2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 過ぎし日の思い出 | トップページ | 「プーチン最後の聖戦」を読んで-2 »

2012年4月16日 (月)

「プーチン最後の聖戦」を読んで-1

さて、今月はどうもインスピレーションが湧かず、更新ペースが鈍い --;
ブログ内容を硬派なハードボイルドに戻しましょう。

在モスクワ・ジャーナリスト、北野幸伯氏の「プーチン最後の聖戦」やっと、読み終えました。おもしろかったです。ソ連崩壊後のロシアに関しての基礎知識は、この方から学ばせてもらったので、当然と言えば当然です。

どうしても北野氏とは世界観が違うゆえ、これから先の世界の予測においては、違いが出てくるのですが(この世は永遠に続くという世間一般的な世界観、国家ライフサイクル論を支持するのも当然ですね)、副島隆彦氏、リチャード・コシミズ氏、藤原直哉氏などと並ぶ国士であると思っております。

この方、それほど過激ではなく、わりと結論をソフトにぼかすのですが、結論から言いますと、プーチンは大統領復帰後

ドル基軸通貨体制攻撃、中ロ同盟の強化、Bric's諸国との連携を通じて、アメリカを没落へと追い込む政策を採り、ロシアと欧米の関係はシリア、イランが絡んでいるため悪化するであろう。

欧米の時代は終わり、アジアの時代が始る(この点については私はそうは思いませんが。)
世界は未だに戦国時代にあり、「平和な時代が過ぎ去ろうとしている」(この点については同感)

ロシアは未だにアメリカからの脅威があり、ロシア自立のために、既存の世界秩序に戦いを挑んでいる。この戦いを完遂できるのは自分しかいないという自負がプーチンにはあるからカムバックした。
文字通り命がけの戦いが待っているのだ。

というものです。

順を追って必要最小限の要点だけピックアップして、私なりに多少?肉付けして箇条書きにしてみましょう。335Pもありますゆえ。
詳細を知りたい方は、1680円出して購入して読んでください(笑)、それだけの価値がある本です。

1. フルネーム、ウラジーミル=ウラジーミロヴィッチ=プーチンは、少年時代スパイを夢見て、ホンマにKGBのスパイになった(笑)

2. 45歳で、ソ連KGBの後身であるFSB(ロシア連邦保安庁)の長官になり、ロシア全諜報員のトップに立った。

3. その後、エリツィン時代に勃興したユダ金系の7大新興財閥(金融オリガルヒ)のドン、クレムリンのゴッド=ファーザーと呼ばれた、ベレゾフスキーに取り入り、大統領に。
その後、米英ユダ金の犬、二大巨頭であったベレゾフスキー、グシンスキーを権力闘争を経て、追放。

4. そして2003年、金融オリガルヒ=ユダ金最後の大物、ホドロコフスキーをあの有名な「ユコス事件」でもって、脱税容疑でシベリアの刑務所送りに。これでプーチンのロシアにおける権力基盤が磐石となる。
なお、このホドロコフスキーのバックには、あのイギリス=ロスチャイルド家の総帥である、ジェイコブ=ロスチャイルド、アメリカ・ブッシュ政権がついていた。

5. これでもって、プーチンはもはや後に引けなくなった。殺らなければ、自分が殺やれる。このユコス事件を機に、欧米国際ユダヤ金融財閥とプーチンKGB軍団との本格的な戦いの幕が開く。

6. これに怒ったアメリカは、ウクライナ・オレンジ革命、グルジア・バラ革命、キルギス・チューリップ革命と、NGO、NPOなどのオーガナイザー=プロの革命指導員を使い(このあたりはダンディ・ハリマオ氏のカレイド=スコープに詳しい)、得意の革命戦略を追行。しかし、ベラルーシのルカシェンコ、ウズベキスタンのカリモフの追放には失敗。米ロでコーカサス、中央アジアという旧ソ連の裏庭にて、オセロゲームを演じる。これは2008年のリーマン・ショックまで続く。
グルジアのサーカシビリなどは、アメリカ、イスラエルにたぶらかされ、北京オリンピック開会式のどさくさに紛れ、南オセチアに侵攻したはいいが、ロシア軍に返り討ちにあったことはまだ、記憶に新しい。

7. メドベージェフは「プーチンから離れようとしていた」、「独自路線を歩もうとしていた」。プーチンもメドベージェフにある程度の自由を与えていたのではないか。二人の双頭体制は、実は危うい「バランス=オブ=パワー」の上に成り立っていたと見るのが妥当だろう。
欧米に褒め殺しにされ、舞い上がっていたメドベージェフは、英米イスラエル(これは私の見解です)の本当の恐ろしさを知らず、リビア空爆の時も、拒否権を使わず、棄権に回った。これでKGB軍団はメドベージェフを見限り、プーチンとの権力闘争に敗れた形となり、2012年3月の大統領選でプーチンがカムバック。

8. ロシア下院選挙後のデモは、北野氏の見解によると、アメリカの革命オーガナイザーの仕業、及び実際にクレムリンに不満を持っている中流階級の純粋なるデモの双方であろうとのこと。しかしながら、革命を起こしてまで政権を転覆させようというような中流階級はロシアには存在せず、失敗に終わった。チュニジア、リビア、エジプトとは違った。

(これは私の考えですが、シリアが1年近くも内戦を演じてますが、それでもアサド政権は倒れません。欧米が反体制派に資金面、軍事面で援助しているというのに。リビアのようにはならない。もちろん、ロシア、中国がリビアと同じ鉄は踏まないという確固たる意志があるのでしょうが、アサド政権をシリア国民の大多数が支持しているという証左でもあるのでしょう。

というのが、ソ連崩壊後のロシア現代史の大まかな流れです。

ここから先は、イラン、アメリカが絡んで来て、中身が重要となりそうなので、いったんこれをもって第一部として切ります。

« 過ぎし日の思い出 | トップページ | 「プーチン最後の聖戦」を読んで-2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、お久しぶりですm(_ _)m プーチンさんが大統領選挙に勝利した時、ロシア国民の前で見せた涙(T_T)に感動しました。日本では悪役にされていますが、実は、偽ユダヤ(ハザール)と戦うサムライであって・・・イスラエル大好きクリスチャンには、この辺のこと(マスコミの洗脳)・・・覚醒して貰いたいな(^^;)と思っています・・・プーチンさんが悪役だったウクライナのオレンジ革命(・・;)の指導者(宣教師)サンデー・アデラジャの「教会革命」という本(持っていた(^^;))の推薦者にビル・クリントン(@_@)の名前を見つけました(=_=;)(=_=;)・・・日本でも散々持ち上げていたその宣教師、今はどこに行ってしまったのでしょうか(^^;)??・・・・ これからは本当に、霊を見分ける賜物が必要だな!と痛感しています。ザアカイさんの文面にありました、国士リチャード・コシミズ氏の動画&ブログ、是非「子羊通信」のファンの方々にも見ていただきたいと思います(*^_^*)・・(少し刺激が強いかもしれませんが、世の中の仕組みに覚醒することは確実です('-^*))・・その上で、敵を知り、イエス様の名前で祈り、霊的な戦いをしていけば、日本に必ず約束のリバイバルが来る!と確信しています(*^_^*)v

クロスさん、いらっしゃい。
なんだかね、政治が奇麗ごと、天真爛漫ではできないことは、十分わかってるんですけど、日本にもプーチンみたいな指導者がいたらまた違っていただろうなと思いますね。
サンデー=アデラジャという人は知らないんですけど、政治家と宗教家との結びつきは、欧米においては切っても切れないようですね --;

コシミズ氏とは独立党立ち上げの頃でしたでしょうかね?
自費出版の本を二冊発注して、二度ほどメール交換したことがあります。
「なかなか肝の据わった人だな」と思いました。
副島氏とならび言論が過激なので、敵も多いようですが^^;

キリスト者じゃなくとも、我々に有益な情報を提供してくれる人たちは多々いるわけで、そのような人たちのためにも、とりなしが益々必要になってくるかもしれませんね。
その時こそ、クロスさんのおっしゃるリバイバルが・・・と期待したいところですが^^;

ザアカイさん、いつも御丁寧な御返事有難うございますm(_ _)m RK氏、独立党立ち上げの頃に・・ですか〜(^o^)・・すごいですね〜(^o^)・・・私は毎日、コシミズ先生の救いを祈っています。ブログのコメントを寄せる方々には「キリスト教&聖書否定」する人々が多いですが(・・;)・・・裏社会につながっている自称キリスト者が多いのも確かなんで仕方ないかな(*´д`*)・・・以前、小石泉先生が「推薦する教会がないのが困ったものだ」というようなことを書いていらっしゃいましたが・・・(^^;)残念ながら、ある意味当たってる(^^;)・・・地域の本当にイエス様を愛する穏やかな先生方は別として。 ところで、面白いのは、副島氏もコシミズ氏も「福島原発の放射性物質による被害は殆どない」と言ってることです。「燃料棒が予め抜かれてあった」とも・・私は実はこれが正解な気がしています。真実に対する洞察力を持つ、ザアカイさんのような方が、日本のキリスト教界にもっともっと必要です('-^*) これからも、私達にいろいろな情報をお知らせくださいm(_ _)m 話は変わりますが(前回の懐かしい思い出の中の)『駅』私達の世代には『卒業写真』と『駅』は泣けますね〜(T_T)

クロスさん、これまたディープなレス、ありがとうございます<(_ _)>
コシミズ氏への執り成しの祈り、キリスト者の鏡ですね。
それにしてもクロスさん・・・あなた、やはりただ者じゃなかった --;

>地域の本当にイエス様を愛する穏やかな先生方は別として

→これまた同意。これはこれで福音宣教者として立派な働きをしておられますがね。
真相暴露系のドブさらい作業は、私みたいなアウトローの不良信徒が先兵隊として、やりゃいいことだし(笑)

>「燃料棒が予め抜かれてあった」とも

→この話聞いてます --;
むむ~、この分野に関しては私は素人なので断定は出来ないのですけど、今なお続くわが地での低線量放射能の拡散・・・4号機燃料プールの使用済み核燃料棒からのものだとしたら?・・・そもそも1200本って何よ?アンビリーバボーですよ --;
うち500本が使用中(使用可)?ってどういうこと --;?
具合悪くなってきます。

あらま!一つ前のエントリーはスルーしてくれてよかったのに --;・・・
火が点いて熱くなると、後先考えず突っ走る悪癖があるものでして (ToT)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/54487914

この記事へのトラックバック一覧です: 「プーチン最後の聖戦」を読んで-1:

« 過ぎし日の思い出 | トップページ | 「プーチン最後の聖戦」を読んで-2 »