2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 世界三大ホット・スポット | トップページ | 9月です~気になるニュースから »

2011年8月28日 (日)

ハリケーン「アイリーン」はNYシティに対する最終警告か?

約一週間ぶりの更新となります --;

NYはオカルト相場が続いてますし、ラマダン月間にもかかわらず、中東、北アフリカは相変わらず不安定。西側の偏向報道もあることで、カダフィがどうなっているのかいまいち把握できず、シリアにも火の粉が飛び火しそうです。リビアにしてもこのままスムーズに反体制派が権力を掌握するようにも思えず、もともと部族間の争いをカダフィが狂犬、じゃなかった --;強権でもって統治してきたわけでして、そういう意味では何となくフセイン時代のイラクをほうふつとさせますね・・・エジプトのようにムスリム同胞団の台頭じゃありませんが、イスラム原理主義者の台頭を招くこともありますし、内紛勃発、はたまたカダフィ一派の巻き返しとまだまだ不安定、結論を出すには今しばし時間が必要な気がします。

さて、数日前にアメリカのコロラド州(コロラドスプリングスは有名なオカルトスポット、デンバー国際空港には地下都市があるという噂)と東海岸(東部エスタブリッシュメントのフランチャイズ)でM5.2とM5.6でしたか?意味深な場所で地震があったかと思うと、ハリケーンが東部沿岸部を北上中、今頃おそらくNYあたりでしょう。

Photo

なんか竜巻注意報まで出ているようで --;

カテゴリー1となったようなので「たいしたことない」ような気もしますが、ちょうど満潮と重なるようで、降水量次第でしょうが、マンハッタン地区のウォール害が浸水被害ということも?月曜日、市場お休みなんてことにならなきゃいいですがね。

陰謀論的見地で見るならば、ジョン=コールマン・レポートがガセでなければ、ロシアにはアメリカ以上に高性能な気象兵器があるそうです。

リビア、シリアへの侵略に対する警告、報復だったりして?頭が陰謀脳のアホが言うたわ言だと思ってください --;

もしくは、神による最終警告か?などとも考えてしまいます。

黙示録18章の淫婦バビロンは

バチカン説とともに資本主義のシンボル、NYシティー説もありますしね。

ここで思い出すのが、NYのセント=ジョーンズ大聖堂ですね。これはカトリックではなく聖公会の聖堂ですがね。詳しくは下記URLを参照ください。

http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=973019

邪悪な場所、セント・ジョーンズ大聖堂

いくつか画像をお借りしたいと思います。

20091006_2938248

ツインタワーが崩壊している

上の場面は、ツインタワーが崩壊する4年前の1997年に彫刻された。他にもクライスラー・ビルディング(Chrysler Building)やシティグループ・センター(Citigroup center)などの摩天楼が確認できる。

20091006_2938249

破滅的なニューヨークの光景

上の場面は、ニューヨークに住む人々を不安にさせるかもしれない。ブルックリン橋(Brooklyn bridge)が崩壊し、車やバスが波立つ水の中へと落下する様を我々は見ている。右側の自由の女神(Statue of Liberty)は、水没しているかのように見える。この恐ろしい予言の真下には、人々が財貨を取引しているニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、今回のハリケーンでこうなるとは思いませんが、サタンからのインスピレーション?とも思える邪悪な光景です。神はこのような行為を世の終わりにおける裁きとしてお許しになるのだろうか・・・?

また昨日収集した情報です。↓

フェルドシュタイン教授:米リセッション入りの可能性は50%超える

米ハーバード大学のマーティン・フェルドシュタイン教授(経済学)は、米経済はリセッション(景気後退)に再び陥る可能性があり、生産と雇用がさらに落ち込む公算が大きいとの認識を示した。同教授は26日、ワイオミング州ジャクソンホールでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「私の基本的予想では、リセッション入りの可能性は50%を超える」と説明。「容易にリセッションに陥り得ると考える」と述べた。
  同教授はまた、成長押し上げに向けて連邦準備制度理事会(FRB)にできることはほとんどないため、追加刺激策を打ち出す可能性は低いだろうと予想。バーナンキFRB議長によるこの日の講演は、行動に向けた「素晴らしい計画などはない」ことを示唆していると述べた。【ブルームバーグ 08:57】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、この先にある最大のリスクはやはり戦争でしょう・・・クラウゼビッツの言葉から~

ドイツの軍事戦略家であったクラウゼビッツ(1789年~1831年)は、「戦争は政治の他の手段による継続である」と語った。
欧米が政治的な行き詰まり状況にあると思われる今、彼のこの言葉は再びそれが真実であることを証明するかもしれない。
 クラウゼビッツは以下のように語っている:「戦争は政治の他の手段による継続である」。超リベラリズムの銀行家らとネオコンは戦争を経済政策の普通の道具としてしている。国債危機とリセッションは従ってプレリュードに過ぎない。

う~む?こうして見てくると、今回の地震、ハリケーン「アイリーン」の動きは天からの警告メッセージのように感じなくもないのだが??

34rhzc0

最後におまけ。

ブルックリン、ブロンクス、クイーンズと来ると思い浮かべるのがBBQバンド。私は若い頃、ファンク・ミュージックが好きでした・・・今でも好きで困ったものです^^;

良い子のクリスチャンにはお勧めできませんが --;

ヤクの売人みたいなのが集まった黒人バンドです・・・やはり私の役割は反面教師か(涙;)

« 世界三大ホット・スポット | トップページ | 9月です~気になるニュースから »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

アメリカのハリケーン・・・何とか過ぎ去ったようですね。
甚大な被害にならなくて感謝です。

自然の猛威の前に人間の力は、なんて小さいのでしょう。
普段は強欲な腹黒い人間も、あるいは善良な人間も
等しくその自然の前から、逃げ去らないといけませんね。

神の偉大な力・・・悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、
           正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださる方。(マタイ5・45)

日本に向かって来る台風から、皆さまが守られますように~!

私たちの救いの神よ。
あなたは、恐ろしい事柄をもって、
義のうちに私たちに答えられます。
あなたは、地のすべての果て果て、
遠い大海の、信頼の的です。
あなたは、御力によって山々を堅く建て、
力を帯びておられます。
あなたは、海のとどろき、その大波のとどろき、
また国々の民の騒ぎを静められます。
地の果てに住む者も
あなたの数々のしるしを恐れます。
あなたは、朝と夕べの起こる所を、
高らかに歌うようにされます。(詩篇65・5-8)

enjeruさん、毎度さんです。

神の偉大な力・・・悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださる方。(マタイ5・45)

まさしく真理ですね。
クリスチャンになったからって、急激に暮らし向きが良くなるわけじゃなく、病気しなくなるわけでもない、事故起こさないわけでもない、目の前の信号がすべて青になるわけでもありませんしね・・・

その時が来るまでは、祝福あれば、苦難ありで、表面上この世の人と何ら変わらない。
ただ、イザと言う時の頼れるお方がいるというのはキリスト者の特権だと思いますがね。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

台風、いよいよ日本に上陸する可能性が高いですね。
大型の台風ですので、災害から皆さまが守られますように・・・。

津波が襲った時、多くの人々が
家、車、船、・・・あらゆる物を巻き込んだ泥水の中に投げ込まれ、
助かった人の話によりますと、
泥水を飲んだ人もいたそうです。

神よ。私を救ってください。
水が、私ののどにまで、はいって来ましたから。
私は深い泥沼に沈み、足がかりもありません。
私は大水の底に陥り
本流が私を押し流しています。(詩篇69・1-2)

黒く渦巻く泥の中に沈み、もがき苦しむ時、
人は神に助けを呼ぶ以外手立てはないと。

大水の流れが私を押し流さず、
深い淵は私をのみこまず、
穴がその口を
私の上で閉じないようにしてください。(詩篇69・15)

全ての人の心には、黒く渦巻く泥水が後から後から湧き出ています。
その泥水は、人の魂を暗い闇の底に沈めようと・・・。
それゆえ人は、そこから這い上がろうともがき、
助けを求めています。

キリスト・イエスの贖いの血が泥水に落ちると、
たちまち黒く濁った泥水は、
澄み切った透明な潤いのある生命をはぐくむ水へと・・・。

その水は乾くことなく、喜びをもたらし、
永遠へと繋がっています。
ただ犠牲の血の力によって、
もたらされた浄化の恵み。

泥水の中でもがいている方々が
主イエスの「助け」を信頼することができますように。

わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、
その人の心の奥底から、
生ける水の川が流れ出るようになる。(ヨハネ7・38)

enjeruさん、毎度さんです<(_ _)>

いつも思うのですが、聖書に精通してますね!
詩篇の箇所、開いてみたらしっかり赤線引いてあるのですけど・・・読んだ記憶はあれど・・・頭にインプットされてませんでした(^^ゞ

昨日でやっと!旧約5回目通読が終わりました^^;
旧約を読破するのは至難の業ですね。もっとも初めて聖書を通読したのが2000年ごろでしたから。

新約はプラス3で8回くらいは通読していると思うのですが、なんせ、10回以上読んでいるのは、ダニエル書と黙示録のみ(笑)、あとマタイ伝くらいですか?偏ってますね --;

生きているうちに聖書は最低15回読め。と、誰かに聞かされました。どうも最近は、読む箇所を選んでしまい・・・ダメですねえ~

やはり、様々な要素があるかと思いますが、我々は、胡散臭い予言でもなく、聖母が語った幻視でもなく、聖書を第一義的な基礎として歩んでいきたいですね。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

>聖書を第一義的な基礎として歩んでいきたいですね。

聖書には、全ての真理が書かれてありますね。
神の言葉は人の魂を関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通す力。
御言葉に親しむことは本当に感謝なこと。

モーセが苦役に苦悩しているイスラエルの民を
エジプトから脱出させた時・・・
モーセは紅海の海辺で両手を海の上に差し出すと
主は一晩中、強い東風で海を退かせ
海を陸地とされました。(出エジプト14・21)

あなたの鼻の息で、水は積み上げられ、
流れはせきのように、まっすぐ立ち、
大いなる水は海の真中で固まった。(出エジプト15・8)

主が救いの凝縮された御力を現わされる時、
自然の法則を打ち壊し、救いの道を備えられます。

両脇で壁となった海水の真ん中の乾いた道。
大勢のイスラエルの民は、その救いの道を
後ろから主が押されるように・・・足早にその道を通って行きます。
老人、子ども、妊婦、赤ちゃん、病人・・・牛、やき、羊・・・大行進。
皆、互いに支えあって先へ、先へ・・・。陸地へと~。

後から追いついたエジプト人が乾いた道を通ると、
主の御手が海を元に戻し、彼らは飲み込まれてしまいました。

信仰によって、彼らは、かわいた陸地を行くのと同様に
紅海を渡りました。
エジプト人は、同じようにしようとしましたが、
飲み込まれてしまいました。(ヘブル11・29)

神が提供された偉大な救いの御業
              救いの道
              救いの力。

汚れた者は通れない。汚れた者には閉じられた道。

そこに大路があり、
その道は聖なる道と呼ばれる。
汚れた者はそこを通れない。
これは、贖われた者たちのもの。
旅人も愚か者も、これに迷い込むことはない。
そこには獅子もおらず、
猛獣もそこに上って来ず、
そこで出会うこともない。
ただ、贖われた者たちがそこを歩む。(イザヤ35・8-9)

天国へ真っ直ぐ続くこの道を大勢の人々が通れますように~!

チャールトン=ヘストン扮する映画「十戒」のあのシーンが脳裏に甦ってきますね。

イザヤ35章の箇所から私は次の箇所を連想しました。

不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ」。
「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。
わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。
いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。
犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。
わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」。
御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。かわいている者はここに来るがよい。いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。

黙示 22:11~17

黙示録はおどろおどろしい聖書には似つかわしくない偽書だと言う人がいますが、トンデモありません、これがなければ完結はあり得ず、その本質はあらゆる希望の終着駅と言うのが、私の理解です。

これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。
主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。

同 22:20~21

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

マタイ27章から~

顔につばきをかけられた主イエス。
こぶしで殴りつけられた主イエス。
平手で打たれた主イエス。

「当ててみろ。キリスト。あなたを打ったのは誰か。」
ののしられた主イエス。

むち打たれた主イエス。
いばらの冠を頭に被らせられた主イエス。

「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」
からかわれた主イエス。

葦の棒で頭をたたかれた主イエス。

十字架に釘付けにされた主イエス。

「神殿を打ち壊して、3日で建てる人よ。もし、神の子なら、自分を救ってみろ。
十字架から降りて来い。」
十字架上であざけられ、ののしられた主イエス。

大声で叫んで、息を引き取られた主イエス。
3日目によみがえられた主イエス。

主イエスが受けられたあらん限りの冒涜・暴力。
受けられた傷、流された血。

全て私の罪のため。
全てあなたの罪のため。
全人類の罪のため。

罪の赦しは、死から命へ、
滅びから永遠へ・・・。

主の愛ゆえの身代わりの死に感謝。

彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、
私たちの咎のために砕かれた。
彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、
彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。(イザヤ53・5)

enjeruさん、こんにちは。

主イエス・キリストによる罪の購い・・・これらの箇所を読むにつけ、尊い、何ものにも変えられない、他の誰にも出来ない事であったのだなと実感します。

復活、再臨も大事ですし、終末を意識するのも大事でしょうが、原点はやはりここですね。
これがなけりゃ何も始りませんからね!

アーメンです<(_ _)>

米国で新種の豚インフル、子ども2人が感染=CDC.ロイター9月3日付。ザアカイさんこのニュースを聞いて嫌な予感がします。これはヒトからヒトへ空気感染するあの新型インフルエンザに変異する可能性を私は危惧しています。ザアカイさんもしこれが本当に新型鳥インフルエンザなら大変な事になります。多くの人々が犠牲になります。ザアカイさん私はもうヨハネの黙示録で天使が7つのラッパを吹くとありますがもう鳴っていると私は確信しています。今現在既に世界恐慌に入っていつろいうのが私の認識です。中東のリビア情勢も第三次世界大戦の前哨戦だと私は見ています。私は何が起きても心が平穏にと信仰を深めたいと思いますがなかなか今の世の中では難しいですね。ザアカイさんに祝福あらんことをイエス様にお祈りいたします。

濫山珈琲さん、こんばんは。

アメリカでの豚フルニュースですね・・・軽く受け流しましたが、感染力と強毒性が備わっているとすれば・・・とんでもないことに。
もしそうであるなら、ロス・アラモス研究所あたりで作られた人工ウィルスなんでしょうが、注意して見ていく必要があるかもしれませんね。

人によってはサブプライムローン危機の2007年に既に世界恐慌入りしているとするエコノミストもいますよね。私もまだ本番入りしてないだけで実感としてそう感じます・・・あれから4年経ってますけど、第二次世界大戦前と比べ時代のスピードが早いことを考えるに、41-29=12年→第二次大戦まで。

半分として6年・・・そろそろ世界恐慌本番入りして第三次世界大戦へと続いても驚きません・・・

ちなみに私がまず初めに読破した聖書箇所が「ヨハネの黙示録」なんです --;
読み重ねるうちに、研究というほどのモノでもありませんが、時を経るうちに霞が薄れてきたような気はしますが、まだまだわからないことだらけです(涙;)

とある、自称終末の二人の預言者のスポークスマンという方は2008年の12月に第一のラッパは鳴っていると豪語してますが、私としては確信持てないでいます・・・まだだとは思いますけどね。
けど決してそう遠くないうちに鳴るのでは?とは思ってます・・・これまた拙い何の賜物も持たない一個人としての限界を嫌というほど感じさせられますがね。

>私は何が起きても心が平穏にと信仰を深めたいと思いますがなかなか今の世の中では難しいですね。

→同じです。
私もソロモンじゃありませんが、神が「望むもの一つ授けよう」との問いかけに対し、真剣に考えたことがあるんですよ(笑)
その結果が・・・笑わないでくださいね^^;

「どのような状況に置いても、たとえ天地が滅びようとも、決してうろたえず、逆境に立ち向かえるだけのあなた様における知恵と勇気に満ちた強き心をお与え下さい」という落とし所に至ったんです。

でもなかなか与えられませんね・・・弱い一匹の羊のままですよ。

尊きお祈りありがとうございます。
濫山珈琲さんに平安がありますように。

I guess finding uesufl, reliable information on the internet isn't hopeless after all.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/52589700

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン「アイリーン」はNYシティに対する最終警告か?:

« 世界三大ホット・スポット | トップページ | 9月です~気になるニュースから »