2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« お詫び | トップページ | ヨーロッパ合衆国の10カ国候補がベールを脱いだ! »

2012年6月21日 (木)

シリアの運命はいかに

ええ~、 --;・・・謝罪記事だけでも芸がないので。
本日の気になるニュースを一つ。

シリアからロシア人の避難準備
21.06.2012, 12:33

http://japanese.ruvr.ru/2012_06_21/shiria-kara-roshiajin-no-hinan-junbi/

ロシアの担当各省庁はシリアに滞在するロシアの民間人および軍人を避難させる準備を始めた。これはシリア政府とその反対派勢力の衝突が激化した場合や外国からの軍事介入が発生した場合に備えての措置。21日、ロシアの「ヴェードモスチ」紙が伝えた。
   同紙の情報筋によれば、シリアのタルトゥス港のロシア海軍補給拠点に勤務するロシアの民間人および軍人を主に対象にしているという。

   その際、ロシアの船舶を近日シリアに派遣する予定はないという。これに関しては最近ロシア国防省によっても、上陸用船舶を派遣する用意はないという声明が出されていた。これより先、CNNは米国防総省からの情報として、ロシアがシリアに船舶を派遣するとの見方を伝えていた。

   ロシア外務省の情報によれば、シリアには現在家族を含めて約10万人のロシア市民が滞在しているという。

   インターファックス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、問題はこの記事をどう読むか?でしょうかね・・・

考えられる選択肢は二つ

1. いよいよロシアはシリアにおいて、米英イスラエルNATO、上海条約機構を巻き込んだ本格的な戦闘が始ると想定し、その準備のため動き始めた。

2. ロシアはシリアさえも放棄するつもりだ。

のどちらかでしょう。

近いうちに、シリア政府軍、ロシア、イラン、中国軍での合同軍事演習をするのではないかという情報も入ってます。

【テヘラン鵜塚健】イランの革命防衛隊系ファルス通信は18日、シリアの政府軍と、イラン、ロシア、中国の各国軍による合同軍事演習を近く行うと報じた。 中東最大規模の9万人が参加し、シリア領土、領海内で実施するという。シリアとロシア当局は報道内容を否定したが、反体制派弾圧で多数の犠牲者を出すシリ ア政府軍への協力が事実とすれば、国際社会から強い非難が上がりそうだ。

 ファルス通信はシリアの情報筋の話として、演習準備が急速に進んでいるとし、中国の軍艦12隻はスエズ運河を通過する許可を既に得て、約2週間後にシリ ア沿岸に到着する予定という。ロシアの潜水艦や空母、イランの潜水艦も参加し、戦闘機は計400機、戦車は計1000台に上る。シリアとロシアが否定する 中で、イランの政府見解を流す国営放送もファルス通信を引用して報じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120620-00000076-mai-int

これらの情報がかなり正確なものであるならば、あるならばです。
ロンドンオリンピック前後あたり?に、世界に衝撃が走ることになるかもしれない。

そして、大陸ヨーロッパを政治財政統合するためにもかなり大規模な衝撃波を必要とするのも事実。
蛇足ながらウィリアム王子も本日、6月21日をもって30歳になったことだし・・・私が何を言いたいのか?わかる人にはわかるでしょう。
個人的にはまだ確率イーブンと見てますが、彼の存在を無視すべきではないと考えます。土台は悪くないだけに、かつらの発注も済んでいたりして?いや、時間をかけての増毛法かな --;?

プーチン率いるロシアを見ても、聖書的に考えても [1] の可能性の方が高いような気がする・・・

断定するにはまだもうちょい、様子を見る必要がありそうですが、2012年下半期へ向けて、事態はどう展開していくのでしょうか・・・

それに対してわが国のチーム仙石と松下政経塾政治は --;
相も変わらず、島国根性丸出しの醜い権力闘争に明け暮れ、アメリカに脅されているのかどうかわかりませんが、属国根性丸出しで国民の生活などまるで無視・・・貧乏人からカネを巻き上げることと、原発利権を守ることだけに奔走・・・やれやれ。

追記:

そういえばある方が、ウィリアム王子は既に脳天のあたりに致命的な傷を受けていると指摘してくれましたっけ、まだ若いのに --;

「頭に致命的な傷を受けたがそれも直ってしまった」との黙示録13章の箇所が彼にも当てはまったりして --;?

« お詫び | トップページ | ヨーロッパ合衆国の10カ国候補がベールを脱いだ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ええ~ --;
たちの悪いアラシのおかげで、コメント投稿機能がダウンしましたが、回復したようです。

良かったです。
では、再びこちらで再臨携挙情報を分かちあいます。彼方はもう行きません。

命がかかった重要な情報が入りましたので、少ししてからお伝えいたします。

昨年、急死されましたデビットウィルカーソン氏は
50年前に突然、霊の強い促しに導かれ
ニューヨークのダウンタウンに福音を伝えることを実行しました。

昼下がりの街角に立った彼は、親しい友人にトラッペットを高らかに吹き鳴らさせました♪

なんだなんだ…群集が伝道者二人に向かって物珍しいのもあったのでしょう。ザワザワザワザワと近寄って来ました。

武器ですか?み言葉の剣を取ってデビットウィルカーソン牧師は、聖書からイエスこそ愛の神だと証しました!!

そこへ、ダウンタウンでも評判のギャングのボスが近寄って来ました!!

イエスってのは、おれの罪を全てチャラにしてくれるってのか?

そうですょ兄弟

ワカッタ、ひざまずくから祈ってくれ

ウィルカーソンは涙を流して祈りました、青天の雷鳴が轟き渡りました!!

次々に麻薬中毒者やマフィア、ギャング、売春婦たちが主イエスを受け入れ、まさにハーレムはリバイバルになりました!!

さあ大変です。病は癒され、悪魔は追い出され、汚ない生活観が一変、街はキリストの愛の力に圧倒されてしまいました!!
有名な、十字架と飛び出しナイフの中のエピソードの一端を記しました。後にパットブーン出演の映画化された実話です。ティーンチャレンジミニストーリの早創期の話です。

ウィルカーソン牧師は後に、タイムズスクエア教会の主任牧師となり、たくさんの著述を書いています。その中に、幻があります。

続く

デビッド=ウィルカーソン師・・・暗殺説もあるようですね。
私はよく知らなかったので何とも言えなかったのですが、本物の主の僕であったと見てよさそうですね。
アメリカの教会にだって、腐りきった職業牧師ばかりではなくて、本物はいるはずですしね。

幻ビジョン

ハバクク2:2 3
使徒11:5
ダニエル8:27 10:14

デイビッド ウィルカーソン牧師は、その幻の中で、終末の時代つまり艱難時代直前の前兆の一つに厳しい気象と大地震を預言されました。
「世界中どこでも、気象が激しく変化して記録更新が続けられています。アイスランドの噴火で火山灰が吹き上げられて対流圏のジェット気流に乗って流れ
史上最悪の気象異変、地震、洪水、今まで経験したことのない災害、大いなる悲しみ

歴史上最大の地震がアメリカに起こる、今までにない恐ろしいニュースに、アメリカ国民が打撃を受ける。それは有史以来最大の地震として報道されます。
それによって、至る所に混乱と恐怖とがわきあがり、テレビは番組の一切を中止して、そのことばかりを放映します。
アメリカにこのような大地震が起こる前に、たぶん日本だと思いますが、ここに大きな地震が起こります。

続く

これまた地震で書いたこと思い出しましたぜ。

環太平洋造山地帯・・・北米だけが空白地域で、ここ数年、大きな地震が起こっていません。そしてカリフォルニアには、サンアンドレアス断層があります。不気味と言っちゃ、不気味。

合衆国壊滅 M10.5 という映画はリアルでした・・・出来れば地震はこれ以上はノー・サンキューですな --;

敵の敵は味方‥‥と言う表現が妥当かどうか分かりませんが、
カーソン師は、ある有名金満予言者を批判した数ヶ月後に事故死した‥
と聞いた事があります。

「CROSS & SWITCH BLADE」
~このタイトルだけで胸が熱くなりますね。

誰にも真似できない、すごい牧師だったと思います。

私はカーソン師の著作を読んだ事はなく、
彼の伝記もほとんど知らないのですが、
彼は正真正銘の神の働き手であったと、私は現時点でそう思っています。

◆◇

アメリカを襲う、歴史上最悪の異常気象は
アイスランドの大規模火山噴火が前提、、と考えてよろしいのですか?

とすれば、アイスランドの火山噴火が無い間は、
アメリカは気象的には比較的安泰‥と受け取って良いのですね。


「わたしは天よりの啓示にそむかず…」

(使徒26:9)

ガリラヤさん、そうではありません。ウィルカーソン牧師は、幻の但し書きの中で、次のように注意喚起しておられました

わたしの見た幻を狂信者のよ迷いごとと笑い飛ばす前に、とにかく聞いてください。ヨブ7:14

ある夜おそく、祈っている時、災害の世のありさまが示されたので、私は驚き恐れて、ただひざまずき、身動きができなくなり、すべてを受け入れよりほかにどうすることもできなくなったのです。

アイスランド噴火は順番はズレる可能性もあります。アメリカに起こる前代未聞な大地震は、カリフォルニアに発生するとはきまっていません。(と書いてありますので、カリフォルニアの可能性も否定できません)
この恐ろしい地震は、驚くべき数値を示し、これによって誘発される大震災が二つあるはずです。その後、アリューシャン列島にも地震があり、その結果、数多くの余震があり、アメリカ西海岸地域は地震続発の状態となります。

これは科学者には解明することのできない審判です。(ウィルカーソン牧師はこのアメリカ大震災は人工地震ではないと言っています)

科学者は異常現象に当惑します。噴火、宇宙のあらしのような空模様、今までに誰も見たことのないこのようなしるしのために、人は不安に陥り恐怖に駆り立てられます。すべてが一時に起こるのではありません。地上に注がれる神の怒りは超自然のパワーで操られます。

本来のコメントに戻りです。
シリアがトルコ空軍機体を高射砲で撃ち落としたそうです。ますます、キナ臭い様相を呈してきました。

終了時計がコチコチと迫っ

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

花婿を出迎える10人の娘。
5人は愚かで5人は賢い。(マタイ25・1-2)

10人ともいまかいまかと・・・
花婿の帰りを待ち続けていた。
皆、花婿を信じていた。
すなわちイエスを信じていてその帰りを待っていた。

5人の賢い娘・・・永遠の命のともし火と聖霊の油を用意して目を覚まして待っていた。
5人の愚かな娘・・・永遠の命のともし火はもっていたが、聖霊の油が消えそうであった。

花婿が来るのが遅れたので、みな、うとうとして眠り始めた。(マタイ25・5)

人々が「平和だ。安全だ。」と言っているそのようなとき・・・(テサロニケⅠ 5・3)
平穏な日常が毎日繰り返され、何も変わらないとき・・・
心が穏やかで心配もないとき・・・
霊がうとうと眠り始める。

主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを
遅らせておられるのではありません。
かえって、ひとりでも滅びることを望まず、
すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。(ペテロⅡ 3・9)

ところが夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ。』と
叫ぶ声がした。(マタイ25・6)

見よ。天に一つの開いた門があった。
また先に、ラッパのような声で私に呼びかける声が聞こえたあの初めの声があった。
「ここに上れ・・・。」(黙示4・1)

その声に5人の賢い娘は喜び迎え、5人の愚かな娘は慌てふためいた。

用意のできていた娘たちは、彼といっしょに婚礼の祝宴に行き、
戸が閉められた。(マタイ25・10)

ノアが箱舟に入ったとき、主ご自身が戸を閉められたように・・・。(創世記7・16)

さあ、わが民よ。
あなたの部屋にはいり、うしろの戸を閉じよ。
憤りの過ぎるまで、
ほんのしばらく身を隠せ。(イザヤ26・20)

花婿イエスと御怒りを天で過ぎこす5人の賢い娘は幸い。
栄光の花婿をいまかいまかと待ちわびる人を主はどんなに喜んでおられることでしょう。

主人が婚礼から帰って来て戸をたたいたら、
すぐに戸をあけようと、その帰りを待ち受けている人たちのようでありなさい。
帰って来た主人に、目をさましているところを見られるしもべたちは幸いです。
まことに、あなたがたに告げます。
主人のほうが帯を締め、そのしもべたちを食卓に着かせ、
そばにいて給仕をしてくれます。
主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、
いつでもそのようであることを見られるなら、
そのしもべは幸いです。(ルカ12・36-38)

あながたの眠りからさめるべき時刻がもう来ています。(ローマ13・11)

enjeruさん、いつもどうもです。

やはり常に賢い乙女のように目を覚ましている時期に入っているようですね。
あとは待ち疲れしないよう、しっかりせねば --;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/55020744

この記事へのトラックバック一覧です: シリアの運命はいかに:

« お詫び | トップページ | ヨーロッパ合衆国の10カ国候補がベールを脱いだ! »