2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 古代イスラエルはエフライム部族=日本人説の可能性? | トップページ | 5月です~本日の気づき »

2012年4月26日 (木)

イラン・シーア派原理主義者は「最後の6ヶ月」の準備に取り掛かっている

フランク=ディモーラ師のバイブル=プロフェシーマン・ドット・コムのリンク先に興味深いコラムがあったので紹介しようと思います。

海外サイトに関してはあまりよく知りませんし、どこまで信頼できるかも国内サイトほどの知識がないのでなんとも言えませんが、まったくの妄想とも思えません。終末予測の一資料にはなるでしょう。少なくともイスラム教シーア派原理主義の根幹にはこのような信仰があるのはおそらく・・・真実なのではないか?と私は考えておりますが。

2時間ほどでやったので、翻訳の間違い等あるかもしれませんが、その時はどうぞ遠慮なくご指摘ください。原文を載せておきますので、英語のわかる方は、是非原文にチャレンジしてください。

このシーア派原理主義の過激な信仰が真実であるなら、ちょっと今の米英イスラエルとイランとの緊張は、我々が考えている以上にかなり危険かもしれません。まるで終戦間際の神風特攻隊のメンタリティーです --;

このコラムを書いたReza Kahliliという人物ですが、元CIAのエージェントとして活動していた時のコード=ネームのようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.wnd.com/2012/04/iran-preparing-for-the-last-six-months/

Iran preparing for 'the Last Six Months'
Source says leaders expect attack that will usher in 'messiah'

By Reza Kahlili

Despite the recent declaration by Iran that it does not want a nuclear bomb and statements by regime officials that they are willing tonegotiate over the nuclear issue, indications from within Iran signal massive preparation for an all-out war as part of its destiny.

Nine years ago a Revolutionary Guards arm, the Holy Defense, published a book, “The Last Six Months,” in which it describes the conditions needed in the last six months prior to the reappearance of the last Islamic messiah. The book was distributed in the hundreds of thousands to all Guards, Basij and army bases throughout the country.

Islam’s Shiites believe their 12th Imam, Mahdi, will reappear at the end of times and kill all the infidels, raising the flag of Islam in all four corners of the world.The book admonishes the military forces that they must be prepared to do their duties during those six months and that there will be many signs to help the faithful to understand the transition, which will center on Iran.

The book, which relies on Islamic hadiths by the Prophet Mohammad and his descendants from centuries ago, describes the 9/11 attacks and the invasions of Afghanistan and Iraq as signs that the time is near. But it also prophesies much more significant signs that would launch the six-month time frame for the reappearance of Mahdi: an attack on Syria and then an attack on Iran.

Both those events are looking increasingly likely as Syria’s Bashar al-Assad continues to murder his own people and Iran continues its quest for nuclear weapons.

Mahdi will only reappear, Shiites believe, when Israel is destroyed and the U.S. is brought to its knees; two-thirds of the world’s population will die in a nuclear exchange, and with this chaos and havoc engulfing the earth, the “coming” will unfold.

As revealed in the Iranian secret documentary “The Coming Is Upon Us,” it is believed within the Islamic regime that the supreme leader, Ayatollah Ali Khamenei, is the historical figure as claimed in a hadith who will rise up against the infidels and pass the flag of Islam to Imam Mahdi, the last Islamic messiah.

According to a source who served in the Guards’ intelligence – he has defected to a country in Europe – billions of dollars have been spent on the military forces to emphasize this very ideology of the coming as well as preparation for an all-out war.

Thousands of terrorist cells consisting of the most loyal are placed throughout the world, and they believe Iran will be a key player in creating the circumstances for the coming.

The Islamic regime fully expects to be attacked, the source says. Its leaders believe this will happen as foretold in centuries-old hadiths and written in the book “The Last Six Months.” Response contingencies call for simultaneous attacks on Israel, Saudi Arabia and the Gulf States, and attacks not only on U.S. bases in the region but the U.S. homeland.

The Islamic regime has already mastered nuclear technology and currently has enough enriched uranium, verified by the IAEA, for six nuclear bombs. It also has ballistic missiles capable of reaching every country in the Middle East and many capitals in Europe but is also working, with the help of China and North Korea, on intercontinental ballistic missiles.

An internal IAEA document from 2009 shows that Khamenei, as early as 1984, was pushing for nuclear bombs, stating that, “This was the only way to secure the very essence of the Islamic Revolution from the schemes of its enemies, especially the United States and Israel, and to prepare it for the emergence of Imam Mahdi.”

Of utmost concern is that Iran likely has nuclear weapons already even as it works to create more. As reported in October, Iranian agents scoured the former Soviet republics after the fall of the Soviet Union in search of buying existing nuclear bombs, offering hundreds of millions of dollars. As verified with sources at the State Department, a former U.S. intelligence officer and a Russian general, the Iranians have at least two workable nuclear warheads.

The source in the Guards’ intelligence said he was informed in secret briefings while in the Guards that they had two nuclear bombs, though he could not attest if they were viable. But what he verified next was further terrifying: Iran has neutron bombs, thanks to its North Korea ally.

A neutron bomb is a tactical nuclear weapon invented during the Cold War to kill people with neutron radiation, while minimizing damage to buildings.

“However, a neutron warhead is more accurately described as, and is officially called, an Enhanced Radiation Warhead because it produces large quantities of all kinds of radiation – including gamma rays – that generate the electromagnetic pulse (EMP) effect at high altitude,” according to Dr. Peter Vincent Pry, executive director of the Task Force on National and Homeland Security, which advises Congress.

“So if a neutron bomb, or more properly ERW, is detonated at high altitude, above 30 kilometers, it becomes an enhanced EMP weapon, a strategic weapon that could generate a powerful EMP, destroying electronics and collapsing the critical infrastructures that support the lives of millions of people over vast geographic areas,” Pry said.As verified by the IAEA, the Guards have launched ballistic missiles from ships and detonated warheads over the earth’s surface. Those tests have only one purpose: create an EMP attack, whether by nuclear or neutron bomb. As revealed last year, the Guards have now armed their naval vessels with ballistic missiles and plan on deploying warships in the Atlantic Ocean.

Studies show that a successful EMP attack could destroy electric power, telecommunications, transportation, banking and finance, and food and water across the continental United States.

The Congressional EMP Commission estimated that, given current U.S. unpreparedness, one year after an EMP attack, about two-thirds of the U.S. population, 200 million people, would have perished from starvation, disease or societal collapse.As the West continues to negotiate with the leaders of the Islamic regime in Iran, even accepting their nuclear program for “peaceful purposes,” one thing is ominously lacking: an understanding of their ideology.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要約しますと

イランは核兵器は要らない、交渉の用意があると言っているにもかかわらず、その目指すところは、運命をかけた総力戦とも言うべき戦争への準備である。

9年前に、イラン革命防衛隊は、「最後の6ヶ月(The last six months)」という本を発行した。最後のイスラムの救世主が再び現われる前に、6ヶ月という月日が必要とされるらしい。イスラム教シーア派は、12番目のイマームである救世主マフディが世の終わりに再びやって来て、異教徒を抹殺し、世界の四隅にイスラムの旗を掲げると信じている。

その本によると、軍は、義務を果たすべくその6ヶ月間に準備をせねばならず、イランを中心に多くのしるしが示されるという。その本は、イスラム教のハディス(預言者ムハンマドの言行録)に基づいており、9・11とアフガン、イラクへの侵攻が時は近いとするしるしであるという。しかしながら予言によると、もっと重要なるしるしがあり、それは、マフディが再来するには、6ヶ月間の攻撃に関する時間枠があるのだと言う。その攻撃のしるしとは、シリア、それからイランである。

イスラエルが破壊され、アメリカがひざまずく時にのみ、マフディーは再来するとシーア派は信じている。それは世界の2/3が核と引き換えに死に絶え、混沌と破壊が世界中に満ち溢れ、再来が成就することを意味する。

イランの機密文書によると、イランの最高指導者、アヤトラであるハメネイ師は、異教徒に立ち向かい、イスラムの旗をマフディーに手渡す、ハディス内で主張される歴史的人物であると信じられている。
何千という忠実なるテロリストは世界中に配備され、イランがマフディ再来のキープレーヤーになると、彼らは信じているのだ。

イラン=イスラム体制は、攻撃されることを十分予期している。イスラエル、サウジ、湾岸諸国への一斉攻撃、加えて、ペルシャ湾内のアメリカ軍およびアメリカ本国への反撃という形を取ろう。

イランはすでに核テクノロジーを北朝鮮、中国の援助の下、マスター済みである。中東、ヨーロッパの首都まで届く、ICBM技術も持ち合わせているのだ。

2009年のIAEAの内部文書によると、ハメネイは1984年ごろから、イスラム体制を守るには、特にアメリカとイスラエルからであるが、また、イマーム=マフディ再来の準備のために、核爆弾製造を推進していたようである。

イランはすでに、旧ソ連崩壊時のどさくさに紛れて、少なくとも2発の核弾頭を多額のカネを積んで手に入れているようだ。

また証明されてはいないようだが、さらに恐ろしいことに、中性子爆弾も北朝鮮経由で手に入れているというのだ。この中性子爆弾は、エレクトロニクス、インフラを破壊するのに効果を発揮する。

それに対する迎撃体制の準備も万端のようではある(たぶんアメリカのことを言っているのだろう)。

EMP攻撃は、アメリカ大陸に縦横無尽に張り巡らされた電力、通信、流通、金融システム、水と食料体制を破壊することが可能である。

この攻撃が成功するなら、アメリカ人口の2/3、2億人が死ぬであろう。
西側諸国のイラン指導者との交渉において、「平和利用目的のための核開発」を受け入れることでさえ鵜呑みには出来ないのだ。要するに、その深層におけるイスラム原理主義の理解が必須なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多少バイアスがかかっているかもしれません。それでも、このイスラム原理主義、救世主=マフディの再来の信仰は、別ソースからも聞いて知ってはいました・・・これはおそらく本当なのでしょう。アフマディネジャドもマフディ待望論の原理主義者であると聞いてます。

おそらくですが、イスラエルかアメリカがイランに対し、故意か、不測の事態となるかはわかりませんが、攻撃を仕掛けた時、イランは民族の存亡をかけて徹底抗戦するような気がします。イラク、アフガンのようにはいかないでしょう。そしてそこに、ロシアがどのような形でどの程度まで介入してくるか?

その時こそ、エゼキエルの大預言である「ゴグ、マゴグの乱」、私はこれが第七の封印の第一のラッパとなり、終末の本番が始るような気がしております。また、この戦いが即、ハルマゲドンへと通じるものとなるのか?それとも反キリスト登場の布石となり、終末の7年を迎える結果となるのか?

今はまだわからないでいます・・・終末預言の解釈にはいくつかのシナリオが考えられますゆえ。

しかしイラン、イスラエルの緊張があと3年以上などと持つはずはないと考えます。とにかく時期の予測ほど難しいものはありません。

ただ個人的には、早けりゃ今年中に勃発したとしても、私は驚きません。

キリストを唯一のメシヤとして信じ、霊的備えを怠りなく。主イエスの再臨は近いと私は信じます。

PS: おかげさまでブログのアクセス・カウンタはまだですが、アクセス解析サイトでの累計アクセス数がたった今、 900,162 となりました。読者の皆様、このようなくだらんブログを読んでくださりありがとうございます。

願わくは、100万に到達する前に --;

キリストの再臨と行きたい所ですが・・・聖書預言的には・・・無理だな(涙;)

« 古代イスラエルはエフライム部族=日本人説の可能性? | トップページ | 5月です~本日の気づき »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

>キリストを唯一のメシヤとして信じ、霊的備えを怠りなく。
 主イエスの再臨は近いと私は信じます。

門よ。おまえたちのかしらを上げよ。
永遠の戸よ。上がれ。
栄光の王がはいって来られる。
栄光の王とはだれか。
強く、力ある主。
戦いに力ある主。
門よ。おまえたちのかしらを上げよ。
永遠の戸よ。上がれ。
栄光の王がはいって来られる。
その栄光の王とはだれか。
万軍の主。これぞ、栄光の王。(詩篇24・7-10)

主イエスが帰って来られる時、
永遠の戸、天の御座から出でて、
愛する聖徒を迎えに下って来られるのでしょうね。
今度は栄光のお姿をとられて。
御使いのラッパの響きと共に
一瞬で・・・。

その時、
地上の人々は、その事象を目の当たりにし、
戸惑い、驚き怪しむのでしょうね。
栄光の主は、聖徒にしか見えないから。
主の御力が地上で現われる時。

主イエスが一度目に来られた時、
歴史を2つに分けた。
すなわち、BCとADに。
旧約と新約に。

今度主が来られた時、
恵みの時と患難時代を分ける。
救いの時と裁きの時。

その時は近いと・・・。

その日に、主イエスは来られて、
ご自分の聖徒たちによって栄光を受け、
信じたすべての者の
――そうです。あなたがたに対する私たちの証言は、信じられたのです。――
感嘆の的となられます。(テサロニケⅡ 1・10)

良い悪いは置いておいて、客観的に見るとイランとイスラエルからというのは相応しいというか、双方の意味的にありえそうですね。
国連の常任理事国が5から6になり、非常任理事国が12になり、安全保障理事会が、「合計18」になると、象徴的に歴史は動くらしいですけどね。

enjeruさん、毎度さんです。

この詩篇24・7-10は、私も大好きな箇所です。
この箇所はへりくだった初臨の時というより、王としての再臨の時のイメージが強いですよね、本当に待ち遠しいです。

木蓮さん、お久しぶりです。

仰るように、良い悪いは別にして、あの両国の指導層はシオニスト、別の言い方をするとある意味で、ユダヤ教原理主義者で、方やイスラム教原理主義者なわけで、過激派同士ですからね。

一般市民の中には、善良な方が多いはずなんですけど、日本もしかり、上の連中というのは・・・

それにしても6の倍数で18とは・・・

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

神の栄光。
主に遣える軍勢。
万の幾万倍、千の幾千倍。(黙示5・11)
力・富・知恵・勢い・誉れ・賛美。
満ち満ちている栄光。

主イエスが肉の幕屋を着て、
地上に下って来られた時、
それらのものを捨てて貧しくなられた。
貧しく貧しく・・・。
馬小屋でお生まれになり、
枕するところもなく。

肉の内側に宿る神の光。
光は闇の中で輝いた。
耳を傾ける人の心を捉えた。
3日間の空腹さえも忍耐できるほど
イエスの光は、群集の霊を潤し満たした。(マルコ8・2)
光は、飢えた魂を泉わく流れのように
満たすパンとなって霊の糧を与えた。

あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの
恵みを知っています。
すなわち、主は富んでおられたのに、
あなたがたのために貧しくなられました。
それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって
富むものとなるためです。(コリントⅡ8・9)

主イエスの貧しさによって
瀕死の者が富む者とされた恵み。
主イエスの貧しさにっよって
尽きない平安と希望と喜びが与えられた恵み。
主イエスの貧しさによって
罪の赦しと永遠の命を与えられた恵み。

主イエスの貧しさは愛のゆえ。
人を愛された主イエスの貧しさに感謝!

わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主のよくしてくださったことを何一つ忘れるな。
主は、あなたのすべての咎を赦し、
あなたのすべての病をいやし、
あなたのいのちを穴から贖い、
あなたに、恵みとあわれみの冠をかぶらせ、
あなたの一生を良いもので満たされる。(詩篇103・2-5)

enjeruさん、こんばんは。
主イエスの初臨の時は、へりくだった姿でしたね。
少なくとも福音書の記述からはそうですよね。

しかし、再臨の時は、王の王、栄光の姿で来られる。
初臨のへりくだった姿を知ることがまずは大事ですけど、栄光に満ちた姿もこれまたしかりですよね。

でも、あのヨハネでさえ気絶したくらいですので、果たして、泡吹いて倒れないだろうか、心配です ーー;

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

携挙のとき・・・
患難時代・・・近いけれど
最後の恵みの時を生きる私たち。

まだ恵みは溢れ救いは
日々御心の人々に働いて
新しい命を与えてくださっています。

主を信じる者として
主の待望は大きく、
神の懐に飛び込める恵みがいかに大きいかを
思い巡らします。
どの時代の聖徒たちも待ちに待っていることが
成就する時であるし、
永遠がその時から始まるのだから・・・。

ああ・・・
けれど嘆きは心を締め付け、
地上の業を思い、
御怒りの時の・・・苦難を思います。
どうして心が痛まずにおられましょうか。
たとい命失っても、
永遠のいのちを失わないようにと
祈ることしかできません。

イエスさまもそういう
涙を流されていることだと思います。
ずっと「帰っておいで、
ここへおいで、わたしの元へおいで」
と、手を差しのべておられるのに・・・

目が耳が塞がれて、
自分のことしか見えないことに
自分の生活とお金しか見えないことに
霊が危機に瀕していることを知らないことに
熱い思いをもって
叫んでおられることだと。

主は御心を地上に
すみやかに成し遂げられることでしょう。
聖書に書いてありますから。
必ず実現しますから。

同時に主の熱心が、
声を上げて叫んでいることを
多くの人々が主の憐れみによって
知ることができますように。
ゴルゴダの丘に打ち立てられた
十字架は今も暗い世を照らす灯台として
光輝いています。

enjeruさん、こんばんは。

>ああ・・・
けれど嘆きは心を締め付け、
地上の業を思い、
御怒りの時の・・・苦難を思います。
どうして心が痛まずにおられましょうか。
たとい命失っても、
永遠のいのちを失わないようにと
祈ることしかできません。

>イエスさまもそういう
涙を流されていることだと思います。
ずっと「帰っておいで、
ここへおいで、わたしの元へおいで」
と、手を差しのべておられるのに・・・

→この魂の慟哭、返す言葉がありません。
本当にゲッセマネでの主の祈られた時の

「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい」
マタイによる福音書 / 26章 39節

の箇所が思い浮かびます・・・
比較すること自体ナンセンスなのですが、我々も乗り越えねばならない試練を過ぎ越さねば、真の平安を手に入れることは出来ない。

まさにわが思いではなく、御心のままに・・・

患難前携挙説の方とどうも話が噛み合わず、そうであればいいと思いつつも、聖書の言葉を完全に解き明かしたかのような前携挙説の論者にはついていけない。
僕の勉強不足かもしれないが聖書には完全に解き明かしきれないものがあるのだという謙虚さは持っていたい。

今年うちの教会のメンバーにマタイ24章から連続メッセージをしました。

また映画「クオバディス」から初代教会がどのような苦難を乗り越えていったかさわりを見せました。

また現在の世界が終末の「獣」の到来を予想させる政治的準備が出ていることなど。

我々が今家族や友人に福音を伝えるのにそんなに時間は残されていないかもしれないこと。
試練の時には仲間同士で支えあい励まし合う必要があること。目標は初代教会であると。

ほかの教会ではどうなのでしょうか?
牧師さんはそんな話をしているのでしょうか?

患難前携挙だからなんの準備もしていないのでしょうか?
それが気がかりだ。。

heavenさん、

>聖書には完全に解き明かしきれないものがあるのだという謙虚さは持っていたい。

→これには賛同いたします。
私としてはわからないものはわからないとして、無理に結論付けないようにしております。

heavenさんは、プロの牧師先生なのでしょうか?
ま、それはいいとして、私の知る限り、少なくともプロテスタントの教会ではほとんど話されていないと思いますよ。
そもそも今は終末の時代だと言う認識すらないかもしれません。
私も時たま公祈祷の奉仕が回ってきた時に「それとなく」祈りの文言に混ぜるのですが、信徒の皆さん、いや、牧師ですら認識あるのかどうか・・・

ただ、私の性格でしょうか?「最悪の事態を想定して」がポリシーゆえ、ブログの記事内容は、ニュートラルとはいえ、どうしても艱難期後に軸足を置いた書き方になってしまうのですがね。

常に半身の姿勢でどちらに転んでも動けるようにするのが限界のようです。付け加えるならば、そうなったとして、我々一般市民に出来ることなどたかが知れていると言うことも事実でしょう。奇跡でも起こらねば、3年半生き延びることなど出来ないと言うのも、これまた事実のような気がします。
普通の人では、発狂するのが関の山でしょう。

そういうわけで、前か後ろかの議論はこのブログのコメント蘭でも散々やってきてポジションは分裂状態。今さら議論する気にもなれないのです。すみません。
早けりゃ、今年中にも核が世界中のどこかで炸裂しても私は驚きません。
その時になればわかるのではないでしょうか?
終末の本番は、天災というより、人災によってそのラッパが吹かれるような気がしてなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/54565740

この記事へのトラックバック一覧です: イラン・シーア派原理主義者は「最後の6ヶ月」の準備に取り掛かっている:

« 古代イスラエルはエフライム部族=日本人説の可能性? | トップページ | 5月です~本日の気づき »