2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ちょっと息抜き~2 | トップページ | ちょっと息抜き~3 »

2011年6月23日 (木)

ネブラスカ州の原発~フォート・カルフーン、クーパー

日本の福島第一原発も汚染水浄化装置のトラブル続きで、先の見えない終わりなき戦いの様相を呈し、相変わらず大変な状況のようですが(泣きっ面に蜂のように、「もんじゅ」でもトラブル解消に向け回復作業が本日始まりました・・・これまた非常にリスクの高い作業のようです)、続く時は続くものです。アメリカのミズーリ川の氾濫、洪水で、ネブラスカ州のフォート=カルフーン、クーパー原発もトラブル発生中のようです。様子を見てましたが、少し秘密のベールが剥がされているかも?しれません。

Usordersnewsblackoutovercrippledneb

「レベル4」とのことですが本当のところどうなのか?私などにわかろうはずもありませんが・・・

参考記事として ↓ をざっと読んだところ

http://nation.com.pk/pakistan-news-newspaper-daily-english-online/International/18-Jun-2011/US-orders-news-blackout-over-crippled-Nebraska-Nuclear-Plant-report

「The Nation」

英文記事ですが、それほど難しくないので大体の内容は把握できます。
これらの内容の信憑性が高いとすれば、かなり危機的な状況のようです。
ただ、ロシア連邦原子力局(FAAE)のレポートなので、割り引いて読む必要があるかもしれません。

なんでも使用済み核燃料プールで冷却用電源が喪失し、メルトダウンのリスクが高いとか?
そしてネブラスカ州最大の都市、オマハまで20分の距離(車でということか?)だそうで。原発上空は飛行禁止のようですね。
おまけに報道管制が敷かれている模様。これは万国共通のようで、対岸の火事だと遠慮なくその対応のまずさに対する批判の集中砲火をこれでもかというほど浴びせますが、イザ自分の身に火の粉が飛んでくると、どうしても隠したがるんですね・・・チェルノブイリの時もそうでした。ヨーロッパで放射能が検出されて隠し切れずに渋々と --;

私個人のポリシーとしては福島原発事故に対する姿勢同様、必要以上にヒステリックになり、危機を煽るのは本意ではありません、かと言って、能天気に構えるのも愚の骨頂。

我々の運命など自分自身を含め、誰にもわかろうはずもありません。最終的には

主が与え、主が取られたのだ。

ヨブ 1:21

ということではないでしょうか。チェルノブイリの避難地区内でも、ある敬虔なクリスチャンの土地は汚染されることなく、野菜が取れるという報告もあります。信じるかどうかはご自由に。

そもそも安全な原発などあるはずもなく、核=原子力を人間の手でもってコントロールできると考えること自体傲慢であって、人間本来の生まれもっての罪=原罪であり、バベルの塔であるわけなのです。

女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。

創世記 3:6

ということなんでしょうね。
まんまと人類はふたたびエデンの園でエバがサタンに惑わされ、騙されたように、現代においても性懲りもなく誘惑に駆られ、騙されたというところなんでしょう。

おそらくですが思うに、黙示録の時代に片足を突っ込んでいるような気がしてなりません。まだプロローグ段階なのでしょうけど。

ただ私は、神ご自身が創造したこの地を、限定的な放射能汚染は許されるかもしれませんが、核、放射能によって人類が滅亡するまで放って置くとも思えません。そして再び時が来れば、主自ら浄化されることでしょう。

そうして考えてみると、我々に残された時間はそれほどあるとも思えない。
私は「命預けます」で行くつもりです。もちろん出来ることはやるべきです。しかしながらこのレベルになると、我々に出来ることなどたかが知れています・・・最後は神と自分自身との関係、今こそ我々はへりくだり、自分を含め人類のやってきたことを再検証すべき時なのだと思う。

これだけ原発事故が続くのは(NWO陣営の計画の実行という見方も出来るかもしれませんが)、何らかの、しかも最後通牒としての警告とも言えるかもしれません。

それにしてもあまりにも情けなくて泣けてきます。自分を含め、我々人類の愚行をお許しくださいと・・・ただただ憐れみを請うばかりです。

最後にもう一つ。これらの原発事故ですが、手段であって目的ではないかもしれない。ではその目的とは何か?そう、世界統一宗教、世界統一政府、世界統一通貨へと向けてのオプションの一つ。その他テロカード、金融危機カード、中東動乱カードなどなど。

そして世界帝王=反キリストの登場となるのでしょうか・・・

« ちょっと息抜き~2 | トップページ | ちょっと息抜き~3 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

暑い日が、突然やってきて真夏の高温に突入・・・。
熱中症で亡くなられた方もおられるとのこと。
皆さまの身体が、守られますように祈ります。

先日、デパートでおばあちゃんの背中におんぶされた生後2ヶ月の赤ちゃんを見ました。
あまりに小さな命が、全身を委ねてスヤスヤ寝ている姿にほほえましく感じました。

肉の子・人間の子として誕生した時、母の胎内で羊水という完全な安心の守りの中から、この世へ自然の摂理によって生まれ、ただちに肺が活動を始め、自発呼吸を開始し、これからこの世を生きる証のごとく、全身全霊で力を振り絞って大声でなく産声。

私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、
私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。
あなたの目は胎児の私を見られ、
あなたの書物にすべてが、書きしるされました。(詩篇139・15-16)

聖書は言います。

「まことに、まことに、あなたに告げます。
人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」(ヨハネ3・3)

人が主イエスを信じた瞬間、死んでいた霊が生き返り、新しく霊が生かされ神の子として誕生します。
その人が、若くても老人であっても、健康な人であっても病人であっても
新しく神の子として誕生します。
人にとって何をさておき大切な重要事項は、
新しい創造です。(ガラテヤ6・15)

神の子となる新しい創造を多くの人が受けますように祈ります。

あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、
朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、
神のことばによるのです。(Ⅰペテロ1・23)

enjeruさん、いつも書き込みありがとうございます。
実は・・・最高気温34度からいきなり!最高気温20度まで急降下が二日続き、鼻かぜをひいてしまいました、ノドがいがらっぽいです。
かと思いきや、再び30度超 --;
放射能で免疫力が低下しているのかも^^;

本当の意味での新生、今はまだ仮の姿の新生といってもいいかと。
待ち遠しいですね。

Heck of a job there, it asblutoely helps me out.

Your answer was just what I neeedd. It’s made my day!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/52025401

この記事へのトラックバック一覧です: ネブラスカ州の原発~フォート・カルフーン、クーパー:

« ちょっと息抜き~2 | トップページ | ちょっと息抜き~3 »