濃くなる気がする今日この頃。
光はより輝くわけで、本来であれば勇気百倍とならねばいけないのですが、なかなか理想どおりにいきませんね、まだまだ弱き肉を持つ身から脱却できません。

固く信仰に立つ、「なぜそんなに怖がるのか、どうして信仰がないのか」とお叱りを受けそうな毎日ですわ、とほほ・・・

無事に姪と赤ちゃんが退院いたしました。
とりあえず、姪の実家である姉の家にしばらく寄留するそうです。
少し、女児の心臓云々と言われていたので心配しましたが、緊急性はなく、一応後日精密検査のできる総合病院で念の為にとのこと、とりあえず安堵しました。
既に名前も決まったらしいのですが…ネットなので敢えて発表はいたしません。
だいたい、結婚式の場所とか日付なんかで特定できるから、と注意されてしまったので反省しております次第…
今は怖いですよね、調べようとしたら幾らでもネットで暴露されてしまうそうですので?しかも姪はいきなり中堅とは言え建築会社の社長の息子の嫁、事実上の社長夫人にいきなりなっちまったんだから…やはり気をつけないと

オバちゃん姪に迷惑かけないようにしないとね♪

それにしても、これから人生始まるこの女児の将来はどうなるのやら…感慨無量な気持ちになります。

明日から一日だけですが二十四時間断食する予定です。少し身体にガツンとしなくてはと思いまして、祈りと共に
身近な人びとのとりなしをしたいと思います。

っていうか今晩から、始まっています。

明日の日没までガンバります。


追伸、
明日の六月四日は気をつけてください。
因縁深い日だからです。大阪夏の陣で淀君ら自害炎上、ダンケルクの戦い、ミッドウェー海戦、その他様々な出来事が起こりました…また、アベさんは何かヤル気だそうですし 京浜東北線がわざわざ上中里の爆弾処理で運休、サッカーの為に渋谷スクランブル交差点を閉鎖とか
何か仕掛けがアルかもしれませんので注意警戒怠りなく。

何もなければよいですが、用心深くです。

さらに六月六日もアレです。20130606だからです。一応警戒されたし。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

低い雲が湧き起こる。
後から後から・・・。
低く垂れ込めて空を覆う。

低い雲。
そこに主の臨在がある。
かつてイスラエルの民が
出エジプトの時、
主のご栄光が雲の柱と火の柱に現われた。

主は、昼は途上の彼らを導くため、
雲の柱の中に、
夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、
彼らの前を進まれた。(出エジプト13・21)

雲の柱と火の柱の中に
力強い主の御手の導きが
天と地を繋いで現わされていた。

垂れ込めた低い雲。
それを見る時、
主の偉大なお力とご臨在を思う。

私は山に向かって目を上げる。
私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
主はあなたの足をよろけさせず、
あなたを守る方は、まどろむこともない。
(詩篇121・1-3)

栄光の主イエスが
天からおいでになって、
雲の中でお会いする日を
待ち望みつつ
苦難の道を歩みたいと。

今日も私は天を見上げて
低い雲を見つめる。

主イエスよ、早く来てください。

シリウスさん、姪の赤ちゃんの退院おめでとうございます、お姉さんの娘さんだったんですね。
確かに私はもう半世紀生きちゃったから思い残す事はありませんけど、これからの若者は・・・複雑ですね。

なんだかねえ、不穏な雲は発生しているんだけど、神の時だけはわかりませんです。

enjeruさん、いつもどうもです。

>栄光の主イエスが
天からおいでになって、
雲の中でお会いする日を
待ち望みつつ
苦難の道を歩みたいと。

同じ雲でもこちらの雲を待ち望みたいものです。
本当に苦難が絶えない時代になってしまいましたが、歩み切らないといけませんね。
マラナタ

六月六日に雨ザーザー、カエルかな?カッパじゃないよ、あっという間にカワイイコックさん♪

って知らないでしょうね。

本日六月六日は雨ザーザー!なかなか梅雨入りしても雨が降りもしない。

護身用武器について補足します。

悪人はいわゆる致命的武器を振りかざす。致命的武器とは、あたりどころが悪ければ死んでしまう可能性大の殺傷武器、たとえば…刃物、棍棒、毒ガス、火えん瓶 銃にしても実弾が出る殺傷能力のある銃を悪人?は持ちたがります。一般論ですが…

ところがところが、大抵の主人公は非致命的武器しか持たない。パズーはドーラから破壊銃を1時携帯するが壁を破壊するための削岩用途で発射し 弾丸そのものを人には向けない。海賊ドーラ一味が使うのは催涙弾だ。アトムにはお尻にマシンガンがあるが、あくまで人には向けないし ロボット同志の戦いでは、目つぶし目眩ましとしてしか使っていない。
致命的武器で武装するのは政治や軍の側の悪人側に属している。ポパイや猿飛佐助は殴りはするが切り殺したり、流血の罪を犯さない。これは古今東西正義の味方の武装に関しての暗黙の了解なのだろうか?


私たちも護身用に致命的武器は極力避けましょう。刃物、火薬、棍棒はどうかしら?催涙スプレは無問題、スタンガンやマイオトロン、パラライザー痺れ銃は
合法的な使用をお願いする。

ナウシカの巨神兵について以前コメントしたが、ラステルが積み荷を燃やしてと言い残して息絶えるように まちがいなく巨大殺傷兵器を暗示している。放射能武器としてとらえても問題なし。
火の神は古代から女たちが手なずける民俗的にカマド神は女性でなければ制御できない。火とは突き詰めれば巨神兵であり、致命的武器である核爆弾である


土に根をおろし

風とともに生きよう
種とともに冬を越え
鳥とともに春を歌おう

これまたディープな内容ですな --;
言わんとしていること、何となくわかりますけど。

アベノミクスと云うインチキtrickは破綻しました!副島氏が宣言した通り…本当は一年誤差がありましたが…ヨーロピアン経済のアレから、いよいよ金融恐慌の兆しが現れてきました。アベ政権は実体のない蜃気楼みたいな阿呆政権です。
衆議院選挙はムサシによる不正選挙でした。自民公明はAmericaの単なる手先ゴロツキチンピラでしかありません。

悪は必ず糺されます!池田大作は死んでいます。文鮮明が死んだことを統一が発表したように創価学会は発表できないのでしょうか?所詮は北朝鮮からのスパイカルト宗教、邪教外道でしかないモノが与党にへばりついて何を粋がっているのでしょうか?創価学会も統一も新しい千年支配の地球に生き残ることは決してありません!勿論、異端キリスト教のものみの塔やモルモンなど屁のようなもんですが

メッキが剥げるのがあまりにも早かったですな --;・・・よほどのアホでもなきゃあんなんで騙せるわけないのにねえ~
金融政策だけで実体経済が持ち上がるわけがない。特に日本人のメンタリティーには合わないし。

来月は参議院選挙があるんだけど、選択肢が・・・ない --;・・・

題: 新たな苦悩と痛みが、始まる。
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 キリスト教徒は、キリスト教の教義通りに、天国に入って赦
されたで『ホッ』とするのだろうが、しかし、
 一人の無垢(むく)の少女に加えられた凌辱(りょうじょく)
の痛みは、たとえ来世において本人自身による赦しが確証され
たとしても、決して抹消され得ない。
 その痛みを抹消できるかのように、
 キリスト教は「赦し」の教義を語る。
 この重い問題を、キリスト教徒は、真に、どう思うのか?
 たとえそれが、キリスト教の神によって語られても、
 少女には深刻な苦悩が残る。
 それを残らないと、少女以外のものが、「その一方的な決定を
押し付けるのか?」。
 少女の苦悩がどれほどか、
 当事者本人の「赦し」の意志の有無を確かめずに、
 キリスト教およびキリスト教徒は、
 「(キリスト教の)神の赦しがあったと、
 赦すという行為を続ける」。
 消えることのない「少女の痛恨の念・苦悩の心」は、
 キリスト教の未熟な思い遣りによって、
 キリスト教の教義によって
 「無視される」。
 キリスト教徒は、
 本当に思いやったと思って
 自己満足に入る。
 新たな苦悩と痛みが、「少女に始まる」。
 (参考)りょう‐じょく【凌辱/陵辱】 [名](スル) 1 相手
を傷つけるような言動をして、恥をかかせること。「武力によ
る―を受ける」 2 暴力で女性を犯すこと。.
(追伸)
 キリスト教の「罪の赦(ゆる)し」の「信仰」が、
非常にしばしば、
問題の『観念的な解消』へと誘うという
「無責任」や「逃避」を許し、
 アヘン的な『 麻薬陶酔的な解決の仕方 』の機能を
 果たして来た。

  .
(追伸)
 キリスト教の「罪の赦(ゆる)し」の「信仰」が、
非常にしばしば、
問題の『観念的な解消』へと誘うという
「無責任」や「逃避」を許し、
 アヘン的な『 麻薬陶酔的な解決の仕方 』の機能を
 果たして来た。
         (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp

ねこさんた様

「赦し」のテーマほど、デリケートで、矛盾や葛藤、欺瞞や痛みなどを伴う、困難な問題はないと自覚していますので、本来ならば互いに目を見て話すべきなのでしょうが、コメント欄で失礼します。

 もし私達罪びとが、この問題に関して、聞いたり、話したり、経験したり、隣人と共有できるとすれば、それはひとえに神の子イエスが、私たちの代わりに、私たちの罪のゆえに、十字架の死という「陵辱」と「痛み」を背負った下さったからです。  
 もしこの唯一の土台が無いとき、ねこさんたさんが書かれている通り、赦しは確かに自己満足的で、観念的、無責任で強引な押し付けとなるでしょう。私たち全員が、先ず第一に神の前で赦しを請わなければならない加害者でもあるからです。しかし、このキリストの赦しを経験するならば、被害者としての苦悩や痛み(もちろんその度合いは、個人的な差はありますが)さえも、同時に神は解決してくださいます。

イザヤ53:5
しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲しめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。

ミヤサカさん、代弁していただきありがとうございます。

確かにデリケートな問題です・・・
我々人間には出来なくとも、神なら最終的に解決してくださると信じます。
完璧なる審判者として。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/57484296

この記事へのトラックバック一覧です: 中東発 Breaking News 三連弾:

« 強気のイスラエル | トップページ | 荒野の旅よ、いつまで続く・・・早く楽になりてえなあ~ »