2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« モサド暗殺部隊?とホルムズ海峡封鎖はレッド・ラインか? | トップページ | 沈黙を破りネタニヤフがついに吼えた »

2012年1月23日 (月)

米空母が無事ペルシャ湾入りしたが・・・

一つ前のエントリーのコメント欄でも少し触れたのですが、米空母エイブラハム=リンカーンがイランの妨害を受けず、ペルシャ湾へと入ったようです。

米空母がホルムズ海峡を無事通過、ペルシャ湾入り
2012年 01月 23日 08:47 JST

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K01520120122

やはり、そう簡単には手を出さずだったのでしょう。おそらく原則論として、イラン側から仕掛けることはないのでしょうね。

と思いきや、こんなニュースも voice of Russia から。

イスラエル イラン攻撃の12時間前に米に伝達の考え

22.01.2012, 22:59

イスラエルは米国指導部に対し、イランの核施設に対する戦闘作戦開始12時間前には、攻撃に関する情報を米国政府に伝えると予告した。 22日付の英保守系高級紙「タイムス」日曜版が消息筋の情報として伝えた。

 新聞は、次のようにコメントしている―

 「12時間という短い間では、米国はイスラエルの作戦実施を止めることはできないだろう。 イスラエルが米国に対し、軍事行動開始のはるか以前に、自分達の決定を伝えるのを良しとしなかった事は、両同盟国間の不信が深まっていることをまた一つ確認するものとなった。 

 イスラエルは、オバマ政権が、石油価格の急騰を懸念し、11月の大統領選挙実施までイランに対する攻撃を許さないよう、できる限りのことを試みるだろうと推測している。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これをどう読むか?ですけど・・・
イスラエルは、わが国が手を出したら最後、アメリカも一蓮托生とでも考えているのでしょうか?
それとも、穏健派、強行右派間の綱引きが激しくなっていて、ややこしくなっているのでしょうか?

« モサド暗殺部隊?とホルムズ海峡封鎖はレッド・ラインか? | トップページ | 沈黙を破りネタニヤフがついに吼えた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

新聞をみましたか?今朝の新聞だとEUがオイル禁輸決定したみたいですね。
さてさてどうなることやら同時進行とかあり得そうでちょっとこわいですね

ちよさん、毎度さん。

7月実施と少し先のことだからなどと安易に考えてましたが、けっこうイランの反発大きいですね。

経済的に追い詰めて政権転覆というシナリオもありそうですが・・・イランの場合どうでしょう?アラブ諸国のように簡単にいかない気もしなくも在りませんが。
少なくとも状況は悪化するだけでしょうね・・・もちろん、日本もただじゃすまないでしょう、具合悪くなりそうです。

米英イスラエルにとって一番いいシナリオは、イランに先に手を出させることなんでしょうけどね。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

父なる神の光。

父・・・今に至るまで働いておられます。(ヨハネ5・17)
父・・・子(主イエス)を愛して、ご自分のなさることをみな、
     子にお示しになる。(ヨハネ5・20)
父・・・死人を生かし、いのちを与える。(ヨハネ5・21)
父・・・だれをもさばかず、すべてのさばきを子にゆだねられました。(ヨハネ5・22)
父・・・子に成し遂げさせようとして業をお与えになった。(ヨハネ5・36)
父・・・主イエスを遣わした。(ヨハネ5・37)
父・・・主イエスに聖徒をお与えになる。(ヨハネ5・37)
     聖徒を主イエスの元に引き寄せる。(ヨハネ6・44)
父・・・主イエスに栄光を与える。(ヨハネ8・54)

子なる神(主イエス)の光。

 子・・・すべての人を照らすそのまことの光。(ヨハネ1・9)
 子・・・主権はその肩にあり、
     その名は「不思議な預言者、力ある神、永遠の父、平和の君」
     と呼ばれる。(イザヤ9・6)
 子・・・救い主。主キリスト。(ルカ2・11)
 子・・・異邦人を照らす啓示の光。(ルカ2・32)
 子・・・十字架の死。(ピリピ2・8)
 子・・・永遠の命を与える。(ヨハネ3・16)
 子・・・死人の中からのよみがえり。(ヨハネ20・9)

一つとなった聖徒の光。

 父よ、あなたがわたしにおられ、わたしがあなたにいるように、
 彼らがみな一つとなるためです。
 また、彼らも私たちにおるようになるためです。(ヨハネ17・21)

 わたしは、あなた(父)がわたしに下さった栄光を、彼らに与えられました。
 それは、わたしたち(父なる神と主イエス)が一つであるように、
 彼らも一つであるためです。
 わたしは、彼らにおり、あなたはわたしにおられます。
 それは、彼らが全うされて一つとなるためです。(ヨハネ17・22-23)

父なる神の光、子なる神の光、一つとなった聖徒の光。
3つの光が一つになる―――子羊の婚宴(黙示19・9)

「それゆえ、人はその父と母を離れ、妻と結ばれ、ふたりは一心同体となる。」
この奥義は偉大です。
私は、キリストと教会をさして言っているのです。(エペソ5・31-32)

わたしと父とは一つです。(ヨハネ10・30)

聖とする方も、聖とされる者たちも、すべて元は一つです。(ヘブル2・11)

子羊の婚宴の時、3つの光が一つになる様は、計り知れない歓喜と言葉にならない喜悦に
震えることでしょう。栄光と賛美が雷のようにこだまして・・・。
天の軍勢に祝福されて・・・。
すべての苦悩も涙も忘れ去られて、顔と顔を会わせて主と一つになる喜びは・・・。
その日を待ち望みます。心から・・・。

私の妹、花嫁よ。
あなたの愛は、なんと麗しいことよ。
あなたの愛は、ぶどう酒よりもはるかにまさり、
あなたの香油のかおりは、
すべての香料にまさっている。(雅歌4・10)
     

>子羊の婚宴の時、3つの光が一つになる様は、計り知れない歓喜と言葉にならない喜悦に
震えることでしょう。栄光と賛美が雷のようにこだまして・・・。
天の軍勢に祝福されて・・・。
>すべての苦悩も涙も忘れ去られて、顔と顔を会わせて主と一つになる喜びは・・・。
その日を待ち望みます。心から・・・。

→いつもありがとうございます。
早くこのような日々が訪れるといいですね!

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

一つとなった聖徒

私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、
一つのからだとなるように、御霊によってバプテスマを受け、
そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。
                       (コリントⅠ12・13)

一つのからだとなるように・・・。

人間の身体は、多くの器官から成っている。

確かに、からだは一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。
                      (コリントⅠ12・14)
必要な各器官が調和して働き、一人の人間を造り上げている。
足、手、耳、目、鼻、・・・(コリントⅠ12・15~19)
全ての器官が必要。弱い器官もすべて必要。全てが分裂なく、
調和し、各部分が互いにいたわりあい、一つの身体を構成している。

もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、
もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。
                       (コリントⅠ12・26)
同一の御霊を飲んだひとりひとりの各器官が一つとなって
一つの身体となった聖徒。

天に帰った時、完全な一つの美しい最も調和されたキリストに似た身体となり、
キリストの花嫁として御前に立つことを赦されることは神の驚くべき憐れみですね。

この地上では目には見えなくても同一の御霊を飲んだ一つである神の子供とされたキリスト者。
誰かが苦悩の中にあるとき、涙の谷を通るとき、悲しみの中でもがいているとき、
祈りと慰め、励ましを通して互いにいたわりあうことを主イエスも御霊もどんなにか喜んでいることと・・・。

私たちが天で一つになると知れば、キリスト者の互いの愛がさらに増し加わり、
神に栄光を帰し、父なる神も主イエスも御霊も全てが喜びに満たされることだと思います。

いまだかつて、だれも神を見た者はありません。
もし私たちが互いに愛し合うなら、神はわたしたちのうちにおられ、
神の愛が私たちのうちに全うされるのです。(ヨハネⅠ4・12)


この第一コリントの箇所も好きなところです。
(^_^)v
(^_^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/53804550

この記事へのトラックバック一覧です: 米空母が無事ペルシャ湾入りしたが・・・:

« モサド暗殺部隊?とホルムズ海峡封鎖はレッド・ラインか? | トップページ | 沈黙を破りネタニヤフがついに吼えた »