2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2013年がスタート | トップページ | あらゆることが同時進行的に? »

2013年1月 8日 (火)

侮り難し?新ファラオ~ムハンマド=モルシ

まずは記事ソースの紹介から。

エジプト大統領、シオニストを「猿と豚の子孫」呼ばわり

http://japanese.ruvr.ru/2013_01_07/100249991/

7.01.2013, 00:06

エジプトのマスメディアはインターネット上に、現職のムルシ大統領がイスラエルとユダヤ人に対する自らの態度を赤裸々に示した動画を公開した。

   動画は2010年に撮影されたもので、ムルシ氏はイスラエル市民を「吸血鬼」、「豚と猿の子孫」と揶揄し、いかなる交渉を行なおうと「時間と可能性の浪費」であり、「全く意味がない」と語っている。

   ムルシ氏は全てのイスラム諸国に「パレスチナの血を吸うシオニズムの犯罪者」と戦うため団結せよと呼びかけ、パレスチナ解放の唯一の手段としてイスラム教徒らはみな、「抵抗」し続けねばならないと説いている。

   ムルシ氏はまた、パレスチナにはユダヤ人国家のための場所はないとして、イスラエルを絶対に認めないと語ったうえで、2つの民族のために2つの国家を創設し、これを紛争解決の手段とすることは幻想だと断言した。

   ムルシ氏は12年3月にエジプト大統領に選出された。ムルシ氏はイスラエルとハマスに休戦を取り付け、専制をしいて米国およびEUにエジプトの安定化をアピールすることに成功したため、西側諸国の支持を勝った。

Photo

* 今売り出し中のキーマン、マークすべき人物になりそうな予感。

そもそもモルシの支持基盤はムスリム同胞団で、ガザのハマスも同胞団の別働隊。ムスリム同胞団は穏健な団体だと言う人もいるようですが、どうでしょう?
何といっても西側諸国が援助して育てた組織です。タリバンしかり、アルカイダもCIAの別働隊と言う説が正しいような気がします。

ヨルダンでも王政打倒を口にする者が現われる始末。シリア反体制派の中にもヨルダン同様ムスリム同胞団が紛れ込んでいる模様。サウジまでも体制が揺らぎ始めていると言う情報も出てきております。

そこで次の資料を。

Photo_2

シリアはアサド体制が崩壊しようがしまいが、イスラエルと敵対する事でしょう。
となると、残るはレバノンのヒズボラ、エジプト、パレスチナはほぼ決まりでしょうから、ヨルダン、サウジの体制が転覆でもしたら、いわゆる 詩篇83篇の預言が単なる解釈の間違い、妄想などではなく、現実となる可能性はかなり高くなります。いかにもアメリカ人特有のシオニスト的解釈であまり好きではない預言解釈でしたが、今しばし客観的に見ていこうと思います。

こうなってくると、オバマがネタニヤフと不仲であるというのもわからなくもありません。
ムスリム同胞団を使って、イスラエルを追い込んでいる気すらします。
もちろん、オバマの背後に大きな力が働いているだろうし、ヒトラーを使って、イスラエル建国のために同胞をスケープゴートにしたサバタイ派、カバリスト・ユダヤの奥の院のやることですから。
イスラエルを将棋の駒である「歩」として使うことくらいするかもしれません。まだ時期的に早い気もするのですが、聖書を読む限り、最終的にイスラエルには、世界中の軍隊が集結し絶体絶命の危機を迎えますので。いわゆるハルマゲドンですが、その前に上記の 詩篇83、エゼキエル38と、何度か危機が訪れるとする解釈が通説でもあります。
7年の中東和平がその前か後か?後のような気がするのですが、あるとするのも通説。

サタンとしては何もユダヤ人を特別扱いする必要などなく、イスラエルを壊滅してしまえば、オリブ山におけるキリストの再臨(ゼカリヤ12、14章)を阻止できるわけです。

今のイスラエル国家は、アシュケナジー・ユダヤを中心として、シオニスト連中による人工国家です。カバラ、サタニズムとも関係した人間が国家中枢を支配している事でしょう。
オーソドクス・ジューは「神の業により建国されたのではない」として、イスラエルを国家として認めておりません。

かと言って、その過程、手段はどうであれ、今のイスラエルを全面否定するのも早計か・・・人間に神のなさる事のすべてを知る事は出来ないし、神の許しの範囲内で建国されたのかもしれない、もちろんそうじゃないかもしれませんが。単純に二元論で論ずる事の出来ない複雑さがあるような気がしてしまう。

何となく前兆らしきものは見えつつあります。しかしながら、結論を出すにはもう少し時間が必要かもしれません。なにせ、政治、経済、歴史、宗教、戦争、天変地異と、あまりにも複雑に点と線が絡み合っておりますゆえ。

« 2013年がスタート | トップページ | あらゆることが同時進行的に? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

真っ暗な海を照らす灯台。
その光は、
遠くの船に届き、
行く先を告げる。

真っ暗な夜の空。
その暗き空に輝く
星々の輝き。
美しい光を放っている。

暗い世の世界。
霊の暗い世で
ひときわ輝く聖徒の光。
外側の肉は衰え果てても
内側の光は、
キリストがいよいよ輝き、
暗い世を照らしている。
光を放っている。

あなたがたは、世の光です。(マタイ5・14)

世界中に点在する聖徒の光。
暗い世に聖なる光を放っている。
その光にイエスが共におられる。
その光は地を聖めている。
暗闇が濃くなるほど
光はいよいよ輝きを増す。

あなたがたは、地の塩です。(マタイ5・13)

末の世で
主イエスの光を放つ聖徒が
いよいよ喜び
キリストの香りを
放つことが
できますように。

あなたがたの光を人々の前で輝かせ、
人々があなたがたの良い行いを見て、
天におられるあなたがたの父を
あがめるようにしなさい。(マタイ5・16)

アーメンです。
enjeruさんの投稿、前回も、前々回も、いいえいつも。
Thank you all.

世の光、地の塩・・・
こうならねばならないのですが、なかなかその栄光のかけらすら輝かすのって難しいものですね。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

凍てつく寒さ。
大地を覆う雪の塊。
震える身体に
突き刺さる
冷たい風。

その大地の下で
春に向けて命がしっかりと
息づいている。
命の芽生えは
その時を待つかのように
地上の寒さの下で、
じっと時を待っている。

神の恵みの救いの喜びも
時が来れば
春の新緑の芽生えのように
命の息吹が
力強く聖霊の風に乗って
息づく。

イエスの愛は
今もそのようにして
豊かに働いている。

豊かに届け。
イエスの愛。
豊かに響け。
イエスの救い。
魂のひとりひとりの
飢え乾いた心に。

地が芽を出し、
園が蒔かれた種を芽生えさせるように、
神である主が義と賛美とを、
すべての国の前に芽生えさせるからだ。
(イザヤ61・11)

日本に聖霊の大雨が降るのはいつなのでしょうかね?
早く時が来るといいのですけど。

地道で海の砂の上に水を撒くようなことやっているような気がするのですが、必ず芽吹くと信じましょうかね(^_^)v
すばらしい援軍、コメンテイターもいることですし。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

深海の海の底。
真っ暗な闇が広がっている。
光の届かない深い底。
何も見えない世界。

死の底。
厚い壁で覆われて、
そこには
涙と悲しみが横たわっている。
真っ暗な闇が支配している。

キリストは十字架を通って
死の底に行かれた。
誰も打ち破ることが出来なかった死。
父なる神の偉大な力が
主イエスを死の力と厚い壁から
解き放って突き破り、
光の中へと復活させた。
ただ主イエスだけが
死を打ち破った。

墓はからっぽ。
栄光のよみがえりの身体。
死に勝利された主。
復活。
希望の喜び。
死はもはや力を失せた。

信じる聖徒を
必ず復活させてくださると
言われた主。
永遠の命を内に宿した
栄光の身体を与えてくださると。
涙は消え去り、
歓喜と光と輝きに満ちた天で
復活の身体で永遠に生きる希望。
死を打ち破られた方が
必ず実現してくださる恵みを
心から感謝して苦難の世を
耐え忍んで歩もうと。

確かにこの幕屋の中にいる間は、
私たちは重荷を負って、うめいています。
それは、この幕屋を脱ぎたいと思うからではなく、
かえって天からの住まいを着たいからです。
そのことによって、死ぬべきものが
いのちにのまれてしまうためにです。
(コリントⅡ5・4)

神は主をよみがえらせましたが、
その御力によって
私たちをもよみがえらせてくださいます。
(コリントⅠ 6・14)

>復活の身体で永遠に生きる希望。
死を打ち破られた方が
必ず実現してくださる恵みを
心から感謝して苦難の世を
耐え忍んで歩もうと。

異論ありません、確かに面白くもなんともない時代、苦難の世ですね。何とかやってられるのもこれがあるからなんですね。

何?
>フェラーリのオーナーになりたい

まだそんなこと言ってたの…

あ、そうそう、子羊村アンちやん字スレを使わせていただきまして、ご挨拶していなかった失礼をば許してください。

アンスレから撤退しただけですので、通信やキリスト掲示板では、まだしばらく滞在しますので、わたしのフアンの方々へ、ご安心ください。まだ消えませんから、

来週姪の結婚式なんですよ…で、いろいろ忙しくて忙しくて、\(゜ロ\)(/ロ゜)/大変よ!

既に去年前半に婚姻届けは出していて、新座にマンション借りて同棲中〜彼氏は従業員百人以上の建設会社の若い社長です。姪は社長夫人になっちまいました。

お腹には子どもも出来て安定期に入った。

とにかく来週大変、
フジテレビ隣の日航ホテルです。嘘偽りなし。日と時間は教えません。

お祈りください。若い二人の門出を!

ああおばさんよ!おばさん!永遠の独身に栄光あれだわ♪

^^;・・・千年王国にも交通事故が起きない車ってあるのかね?・・・車好きにとって、フェラーリは憧れなのですよ。それ以外なら何乗ってもいいんだけど。ちなみに今乗ってるの、乗り出し価格25万で買った中古。落ちぶれて250万の新車から1/10だぜベイベ~(涙;)
新車→新車→新車→ついに中古・・・これからも中古<(_ _)>

風ちゃんが結婚するのかと思いましたよ。よく読んだら違った(笑)

むかしむかし某サイトで議論した話では
新天新地では、通用しませんが…少なくとも、千年王国、千年統治の暫定的期間では、新しい栄光体の超人と、旧い現今の肉体の普通な人間と同居というか共存するのだそうです。
私たちが地上にいる時は空中飛翔で空間移動できるので、一般的な移動手段としてのいわゆる乗り物は不必要になります。かえって身軽に動けなくなり邪魔くさくなります。ところが、ハルマゲドンを生き残り組の旧い人類と子孫たちにとっては〜移動手段として、自転車、モーターバイク、自動車、ボート、船舶、飛行機、ヘリコなどが必要でしょうから、廃棄されません。さあそうなりますと、自動車一つとっても、製造systemや車輌整備メンテナンス、道路補修など、いろいろ面倒な附属品がついてきますよね。たぶん鉄道はあまりに膨大な附属品?が必要なので残念ですが廃棄されるかもしれません。まさか、空を飛べるのに超人たちが鉄道保全に駆り出されるでしょうか 考えてみてください。ですから、物流systemとして、トラックや船舶、飛行機は少なくとも千年王国では存在すると思います。鉄道は過去の遺物になることでしょう!
で、フェラーリなんですけど、国産のフェアレディZさんやRXセブンみたいな憧れの車はザアカイさんに厳粛に申し上げます、千年期間は存在し得ます。たとえ栄光のからだでも車輌で地上走行したい人の思惑を否定しません!ただし、メンテナンスが大変よ!企業はたぶん存在しないでしょうから♪どうなることやら…


でも、思考実験としては面白い結論になりますた♪

スパム欄に入ってたので一つ出しておきました。
問題ない投稿でも時たまスパム欄行きがあるのはどうしたことか?

その時が来るまで待ちましょうかね。
魂のレベルが上がり、興味なくなるかもしれないし。まだまだ肉に癒着している魂を持つ人間だということですな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/56493097

この記事へのトラックバック一覧です: 侮り難し?新ファラオ~ムハンマド=モルシ:

« 2013年がスタート | トップページ | あらゆることが同時進行的に? »