2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イラン・シーア派原理主義者は「最後の6ヶ月」の準備に取り掛かっている | トップページ | 米ロによる共同反テロ演習だって? »

2012年5月 1日 (火)

5月です~本日の気づき

ええ~、早いもので今日から5月。
ネット=サーフィンから拾った情報で、気になったものをピック=アップしてみましょう。

1.交通事故の多発、地磁気異常、地震

あまりにも悲惨な交通事故がここのところ頻発。
これに関して、興味深いコラムを。
どうも「地磁気異常が関連しているということはないのか」というものです。渡り鳥やイルカ、鯨などは磁気を頼りに行動するよう創造されているようですが、座礁による大量死、鳥の大量死などは、これに関係しているようです。
人間でも特異体質の人が、影響を受けないという理由は絶対にあり得ないとは言い切れないのではないかと。

そして地磁気異常といえば、硫黄島で海底火山が噴火したようですが、火山の噴火、地震も無視できないでしょう。聖書には世の終わりになると地震が多発するとあります。
だからと言って、首都直下型大地震の洪水報道は、何者かが明らかなる目的、悪意を持ってしているものだろうと感じるので、備えることは大事でしょうが、必要以上に神経質になる必要はないと思います。万が一、東京がやられたら日本の経済機能はストップしてしまいます。政治家は役立たずのボンクラばかりだし --;
その時は日本のどこにいようと同じです。どの道、一蓮托生。
そもそも首都高運転中に、地下鉄乗車中に大地震が来たらどうしろと言うのでしょう?馬鹿げてます。どうしようもないじゃないですか。その時はその時くらいに考えていて丁度いいのではないでしょうかね?
御心ならば、不思議な方法で守られるものです。

2.イスラエル政権内での内紛?と北朝鮮の核実験

北が今週中にも地下核実験をやるようですね。ただ、失敗して放射能をこれ以上、日本に飛ばさないでくれよというばかりですが。
そして中国の言うことを聞かなくなった?とする話が本当ならば?中国軍の北朝鮮出兵などと言う事態も。少し前に、金正男は見かけほどアホではなく(失礼!)、中国の忠実なる傀儡としてはもってこいであるという話も聞いたことがあります。正雲を巡っても、長老連中で権力闘争もあることだろうし・・・一度原稿を読んだ姿が報道されましたが、ただ拍手しているだけで本当に大丈夫なのかね?

そしてイスラエル政権内で、イラン空爆強硬派(ネタニヤフ首相、バラク国防相など)と、慎重派(ダガン元モサド長官、オルメルト元首相など)が割れているとの報道が。

私見ですが、鵜呑みにすべきではないと思います。
あの連中は平気で嘘をつき情報錯乱を得意とする。ユダヤ人を侮ってはならない。旧約聖書を読めば、その狡猾さに気づくはずです。いつも言うアシュケナジー特有の、ヤコブの劣勢遺伝子を舐めてはならない。混血を繰り返しかなり薄まったとはいえ、古代ヘブライ人の血も一滴くらいは流れていることでしょう。ひょっとしたら、ネピリムの血が流れているのがいたりして?
アクセルとブレーキ役を演じているだけかもしれない。いずれにせよ、聖書的には遅かれ早かれイランとイスラエルは対峙することになると思います。

聖書の「平和だ、安全だという時、突如として滅びがやって来る。」「世の終わりは、ロトの日、ノアの日のようだ」という聖書箇所を忘れるべきではありません。
「シオニズムの目的は達成された」などという報道を鵜呑みにしている国際ジャーナリストまでいるようですが、シオニストは

「ユーフラテからナイルまで」のモーセとの約束が成就するまで、シオニズムを捨てることはあり得ません。常識の尺度が我々とは違います。
それがたとえ聖書の曲解であったとしてもです。

このイランとイスラエルを巡る、イランの核開発問題は2012年最大のわが命題であると考えますので、引き続きウォッチしていく所存です。
そしてシリアを忘れてはいけません。こちらから導火線に火が点く可能性がこれまた高い。
一つ前の記事に書きましたが、シーア派原理主義者は、イランとシリアからマフディ再来のジハードが始ると信じ込んでいるようですので。そして欧米と中露の対立も要注意。今度ばかりはリビアのようには行かないことでしょう。
欧米の理屈によれば、「まず初めに結論ありき」のような気がします。アサド政権を倒せれば、その理由付けなどはどうでもいいかのようです。少なくとも欧米のポチ報道機関である、時事通信、産経、読売系の報道からはそう読めます。
シリア反体制派は何をやっても、中央銀行をテロの標的にしてまでも、民主主義勢力であって、国家反逆罪にもならず、テロリストとはならないようですね?同じ独裁政権でも、欧米の言うことなら何でも聞く、湾岸王侯諸国は独裁国家とは呼ばれないようだし・・・
イザヤ17章が頭をよぎります・・・

3.エクストリーム・スーパー・ムーンと皆既日食

私はこの分野に関しては疎いのですが、何でも月の軌道は楕円形だそうで、5/6に最近接近点であり、満月が大きく見えるのだそうです。
その後、5/21に太陽、月、地球と一直線に並んで皆既日食が起こるんだとか。

別に日食が珍しいわけではないのですが、何が起こっても不思議ではない時期だけに、天からのしるし?と解釈するのは、私お得意の妄想だろうか --;?

« イラン・シーア派原理主義者は「最後の6ヶ月」の準備に取り掛かっている | トップページ | 米ロによる共同反テロ演習だって? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

5/22にやたらテレビ等で宣伝してるスカイツリーがオープンしますね。高所恐怖症なので興味無いのですが、ゴールデンウィークに間に合わせずなんでこの日?とは思ってました。

めいさん、コメントありがとうございます。

そうでしたね、スカイツリーのオープンが22日でした。
う~ん?一日違い・・・何か思惑があるのかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/54606253

この記事へのトラックバック一覧です: 5月です~本日の気づき:

« イラン・シーア派原理主義者は「最後の6ヶ月」の準備に取り掛かっている | トップページ | 米ロによる共同反テロ演習だって? »