2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« あのソロスが引退を表明? | トップページ | S&Pがアメリカ国債を格下げ~世界帝王登場の布石か? »

2011年8月 1日 (月)

アメリカ、デフォルト回避か?いや、結論はまだ早い?

UP DATE 8/2

債務上限法案がアメリカ下院を通過した模様。

何とか法案は成立しそうですね・・・とはいえ、株式市場は下げてますし、前途は多難のようです。ひとまずはデフォルト回避か。

シリアも一段ときな臭くなってきたし、要注意モードには違いないのでしょうかねえ?疲れる世の中です(涙;)

米デフォルト回避へ…下院、債務上限法案可決
読売新聞 8月2日(火)8時20分配信

 【ワシントン=岡田章裕】米連邦政府の債務上限を引き上げる問題で、米下院は1日夜(日本時間2日朝)、債務上限の引き上げと財政再建策をセットにした法案の採決を行い、269対161の賛成多数で可決した。

 上院での可決も確実。オバマ大統領が署名して2日に法案は成立する見通しだ。米国債のデフォルト(債務不履行)危機は、瀬戸際で回避されることになった。法案によると、2・4兆ドルの財政赤字削減策と同規模の債務上限引き上げを2段階にわたって実施する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ええ~、今朝一番でラジオで聞き、以下の報道を読みました。

デフォルト回避、オバマ米大統領が合意発表
2011年08月01日 11:08 発信地:ワシントンD.C./米国

【8月1日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は7月31日夜、議会指導部が、米国の債務不履行(デフォルト)を回避するための合意に達したと発表した。米国がデフォルトに陥れば世界経済に大混乱をもたらしかねなかったが、期限ぎりぎりでの合意となった。

 米ホワイトハウス(White House)で会見したオバマ大統領は、「(民主・共和)両党上下院の指導部が債務削減とデフォルト回避で合意に達した」と述べた。
米議会上下両院の指導部が、1日に法案の枠組みを議員らに示す予定。その後、法案の採決が行われる。

 オバマ大統領は、「(回避策が)すべて完了したわけではない。両党議員たちには正しい行いをしてほしい。数日内に行われる採決で一票を投じ、この合意案を支持してほしい」と議員に呼び掛けた。

 

米国の債務上限引き上げの期限は、現地時間3日午前0時(日本時間3日午後1時)。

(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2817420/7589607

これを受けて、日経平均はじめ、上海、ハンセン指数などアジア市場は上昇、円高も一服。
ところがまだ?結論を出すのは早いかもしれません。

米債務協議で「暫定合意」報道、ホワイトハウスは否定
2011年08月01日06時22分

提供:ロイター

 [ワシントン 31日 ロイター] 米ABCニュースは31日、米連邦債務をめぐる与野党協議が、債務上限引き上げと財政赤字削減に関するパッケージの枠組みで暫定合意したと報じた。

 ABCが複数の議会関係者の話を引用して伝えたところによると、債務上限は2012年の大統領選挙まで政府が資金を確保できるよう引き上げられる一方、今後10年間にわたって歳出を1兆ドル以上削減するほか、1兆ドル以上の追加赤字削減を勧告する新たな議会委員会の設置を盛り込んでいるという。

 ABCは、議会には31日午前に枠組み合意について伝えられる見通しだとしている。 

 ただ、ホワイトハウスの当局者は、合意は「まだ成立していない」と述べた。

http://news.livedoor.com/article/detail/5750030/

米下院民主党、債務合意を支持しない可能性=ペロシ院内総務
2011年 08月 1日 07:47 JST

[ワシントン 31日 ロイター] 米民主党のペロシ下院院内総務は31日、下院民主党が1日の会合で債務引き上げに関する合意を支持しないことを決める可能性がある、と明らかにした。
 同院内総務は記者団に「われわれは全員が合意を支持できない可能性がある」と語った。

Jpreuterscom

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22457920110731

* 蛇足ながらこのナンシー=ペロシ女史・・・イタリア系移民で、WITCH ≠ 魔女であるとの噂アリ(ホントかな?)

米債務上限引き上げられない場合の政府策、合意受け公表せず=財務省
2011年 08月 1日 11:34 JST

[ワシントン 31日 ロイター] 米財務省は、議会が債務上限を引き上げなかった場合の政府運営・支払い策について、公表する必要はないと決定した。

 オバマ大統領が債務上限引き上げ合意を発表したことを受け、財務省当局者は8月2日以降の財政計画を公表する必要はなくなったと述べた。

http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPJAPAN-22463720110801?mlt_click=Breaking+News_1243_headline+list_sec-priCon-m2-NONE_News

ソース元はすべてロイター伝です。
最後の記事など、どう読むか?意味深ですわね --;
「問題ないからそんなの必要ないよ」なのか?
それとも
「諸君、ついに実行の時が来た」
なのか?・・・

ここまで来ると、世界最高峰レベルの騙し合い、ペテン師たちの権謀術数をフル稼働させた総力戦とすら感じます。

結果、台本どおり回避となるのか?それともビッグ・サプライズがあるのか?
これまた私などの素人が解説を加えるのは野暮というもの・・・日本時間の3日昼ごろには判明するので、事態の推移を静観するしか手はなさそうです。

« あのソロスが引退を表明? | トップページ | S&Pがアメリカ国債を格下げ~世界帝王登場の布石か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、ザアカイさん。

デフォルト回避がなっても、普通ならば、いつ倒産してもおかしくない国の国債など買わないものですが・・・そこは、やはり日本が買うんでしょうね。
理由はともあれ、総額や期限に制限のない増税までするそうですから。
そして、それを元手にアメリカは戦争(おそらイラン相手)をやるのでしょう。
イラク戦争の時のように、日本は戦争のスポンサーです。
私たち、普通の国民は、そんなことをちっとも望んでもいないのに・・。

昔は、黙示録の7章にある、日の昇る方向からやってきた天使=日本と
思っていました。
でも、実際のこの国は、この国の中でしか権威を保てない人のためのアメリカの戦争への協力や、原発からの放射性物質などで「地と海と木を損なわせ」ています。
残念ながら、今は、エゼキエル書26章~28章に書かれた、ツロ(ティルス)に関する記述が、この国の行く末と考えています。

てぃしゅりさん、こんには。

てぃしゅりさんの予測、当たる可能性高そうですね。
日本の復興の為になど使われない・・・我々は属国日本として、とことんまで卑しめられるかもしれませんね・・・
昨日のNYも250ドル超の下げで12000ドルの大台割ったし、油断大敵と言ったところでしょうかねえ?
このままいじめ続けられて終わってしまうのか?ペテロやパウロ、極端な場合ですと、ヤコブ、ステファノの生涯が慰めです。

日本においてのリバイバルは本当にあるのだろうか?
サバイバルだけで終わってしまう可能性も無きにしも非ず・・・ですかね?


ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

>いや、結論はまだ早い

ノアに神さまが与えられた掲示・・・

わたしは今、いのちの息あるすべてのものを、天の下から滅ぼすために、
地上の大水、大洪水を起こそうとしている。(創世記6・17)

神さまは、「今」と仰せられましたが、実際はノアが箱舟を作り上げるまで
数十年後の実現でした。その間、くる日もくる日もノアは箱舟を造る単調な日々が続いていったでしょう。
その間、主は忍耐して待っておられました。

アブラハムにあった主の契約・・・

わたしは、あなたの子孫にこの地を与える。(創世記15・18)

サラが不妊の女で、主の約束が不可能と思われたとき、人間の力と知恵で
ハガルによって子孫を得ましたが、神の真実の約束は、老人になった夫婦によって子孫が与えられることでした。
神の契約の確かさは、どれほど時がたっても必ず成就し、またその不可能と思える時を主は選ばれて、
実現されたのは、神の時を待つ信仰を主は見ておられたのだと・・・。

シメオンにあった掲示・・・

主のキリストを見るまでは、決して死なない。(ルカ2・26)

彼の人生は、主を待ち望む人生。その願いは、主に届き、必ず主を見ると・・・。
けれどその時は、老人になり、いつその命が尽きるかもわからないぎりぎりの時・・・それは実現しました。

聖書が記す出来事は、どれも本当に長い時をかけて忍耐した末、成就しています。
時に、神の約束は、遅く遅く、とても遠く感じられます。

私たちの主の忍耐は救いであると考えなさい。(Ⅱペテロ3・15)

主の忍耐は、人間の忍耐の領域とはるかにかけ離れた深い思いをもたれておれるのだと思います。
一人でも滅びることを望まず、忍耐の限りを尽くして待たれておられるのだと・・・。
そのことを感謝して、待っていたいと思うのです。
主が私たちのために成された忍耐は、人間に対する愛ゆえ、恵みゆえ、憐れみゆえ・・・
忍ばれた過酷な苦痛だったことを思うと・・・。
感謝でいっぱいになります。

彼は痛めつけられた。
彼は苦しんだが、口を開かない。
ほふり場に引かれて行く子羊のように、
毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、
彼は口を開かない。(イザヤ53・7)

enjeruさん、こんばんは。

>時に、神の約束は、遅く遅く、とても遠く感じられます。

→仰るとおりで --;
ノア、アブラハム、シメオンにしてもそうでしたね。
神様とお付き合いするのも大変なのですよね・・・気長で忍耐強くないと勤まりません。

私が「キリストの再臨」を現実問題として意識し始めたのは2007年頃でした・・・
仮に10年としても2017年・・・7年であるならば2014年・・・まだまだ忍耐期間でしょうか?(涙;)

>日本においてのリバイバル
このリバイバルの根底には、日本人は、失われた10支族であるといった説があると思うのですが、私には、いわゆる日ユ同祖論がどうにもピンときません。
まず、以前の書き込みでザアカイさんが紹介しておられますように、旧約の聖櫃につきましては、ゴルゴダの地下にあるという説が、キリストによる贖いの意味を考えても、最も適切であると思います。
つまり、いくつかの書籍にあるような、日本のどこかに隠されているという話は、私には、どうしても???です。
次の、素朴な疑問が、もし日本人=ユダヤ人ならば、なぜ、そのままのユダヤ教が、日本で伝わってこなかったのかということです。ユダヤ人は巻き物にして教えを後世に伝えることができた民族です。
もちろん民衆すべてが巻き物の文字を読めたとは私も思っていませんが、いわゆる祭司階級はそれができたはずですから。
イスラエル王国では、異教の影響もあって、ユダヤ教が変質していたためということを理由にしている書籍もありましたが、エズラ書には、「彼らは、多くの異邦の民を離れて、人がまだだれも住んだことのない、ほかの地方にいくと決心した。彼らは、それまでいた地方では守ることのできなかった『掟』を、そこで守りたかったのである。」とあり、この「掟」が異教的に変質したユダヤ教を指すとは、とても思えません。
日本の行く末=ツロと思っている私は、クリスチャンの方々には、時が来れば神からの啓示が与えられ、出エジプトのごとく、この国を脱出するよう導かれ、新たな地で、地の塩、世の光となる使命があるのでは、と思えてなりません。
歴史が物語るように、この国の大地には、すでに充分に多くの露が含まれています。新たなステファノやヤコブは、沈むツロではなく、新たな土地で必要とされるのではないかと思います。

てぃしゅりさん、毎度です。
ダブってたので片方削除しておきました、ご了承の程を<(_ _)>

日ユ同祖論ですが、たとえばアカン=あかんわ~、コラ=こら~!とか(笑)、漢字とか、旧約との共通点、文化的相似点がありますが、これをもって日本人のルーツはユダヤ人だ~!とするには私も早計だと思います。
確かに、一部来ていたとしても不思議ではないでしょうが、基本、日本は多民族国家だと思います。その証拠に中国人、朝鮮人に比べ、モンゴル系、中国系、半島系、南太平洋系、東南アジア系、西アジア系と顔つきが多彩ですものね。私など中国人や朝鮮人はほとんど同じ顔に見えます(笑)
何事も思い込み激しく、狂信すべきではないと思いますね。
はっきりするまでは、あくまでニュートラルに行こうかと。

それを言うならば、DNA鑑定の結果、アシュケナジー・ユダヤ人が世界で一番パレスチナのスファラディー・ユダヤ人に近いということだそうです。

まあ、やっていることが世界の癌細胞で、悪魔的なので仕方がないのでしょうが、陰謀論者は「肌の白い偽ユダヤ人」と言いますが、ではカザール帝国で誰が彼らにユダヤ教を教えたのか?
黒海方面へカバリズム色の強いバビロンの異教的ユダヤ教を引っさげて、ディアスポラしてとしても何の不思議もないと私は考えます。
私は限りなく血は薄くても、ユダヤ人なのだろうと思います。何も一般的ユダヤ人まで、みんながワルじゃありませんし。
当然、少数派になったとは言え、正統派ユダヤ教徒もいるわけですしね。

日本にアークがあるなんて言っている人は、宇野正美氏をはじめ、私的には「無邪気な狂人」だと思ってます^^;
またあの人の場合、キリストの福音はほとんど語らず、もっぱらアークと古代ユダヤによる日本復活 --;・・・現世的な世迷い事ばかり語るので、基本知識を吸収した時点であの人には用なし --;

そもそもバビロンに攻撃され、エルサレムが陥落寸前のドサクサで、アークを日本にまで運べるわけなかったでしょう。それこそ当時における、世界最強の軍隊でも編成してシルクロードか海路で運ぶしかなかったでしょう、ユダ王国末期の国力からして、どう考えても不可能であったでしょう。
そしてエレミヤを見ればわかるように、ユダ王国が滅ぶなどと言おうものなら、国賊扱いされた時代。前もってアークを持ち出すことなどするはずがなかったと思います。
ましてや背教により、(一時的に)神に顔を背けられた民に奇跡など起ころうはずがなかったでしょう。
よって、エルサレム内のどこかと考えた方が合理的でもあると思いますね。

最後の論点の日本の行く末ですが、個人的な願望も込めて、その再臨直前のドサクサでもいいから、一人でも信じる人が起こされればと・・・

長くなってしまってスミマセン<(_ _)>
またお越しになってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/52364321

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ、デフォルト回避か?いや、結論はまだ早い?:

« あのソロスが引退を表明? | トップページ | S&Pがアメリカ国債を格下げ~世界帝王登場の布石か? »