2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 黙示録12章 Mid-Trib. 前回投稿のタイムラインチャート | トップページ | なるがままに »

2013年1月31日 (木)

2013年1月を振り返って

1月も今日で終わろうとしてますが、年明け早々、今月を振り返って・・・いよいよ始っちまったんでしょうか?まだわかりませんけど。

やはり導火線は中東と極東のようですね。
朝鮮半島がきな臭くなってきました。日中尖閣問題もまだまだどうなるか不明。
そして、情報が錯綜していて定かではないようですが、イスラエルがヒズボラ向けのコンボイ、もしくはダマスカス近郊の軍事研究施設、はたまた双方か?をついに空爆した模様です。イスラエル筋はダンマリということはやったんでしょうね。

特に中東情勢は最後の詰めに入ったんでしょうか?
ガザのハマス、レバノンのヒズボラ、エジプトも混乱状態でどう動いてくるのか?そして問題はシリアがここまでコケにされておとなしく忍従するのか?・・・
聖書研究家によると、これにヨルダンとサウジあたりが絡んでくるそうですが、今はまだイスラエルに進軍する気配はありません。

世の終わりになるとイスラエルは周辺国家から挟み撃ちになるようなので、おそらくこれが第一弾になるかもしれません。ゼカリヤ書12章参照のこと。
これにEU、ロシア、中国、米英が介入してくるという構図なのでしょう。
イラン、北アフリカ、ロシアが動いてくるのはこのあと、いわゆる「ゴグ、マゴグ」の第二弾とする説があるようで、前人未到の領域への突入があるのかどうか?憂鬱な話です。

何となく大枠はついに見えてきたなという感じです。

とにかくペースが予想以上に早い、これに世界経済の悪化が輪をかけているようで、株式市場、為替相場はこの際無視して、長期金利を注目せよと誰かが言ってましたが、この方が妥当かもしれません。

前に二つほど2017年9月が「終末の7年の中間点かも??」というエントリーをアップしましたが、もし?もしです?この説が的を得たりしていたら?反キリスト擁立のためにはそろそろ本気にならないと無理でしょう。

何かとてつもない、聖書預言的なことが起こっているのは事実かもしれません・・・

今こそ贖いの十字架を見上げ、平伏す時ではないでしょうか。
主イエスよ、来たりませ、マラナタ。

« 黙示録12章 Mid-Trib. 前回投稿のタイムラインチャート | トップページ | なるがままに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

泉パウロ先生の新刊のご案内よろしいでしょうか?

過去ログで、人工地震本を既に六冊出しています泉パウロ先生

今年に入って新たにゼロ巻から数えて通刊七冊目の人工地震本です。
前回は水色の表紙でしたが今回は茶色い表紙。内容は仮面ライダーからイルミナティ暴露と多岐にわたる興味深いものです。首都圏東京直下型地震、富士山噴火を闇勢力が画策していることを暴露しています。マスコミもメディアも雑誌もテレビもラジオも、闇勢力に取り込まれているそうです。信じられるのは、神イエスキリストだけです。教会も組織も教団でもありません!神なる主イエスとの個人的な関わりが大事なのです。なぜなら、主イエスは花婿として地上に残されし花嫁たちを奪い去る為に〜まもなく秘かに空中まで降臨されて私たちを引き上げてくださるからです!!その時はまさに、直前まで来ております!

そんな鼓舞する内容満載です!!

もうすぐ春です。立春です。春になれば携挙の可能性大と数ヵ月前に申した通りです。冬期や安息日でないように祈れ〜ですから、ラプチャーは春か〜夏か秋に決まってます♪

節分過ぎたら取りあえず、少なくとも我が国に於いては、暦の上では「春」になります。

気象庁では三月から春。西洋では、春分の日から春になるそうですけど…とにかく嬉しい待ちに待った春は、もう其処まで来ております!

終わりの日はイエスにもわからないので、あまり一喜一憂しても意味がないのでわ。。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

私はそれを見たのです。
それで、この方が神の子であると
証言しているのです。」
その翌日、またヨハネは、ふたりの弟子とともに
立っていたが、
イエスが歩いて行かれるのを見て、
「見よ、神の小羊。」と言った。(ヨハネ1・34-36)

神の子であると証言しているヨハネ。
翌日言ったことば。
「見よ、神の小羊。」

神の子であると証言。

「見よ、神の子羊。」ではないでしょうか?

小さな羊ではなく、父なる神の子としての羊。

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」(ヨハネ1・29)
「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」

「小羊の婚宴」(黙示録19・9)
「子羊の婚宴」

「小羊の妻」(黙示録21・9)
「子羊の妻」

「神であられる主と、小羊とが都の神殿だからである」(黙示録21・22)
「神であられる主と、子羊とが都の神殿だからである」

「神の栄光が都を照らし、小羊が都のあかりだからである。」
「神の栄光が都を照らし、子羊が都のあかりだからである。」

「小羊は王の王、主の主だからです。」(黙示録17・14)
「子羊は王の王、主の主だからです。」

「見よ、小羊がシオンの山の上に立っていた。
また小羊とともに14万4千人の人たちがいて、その額には
小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。」(黙示録14・1)

「見よ、子羊がシオンの山の上に立っていた。
また子羊とともに14万4千人の人たちがいて、その額には
子羊の名と、子羊の父の名とがしるしてあった。」

「ほふられた小羊は、力と、富と、知恵と、勢いと、栄光と、
賛美を受けるにふさわしい方です。」(黙示録5・12)

「ほふられた子羊は、力と、富と、知恵と、勢いと、栄光と、
賛美を受けるにふさわしい方です。」

(出エジプト・・・過ぎ越しの祭り)
あなたがたの羊は傷のない1歳の雄でなければならない。
それを子羊かやぎのうちから取らなければならない。(出エジプト12・3)

あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。(創世記22・12)
アブラハムのイサクを捧げたとき・・・

雄の羊を主は備えられた。
この雄の羊は、1歳の傷のない子羊。(創世記22章)

小羊に意味があるのかもしれないけれど・・・。
霊的に「子羊」がピタッとくるのは何故?

「子羊通信」の言葉で・・・このことを導かれました。
何が正しいのか祈ってほしいと思います。
聖書に関することなので、付け足しても差し引いてもその者には刑罰があると
聖書のことばにありますから・・・慎重に祈ってほしいです。

あら、本当ですね。先入観とは恐ろしい。言われるまで気づきませんでした。

子羊のつもりでず~っと読んでました。
確かにこの方が霊的にフィットしますね・・・
旧約の犠牲の小羊とは明らかにニュアンスが違いますゆえ。
ご指摘ありがとうございました。

立春!!
ただねー、だからといってねー、もうね〜
不思議よね〜なんで春になるとキュンキュンしちゃうのか!?

霊的な話として参考までに〜是非は兎も角
二月四日 立春
二月十日 旧正月、そして泉パウロ先生が警告されていた魔の十一日 どうか無事に過ごせればと願いまーす!一応、心の準備、防災の用意されたし 特に水を前日には取り換えること、首都圏東京直下か?否か!?
十三日、ニビルとか?エノクのおじさんが騒いでいました。
十四日、聖ヴァレンチノ祭

そしてユダヤの春のパン祭のニサンが始まるよ♪

春と言ってもまだまだ寒い!
エノクのおじさんとは宇野正美氏ですな。あの人も信用が地に落ちましたね・・・それでもしたたかに講演会やってるようで。

それとイスラエルのバラク国防相がシリアの軍事研究施設の空爆、ゲロしたようですね。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

神のことば。
聖霊の力が宿る。
ことばが人の霊に届くとき、
神の力がその人に届く。
眠っていた霊が目覚め、
不思議な喜びを与える。

聖書のことばは
イエスを証する。
十字架の贖いは神の愛を
最大限に現された。
十字架を通って発する力は
今も時間・空間を越えて
どこまでも突き抜ける。
イエスの愛を留めることは
誰にもできない。
赤く染まった衣は
愛の証。
聖なる血が汚れた地上に流されたとき、
罪の穢れが
覆われて神との和解が成就した。

この方に信頼するとき、
涙と嘆きがあっても
その大きな愛に包まれていることを
光として生きていける。
神のことばは
霊にとどまり、励ましと力を与えられる。
イエスを愛するとき、
父なる神と御子イエスが共に住んでくださる。
イエスを愛するとき、
人はひとりではない。
その人と父なる神とイエスと共に歩む。
それを知るとき、
喜びと感謝が満ち溢れる。
どんな現実の厳しい状況に置かれても。
決してひとりではない恵みに感謝!

イエスは彼に答えられた。
「だれでもわたしを愛する人は、
わたしのことばを守ります。
そうすれば、わたしの父はその人を愛し、
わたしたちはその人のところに来て、
その人とともに住みます。(ヨハネ14・23)

いつもありがとうございます。
今、免許の更新で警察署にいます、講習始まるまで暇ですので。
いつも共にいてくださる、なかなか実感出来ませんが、聖書にそうあるのでそうなのだと、信じて進みたいですね。

あのakbクソ坊主騒ぎで、マツコ・デラックスが起こってるらしいですよ!
わたしも秋山某やつんく某、小室哲哉某の、少女軍団businessに関しては異議あります。
モー娘の堕落ぶり、加護と辻のどちらが大陽の嫁でどちらがアダルト嬢になったのか知りません…
小室哲哉某に棄てられたクリスチャンタレントの軌跡について以前話しましたが彼女は試練のtunnelをようやく抜け出した話しました。

ま、とにかくAKB48はそうか学会高橋みなみに牛耳られています!結局、モー娘と同じplotを辿ることでしょう!?つまり、再び在日が入り混んでカオスになります。っていうか拡げ過ぎですよ!名古屋チュウブ、ナニワ、北キュウシュウ、上海、インドネシア、タイペイって…

う~む、また何か禁止キーワードに引っかかったかな?
私も同感・・・秋元康の銭ゲバぶり、若い子を金儲けの道具としか見ない、あのえげつなさには言葉もなし。
投票権がなければCDどれだけの人が買うのだろうか?
特にうしろで踊っているだけの子達・・・ある意味、気の毒ではありますね。

ココログは厳しいところがありますな。
おかげでスパム投稿も沢山はじいてくれるので助かってますが^^;

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

小さなだるまの人形。
にこにこしながら立っている。
指でそっと動かしてみる。
ゆらゆら揺れながら、
何度も起き上がり
ついには元の位置に戻り、
にこにこ顔で
また同じように立っている。

下に重りがあるので、
どんなに転がっても
へいき。
必ず元に戻ると知っているから、
安心して見ていられる。

主を愛する人も
主が内側におられるから、
いくら転んでもまた起き上がる。
重りは下に永遠の神の御手。
その上に転がって
また起き上がる。

ついに起き上がれなくなったとき、
永遠の御手は
下から上へ持ち上げて、
はるかかなた天へ引き上げる。
もう・・・
転ばなくていいように。
そこではずっと立ち続けて、
経験したことのない
安らかな神の憩いの中で
永遠を過ごす。

だるまよ。
また再び起き上がれ。
永遠のときまで
何度でも。

これまた素晴らしい散文をありがとうございます。

ちょうど次の聖書箇所を連想させますね。

わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。 迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない。いつもイエスの死をこの身に負うている。それはまた、イエスのいのちが、この身に現れるためである。

第二コリント 4:8~10

七転八起、時が来るまでだるまのように逞しく歩まねば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/56666757

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年1月を振り返って:

« 黙示録12章 Mid-Trib. 前回投稿のタイムラインチャート | トップページ | なるがままに »