2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« インフレターゲット狙うなら、賃金インフレが伴わねば何の意味もない | トップページ | 2013年がスタート »

2012年12月25日 (火)

シリアで化学兵器が使用された模様

ダマスコについての託宣。見よ、ダマスコは町の姿を失って、荒塚となる。
その町々はとこしえに捨てられ、家畜の群れの住む所となって、伏しやすむが、これを脅かす者はない。

イザヤ 17:1~2

ダマスコの事について、「ハマテとアルパデは、うろたえている、彼らは悪いおとずれを聞いたからだ。彼らは勇気を失い、穏やかになることのできない海のように悩む。
ダマスコは弱り、身をめぐらして逃げた、恐怖に襲われている。子を産む女に臨むように痛みと悲しみと彼に臨む。
ああ、名ある町、楽しい町は捨てられる。

エレミヤ 49:23~25

ちょっと年末押し詰まって、きな臭い報道が入ってきました。
ポール=べグレイ師の言うように、アサドが追い詰められシリア政府軍がやったのか、はたまたRockwayの管理人さんの言うように、欧米に支援されたシリア反体制派ジハーデスト兼テロリストの仕業なのか?・・・私は今の時点で断定は避けておきたいと思います。

ついでながら、エジプトもかなり危険な情勢です。

http://rockway.blog.shinobi.jp/

ロックウェイさんのところから一部抜粋~情報が早い!ひょっとして?と思いチェックしたらさっそくありました<(_ _)>

>シリアのアレッポ近郊にある化学工場がどうも武装反政府勢力側に奪取されたようで、化学兵器が使用されたようだ。今までもこの化学兵器がテロ組織の手に渡ることが懸念されていたのだが、それが実現してしまったようだ。

 

 これから、この危険な兵器がシリア軍やシリア人全般にむけて使用される可能性が高い。欧米側はこれをシリア政府軍の仕業のように報道するかもしれないが。いずれにせよ、シリア当局がさらに苦しい状況に陥ることは明白だ。とりわけこのアルカイダ系テロ組織はあらゆる兵器を使用することに、なんらの痛痒も感じない者たちだから、危険この上ない事態である。

 

 このような事態を招いたのは、直接的にはこのテロリストだが、間接的にはこのテロリストたちを支援した欧米、トルコ、湾岸アラブ諸国、イスラエルである。これからシリア軍兵士はガスマスクを使用する必要に迫られるわけだ。しかし、戦闘はこれからも継続するだろう。結末は分からない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


英語のわかる方、聞いて下さい。
それにしても、どちらがやったにせよ・・・酷い、人間とはここまで残虐に、冷酷非道になれるものなのか?絶対に許せない!
今後、ヒズボラ、イラン、ロシアの動きにも要注意でしょう。

情勢次第では年明け早々、シリア発、Psalm83 War、エゼキエル38 War へと行く可能性があるかもしれません。

今は多くを語らずこのくらいにしておきましょう。

« インフレターゲット狙うなら、賃金インフレが伴わねば何の意味もない | トップページ | 2013年がスタート »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

冬の荒れ狂う海。
白い波しぶきをあげて
岩肌に打ち付ける。
厳しい極寒の海の波。

時に人の人生の歩みの中で
荒れ狂う海が
襲ってくる。
後から後から押し寄せる
波しぶきに翻弄される。

行く手を阻まれ、
身動きが取れないように
思われるとき、
救いの御手はただ天より来たる。

天から光となって
神がこの世に救いの喜びを持って
降り立った。
人の子として・・・。

彼は神。
愛と救いと喜びを
人々に与え、
永遠の命があることを
約束された。
肉体の死後、
永遠に生きる天の御国があることを。
この方に信頼する人は
決して失望することがない。
信頼は助けを呼び出すから。

荒れ狂う海の真ん中で
この方への信頼は堅固な力。
信頼の叫びは
天からの力強い救いをもたらす。

主に栄光あれ。
永遠に生きている神に。
愛と憐れみに富んだ偉大な神、
イエス・キリストに栄光あれ。
父なる神の御名が永遠に
ほめたたえられるように。

アーメンです。
一日も早い本当の意味での救いが成就されますように。

神は善人を虐げることをなによりの喜びとするサディスト
この世の中、いつの時代でもどこの国でも 不幸になるのは善人だけ・・・。不幸になるのは善人だけ・・・。不幸になるのは善人だけ・・・。
悪人はまず不幸にならない・・・。悪人はまず不幸にならない・・・。悪人はまず不幸にならない・・・。悪いやつ、汚いやつがいつも栄える。基本的に悪いやつが悪いことをしてもなにも罰を受けない。
「善人は苦しみ 悪人は栄える」 そう、人類の歴史はいつもこの繰り返しだった。

悪人っていっても色々ですね。政治家、官僚、財界人、マスコミ人、ヤクザ、ヤンキー 代表的なのはこれらの者たちでしょう。これらの者じゃなくても悪人はいますね。ふつうのサラリーマンでも悪人はいます。いじめや過剰なセクハラをするサラリーマンはごまんといます。いじめが大好きなサラリーマンはごまんといます。でもこれらの政治家、官僚、財界人、マスコミ人、ヤクザ、ヤンキー、悪いサラリーマンが不幸になったことを見たことがあるでしょうか。

ヤンキーやいじめ大好き人間が、交通事故であっさり死ぬことはあるでしょう。苦しまないであっさり死ぬことはあるでしょう。あっさりと。そうです、政治家にしてもヤンキーにしても悪人は死ぬときはいつもあっさり死んでいく。苦しまないで死んでいくのが悪人だ。

話しを戻しましょう。ヤンキーやいじめ大好き人間が、交通事故に遭って下半身不随になってカタワになったりすることを見たことがあるでしょうか。ヤンキーやいじめ大好き人間が、顔や体中一生治らないやっかいな皮膚病に犯されるなんてことがあるでしょうか。ヤンキーやいじめ大好き人間の可愛がっている子供が幼くして不幸に死ぬなんてことがあるでしょうか。

ないのです。ないでしょう。ヤンキーはまず不幸にならない。そしてヤンキーは大人になってもヤンキーだ。そしてヤンキーはどう考えても勝ち組の人種だ。(1)ヤンキーは女性にモテる。しかもただの女性じゃない、ヤンキーは美人にモテる。(2)ヤンキーは社会人になっても、「俺、昔ヤンキーやってた」で後輩や部下に受けがいい。(1)はどうでもいいとしても、(2)は嫌になってくるでしょう。

いじめ大好き人間といってもわからないですかね。わかりやすくいうとロンドンブーツの淳みたいないやらしいタイプの人間だ。ロンドンブーツの淳みたいなタイプの人間が不幸になったことって見たことありますかね。学校でも職場でも、いじめ大好きの悪いやつが不幸になることを見たことがあるでしょうか。ヤンキーやいじめ大好き人間が悪いことをしても神は罰を与えない。むしろ神はその者たちを守護神のように守る。ヤンキーやいじめ大好き人間はまず不幸にならない。

神が人間(善人)に苦しみを与えることに対して肯定的にとらえる人たちがいる。代表的なのがキリスト教徒だ。キリスト教の神はヤハウェだ。ユダヤ人が作った神である。しかしこのヤハウェという神もずいぶんと困った神である。

この神は自分を信仰してる人間がどれだけの信仰度があるか、どれだけ忠誠心があるのかを試すために、「ヨブ」という男の子供を殺してしまうのだ。さらに困ったことは、キリスト教徒の人たちがヨブが最後に新しい家族ができて、この話しはめでたいめでたいという話しでくくってしまっていることだ。なんていう解釈であろう。自分への信仰度・忠誠度を知りたいがために、その人間の愛する子供を殺すとはどういうことなんでしょう。最後に新しい家族ができても、殺された愛する子供の命は帰ってこないじゃないですか。その神に殺された子供の命や人権はなんなんだ。ヤハウェは明らかに人の命を軽視しているじゃないですか。

自分や他人が不幸に襲われたとき、キリスト教徒の人たちはこのヨブ記の話しをよく引き合いに出す。不幸に襲われてもそれを甘受せよと。でもこれは危険なことだ。「過度な苦しみや、過度なストレスは明らかに人間を駄目にしてしまう」のだから。とんでもない苦しみは人間を廃人にさせてしまうのだから。

神はいないとか言う人がいるが、神がいないわけない。神がいなかったら世の中どれだけ明るくなっているでしょう。神がいなければどんなに楽になれるか・・・。神がいなければどれだけ楽になれるか・・・。善人を苦しめ悪人を助ける邪悪な神がいなかったら、この世の中はどれだけ明るくなっているんでしょう。神が介入するからこの世はいつでも暗いのです。悪人には加護し、善人にはしゃれにならないイタズラを繰り返す。だからこの世はいつでも暗いのです。

劣った人間はよくない人生を送るものでしょう。これはしょうがない。優勝劣敗の法則だ。だが、これに加えてそこに邪悪な神が介入するとその人はもっともっと悲惨な人生を送ることになる。ややよくない人生を送るはずだったのに、邪悪な神が介入すると地獄のどん底まで突き落とされる(もっとも地獄には底はないのですが・・・)。そうなんです、地獄には底はないのです。人生とはなんたる恐ろしいものなんでしょう。

悪人は死んだら地獄に行くとか、実に陳腐で馬鹿げた考えである。死んだら天国に行くとか地獄に行くとかはそんなのは人間の観念にすぎないからだ。人類の歴史は何年でしょう。10万年単位でしょう。10万年もあって悪人が死後地獄に行ったことを見た人はいるんでしょうか。いないでしょう。

そうなんですよ、悪人はこの世でさんざん悪いことをして死んでも地獄なんかに行かないのです。裁かれないのです、悪人は。裁かれるわけがない、神は悪人を愛しているのだから。神は善人を苦しめることをなによりの喜びとしているサディストなのだから。善人に危害を加える悪人を裁くわけがない。善人に危害を加える悪人は神は可愛くてしょうがないのです。

死んだら天国に行くとか地獄に行くとかは人間の観念にすぎない。でも「生き地獄」というものは確実に存在している。そうでしょう。誰がみても生き地獄は確実に存在しているでしょう。

なぜ善人だけがいつも苦しむ。なぜ善人だけが不幸になる。なぜ悪人は不幸にならない。みなさんそういうことを考えられたことはないのでしょうか。そう、人類の歴史は10万年。これだけ文明が発達してるのに、今まで「神は善人を苦しませることをなによりの喜びとしているサディスト」と言う哲人・哲学者が一人もいないのはおかしすぎるでしょう。

なぜ善人ばかりが不運に襲われる。なぜ神は執拗にイタズラをしてくる。いくら気をつけていても死角や穴を突いてくる。刺客を送り込まれて死角を突かれるのです。残酷な神にもてあそばれる狙われ者はどうにもならない。全知全能の邪悪な神に目をつけられたらひとたまりもないのです。

どんな腐敗物よりも腐ってる全知全能の神 ゴキブリ100億匹集めてもそれよりも汚い全知全能の神 こういう者が支配しているのだから、いつの時代でも世の中は狂っているのです。

http://blog.goo.ne.jp/shisoutetugakunoheya/e/c25e262c9fb4c98dcbae20992687d882

時間ないので…ちょっとだけです。
名無しの「」さんへ、
あなたは少し疲れておられると拝見いたしました。ちょっと歪んでいるとわたしには思います。
神に対して、怒りをぶつけたいなら、どうぞぶつけたいだけ、ぶつけてください。

もし、聖書を御持ちでしたら旧約聖書の詩編の37編と73編をお読みください。
少しだけ、あなたの疑問の答えのヒントになるのではと…

それにしても、名無しではネットでは、信用されませんよ。2ちゃんなら名無しも通用しますが、それ以外な投稿は是非相応しいハンドルネームを使用されたほうが貴方の為ですよ。失礼しました。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

これらの人々はみな、
信仰の人として死にました。
約束のものを手に入れることはありませんでしたが、
はるかにそれを見て喜び迎え、
地上では旅人であり寄留者であることを
告白していたのです。(ヘブル11・13)

もし出てきた故郷のことを思っていのであれば、
帰る機会はあったでしょう。
しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、
すなわち天の故郷にあこがれていたのです。
それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを
恥となさいませんでした。
事実、神は彼らのために都を用意しておられました。
(ヘブル11・15-16)

神は私たちのために、さらにすぐれたものを
あらかじめ用意しておられたので、
彼らが私たちと別に全うされることはなかったのです。
(ヘブル11・40)

すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、
かえって悲しく思われるものですが、
霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さに
預からせようとして、懲らしめるのです。
(ヘブル12・11)

私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、
むしろ後に来ようとしている都を求めているのです。
(ヘブル13・13)

地上の旅人であるキリスト者。
肉の罪ある性質の人間。
さまざまな試練を通されるとき、
キリストの苦しみを知り、
さらにその聖さと練られた品性に預からせようとする
父なる神のお働き。
生きておられる神は、
聖徒の必要に応じて時には耐え難い試練を通される。
けれど神は天の永遠の都に
尽きることのない喜びと
見たことのない聞いたことのない
最もすぐれた場所を備えて
聖徒にお与えになるとという確かな約束を
保証されてるので
この世の試練をも偲びとおす。

風さん、enjeruさん、フォローありがとうございました。

彼の言う事もわからなくもないのですけど、陶器は陶器氏の手の中・・・
他に希望がないのだから、信じてついて行く以外に選択肢はなさそうです。
それにしてもこの世の歩みは辛く厳しい --;

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

今年、大きな試練を通されました。

ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。
これは、もはや自分自身を頼まず、
死者をよみがえらせてくださる神に
より頼む者となるためでした。
ところが神は、これほどの大きな死の危険から、
私たちを救い出してくださいました。
また将来も救い出してくださいます。
なおも救い出してくださるという望みを、
私たちはこの神に置いているのです。(コリントⅡ1・9-10)

愛する兄弟方、愛する姉妹方の
たくさんのお祈りに支えられて
いのちを生かされ、
今年を終えることができることに感謝。

吹きすさぶ雪の冷たさを感じるとき、
飢えや渇きを感じるとき、
生きているからこそ
いのちがあるからこそ
その感覚を感じることができる。

いのちは食べ物より大切であり、
からだは着物よりたいせつだからです。(ルカ12・23)

この世のいのちは短いけれど
肉体を離れて続くいのちは永遠の時。
その永遠をどこで過ごすのか
人間にとって何にも勝って重要なこと。

永遠の時を罪赦して天へ救い出すため、
キリストは地に来られた。

だれも、わたしの命を取った者はいません。
わたしが自分からいのちを捨てるのです。
わたしには、それを捨てる権威があり、
それをもう一度得る権威があります。(ヨハネ10・18)

主イエスがいのちを捨ててくださったゆえに、
永遠の命を信じる人々にお与えになってくださった
救いの恵みは、深い憐れみの神の心。

人のいのちの救いが、
キリストの捨てられたいのちの代価として
得られることの真理を
御心の人々に届きますように。

この地上で、また天で
永遠にイエスさまと共に生きることの恵みに感謝。

enjeruさん、昨年はいろいろとお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

とりあえず回復されたようで本当に良かったです。
我々はその時まで、繰り返し繰り返し、練られねばならないのかもしれませんね・・・
でも、ギリギリのところで主が介入してくださるのはありがたいことです。

ブログのほうは、なかなか更新がままなりませんが、ボチボチ行きましょうか。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

明けましておめでとうございます。

さあ、主に向かって、喜び歌おう。
われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。
感謝の歌をもって、御前に進み行き、
賛美の歌をもって、主を喜び叫ぼう。
主は大いなる神であり、
すべての神々にまさって、
大いなる王である。(詩篇95・1-3)

新年明けましておめでとうございます。
多忙を極めました…何とか元旦も過ごせました。祈りました。友人(男性)が川崎から第一京浜15号線を歩行の祈りをしたそうです。賛美し祈りながら道行く場所にトラクトを配布しながらとりあえず今回は品川まで約12キロを歩いたそうです。次回は日本橋まで近日中に実行するとのこと。明日は同じコースを駅伝の往路でランナーたちが走るのですよね。
日本の救いとリバイバルの為にこのような祈りの戦士たちがいることを覚えて元旦から励まされます。一方わたしは接待で大変でした。自分の声量のあまりに高いそうで右耳がキーンと一時的に耳鳴りしてしまいました。ホントの話です。バカみたいですよね。防犯ブザーいらないねと笑われました。ギャフン

たぶん、半径五メートル以内の人は気絶するぐらい…ウソです。

enjeruさん、風さん、いつも書き込みありがとうございます。
今年もよろしくどうぞ。

しかし元旦から物凄い猛者がいるもんですね・・・
そのタフさ、少し見習わねば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/56392926

この記事へのトラックバック一覧です: シリアで化学兵器が使用された模様:

« インフレターゲット狙うなら、賃金インフレが伴わねば何の意味もない | トップページ | 2013年がスタート »