2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 米空母が無事ペルシャ湾入りしたが・・・ | トップページ | ジョン=コールマン著「第三次世界大戦」~初版発行からもうすぐ7年 »

2012年1月25日 (水)

沈黙を破りネタニヤフがついに吼えた

2012/1/27 UP DATE

カドリ師の動画で、脳卒中で2006年1月に倒れたアリエル=シャロン元首相が死んだらまもなく、キリストが再臨すると預言しているような事、ナレーションで語っているようなのですが、私のヒアリング力では心もとない --;

ネイティブペラペラの方いましたらお願いいたします<(_ _)>

ちなみにシャロンはまだ存命のようですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ええ~、最近、中東関連記事ばかりになってますが、非常に重要なので続けます。
ついにイスラエルはネタニヤフ首相が沈黙を破り吼えましたね。
実施は7月からとは言え、EUによる原油輸入禁止措置が決定し、どうせアメリカを引っ張り出すことなど朝飯前、単独攻撃も辞さずといったところなんでしょうか?
イスラエルのメディアによっては、「言うこと聞かなきゃ、オバマをモサドに暗殺させよ」などという物騒なコラムまで登場する始末 --;

しかし、私としては来るべき時が来た。聖書解釈によりシナリオも変わってくるかと思いますが、ある解釈によると、これが Jacob's Trouble =ヤコブの苦難=イスラエルが包囲される、このままハルマゲドンへと突き進む。とする解釈もあるにはあります。しかしながら、まだ反キリストも偽預言者も登場してませんし、オーソドクスな解釈を支持するならば、ハルマゲドン、イスラエルのラスト・クライシスまではあと7年以上はかかるのかもしれません。

ま、正統派通説、マジョリティーな解釈が必ずしも正しいとは限らないので、臨機応変に柔軟に対応していく所存です<(_ _)>

イスラエル首相が対イラン強硬姿勢、「ホロコーストを忘れるな」

イスラエルのネタニヤフ首相は24日、イランの核開発疑惑をめぐり緊迫する国際情勢について、第2次世界大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を教訓とし、自国防衛のためには単独行動も辞さないとの考えを示した。

今月27日の国際ホロコースト記念日を前に議会で行った演説の中で、ネタニヤフ首相は欧州連合(EU)が23日に決定した原油禁輸などを含む対イラン追加制裁措置を歓迎。存在する脅威に立ち向かうためには、イスラエルはできるだけ多くの国々と同盟を築くべきだと述べた。その上で、ユダヤ人600万人の命を奪ったホロコーストの「大きな教訓を忘れるべきではない」とも指摘。自分たちの運命は人の手に委ねるべきではないと強調した。【ロイター10:05】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホロコーストの真実については、語りだすなら夜が明けてしまうのでここでは触れません。
それにしても私としてはネタニヤフの口から「ホロコースト」という言葉が発せられたことに驚きを隠せません。
よほどの覚悟なのかもしれない。そして一部に、イスラエルは滅亡するのではないか?という論説を見受けますが、イスラエルが滅びることはないでしょう。
ユダヤ人のすべてが、カバリストでサタニストの背教者と言うわけではありません。
アブラハム、イサク、ヤコブとの契約ゆえ、最終的には悔い改め、イエスをメシヤだと認めるレムナントが登場するはずですから。

兄弟たちよ。あなたがたが知者だと自負することのないために、この奥義を知らないでいてもらいたくない。一部のイスラエル人がかたくなになったのは、異邦人が全部救われるに至る時までのことであって、こうして、イスラエル人は、すべて救われるであろう。すなわち、次のように書いてある、/「救う者がシオンからきて、/ヤコブから不信心を追い払うであろう。
そして、これが、彼らの罪を除き去る時に、/彼らに対して立てるわたしの契約である」。
福音について言えば、彼らは、あなたがたのゆえに、神の敵とされているが、選びについて言えば、父祖たちのゆえに、神に愛せられる者である。
神の賜物と召しとは、変えられることがない。

ローマ 11:25~29

このブログでも何度か取り上げましたが、オーソドクス=ジューの大物ラビが、幻のうちに主イエスこそメシヤであったとアナウンスしている事実もあります。

ユーチューブ動画見つけましたのでよろしかったら ↓

時は我々が考えている以上のスピードで駆け抜けているのかもしれない。目だけは覚まして、霊的ガードを怠りなく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これに関連して、もう一つ警告を発しておきます。「新約のイスラエルはクリスチャンを指す」などと、いい気になっている場合ではありません。これまたサタンの攻撃が激しくなっているようです。

以下の聖句をよ~く!噛み締めるべきです。

さばきが神の家から始められる時がきた。それが、わたしたちからまず始められるとしたら、神の福音に従わない人々の行く末は、どんなであろうか。また義人でさえ、かろうじて救われるのだとすれば、不信なる者や罪人は、どうなるであろうか。

第一ペテロ 4:17~18

http://blog.livedoor.jp/epeso4no5/

2012年1月21日からのエントリーをご覧下さい。左のリンク一覧にも載せてありますが、非常に貴重な働きをされている方のブログです。

正統派と言われる教会も、かなりサタンのカルト菌の餌食となり、霊的におかしくなっているようです。これをどう取るかは各々の自由に任せるにしても、これらの教会賛美を見て、私は途中で反吐を吐きそうになりました。私としても黙っていられません。激しく賛同し、拡散いたします。

まるでブードゥー教のゾンビ召喚か、六芒星を囲んだ黒ミサの悪魔召喚の儀式の踊りにしか見えませんがね --;?

そのうちの一つ、動画として貼り付けます。是非、ブログを訪問し、すべての動画をチェックすることをお勧めします。ゾッとしますが必見です、辛くても我慢して見てください。

« 米空母が無事ペルシャ湾入りしたが・・・ | トップページ | ジョン=コールマン著「第三次世界大戦」~初版発行からもうすぐ7年 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん

私は私の中に「傲慢の罪」を見出しました。
ここに主イエスとみな様の前に告白します。
主イエスの前に
ごめんなさい。

どうか私の咎を、私から全く洗い去り、
私の罪から、私をきよめてください。(詩篇51・2)

ザアカイさん、こんにちは(^o^) ラビの動画すごいですね。何度も、イエス様が「ベリー・スーン」にやって来る!と仰っているのも(@_@) それに比べて・・あの賛美もどき(=_=;)・・キッズ達は分からないで踊っているとしても、ナレーションはかなり悪魔的ですね。耳に悪魔の爪が突き刺すよう・・全く神の栄光を表していない。フルゴスペル・・と紹介していますが・・純福音(チョーヨンギ師の)でしょうか? 本当に狭き門ですね。御言葉にしっかり立って目を覚ましていないといけないですね(・・;)

^^;・・・ちょっと意味不明ですが?

人間時として歯止めが利かなくなることもあるしで、誰しもあることだとは思いますけど --;?

ザアカイさん、お久しぶりです。 この賛美もどき・・キッズ達がかわいそうな気がします。ナレーションが悪魔的で耳に爪を立てられている感じです(=_=;) フルゴスペルという紹介・・純福音(チョーヨンギ師の)教会でしょうか?? 教会は人であって、建物でも人数でもないですね。

動画見ました。
これがキリスト教会で行われているものでしょうか?
驚きです・・・でも私の視点から見ると、これがサタニックなものと結びつかず、なぜかAKB48と結びついてしまいます(笑)
でもAKB48ほどかわいくないし・・・
これなら、まゆゆが歌ってた方がいい!(笑)

というのは冗談ですが、だいぶ昔のこと、賛美のコンテストが開かれた時点ですでにおかしいと思ったほどですから、私も結構古い人間なんですよ(笑)

真面目な話、教会での賛美が興奮や陶酔になってしまったら危険ですね。
普通の賛美歌や聖歌が好きです。
最近は子供用(日曜学校用)の賛美歌に魅力を感じます。

クロスさん、こんにちは、お元気でしたか?

何でも韓国のアッセンブリーズオブゴッド教団の教会ということで、詳しくは私も知りません。
どうも私は好きになれませんね・・・ある程度の元気ある賛美はともかく、ここまで来ると --;
指導層の責任は重大ですね。子供達をダシに使い、疑問を感じないのでしょうか?

トマスさん、どうも。

^^;・・・AKBは前田敦子と大嶋何とかと、板野なんとかしか顔と名前が一致せず、まゆゆをたった今、ネット検索してきました(笑)
上記三人よりいいですね(爆;)

賛美コンテストなどというのがあったのですか --;
知りませんでした。

>真面目な話、教会での賛美が興奮や陶酔になってしまったら危険ですね。

→異論ありません。トマスさんは音楽の専門家だから、我々の感じるのとはまた違った感覚を受けるかもしれませんね。

enjeruさん

子羊通信のコメントいつも楽しみにしています。
傲慢。。私も、気がつかないうちに、高慢になっているときが
ある事に、気がつきます。。
ほとんどの場合、無意識、無自覚のうちにおかしてしまう罪だと思います。
でも、主は。御霊を通して、私たちの心の中をみて、
よい方向に導いてくださいますよね。

信仰の先輩である、enjeruさんや、アンちゃん、もちろんザアカイさんや
多くの方の場合、忍耐や、謙遜さを練られる度合いも。。どんどん高くなって
くるのだと思います。
主イエスは、enjeruさんを愛されていますし、わたしも大好きですよ^^
最初の頃から、励まして支えてくれた、姉妹ですので。。ぜひ、神の国で
お会いして、主の栄光を一緒に賛美したいです。(*゚▽゚)ノ

正統?と思われる教会でも、いろいろ問題があるようですね。
ビデオは 残念ながら。みられませんでしたが、魔術的?な賛美内容だったのですかね。
キリスト教会ないでも、ハリーポッターやその他の
オカルト的なものが、容認されているので。。その影響ですかね。。
オカルト。。どこまでを容認して、拒否するのか。。という
問題もありますね。
ジブリの、魔女の宅急便や、トトロ(一応おばけ?)、あとは ネバーエンディングストーリー
見たいな。。ファンタジーは、まあいいかな?と思いますが。
人にもよりますよね。。(;;;´Д`)

http://www.youtube.com/watch?v=GQDoEAkLLnk

うん --;?
ユーチューブ動画が見れない?
↑のURLからどうでしょう?
どうせなら、左サイドバーの罰当たり管理人さんのブログに飛ぶともっと見れますよ。

罰当り管理人さんのブログをみてきました。。
あの Awsome god は見られませんでした(^-^;
でも、元の歌は。ラップ?の賛美の歌のようですね、
その歌と、他の人の踊りはみてきました。

なんといいますか、世のラップや、ダンスミュージックを
若者は好きですからね。。
クリスチャンだから、お固いというイメージをもたれたくないから、
自分の興味、特技を活かした賛美をしたいのかな
とも思いますが。。 まあ、それはアメリカの黒人の方だから、文化的に
それがあっているのかな?とも思います。
あえて、日本や韓国のクリスチャンがしなくても。。。いいのでは?
とも思うんですよね。。 でも、日本と韓国は。。とくにアメリカ文化の
影響が著しくおおきいですよね。。(;;;´Д`)

ドイツの教会でも、そういえば以前バプテスト教会のユースの大会
などで、こういう モダンな賛美とか、ラップなどがあったと思います。
動画で見たのですが。。まあ。。若者むきですよね。
礼拝の内容も大切にしてくれれば、まあいいのかな。。とは思いますが
限度がありますよね。。
特別なイベントのときの、余興ていどなら良いですが。。
これがメインであったり、賛美コンテスト?と仮したら、問題ですよね。
誰を、何を賛美するのか、わからなくなりそうですよね。。( ̄Д ̄;;

英語の賛美も、たま〜に歌う事もあるのですが。。私は基本的に
ドイツ語の賛美の方がすきです。 もちろん、You are my all in all
In Christ alone , Who am i, Here i am to worship など
聞いたり、歌うのも好きな賛美もありますが。。 
あまり激しい曲は好みではないですね。。
私も、アラフォーですし、子持ちですので。。保守的になったのかな〜?
ローレンヒルとか、は好きですけど。。(*^-^)

>もちろん、You are my all in all
In Christ alone , Who am i, Here i am to worship など
聞いたり、歌うのも好きな賛美もありますが。。 

一緒にしちゃ失礼ですよ --;
モダンな雰囲気の賛美でもいいと思います。
実際私、「マジェスティー」や「イエスは愛で満たす」は、ベスト5に入るくらい、大好きです。
要は、サタン臭を漂わせているかどうかでしょう。

「エロイムエッサイム、我は求め訴えたり~!」って!やってるんじゃないんだから~(ToT)/

ザアカイさん、どもです(^O^)ノ

確かに「シャロンが死んだらすぐに来る」って言ってますね。

2か所言及している個所があって、真ん中のところは「シャロンが死んだあとに来る」って言っているだけで、「すぐ」とは言ってません。でも終わりの所でカドリ師が言ったとして「すぐ」を付けて述べています。

これが番組的な脚色なのかは分りませんが、いずれにせよ、イスラエルの首相がこの後どんどん変わってシャロンが歴史上の一人の首相に過ぎなくなるような、風化現象に至るまでイスラエルの歴史は続かないと言う事なのでしょう。

とても興味深いですね。

モトイさん、ありがとうございます<(_ _)>
やはり言ってましたか。この程度なら聞き取れたかも?・・・とは言え --;
自信なかったので(^^ゞ

>これが番組的な脚色なのかは分りませんが

さすがですね。私も鵜呑みには出来ないと思いました。カドリ師が本当に言ったかどうか、ウラを取らねば断定はできませんね。
でもウルトラ=オーソドクス=ジューの重鎮に幻で現われ、「私イエスこそがメシヤだ」と語ったというのは、かつてのパウロをほうふつとさせ、無視は出来ませんね。

少し調べたのですが
カドリ師はバグダッドで生まれて、正統派ユダヤ教のラビの下で学び、イスラエルが建国されてから移住したスファラディー=ユダヤのようです。
カバラとかカハールとかとはおそらく無縁だったんでしょうね。

いずれにせよ、誰かがユダヤ人に福音を語ったわけでもなく、このような現象が起きるというのは、聖書預言とあわせ、時は間違いなく近い!と判断していいような気はしますね!

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

>「私イエスこそがメシヤだ」

サマリヤの女。
ヤコブの井戸・・・主イエスの元へ水を汲みに来たサマリヤの女。
彼女の罪を全て言いあてた主イエスに驚く女。

女は言った。
「私は、キリストと呼ばれるメシアの来られることを知っています。
その方が来られるときには、いっさいのことを私たちに知らせてくださるでしょう。」
イエスは言われた。
「あなたと話しているこのわたしがそれです。」(ヨハネ4・25-26)

生まれつき盲目の男。
主イエスと出会い、主のつばきで作った泥を目に塗り、シロアムの池で洗って
目が見えるようになった。

主イエスは、頑ななパリサイ人によって迫害され、追放された男を見つけ出して言われた。
「あなたは人の子を信じますか。」
その人は答えた。
「主よ。その方はどなたでしょうか。私がその方を信じることができますように。」
イエスは言われた。
「あなたはその方を見たのです。あなたと話しているのがそれです。」
                         (ヨハネ9・35-37)

主イエスがご自身を明らかにされた時、
「あなたと話しているわたしがそれです。」と言われた時、
サマリヤの女も目を癒された男も、その言葉の権威を聞き、メシアの言葉を聞き、
霊の目が開かれ全てが見えようになった。

「見よ。神の子羊。」(ヨハネ1・36)
この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。(マタイ1・21)
わたしが王であることは、あなたの言うとおりです。(ヨハネ118・37)

天から下ってきた生けるパン。
世の罪を取り除くメシア・・・イエス・キリスト。
天の御国の王。
永遠の命を与える救い主。

この方以外には、だれによっても救いはありません。
世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、
どのような名も、人間に与えられていないからです。(使徒4・12)

ヤコブの苦難と悔い改め。
う~む --;?
そうなるとはわかっていても、時期の特定ほど難しいものはありませんね。

まだまだクリアしなきゃならない預言も盛りだくさんですし。

此処に来るのは、久しぶりよ!

ザアカイさんにお知らせしたくわざわざ登場いたしました。

今年の五旬節まで、本日より百二十日になります。あと4ヶ月になりました。

ニュートラルで結構です。気をつけてください。

ヒント 1973 1980 1987 1994 2001 2008 2015 2022

バビンチョ

あら、アンちゃんでないの。
う~む・・・2012年5月27日・・・ユダヤ暦(教会暦はカトリックの好みが入っているのであまり相手にしない)のペンテコステですな。

掲示板の過去ログ見てきたら、天地創造の7日間がベースのようですね。

>クロスさんへ

 --;・・・久々にスパムボックスをチェックしたら、クロスさんからのコメントが一つ、スパムボックスに入ってました、すみませんでした<(_ _)>

>ザアカイさん、こんにちは(^o^) ラビの動画すごいですね。何度も、イエス様が「ベリー・スーン」にやって来る!と仰っているのも(@_@)

→う~む --;?
これが連中のお気に召さなかったのだろうか?
陰謀臭がプンプンします、妄想かな?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/53824636

この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙を破りネタニヤフがついに吼えた:

« 米空母が無事ペルシャ湾入りしたが・・・ | トップページ | ジョン=コールマン著「第三次世界大戦」~初版発行からもうすぐ7年 »