2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ローマ書から | トップページ | アラブの春の仕上げ=シリアとエゼキエル・ウォーのヒント~ダニエル書11章から »

2013年4月24日 (水)

世界の日時計=イスラエルから新着情報

4/27 UP DATE

アジェンダ、進行中なのか??

http://japanese.ruvr.ru/2013_04_27/111934612/

国連、シリア化学兵器の情報収集に従事

27.04.2013, 14:10

  国連のマルチン・ネシルケ事務総長報道官は、シリアで化学兵器が使用された報告の真相を調査している同組織の専門家らが、近くダマスカスを訪れ、この件について調べることを明らかにした。調査団はスウェーデン人科学者のアケ・セリストレモム氏を団長とする。報道官によると、現在調査団はシリアからの同意を待っており、待機期間にはシリア国外で作業を続行する。これには、各国の調査の関係者も訪問も含まれる。
   米国のケリー国務長官は26日議会で演説したなかで、シリアで化学兵器が使用されたことが裏付けられた場合、米国は反体制派への武器供給を開始するか、飛行禁止区域を導入する可能性を明らかにした。
   ロシア外務省のアレクサンドル・ルカシェヴィチ報道官はこれをうけ、国連事務局はシリアでの化学兵器使用の情報調査を政治化させているとして、これを非難する声明を表している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久々に中東から気になる情報です。

NO・2830『ヨルダンの決定とイスラエルのシリア攻撃の可能性』

  ヨルダン政府はイスラエルの無人機の領空通過を、認めたという報道がなされた。最近のものでは、イランのプレス・テレビが報じたものであり、その前には、フランスのル・フィガロ紙が伝えている。
これらの報道によれば、今年の3月にオバマ大統領がヨルダンを訪問した折に、オバマ大統領がヨルダンのアブドッラ―国王に対して、イスラエルの無人機の領空通過を認めるよう、要請したことに基づいている、ということのようだ。
イスラエルはヨルダン政府の決定によ、りヨルダン領空に対し、イスラエル南部のネゲブの基地からヨルダン領空を通過し、シリア領空に入れるようになる。もう一つのルートは、ヨルダンの首都アンマン市上空を、通過するルートだということだ。
結果的に、イスラエルの無人機はシリアのいかなる場所も、攻撃が可能になったということだ。イスラエルはヨルダン領空の通過許可を得たことにより、以下のことができるようになる。

:シリアの内情偵察。
:シリア内戦のモニタリング。
:シリアの産業施設への攻撃。
:シリアの軍事施設への攻撃。
:シリアのインフラへの攻撃。

当然のことながら、シリア政府は今回のヨルダン政府の決定を受け、激しく非難している。4月4日には『火遊びはやめろ。』と語っている。
シリアの内戦では、トルコサウジアラビア、カタールなどが、積極的にシリアの反政府派を支援しており、その支援内容は武器や資金だ、と報告されている。
EUが最近出したシリア北東部の石油輸入禁止排除決定についても、同様の目的あらであろう。シリアの北東部には油田地帯があり、平常時には40万バーレル ・日の原油が生産されていた。それが現在では13万バーレル・日程度となっているが、シリア政府の国家収入の、25パーセントを占めているといわれている。
最近では、その油田地帯を反政府グループが支配しており、EUは反政府側に代金を支払い、シリアの石油を輸入する方針を決定したようだ。その理由づけは、一般国民を惨状から救う、という人道的な目的だということだ。
このことも反政府派に資金が渡るようになるわけで、明確なアサド体制への敵対行為、ということになろう。

投稿者: 佐々木良昭 日時: 13:10 | パーマリンク

2013年04月22日

http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/

シリア政府は「化学兵器を使用」、イスラエル軍幹部が発言

2013年04月23日 20:35 発信地:エルサレム/イスラエル

【4月23日 AFP】イスラエル軍の情報機関幹部が23日、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領がシリア反体制派の戦闘部隊に対し、サリンの可能性が高いとみられる化学兵器を使用していると会議で語った。

「アサド(大統領)はシリアで化学兵器を使っている」とイスラエル軍情報部研究・分析部門のトップ、イタイ・ブルン(Itai Brun)准将はテルアビブ(Tel Aviv)で開かれた国家安全保障研究所(INSS、Institute for National Security Studies)の年次会議で語った。イスラエル軍の公式ツイッターで発表した。

 イスラエルのラジオ番組で放送された発言の中でブルン准将は、化学薬品にさらされたとみられる被害者の身体症状を列挙。「瞳孔は縮小し、口からは泡が吹き出ており、その他の症状と合わせて、化学兵器が使われたことを示す証拠だ。どの化学兵器か。おそらくサリンだろう」と語った。

 1938年にドイツで農薬として開発されたサリンは、致死性がある揮発性の神経ガスで、無色無臭。多量を吸入すると肺周辺の筋肉をまひさせ、身体の分泌機能を制御することができなくなる。そのため患者は粘液や唾液で肺が満たされ、呼吸困難に陥る。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2940370/10629497

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
う~む?・・・この二つの情報を繋げると、また、ネタニヤフも今年の夏ごろまでがイラン核開発のデッドラインだ、と発言しているしで、無視は出来ないでしょう。まずはシリアからか。

そう言えば以前、「おとめ座が太陽を着て、月を踏む」という黙示録12章の天体配置が2017年のロシュ=ハシャナー(ユダヤ歴新年、9月26日?だった記憶が --;?)に起こるとする情報を載せたことがありますが、仮に、仮にです、この解釈、仮説が正しいとします。
そこから逆算すると、2014年の3月ごろに終末の7年入りとなります。くどいですが、あくまでもいくつか考えられる選択肢の一つです、私も鵜呑みにしているわけじゃありません。

実際にイスラエルでは、ソロモンの第三神殿のレプリカ造りが始っているようですし、反キリストも登場せねばならない・・・

こればかりはわかりませんが、世の中、日本もそう、世界もそう、なんかおかしくなってもう戻れないところまで来てしまったと感じなくはなく、一応、季節を知る手がかりとなれば。

それにしても戦争、テロ、殺戮と・・・殺し合いをしなくては人間って生きていけないのでしょうか・・・悲しいことですけど、これが偽らざる冷酷な現実なのでしょう・・・

« ローマ書から | トップページ | アラブの春の仕上げ=シリアとエゼキエル・ウォーのヒント~ダニエル書11章から »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

心にささやきかける偽りの声。
絶え間なく洪水のように
襲ってくる。

四方八方取り囲まれた。
激しい戦いの時。
主の試練。
心の中を試される主。
見える事象。
心に聞こえてくる声。
死への脅迫。
私自身があてにならない時、
光を主の中に求めた。

私の敵、私のことで喜ぶな。
私は倒れても起き上がり、
やみの中にすわっていても、
主が私の光であるからだ。
(ミカ7・8)

この地上のどこにいようと、
肉体を離れて天の故郷に帰ろうと、
どこにいても主が私の光であることへの信頼。
孤独でひとりに感じても、
主が決して
「あなたを捨てて孤児にはしない。」
と約束してくださった。

私は主のもの。
主の十字架の血によって
買い取られた者。
永遠に主と共に生きることを
赦された恵みに心から感謝。
ただ憐れみのゆえに
この世では価値のない者を
引き寄せて下さった愛を
光として終わりの世を
その時まで歩みたいと。

神は光であって、
神のうちには暗いところが少しもない。
これが、私たちがキリストから聞いて、
あなたがたに伝える知らせです。
(ヨハネⅠ1・5)

enjeruさん、こんばんは。
二週間ぶりですね、平安がありますように。

私ではたいした役に立てないかもしれませんが、その時は遠慮なさらずに。

私も月末が近づいてくると調子が崩れます・・・そんな時、宝石箱の↓の散文は慰めになりました。

>痛いのは
生きているから

>転んだのは
歩いたから

>迷っているのは
前に進みたいから

>逃げ出したいのは
たたかっているから

ザアカイさん

はるみさんの「みことばスレッド」
慰められます。
感謝!

公園で友人と語らう。
ここちよい風。
そこに鳩が近寄ってくる。
次から次へと・・・。
飛んで近寄ってくる。
まるで私たちの話を聞いているよう。
座ってじっとしている鳩も2、3羽。

気がつくと7羽いた。
平和の象徴・・・鳩。
神が望んでいるのは争いや戦争ではない。
人々が愛しあうこと。
それを望んでおられる。
人と人。
国と国。
神の命令とは互いに愛し合うこと。
愛し合うことは
互いに赦しあうこと。

罪とサタンのゆえに
常に欲としっとと憎しみと・・・。
心の中の思いが
戦いを生む。
歴史の中の戦争は
その大きな罪の結晶。
轟く魂の悲鳴の声は闇の中。

キリストの愛。
罪を覆う。
どんな罪の塊もキリストの愛は
白くする。
十字架の血は罪の血清。
ひとりひとりに必要。
どんな人にもその血清が必要。
罪の毒は目に見えない。
けれど実在して、
目に見える形で現われる。
毎日見聞きする事件のニュース。

キリストの愛。
心の優しさ、寛容、喜び、希望。
そこにある光。
どの国の人にも
どの民族の上にも
主イエスの愛と恵みと祝福がありますように。
そして互いに愛し合い、
争いがなくなりますように。
お祈りします。

鳩よ、鳩。
キリストの愛を携えて
世界中に飛んでゆけ。

アーメンです。

これだけの散文書ける人はそうそういません、enjeruさんの賜物でしょう。その証拠にenjeruさんが投稿するとエントリーのアクセス増えますから。

本当に生きていると、惑わしに陥り迷い、何もかも投げ出したくなる時があります。
それも取り方次第で自分では気がつかないでいても、前向きであるからという面もあると思います。

きっとうまく行く、そう信じて前進しましょう。もうすぐですよ!・・・たぶん^^;

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

ダビデの星。
イスラエルの国旗。
ホロコーストのとき、
ユダヤ人の腕にその印をつけた。

3つの頂点をもつ正三角形。
2つの正三角形が
上と下に重なって出来ている国旗。

正三角形が2つ。
6つの頂点。
多くの意味が含まれている。

3つの光が2つ。
神さまのみが
その御心を知っておられると。

六芒星、ダビデの星、へクサグラムと呼び方はいくつかあるようですが、ダビデが実際に使ったという記録はないようで。

とは言うもの、何らかの意味はあるんでしょうね。

>3つの光が2つ。
神さまのみが
その御心を知っておられると。

そういうことかもしれませんね。

自民党主権回復宣言、
今日明日ではありませんが、数年以内に国民背番号制度で、徴兵を導入するそうです。男性でギリギリ五十までの心身健康な方に赤紙がくるのだそうです。昔戦前ですと、四十才までなので、現代風にarrangeすることになります。あと、男女均等化で女子?も徴兵を免れられません。勿論、銃を持って八重みたいな前線で戦うことはありませんがいわゆる後方支援銃後の守りを任されるのだとか情報ありです。

ザアカイさんは大丈夫でしょうが?息子さんが心配ですね?

大事な家族の柱が戦争に持っていかれる時代、それがこれから現実に起こる艱難時代なのです。

映画の二十四の瞳を思い出しました。

理不尽に死んでいく人間どおしが殺しあう修羅場ばかりが、銃後の民間人婦女子さえ爆撃されて無惨に殺される戦争は反対です!!

創世記の五章五節六節に書いてありませんか、これが神が世界を裁く理由です!!ハルマゲドンが起こる根拠は次の流血の罪への報復なのです。

汝らの血を流すものに、我は必ず報復するであろう。
人の血を流す者は、人に血を流される。

人の子イエスとしてヤハ神の裁きは必ず人類に及ぶことでしょう。

その前に引き上げられし者らは幸いです!!時すでに近し

マラナタ、キュリオ

新しいハンネを発表いたします。

「シリウス☆」

です。とりあえず期間限定本年度いっぱいまでのハンネといたします。どうぞよろしくね♪


旧ハンネ「風」より

('-'(´ー`(・∀・)

シリウスさんね、わかりゃ何でもいいです(笑)

確かにミクロの部分では先の見えない時代になりました。
ま、うちの息子はアタマはパー、スポーツダメ、メカに強くて手先が器用なだけ・・・戦力にはなりそうにありませんね(笑)

シリア情勢書いていて本当に考えさせられますが、一体、何のための戦いか、血に飢えた狂人による大量虐殺ではないか、明らかなる国家反逆罪、それに加担する欧米。

シリアの一般市民が気の毒で仕方がない、時間とともに死者が増えるばかり。
「もうたくさんだ」と叫びたくなりますね・・・東の王が率いる2億の軍隊の中に日本が入ってないのを望むばかりです。

はい!サヨウです。シリウスに☆を+して、「シリウス☆」といたしました。
ちょうど、藤岡弘さんが、+「ヽ」を入れて 「藤岡弘、」にしたような感じです。

何の意味もないようで、あるようで意味深な☆markってことで

期間限定で再度よろしくお願いいたします。

名前の由来を話します♪
ハマのロイヤルパークhotelの洒落たレストランバーの名前なんです。スカイラウンジからの眺めながら、飲めないカクテルにjazz
ブルームーン、とか
勿論アノ高層ビルの中にあるんだけんどね。

シリウス☆

そう云う謂れってことです。シリウスって、ルシファー側もよく用いる一番星のアレ!?だから敢えて避けて異端だよ。青星とか、狼星とか言われる有名な人間と関わってきた大天体の星。ちなみに、シリウスにはA と B があります、ロマンをかんじる白色わい星ってどっちら?

ランドマークタワーにもしばらく行ってませんね・・・まだ東横線が桜木町どまりだった頃 --;
というか、横浜にしばらく行ってねえ~!
なんかこの歳になると、京都とか鎌倉とか古都のほうが落ち着いていいですな。
正月、ゴールデンウイークは車で湘南へ行っても、駐車場が満杯だから、電車が一番ですな。
保土ヶ谷バイパスから横横道路→逗子インターで降りて、逗葉新道からトンネル抜けて、材木座の134号で江ノ島まで~、あの時代は良かった。

黄金週間も中だるみ、天気もドンより曇り気味…
今度、日比谷公会堂へ偵察しようかな…って感じです。天下泰平に書いてありますように、五月四日
他の連中はいかがわしいのですが、特にフナイに出てくる五○○とか?インチキな匂いプンプンする。
ただ石屋セム系の裏天皇家守護の前田氏や高山氏classになると、信頼できるので…一度機会アッたら直接伺いたいなと思っていたダヨ。

ま、当日券もあるらしいのでまだわかんないけどね♪プーッ
(●`ε´●)ローラチャン?

後半の休みか休み明けに気をつけるように、情報出ています。預金封鎖資産凍結は、少し延期されたそうですが…っていうか金がまた上がってまうけどね♪

夏場、または秋に気をつけるように…できればそれまでに余剰資金は銀行や郵貯から撤退できる方はそうされることをおすすめいたします。
あと、汐留付近が不気味だとか注意警戒です。詳細は略

お祈りありがとうございます。ラウンドマークtowerですか?
あの付近はわたしの庭ですた。過去形

シリウス是非一度オイデください。

ヨコマハの夜景が美しいですよ…

富士山が自然遺産登録、
いよいよ噴火させますよ!!気をつけるように、
朝日が連休後半は寒くなる、平年より10度低いと連発
去年のアレ!?を鑑みて一応天候兵器使われる可能性示唆しているように思われます?明日からの後半4連休気をつけるように

在日韓国北朝鮮系の強盗団が車輌窃盗を中心に連休中に動いています。特に首都圏中心に、これも注意警戒怠りなく

以上、定期information連絡でし

う~む?やはりタブーキーワードに引っかかるようですな --;
出しましたぜ。

私も考えすぎだろう?と思いたいのですけど、富士山の自然遺産登録・・・なんで今、この時期よ?と感じてしまった。

昨日も車両窃盗のニュース、テレビでやってましたね。盗まれて、まる焦げで見つかったとか。カーマニアの私としては怒り心頭です!!
オーナーの気持ちを考えると、絶対に許せない行為。

うちも営業車入れて車5台もあるけど --;・・・マトモなのは父親のプリウス1台くらいで、あとは走行距離10万キロ超、初年度登録から10年越えのポンコツばかりだから大丈夫かな?(笑)

年季入ってるけど、息子のランエボは香港で人気らしいから一応、気をつけようかな。ぶっちぎりで速いのが取り得の車。スタントカーとしては十分使えます(笑)、何より車買うのに貸したカネが焦げ付くのが心配(爆;)

重大なるhint、

1973 1980 1987 1994 2001 2008 2015 2022 2029 ***

1973 1966 1959 1952 1945 1938 1931 1924 1917 1910 1903 ***

これだけでピンときたら、あなたは歴史通と評していいでしょう。

ヒンデンブルグ第三帝国の隠謀には、あのドイツの大型飛行船の爆発事故は
おそるべき爆弾テロだったと推理していました。

今までの、静電気原因説と対立するダイナマイト爆弾テロ説です。果たして真実は如何に

物事の真実を見極めること…それがこれからは大切なんだとつくづく思いました。

以前にツェッペリン世界一周に関して柘植氏がいろいろ書いてありますように、航空事故ってmysteryに満ちていますよね、787とか?オスタカのアレ!?とか…いろいろと


つい一昨日でしたっけ、アフガンで米軍の輸送機が墜落事故起こして、その墜落映像が全世界に流されたの。
あれは衝撃的ですね。あの墜落して爆発炎上のシーンは思わず顔を背けたくなります。

それにしてもよくもまあ、タイミングよくビデオ回してましたね?まるでああなるって知っていたかのように --;

映画「ノウイング」じゃあるまいし・・・

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

ダビデの星。
イスラエルの国旗。

正三角形が2つ重なっている国旗。

『これら2つの民、2つの国は、
われわれのものだ。
われわれはそれを占領しよう。』
と言ったが、
そこに主はおられた。(エゼキエル35・10)

イスラエル人を、その行なっていた諸国の民の間から連れ出し、
彼らを四方から集め、彼らの地に連れて行く。

わたしが彼らを、その地、イスラエルの山々で、
一つの国とするとき、ひとりの王が彼ら全体の王となる。
彼らはもはや2つの国とはならず、
もはや決して2つの王国に分かれない。

彼らは2度と、その偶像や忌まわしいもの、
またあらゆるそむきの罪によって身を汚さない、
わたしは、彼らがかつて罪を犯したその滞在地から彼らを救い、
彼らをきよめる、
彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
(エゼキエル37・21-23)

いずれの日にかその御言葉が成就する日が
来るのだと・・・。

父なる神と子羊イエスさまの上に栄光とご威光が
世々限りなくありますように。

enjeruさん、いつもどうもです。

この箇所が文字通りの解釈で、物質的に成就するのか、それともたとえとして、霊的に成就するのか・・・二つの国とはヨセフの末裔とユダの末裔、霊的イスラエルとしてカトリックとプロテスタント、もしくは二面性からユダヤ人と異邦人教会と、いくつか解釈は考えられそうですね。

ま、いずれにせよ主イエスこそがメシヤであると信じることこそが大事ですね。この恵みを無駄にしたくないものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/57238266

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の日時計=イスラエルから新着情報:

« ローマ書から | トップページ | アラブの春の仕上げ=シリアとエゼキエル・ウォーのヒント~ダニエル書11章から »