2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 時は流れて9月です | トップページ | ちょっとした気づき »

2012年9月 7日 (金)

6年と12日

で、午前10時ごろPC立ち上げて管理画面のアクセス数を見てみたら、1,000,000ヒットを達成していたようでした。
今のところ、1,000,300くらいのようです。
ブログの右サイドバーに小さくあるカウンターは、998,641のようで、リアルタイムではないようです。来週中にはこちらも100万突破する事でしょう。

こんなつまらんブログにおつきあいくださった皆様には厚く御礼申し上げます。
一応節目ですので、これはこれでけじめとして、新たなスタートとして区切りをつけようと思います。
それにしてもいつまで?今しばし荒野の旅をして苦しみなさい・・・ということか?いや果たして、カナン入りすら生きているうちに出来るのか --;?
まあ、いいでしょう。なるがままにですね、お決めになるのは私ではないし、自分でどうなるものでもありませんしね(笑)

アベレージで週2本アップ、更新頻度としては低いですし、自分のボンクラ頭、文才の無さを考慮すれば、まあ~?70点・・・一応及第点をつけましょう(笑)

ということで、総論はこの辺にして、もう少し各論を検証して書こうかと思います。

各論 Ⅰ 福音宣教になっているか --;

これは正直言いまして・・・まったく持って!!・・・自信がない (ToT)

若干1名ほど、このブログを通して教会へ通うようになり、受洗まで導きを受けた姉妹がいるにはいますが^^;
私の知る限り、この一名のみ(涙;)しかもある程度というか、かなり!のレベルで、信仰の芽が芽吹いていましたし。

どちらかと言うとブログの内容から言って、硬い食物を食せるキリスト者向け、陰謀論大好きの私のような変わり者向けかもしれませんからね。

ま、20点くらい付けときましょう(-_-;)・・・

各論 Ⅱ 警告のラッパ吹き

これはそこそこの出来でしょうか?多少の啓蒙は出来ているかな?60点(笑)

各論 Ⅲ 終末のブロードキャスティング

これは、ま~その~・・・狼オヤジ一歩手前で正確なる情報提供が出来ておりません --;
もっとも預言者じゃないんだから、このあたりが限界でしょうか(涙;)
大きな的の外周内あたりに弓を当てるのが精一杯・・・役立たずで申し訳ないというのが本音ですかね --;・・・よって40点(涙;)

ついでだから書いておきましょうか。
今現在、最大のレッド・アラートは、環太平洋造山帯=ring of fire における大地震、火山の噴火の頻発。太平洋プレートの活動が活発化しているのは事実でしょう。

それと極東もきな臭いですが、何と言っても本丸は中東有事。中東TODAYによると、いよいよオバマ民主党も選挙対策でユダヤ票を無視できないのか、イスラエルのイラン攻撃を容認する発言をし始めたらしいですね。

元国連大使のボルトンなどは「イスラエルがイランを攻撃するのは貴国の権利だ」などという始末 --;・・・ヒズボラも負けずに「イランが攻撃を受けたら、イスラエル単独かどうかに関わらず米軍基地を攻撃する」とアナウンスしてます。どう小細工しようと個人的には、アメリカとイスラエルは一蓮托生だと思います・・・イスラエルでガスマスクを配布しているのは事実のようですし、アメリカ大統領選前、9月中旬から10月中旬が最大の要注意期間と専門家は警告します。確かにパワー・エリート連中の利害はこのタイミングが一番合致するのも事実でしょう。また、この時期を逃すと、イランの原発が本格始動した場合、中東一体が放射能で汚染されて、生存の危機となるゆえ、やるなら今しかないという専門家もいるようです。

詩篇83War、エゼキエル38Warが、この秋に起きる可能性はゼロではないとだけ、今は書いておきましょう。これが今の私の精一杯の表現法です --;

第一の封印の反キリストの正体こそわからないものの、第二の封印の赤い馬、第三の封印の黒い馬、第四の封印の青白い馬・・・いわゆる黙示録の4騎士は既に動き出している気さえします。

しかしながら、必要以上に怖がる必要はない・・・サタンは神の許しの範囲内でしか我々に手出しする事は出来ません。これが霊的ガードです。我々は弱い時ほど強められます。万が一の時は・・・潔くあきらめましょう(笑)、復活の約束があるのですから。そう、死んでも生きるのですから。

と --;・・・実際は口で言うほど簡単ではないでしょうが、キリストにある知恵と勇気が与えられるよう祈りましょうかね。

ついでにブロードキャスター記事を成り行きで書いてしまった。

各論 Ⅳ レムナントの発掘作業

これは想定外、かなりの結果が出てます。正直自分でも驚いてます。日本はキリスト教後進国、聖霊の雨が降らないと言われて久しいですが、なかなかどうして。

少数精鋭、目の開けたハイレベルの猛者連中が男女問わずにたくさんいます、情報交換していてワクワクするくらいです。
これだけはブログやってきて良かったとつくづく感じます、そうじゃなきゃあまりにも自分が忍びない・・・今まで一体何やってきたの?となってしまう。

HNを上げたらキリがないくらいなのでここでは出しませんが、本当に切磋琢磨し、自分のレベルアップにも繋がる・・・心から神に感謝申し上げたい。

90点つけちゃいましょう(笑)

« 時は流れて9月です | トップページ | ちょっとした気づき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん
子羊通信に出会ってわたしは、ものすごくラッキーだったとおもいます。
3年前に洗礼を受けましたが、たろさんも同じ頃洗礼をうけられましたね。^^
子羊通信を見ている方々(ロムの方も含め)福音について、
キリストにある救いについて知る機会や、様々な兄弟姉妹との
であいを仲立ちしてくれる太っ腹なザアカイさんには、
感謝していますよ(o^-^o)

これからも、ザアカイさんの健康(霊と体と心)が守られますように!

同意します、amen!

百万アクセス突破、おめでとうございます!

なかなか控えめな自己採点ですねw(←ホントホント^^)
福音部門も警告&ブロードキャスティング部門ももっと高い点数で良いでしょう。特に警告は伝道にもなっていると思いますし、90点以上はあっても良いのでは?と思います。

それと、子羊村の掲示板の存在も大きいですよね。クリスチャンでもかなりの人が目を開かれていることに励ましを受けます。いろいろ情報も得られますし。(いつもROMばかりですけどf^^;)

次の焦点はやはり、大統領選前にイラン攻撃があるのかと、シリア問題がどのようにイザヤ書17章とつながるのかですよねぇ~・・・。

秋の祭りも近づいていることですし、ますます霊的な守りが必要になってきたようですね。

主イエスにしっかりとしがみつきますかねd(^^)

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

百万アクセス・・・感謝ですね。


静かな湖。
弟子たちはイエスと同船して
漕ぎ出した。
湖に突然起こる大暴風。
風は力を増し、
水をうねらせ、
小さな小船に襲いかかる。
大波に身を任せて
揺れ動く木の葉のように、
船が右へ左へ揺れ動き、
立つのも出来ないほど。
水は風に踊り、
船に何度も覆いかぶさる。
右往左往の弟子たち。
不安と恐怖が心を襲う。
神の御子イエス。
静かに眠っておられた。
暴風・大波・弟子たちの大騒ぎ。
静かな平穏のイエス。
静と動。
平安と恐怖。
神が共にいても信頼しない弟子たち。
眠っているお方を腹立たしく思う。
眠りから無理やり起こし言う。

「主よ。助けてください。
私たちはおぼれそうです。」

主イエスは弟子たちの心を見る。
死の恐れ、不安、恐怖。
イエスは言われた。

「なぜこわがるのか、
信仰の薄い者たちだ。」

助けを求める愛する者のために
起き上がって
ご自分が創造された風と湖を
しかりつけた。
生きた神のことばに自然は従い、
風は静まり、大なぎになった。
弟子たちの驚き。
神の奇蹟を目の当たりにして
つぶやく。

「風や湖までが言うことをきくとは、
いったいこの方はどういう方なのだろう。」

弟子たちはこの時、知らない。
この方が、天地万物を創造された神であることを。
        (マタイ8・23-27・・・より)

おっと!サマちゃん。
例の姉妹ではないですか、こちらこそ感謝ですよ。私の知る限りの唯一の結果、霊的娘なのですからね(^^ゞ

成長早いし、自慢の出来のいい娘?あるいは妹みたいなものです(笑)

たろさんですけど、正月のアン旅以来音沙汰無いんですよね・・・元気でやっていてくれればいいのですけどね・・・
お~い!たろさん! 読んでたら消息教えてくださ~い!

レイちゃんにはいろいろと教えてもらっているし、これまた刺激的、スパイス的存在で、暴走癖があるのが玉にキズですが(笑)、今ではなくてはならない存在です、こちらこそ感謝。

モトイさん、いつもどうもです。
いやいや、こんなものでしょう(笑)
こちらこそ、モトイさんのユーチューブメッセージ、ユーチューブチャンネルから、いろいろと霊的糧を頂いております<(_ _)>

今は潜水中ですがわたぴ~さんと、モトイさんがいるから、こうして思い切ったことが出来たのだと感じます。

>次の焦点はやはり、大統領選前にイラン攻撃があるのかと、シリア問題がどのようにイザヤ書17章とつながるのかですよねぇ~・・・。

→違いないですね。
しかししかし、先週のモトイさんのメッセージにもありましたが、すべてにおいて肉の力に頼りすぎず、主の導き、か細き声を最優先したいですね。

enjeruさんともつきあいが長くなりましたね。
本当にコメ欄を盛り上げてくださり、私の足りなり部分をフォローしてくださり、これまた感謝に耐えません。

enjeruさんとの出会いも今思い返せば刺激的でした(笑)
我々人間ではわからんものですね。
この事を知らしめられただけでも、謙虚になれるというものでしょうかね^^;

100万突破、おめでとうございま〜す(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*) 子羊通信とザアカイさんの働きは、ポツポツ降っていた雨が激しい雨に変わるように、この終わりの時代、更に更に加速がついて祝福されていくと思いま〜す(*^_^*) これからも宜しくお願いいたしますm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

クロスさん、いつもありがとうございます。

後の雨としてのゲリラ豪雨ならば歓迎ですけど(笑)
ブログのカウンタももうちょっとまで来ました^^;

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

主と仰ぎ、
寝食を共にしたイエスが
十字架で壮絶な死を遂げたのを
目撃したトマス。
絶望が彼を襲う。
深い悲しみと心が裂かれる痛み。
何も信じられず、
何をする気力も湧かない。
どん底の中でもがき苦しむトマス。
他の弟子たちが復活した主を見たといっても・・・。

「私は、その手に釘の跡を見、
私の指を釘のところに差し入れ、
また私の手をそのわきに差し入れて見なければ、
決して信じません。」

その目で見、手で触らなければ
決して信じないと・・・。
トマスはあまりの悲しみに心が凍っていた。

戸が閉じられた室内に弟子たちと共にいたトマス。
復活の身体を持って現われたイエス。
閉じられた戸を突き抜けて、

「平安があなたがたにあるように。」

と彼らの前に立って言われた。
イエスはトマスのつぶやきを聞かれていた。
そして深く憐れんで愛しておられた。
彼にのみ十字架の釘跡、わき腹の傷跡を示された。
トマスに言われた。

「あなたの指をここにつけて、
わたしを見なさい。手を伸ばして、
わたしのわきに差し入れなさい。
信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」

トマスはその釘跡、わき腹の傷を見る。
死んだはずの愛してやまないイエスだと瞬時に判断した。
イエスは本当に復活されたのだ。
驚きと喜びが凍った心を溶かした。

「私の主。私の神。」

悔恨の念がトマスを覆い、
主の前にひれ伏した。

「あなたはわたしを見たから信じたのですか。
見ずに信じる者は幸いです。」

イエスの言葉はトマスの心を貫いた。
        (ヨハネ20・24-29から~)

いつもありがとうございます。

この場面も個人的にはとても好きな箇所です。
ペテロにしても、トマスにしてももの凄く人間臭い、そして一途で純朴ですね。
使徒としての選びの器は、むしろパウロのようなエリートが例外なくらいです。
この素直さ、トマスは伝承によると、このあとインド方面へ宣教へ出かけて殉教したらしいですが、主のめがねにかなっただけあって、その潜在能力は凄いものがあったんですね!!ハレルヤです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/55602204

この記事へのトラックバック一覧です: 6年と12日:

« 時は流れて9月です | トップページ | ちょっとした気づき »