2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« トルコとシリアから | トップページ | 2012・10・12~中東から »

2012年10月 9日 (火)

時間がかかっているから苦労する

今日の藤原インターネット・ラジオからの気づき。

今は世の変革期であり新自由主義を標榜する「我欲」が支配してきた。しかしもうこれは失敗したと宣言してもいいと思う。
永田町、霞ヶ関、大手町では日本を再生する事は出来ない。この事は何も日本だけのことではなく、世界的現象だ。行き詰っているのだ。
新しい本当の意味での「出来る人」がリーダーとして立ち上がってきてはじめて、日本は再生しよう。しかしながら、時間がかかっているから皆苦労している・・・
それには精神的なレベルが高いのはもちろん、それだけではダメで、ある程度世の知識も必要とされよう。

と言う内容でした。

私は思わず頷きましたね。しかし残念ながら・・・サタンの影響下にある限り、人間の罪深さを知らずしては・・・私は不可能であると思います・・・強欲が人間からなくなることはないでしょうから。

つまりこういうことです。

人類に与えられた時間はそれほど残されてはいない。仮に少しは出来る人間が出てきたとして永続しない。古今東西、人類は約6000年以上暗中模索でやってきた、しかしユートピアを創り上げる事は出来なかったのだということです。
これは歴史が証明してるし、反論の余地のないことでしょう。
そして我々はその過渡期の時代に生を受け、いよいよ God's Time 目前の物質世界に生きている可能性が非常に高いと思うのです。

しかしです・・・時間がかかっているから(かかっているように感じるか?)苦労する・・・
私はこんなんでも一応?キリスト者ですし、元々政治、経済、経営、歴史などの社会科学系出身で(文学、哲学などの人文科学系ではありません、文学苦手 --;)、それでも答えを見出す事が出来ず、神と悪魔(とその手足のごときサタニストの存在)の二元論、聖書とキリスト教と出会い、バブル崩壊後のやらずぼったクリ構造の答えを発見した口です。これですべてが説明つき十分納得できる答えでした、もちろん私にとってはかも?しれませんがね。解決の糸口は神以外にないと。
ここのところコラム記事が多いのも、時間がかかっている、一進一退でなかなか前に進まない、決定打に欠けると感じる証左でもあるのでしょう。

私的には出来る人ではなく、神権による統治を期待したいところです。

と、うまくまとまらないのですけど・・・最後に。
ええ~、エレミヤ書を読み終え今、詩篇を読んでおります。最近は読む順序がランダムです。この詩篇は素晴らしい聖句の宝庫なのですが、52編までで、今回一番心に響いた42編から抜粋。
まるで今の自分の反射鏡のようです・・・

神よ、しかが谷川を慕いあえぐように、わが魂もあなたを慕いあえぐ。
わが魂はかわいているように神を慕い、いける神を慕う。
いつ、わたしは行って神の御顔を見ることができるだろうか。

人々がひねもすわたしに向かって
「おまえの神はどこにいるのか」と言いつづける間はわたしの涙は昼も夜もわたしの食物であった。
わたしはかつて祭りを守る多くの人とともに群れをなして行き、喜びと感謝の歌を持って彼らを神の家に導いた。今これらのことを思い起こして、わが魂をそそぎ出すのである。

わが魂よ、何ゆえうなだれるのか。
何ゆえわたしのうちに思い乱れるのか。
神を待ち望め。

わたしはなおわが助け、わが神なる主をほめたたえるであろう。

詩篇 42編 1~5

わたしはわが岩なる神に言う、「何ゆえわたしをお忘れになりましたか。何ゆえわたしは敵のしえたげによって悲しみ歩くのですか」と。
わたしのあだは骨も砕けるばかりにわたしをののしり、ひねもすわたしにむかって
「おまえの神はどこにいるのか」と言う。
わが魂よ、何ゆえうなだれるのか。
何ゆえわたしのうちに思い乱れるのか。
神を待ち望め。
わたしはなおわが助け、わが神なる主をほめたたえるであろう。

同 9~11

« トルコとシリアから | トップページ | 2012・10・12~中東から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。


   詩 篇 43 編


どうか、あなたの光とまことを送り、
私を導いてください。
あなたの聖なる山、あなたのお住まいに向かって
それらが、私を連れて行きますように。
こうして、私は神の祭壇、私の最も喜びとする
神のみもとに行き、
立琴に合わせて、あなたをほめたたえましょう。
神よ。私の神よ。

わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。
なぜ御前で思い乱れているのか。
神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。
私の救い、私の神を。(詩篇43編 3-5)

たましいの絶望の中から、
見上げるのは、主の聖なる山、聖なる御住まい。
神の光は、
嘆きの叫びを
天の祭壇に向かって
喜びの賛美へと変えてくださり、
主をほめたたえる歌声を響かせる。
下を向いて思い乱れる絶望の顔を
天を見上げる希望の顔へと導かれる。
涙を拭い去り、
あざけりの言葉を遠くへ押しやり、
喜びの外套で
身を包んでくださる。
私の救い、私の神を
一日中、私の魂はほめたたえる。

enjeruさん、フォローありがとうございます。

なんつうんでしょうかね?
ネガティブになっている時って、視野が狭くなりますね。
「私の神」アーメンです!

ゲリラ部隊ってどんなのか知ってるかい?
http://srhostil.org

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/55854233

この記事へのトラックバック一覧です: 時間がかかっているから苦労する:

« トルコとシリアから | トップページ | 2012・10・12~中東から »