2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« かみ喰らうイナゴ | トップページ | 世界大恐慌本番の影 »

2011年7月10日 (日)

ジョン=タイターと近未来日本地図

皆さん、ジョン=タイターなる人物を覚えておいででしょうか?

確か2007年頃でしたでしょうか?ジュセリーノと双璧をなした予言者で、おそらくはNWO陣営がプロデュースしようとしたが、あまりにも予言者としてはお粗末、役不足であったため、お役ゴメンで用ナシとされた人物であったことでしょう。

しかしながら、どちらかと言うと、「未来からタイムトラベルしてやってきた」というキャッチフレーズのジョン・タイターと言う男・・・北京オリンピックが中止になるとか、コンドリーサ=ライスがアメリカ初の女性大統領になるとか・・・見事に未来からやって来たにもかかわらず?予言を外しまくり、その正体がペテン師であることを曝け出した訳ですが(未来からやって来た人間が予言を外すわけがなかろうに!理論的にはあり得ない。それにもかかわらず未来からやってきたと信じている救いようのないアホ、ニューエイジャーがいますが --;)、この男の予言・・・無視できないのもいくつかあるのは事実です。

私の見立てでは、NWO陣営の創り上げたファンタジー、計画のリリース役としての架空の人物であると見ます。

さて、ここにそれなりに知っている方は多いと思いますが、ジョン・タイターが示した2020年の日本地図なるものがあります。ちなみに私は二人の人物から教えていただきました。

以下がその地図です。

6e6a168e

日本が三分割されてます。

この地図から読み取れることですが

① 東日本大震災が人工的、計画的であった可能性。

② 福島第一原発事故の収束が不透明である可能性。

③ 日本が(聖書的には中国)に占領される可能性。

といった事柄でしょうか?

それにしても、何という邪悪な・・・人間とはここまで冷酷無比になれるものか?否、その背後にサタンの霊が蠢いていると考えるならば、別に不思議でも何でもないかもしれませんが。

ちょっと小耳にした「生の声」ですが、某T原発勤務の技術者の話です。もちろん、あくまで一つの見解としてですが。私としては外れることを願います。

「福島第一原発は良くて現状維持、これ以上悪化するのを防ぐのが精一杯かもしれない。」との弁・・・

じわりじわりと、ねちっこく、真綿で首を絞めるように・・・緩慢なる人体実験毒殺戦法とでも言いましょうか。ある意味、チェルノブイリより性質が悪いかもしれません。長期戦になるでしょう。現場作業員も足りるのか?そうしているうちにも空間線量はなんとか許容範囲内の地域においても、土壌汚染、海洋汚染が進み、第一次産業は壊滅状態になってしまうリスクもきわめて高い。

福島第一原発近隣の方々は気の毒ですが、もう二度と戻れないかもしれない・・・かく言う私も政府管理=立ち入り禁止区域内に住んでます・・・しかも距離こそ120キロ以上離れていても、風向き、潮の流れから言っても福島に次ぐ要注意地区 --;

関東、東北の人間にとっては「悪い冗談だ」と一蹴することは決して出来ません。認識の差はあれ、身を持ってその恐怖を体験したはずですから。

問題はそんな時どうするかですが、これまた個人によって価値観は違ってくるでしょう。はっきり言って、人智を超えた未体験ゾーンとも言えます。

わたしは常に主をわたしの前に置く。主がわたしの右にいますゆえ、わたしは動かされることはない。このゆえに、わたしの心は楽しみ、わたしの魂は喜ぶ。わたしの身もまた安らかである。

あなたはわたしを陰府に捨ておかれず、あなたの聖者に墓を見させられないからである。 あなたはいのちの道をわたしに示される。あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある。

詩篇 16:8~11

たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。

詩篇 23:4

またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたは、「忠実で真実な者」と呼ばれ、義によってさばき、また、戦うかたである。 その目は燃える炎であり、その頭には多くの冠があった。また、彼以外にはだれも知らない名がその身にしるされていた。

彼は血染めの衣をまとい、その名は「神の言」と呼ばれた。そして、天の軍勢が、純白で、汚れのない麻布の衣を着て、白い馬に乗り、彼に従った。

その口からは、諸国民を打つために、鋭いつるぎが出ていた。彼は、鉄のつえをもって諸国民を治め、また、全能者なる神の激しい怒りの酒ぶねを踏む。 その着物にも、そのももにも、「王の王、主の主」という名がしるされていた。

黙示 19:11~16

ここまで来たら根競べ。その厳しさゆえ、心がくじけそうになるかもしれない。それでも、たとえこの世の生涯においてタイムラグがあり、肉が滅びようとも、私はこの約束に賭けたいと思います。

« かみ喰らうイナゴ | トップページ | 世界大恐慌本番の影 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、みなさん、こんばんわ。
②番のようなるちゃんです・・・?

信仰がなかったら、生きていくにはあまりにも過酷な時代に突入しましたね。
こうなったら神様のご介入を心から待ち望みます。
人間の手には負えそうにないですね・・・
リバイバルは一種の裁きです、でも「憐みの裁き」です。

るちゃん、クリスチャンじゃなかったら、引っ越してたかも・・・
茨城県でさえイヤだもんね。
(この前の東海村原発の火事騒ぎはなんだったのかな・・・?)
でも今はここに留まって祈っていこうと思います。

ザアカイさんがソコにおられること、いつも心強く思っています。

るちゃん、こんにちは。

>信仰がなかったら、生きていくにはあまりにも過酷な時代に突入しましたね。
こうなったら神様のご介入を心から待ち望みます。

→はい、まったく同感です。
今でも私、犬の散歩の時、ガイガーカウンター引っさげて外出してますが、屋内では空間線量0.09以下ですが(もっとも0.09以下は計れませんので0.09です --;)、屋外は半径1キロ圏内でも0.12から、木が生い茂ってじめじめしてそうな場所だと0.21くらいありますよ。近場でもまちまちです。
0.43マイクロシーベルト/hを計測した生活用水の掃き溜めのどぶ川沿いは二度と行きません --;

原発内でのちょっとしたトラブルは、今までもしょっちゅうみたいですよ。表に出ないだけみたいです。決まり文句は「たいしたことない」・・・ --;

私も今はまだここで生活するしか選択肢はありません・・・被曝して死ぬ前に野垂れ死にしちゃいますので(涙;)
必要とあらば主が備えてくれるかもしれないし^^;

●ジョン・タイターの予言 ●

2008年 北京オリンピック中止/ 平成関東大震災(世界恐慌のはじまり)/アメリカ全土内戦状態
2009年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻/アメリカ合衆国初の女性大統領
2010年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本併合化
2011年 アメリカ合衆国政府解体

みごとなまでに、
ことごとく外れているんですけど。

はい、見事なまでに外しまくってくれてます(笑)

ま、今回のエントリーは予言の信憑性云々ではなく、見方の次元を変えて、NWO陣営の計画のリリースとして、この地図に関しては、まんざらでもないということで違った視点から描いてみたまでです。
そういうことでご了承ください<(_ _)>

2011年現在
平成関東大震災(世界恐慌のはじまり)/アメリカ全土内戦状態
これとほとんど同じことが現在起きていますね。
(平成関東大震災ではなく、東日本大震災でしたが。)

今年と同じ出来事が2008年に起きれば、
本当の予言者だと思われたかもしれませんね。

示唆深い分析ありがとうございます。
ええ、その可能性は十分ありましたね。

失礼します、自分はジヨンタイターの日本語版の本を持っていますが
どこにも、日本列島の支配地図を語った箇所がありません
それとも、自分が見落としたかもしれませんが

ご存知でしたら、何ページにこの日本地に付いて
書いてあるのか教えてください

コメントありがとうございます。
震災後、ネット上で見つけたもので、申し訳ありませんが本の内容はわかりません。

このようなエントリー書いていて言うのも変なのですが、私、ジョン=タイターを1%ほども信用しておりません。
タイターはNWO陣営が創作した人物では?とも考えます。
ですので、このような計画が存在していたかもしれない?とは考えます。
東日本大震災がもし本当に人工地震であったならばなおさらでしょう。

そういうわけでご了承ください。

計画の吐露で、実現したら大衆洗脳のツールになりますね。
中丸薫氏も岡山に引っ越したそうですね。

tkさん、コメントありがとうございます。
中丸女史は岡山に引っ越したんですか。

個人的にはこのような邪悪な計画、実現しないと思いたいですけどね。

今更ですが、ジョンタイターが主張する理論によると世界線という概念があり、彼がタイムトラベルした事によって世界線が分岐してパラレルワールドが発生するので未来から来ても予言が当たらない可能性もあるとのこと、理論的にも理にかなっています

彼の世界線では東北地域の放射能汚染がこの世界線よりも深刻な事態になったのかもしれません

技術的には出発した世界線に近い世界線(ズレが少ない)に帰還する事が可能で彼は第三次世界大戦(核戦争)が起きた後とされる自分の世界線に近い未来に帰っていったようです

また、我々にとって現実とされる世界腺では未来泳法タイムマシンが実用化されない可能性があり、この世界腺の未来から未来人が来ることはないということが考えられます

解説ありがとうございました。

なんだかなー

その手のジャンルSFの約束事も知らないのに、大真面目に論じてもしょうがないっすよw
トリック主体の推理小説で刑法を論じるようなもの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/52172507

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン=タイターと近未来日本地図:

« かみ喰らうイナゴ | トップページ | 世界大恐慌本番の影 »