2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« クオ=ヴァディス | トップページ | ニュー・カマー・コンスピレーション~サイバー=テロ »

2011年6月 6日 (月)

CERNとイワノフ=ロシア副首相発言から

今日は久しぶりに注目した記事ありで、ちょこっと書いてみようと思います。

チュニジア、エジプトから始まり、今最も激しいのが、リビア、シリア、イエメン。ヨルダン、バーレーンあたりも要注意。何も共和制国家に限った事ではなく、王政国家も安泰ではない。その最たるものがヨルダン、バーレーン、イエメンの先にあるサウジアラビア。ここで何かあった場合は、激しくアラブは揺るがされることでしょう。
当然、最終ターゲットはイラン。ゴラン高原でも、シリアのデモ隊に対するイスラエル軍の発砲があり、多数の死傷者が出た模様です・・・相変わらず火薬庫です。

これらにプラスして、米欧日の経済も揺らいできてます。加えて、アイスランド、チリでの火山の爆発 --;
何も危機的状況にあるのは地震、津波、放射能でやられた、否、やられ続けている日本だけじゃありません。

と、ざっと今の状況を総括したところで本題。
今日のフォーカスすべき論点は二つ、二本立てで行きましょう。

反水素原子を16分以上閉じ込め、宇宙の謎に迫る CERN
2011年06月06日 10:28 発信地:パリ/フランス

【6月6日 AFP】欧州合同原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)の国際研究チームは5日、反物質の一種である「反水素原子」を世界最長の16分以上(1000秒間)閉じ込めることに成功したと、英科学誌「ネーチャー・フィジックス(Nature Physics)」(電子版)に発表した。宇宙誕生の謎に迫る発見だ。

 約140億年前のビッグバンの瞬間、物質と反物質は数の上で均衡を保っていたと考えられる。粒子と反粒子が衝突すると小さなエネルギーが生じて互いに消滅することから、この均衡が保たれていたならば、宇宙は存在していなかった。宇宙、そしてそこに住むわれわれが存在できているのは、何らかの理由で物質が反物質より優先されたためなのだ。そして反物質は今や、極めて希少な存在となっている。

 この物質と反物質の数の不均衡は、素粒子物理学における最大の謎の1つだ。CERNが行っている水素原子の低エネルギー実験で今回、反水素原子を16分以上閉じ込められたことで、反物質の謎の解明が大きく前進することが期待される。

(c)AFP/Marlowe Hood

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私、物理面はまったくの素人なので多くは語れませんが、反物質・・・この単語を知ったのは何を隠そう、ハードボイルド・アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のテレサでした --;
何でも触れ合うことが出来ない、触れたら最後、大爆発を起こし消滅する・・・
これが「反物質」と理解してますが正しい認識かどうか?詳しい人いたら教えて下さい。

どうもウラ読みしてしまう私にあるのは、このような報道がなされるということは、既に反物質をコントロールして兵器転用の技術を確立しているのではないか?という懸念です。否、原発、核と同様、コントロールしている「つ・も・り」なんでしょう。まさしくサタンのリーザル・ウエポン、札束と暴力の最終兵器の両輪。

個人的には聖書の中に「CERN」らしき記述は見出せないのですが、ひょっとしたら人類史上最大の脅威となるかもしれません・・・とにかく謎が多く、何やっているかわからない。物理化学面における人類の進展の為などおそらく口実、真っ赤な嘘でしょう。EUの手の内にあるというのも、何か引っかかります。

さてもう一本。

ロシア副首相、リビア地上戦に懸念
2011年06月05日 18:42 発信地:シンガポール/シンガポール

【6月5日 AFP】北大西洋条約機構(NATO)がリビアでの軍事作戦で攻撃ヘリの投入に踏み切ったことを受けて、ロシアのセルゲイ・イワノフ(Sergei Ivanov)副首相は5日、シンガポールで開かれた安全保障のフォーラムで、リビアで陸上戦が始まる恐れがあるとの懸念を示した。

 イワノフ氏は「いまや(NATOは)地上の目標に攻撃ヘリを使っている。私見ではこれは地上作戦の一歩手前だ」と述べた上で、国連決議は地上作戦を意図していないと指摘した。リビアの民間人保護を目的に採択された国連決議は、リビア上空の飛行禁止空域の設定などを容認したが、地上部隊の使用は禁止している。

 NATOのリビア攻撃に参加している英国とフランスは4日、リビアの最高指導者ムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の部隊を初めて攻撃ヘリで攻撃していた。

(c)AFP
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やはりリビアとロシアの動向からは目が離せません。
このセルゲイ・イワノフという男・・・メドベージェフと並ぶ、プーチン後の大統領候補の一人でした。北方領土関連でも最近、名前が出てきますね。
ロシア問題専門家の間では、旧KGB出身者の牙城、シロビキ=武闘派と呼ばれる派閥の幹部で、プーチン以上の切れ者だとする評価すらありました。なんでも権力を失うのを恐れたプーチンさんがイワノフではなく、組し易く、コントロール可能で自身の失脚の恐れのないメドベージェフを後継に選んだとする分析も当時ありました。

Images

確かにインテリっぽく、底が見えないような男にも見えますね。ユダヤ系であるメドベージェフの発言ではなく、プーチン同様、純ロシア系の人物の発言だけに、今後ロシアがどのように動いてくるのか?
リビア情勢次第では、世界的有事勃発?などということがないとも限らない。

とにかくNATOの軍事演習に参加してみたり、ウォッチャー泣かせで底の見えないロシア指導部だけに、一応この発言・・・気に留めておきましょう。
欧米イスラエル、中国ほどじゃないと侮るべからず・・・「マゴグの地のゴク」を無視は出来ませんから。

それに比べ日本の指導部は --;

「いったい何してんねん!!島国根性丸出しやんけ!ホンマ、アホとちゃうか~(ToT)/」

と、ハイ、日本の政治を語るにはこの一言で十分です。缶もダメ柿もオザワンも用事ない。
私がめったに日本の政局を取り上げない理由がここにあります(涙;)

« クオ=ヴァディス | トップページ | ニュー・カマー・コンスピレーション~サイバー=テロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

忘るなよ 藪の中なる 梅の花 松尾芭蕉

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/51872630

この記事へのトラックバック一覧です: CERNとイワノフ=ロシア副首相発言から:

« クオ=ヴァディス | トップページ | ニュー・カマー・コンスピレーション~サイバー=テロ »