2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 今世界で話題の strange noize | トップページ | イランが先か、それともシリアか? »

2012年2月 3日 (金)

イスラエルはいよいよ意を決したのか?

昨日、今日のメインストリーム=メディアによる報道で私が一番注目した記事の一群ですが

イスラエル、4~6月にイラン攻撃も 米国防長官危惧と米紙~産経
米国防長官、イスラエルがイラン攻撃する可能性高まる~ロイター
イランは原子爆弾4発の製造可能=イスラエル軍高官~ロイター
米英仏がペルシャ湾岸に軍備~voice of Russia
米海軍、紅海に入る~voice of Russia
米国とグルジアは対イラン攻撃を準備しているか?~voice of Russia

今春、あるいは4~6月と時期を区切ってきました。
そんな中で、私が一番評価したのがサーチナのコラムでした。

米国が攻撃スケジュールを初公表 イスラエルが今春イランに攻撃か

サーチナ 2月3日(金)18時8分配信

 パネッタ米国防長官は、ワシントン・ポストのコラムニストであるデビッド・イグナチウス氏の取材を受け、「イスラエルは“イランが核兵器の製造に着手している段階に入る”ことを確認しており、2012年4月から6月にかけ、イランの核施設を攻撃する可能性が高い」と示唆した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 ニュースサイト・フォックスは、米国の態度がどうであれ、イランの核兵器製造が米国にとっては戦争をしかけるレッドラインになると分析。だが、イスラエルはこれより堪え性がない。目下のところ、イスラエルがレッドラインと想定しているのは、イランが核兵器を製造できる材料を持っていることだ。言い換えれば、イスラエルはイランが今年の春には十分な濃縮ウランを貯蔵し終わり、核弾頭の製造が可能になると予測している。

 パネッタ米国防長官は先日、「イランはおそらく1年前後で核弾頭を製造し、1―2年以内に核弾頭の発射装置を開発するだろう」と発言している。米国は、軍事衝突も想定に入れた“すべての手段”を使ってイランが核兵器を持つことを阻止するだろう。(編集担当:米原裕子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、問題はこれらの記事をどう読むか?ですが、ひねくれ者で天邪鬼の私は、この報道を鵜呑みにすることは出来ません。
そんな手の内を素直に明かすほど、連中はマヌケじゃないでしょうし、これは情報戦、心理戦でもあるだろうから、セオリーとして、軍事情報をそのまま取るべきではないでしょう。

イスラエルの十八番は過去の経緯からいって奇襲攻撃であり、完成一歩手前でイラク、シリアの原子炉を空爆しました。
人間は「完成間近の作業を破壊されるほど失望と喪失感を味わうことはない」と言われます。
そういう意味では、遅すぎるくらいです。
その理由は、イランはシリア、イラクと比べ手ごわい、核開発の背後にはロシアの影が見える、イランを空爆したら単なる中東有事では済まない・・・などの理由があり、慎重に対応してきたのかも知れない。

そしてイスラエルの最大のネックは、国土面積が狭いということ。四国くらいの面積だと思いました。これは特に長期戦を戦うにおいては分が悪い。だから何としても、同胞であるイギリス、アメリカを中心とするアングロサクソン帝国(その実、ユダヤ帝国)を引きずり込まねばならない。
要は戦況が不利になった時に、司令部を移動しながら戦争を遂行することが出来ない。そういう意味では、ロシア、中国、アメリカなどは強い。

私のアテにならない、当たった試しのない予測では --;
6月以降ということはないと思う。
やるんだったらその前、今月か3月中にやるのではないか?と考えます。本気でやるのであれば・・・ですが。

正直言って、考えたくないですが・・・イスラエルの核が炸裂するかもしれません。その一方で、アメリカ、ロシアの核も炸裂するかもしれない。今は放射能が数日で消え去ると言う、3.11テロで使われたであろう?「純粋水爆」のテクノロジーも完成しているとも聞きます。
いざ核ミサイルの打ち合いになったら、3日もあれば、決着が着くかもしれない。

そのあと、戦後処理調停と銘打って、「平和の君」の偽メシヤとおそらくは宗教家である「偽預言者」が登場などと言うシナリオも?

そううまくいくかどうかもわかりませんし・・・こればかりは想像を逞しくして、妄想にふけるのが関の山だろうか(涙;)

4highres_00000402734077

« 今世界で話題の strange noize | トップページ | イランが先か、それともシリアか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>そのあと、戦後処理調停と銘打って、「平和の君」の偽メシヤとおそらくは宗教家である「偽預言者」が登場などと言うシナリオも?
これのシナリオはないと思います。どちらかというと宗教者を登場させる事よりも独裁者の一人が(反キリスト)登場の方が私の感覚ではしっくりきます。
エリシャの泉を読んでから独裁者が10人現れるのでは?と
となんとなく感覚的に感じるので・・・違うかもしれないけど
そして、遅くて今年の後半の始めに戦争開始し、アメリカ金融崩壊へと序曲を年内に完了。新大統領就任。新大統領任期内に大恐慌になり、大統領就任~翌々年イランと戦争継続の上でロシア出現という感じのシナリオのように感じます。
多分、急展開的な進展は今年の後半まではないと思います。

どちらかというといまだに??で不気味なのは富士山とロンドンピックで、地震やテロ系の方が今年の前半を騒がせるような気がしないでも・・・
まあ、根拠もなんもない妄想なんだけど・・・

ま、時期の特定ほど困難なものはないので、戯言程度にお願いします。
ひょっとしたら、後かもしれないし、裏の裏をかいてこの期間に?なんてことも有り得るかもしれませんし。
それとも、またまたフェイクでもう一儲け企んでいるかもしれない・・・

黙示録には「第二の獣」も登場するので、個人的には宗教家あたりがこれに当たるかもしれないと読んでます。
サポート役で時期はずれるにせよ、サタンの申し子は二人、登場するんじゃないかな?

こんにちは、ザアカイさん。
春は名のみで、寒さが厳しいですね。体を温かくされて、風邪などひきませんように。

イランのほうは、先月末に、欧州への原油輸出禁止というカードを、ちらつかせましたが、実際に、それを実行するのでしょうか。
欧州の混乱やダメージを狙うのならば、寒い今の時期が効果的なのですが、それだけに、そのカードを切ってしまうと、中東地域の戦争の時計の針が、間違いなく一段階進んでしまいます。

戦争になれば、やはりイスラエルは大きな苦難を味わうことになるのでしょうし、そうなることによってようやく、英米の軍事力ではなく、主である神を頼りとするように、変わっていくのでしょう。
ただし、一足飛びに、イエス様=メシアというところまではいかず、それが、獣である666が、さもメシアであるかのように、勢力者として台頭してくる下地となるのではと思います。

そして、イスラエルが苦難を味わった時、現代のツロ(ティルス)は、「自分こそが神、イスラエルに約束された祝福は今や自分だけのもの」とでもして、主である神とイスラエルを侮辱し、罰としてのロシアの侵攻と、次いでの国土の沈没という事態になるのでしょう。

沈むツロ(ティルス)から、どうか、クリスチャンの皆様が、出エジプトのように、主である神の御業で逃がされ、生かされますように。

ザアカイさんへ

クリスチャンではない私が、ザアカイさんのブログに、このようにいろいろと書き込ませてもらい、本当に感謝しております。

「こいつ、ひどく見当はずれなことを書いているとなぁ」と、クリスチャンであるザアカイさんが思われることも、多くありますでしょうが、これからも時折、書き込ませてください。

てぃしゅりさん、いらっしゃい。
お気遣いありがとうございます。
いえいえ、とんでもございません、いつもなかなか鋭い分析、参考にさせていただいてるくらいです。

私はあまり洗礼を受けたクリスチャンであるとかないとか色分けしたくありませんので、気にしないで下さい。同じ人間ですから。
かく言う私も、少数派のアウトロータイプですし。そういうわけで敬虔を自称する清く正しくタイプは、警戒して近寄ってきません(笑)

あんがいある程度、聖書に精通しており「私はクリスチャンではありませんが」と断る人の中にこそ、その香りを放つ人がいるのも事実です。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

アダムとエバの子、カインとアベル。
神に受け入れられた弟アベル。
彼を妬んで兄カインは大地に血を流す大罪を犯す。
人類初の殺人者。
神の「地上をさ迷い歩くさすらい人となる」との刑罰の宣告。(創世記4・12)
カインが悔い改めたとき「私の咎は、大きすぎて、荷いきれません。」(創世記4・13)
との声を神は聞かれ、カインに一つの印を与えた。
守りの印。・・・彼に出会う者が誰も彼を殺すことのないように。(創世記4・15)

バビロン捕囚後、
エルサレム陥落。
偶像崇拝によるこの地は、暴虐で満たされ、神の怒りを駆り立てた。(エゼキエル8・17)
滅亡直前、神の命令。
「町の中、エルサレムの中を行き巡り、この町で行われているすべての
忌みきらうべきことのために嘆き、悲しんでいる人々の額にしるしをつけよ。」
                             (エゼキエル9・4)
守りの印。神の印。神の盾の印。
あのしるしのついた者にはだれにも近づいてはならない。(エゼキエル9・6)

患難時代
14万4千人の神の御心のイスラエルの子孫の額に印を押される。(黙示録7・4)
額に印を押されている人々は災害から守られる。(黙示9・4)
その額には子羊の名と、子羊の父の名とがしるしてあった。(黙示14・1)
子羊の名・子羊の父の名・・・神の所有の証。一つの証。

主はわが巌、わがとりで、わが救い主、
身を避けるわが岩、わが神。
わが盾、わが救いの角、わがやぐら。(詩篇18・2)

天の都エルサレム。
新しい天と地。もはや夜がない。神である主が彼らを照らされる。
光も太陽の光もいらない。彼らは永遠に王である。(黙示22・5)
神の御顔を仰ぎ見る。また、彼らの額には神の名がついている。(黙示22・4)

神によって救われたキリスト者。
神はまた、確認の印を私たちに押し、保証として、御霊を
私たちの心に与えてくださいました。(コリントⅡ 1・22)

御霊は将来、天の都でその額に子羊の名・子羊の父の名の印を押す保証としても
与えられている。
反キリストの刻印でなく、神の刻印を押される人はなんと幸いなことでしょう。
キリストの救いは、天にある大きな富であり、喜び。
キリストの救いは、卑しい罪人を穢れと滅びの暗黒で死んでいた人を生かし、聖くし、
永遠の命を与え、神と共に生きる刻印を押されている。

そのあかしを受け入れた者は、神は真実である
ということに確認の印を押したのである。(ヨハネ3・33)

あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、すなわち、あなたがたの救の福音を聞き、また、彼を信じた結果、約束された聖霊の証印をおされたのである。

この聖霊は、わたしたちが神の国をつぐことの保証であって、やがて神につける者が全くあがなわれ、神の栄光をほめたたえるに至るためである。

エフェソ 1:13~14

関連聖句として、ここもいいですね。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

患難時代。
2人の証人・2本のオリーブの木・2つの燭台・2人の預言者。
荒布を着て1260日の間預言する。(黙示11・3-4)

「その声は全地に響き渡り、
そのことばは地の果てまで届いた。」(ローマ10・18)

神の選びの計画の確かさが、行いによらず、
召してくださる方によるように・・・(ローマ9・11)

私はまた、彼に尋ねて言った。
「燭台の左右にある、この2本のオリーブの木は何ですが。」
私は再び尋ねて言った。
「2本の金の管によって油をそそぎ出すこのオリーブの2本の木は何ですか。」
                         (ゼカリヤ4・11-12)
彼は言った。
「これらは、全地の主のそばに立つ、ふたりの油そそがれた者だ。」(ゼカリヤ4・14)

神の力は、彼らと共にあり、暗黒時代に神の御心を告げる選びの器。
彼らに害を与えようとする敵は、彼らの前に倒れ、滅ぼし尽くす。
自然を支配する力を与えられ、
預言している間、雨が降らない。
天を閉じる力・水を血に変える力・何度でもあらゆる災害をもって地を打つ力を持つ。

「これは神の指です。」(出エジプト8・19)

神がそこの川を血に変えられたので、
その流れを飲むことができなかった。(詩篇78・44)

主よ。あなたの右の手は力に輝く。
主よ。あなたの右の手は敵を打ち砕く。
あなたは大いなる威力によって、
あなたに立ち向かう者どもを打ち破られる。
あなたが燃える怒りを発せられると、
それは彼らを刈り株のように焼き尽くす。(出エジプト15・6-7)

暗黒の時代・患難時代も神の声は途絶えることなく、
真理と救いを告げ知らせ、
神の御怒りの時でも、なお主イエスの十字架の救いは働いている。

主イエスと同じように死んで3日半の後、よみがえって
天に昇る2人の証人。(黙示11・11)
「ここにのぼれ。」(黙示11・12)
神の天への呼びかけによって・・・。
雲に乗って・・・
主イエスと同じように・・・。

イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて見えなくなられた。(使徒1・9)


enjeruさん、なぜか?またまたプロバイダエラーでしょうか?
先日のクロスさんに続き、スパム欄に --;
時々チェックせねばなりませんね。

今年も一月半が過ぎようとしてます・・・
またままた少し小康状態となりつつあるようです。
とは言え、水島コンビナート事故、シリアでの流血、佐渡島での地震、ヨーロッパでの大寒波と、ますますきな臭くなっていくばかり・・・

今は忍耐のしどころでしょうか・・・待つのも楽じゃありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/53894493

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルはいよいよ意を決したのか?:

« 今世界で話題の strange noize | トップページ | イランが先か、それともシリアか? »