2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 倒されても滅びない | トップページ | 預言に関する一考察 »

2011年5月20日 (金)

明日は5月21日・・・うん?

またまた更新が開いてしまいました。何でもいいから書けば書けないことはないのですが、今ひとつインパクトのある命題が見つからず、しばし小休止の感がある5月ですが・・・油断は禁物 --;

そして今回の話題もまた、いまいち・・・どうでもいい話題なのですが、週一で何かしら書かないとモチベーションが低下してしまうので書いてみます。

最近、5月11日の台湾とローマでの大地震の予言が話題となりましたけど、このような話がメインストリームメディアで取り上げられるようになるとなると・・・やはり世も末・・・なのでしょう。

ま、結論から言って、明日は掲挙も、再臨も、大地震も・・・ない・・・でしょう。そもそもこれらのことを語っているファミリー・ラジオなる組織が胡散臭い団体だし、かつて予言を外した前科もある。ただ、このことを逆手にとって、何かよからぬことを考えている連中が何か仕掛ける可能性はゼロではないでしょうが --;

そもそも以下の聖書箇所から、まだまだ再臨までには経ねばならぬ過程があるわけで、予言が成就するにはちょっと時期的に苦しいと言わねばなりません。このような惑わしが跋扈してきたということでは一応書いてみる意義はあるかなというものです。

またオリブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとにきて言った、「どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」。

そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。

そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。

また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。

預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、

マタイ 24:3~15

ここは有名な箇所なのでご存知の方も多いでしょうけど、聖書解釈的には起こらない。明日になればわかることではあるのですけどね。

それと一つ気になる記事としては

「米大統領が中東政策演説、67年境界のパレスチナ国家樹立を支持」

というニュースでしょうか。オバマがウラがあってこのような発言をしたのかどうか?真相は今の時点ではわかりませんが、もし本気で言ったのであれば、オバマさん・・・命が危ないかも?おまけにアメリカの国家債務が上限(14兆3000億ドル・約1200兆円)に達したようで、8月2日まで猶予期間が設けられ、国家債務上限の引き上げをめぐってアメリカ議会ではバトルが繰り広げられる模様。今度はどうなりますか。

「イスラエルはもう追い詰められた。パレスチナ国家として再出発するしかイスラエルの生き残る道はない。」とする論調が見受けられますが、そんな生易しい、腑抜けな民族、国家ではないでしょう。このような楽観的な、人間の力でどうにかなるとする分析にも要注意です。惑わされてはなりません。

記事を貼り付けておきます。聖書を知る者には、うまく曲解された、突っ込み所満載な内容なのですが。

「5月21日に大地震、世界破滅」 NYで予言広まる

2011年05月20日 09:18 発信地:ニューヨーク/米国

【5月20日 AFP】雨のニューヨーク(New York)。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、キリスト教信者のマニー(Manny)さん(56)は傘をさして街角に立ち、「2011年5月21日に世界は終わる」と警告する。

 ニューヨークでは今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、本やポスターを用意し、この地球破滅説を説いている。ニューヨーク市内の地下鉄には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

 マニーさんは「『ヨハネの黙示録』によると世界各地で地震が起こるとされている」と語り、「時差があるので地震が同時に発生するかどうかははっきり分からないが、全世界で同時に起こるとされている」と説明した。

 「2011年5月21日」。でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、カリフォルニア州に拠点を置く宗教放送局「ファミリー・ラジオ(Family Radio)」の局長、ハロルド・キャンピング(Hrold Camping)さんが聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

 マニーさんのそばでは、ボルス(Borce)さん(43)が小冊子を配り、関心を示す人に、救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、21日になれば救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、5か月しか時間はなく、その間、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

 マニーさんとボルスさんは5月21日になったら、騒がしいニューヨーク市から静かな場所へ移るつもりだという。ボルスさんは「20日までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、21日は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

 2人とも、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。マニーさんは「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。(c)AFP/Mariano Andrade

http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2801349/7236017

こんな時は、近づく夏でも待ちわびて・・・

ともならないかもしれませんが --;・・・ことしの海は福島、東関東、特に北茨城から鹿島灘方面、外房、九十九里の太平洋岸の海水浴場は・・・ダメでしょう(ToT)

若いサーファーの兄ちゃん達も近づかないとか(-_-;)

« 倒されても滅びない | トップページ | 預言に関する一考察 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

昨日は聖日礼拝の日。それほど大きな地震もなく普通に過ぎましたね。

主への礼拝。

立ち上がって、とこしえからとこしえまでいますあなたがたの神、主をほめたたえよ。
すべての祝福と賛美を越えるあなたの栄光の御名はほむべきかな。
ただあなただけが主です。
あなたは天と、天の天と、その万象、地とそのすべてのもの、
海とその中のすべてのものを造り、そのすべてを生かしておられます。
そして天の軍勢はあなたを伏し拝んでおります。
あなたこそ神である主です。(ネヘミヤ記9・5-7)

天では、御使いの軍勢が伏し拝んで、主のご威光と栄光を昼も夜も賛美して礼拝し、
その声は天の御座のすべてに響き渡っている。
地上では、主の聖徒たちが、聖日ごとに主への礼拝をささげている。
なんと大勢の人間だけが、主の栄光に背を向けて礼拝することなく、自分の欲に生きている。
罪が主のご愛も、御救いも、栄光も、御顔も隠させ、
神と人間の間に立ちはだかっている。
主イエスは隔ての壁を打ち壊し、その罪を負い、反抗する民に対して
一日中、救いの手を差し伸べている。

不従順で反抗する民に対して、わたしは一日中、手を差し伸べた。(ローマ11・21)

その差し伸べられた手を・・・救いの御手をとるとき、主のご愛も、御救いも、栄光も御顔も見えるようになる。
その時、人間はそのお方に対して心から感謝の礼拝をささげるようになる。

「ほふられた子羊は、力と、富と、知恵と、勢いと、誉れと、栄光と、賛美を受けるにふさわしい方です。」(黙示5・12)

すべての、神のしもべたち。小さい者も大きい者も、神を恐れかしこむ者たちよ。
われらの神を賛美せよ。(黙示19・5)

enjeruさん、いつもありがとうございます。

ここのところ、とりあえず表向き平穏状態で安定してますね。
少しずつですが、聖書に書かれている終末預言が成就している気もいたします。
昨日は午後から教会総会がありました。いつも思いますが、別に細かいことなど目くじら立ててムキになることないと思うのですけど、毎度毎度で紛糾します --;

主イエスはキリストであるとする点では一致してますが、なかなかその他の点では・・・程度の差はあれ、やはり人間社会・・・主任牧師イエス=キリストによる本当の意味での教会の到来が待ち遠しいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/51721020

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は5月21日・・・うん?:

« 倒されても滅びない | トップページ | 預言に関する一考察 »