2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 地震から一ヶ月 | トップページ | 過ぎ越しの羊 »

2011年4月14日 (木)

気になる記事を三つほど

○ 中東TODAYより抜粋

 アメリカにとって、リビアはフランスやイギリスにとって大事なように、石油資源、国内戦闘後の復興、そして、アフリカ最大の空軍基地の回復という観点から、どうしても、強い影響力を持ちたい国だからだ。
 加えて、アメリカはフランス、イギリスに、イラクやアフガニスタンでの戦争で借りがあるということだ。なかでも、イギリスはこれまで積極的に、イラク、アフガニスタンへの軍事行動を、支援してきてくれていた国だ。
 そのイギリスを最後まで支援せずに、イギリスがリビアでの権益を獲得できないで、手を引く状態にはさせないのではないか。アメリカはいま、リビア問題への介入のタイミングを、狙っているのではないかと思われる。既にアメリカの軍幹部から、アメリカは最終的にリビアへの、軍事介入をせざるを得ない、という意見が飛び出しているのだ。

投稿者: 佐々木良昭 日時: 23:16 | パーマリンク

2011年04月12日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* サウジ、バーレンにおいて、中東でのイランの動きが気になるところです。また、シリアで欧米の工作活動が活発化しているように見受けられます。
スエズ以東では、やはりイランの動きがこれからのキーとなることは間違いないでしょう。

そして、北アフリカです。
欧米が露骨にリビア反政府軍に肩入れしてますが、こう着状態のようですね。カダフィ軍は考えていたよりしぶとい・・・
はたしてこれが、想定外なのか?それともシナリオ通りなのか?今しばし様子を見なければわかりませんが、上記のレポートにもあるように、米軍はイギリス政府=ロンドン・シティ(NWOの総本山)の別働隊であるとするならば、おそらくは地上軍派遣などということになるかもしれません。

となると考えられること。やはり聖書預言が気になります。イラン、リビアと来れば、その背後に控えている超大国・・・シリアにはロシアの軍港があることだし、ロシアがいつ介入してくるかでしょう。

これは今の日本以上に危険なにおいがします。世界の命運を握るバイタル=スポットとして、これからもワッチしていくつもりです。

○ ロシア レベル7の判断疑問視

4月14日 4時32分 
福島第一原子力発電所の事故が旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」と評価されたことについて、ロシアの原子力公社のトップは日本政府の判断を疑問視する考えを示しました。

ロシアの原子力公社「ロスアトム」のキリエンコ総裁は、13日、訪問先の中国で記者団に対し、「福島第一原発の状況は思ったほどには悪化しておらず、われわれの評価ではレベル6にも達しない」と述べ、原子力開発史上、最悪の惨事となったチェルノブイリ原発の事故と同じレベルと評価した日本政府の判断を疑問視する考えを示しました。そのうえで、キリエンコ総裁は日本が厳しい評価を決めた理由について、「原子力とは別の財政上の問題があるのではないかという疑いも残る」と述べ、事故のレベルを引き上げることで、事故に伴う巨額の保険金などの支払いを免れようとする意図があるのではないかという見方を示しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* このあたりは個人的に専門知識もありませんし、原子力災害賠償法の詳細にも疎い為、何ともいえませんが、案外妥当かもしれません。

日本国政府、原子力保安院、東電・・・当然隠していることはあるでしょう。また、海外筋も明らかに何らかの意図のある報道を流し続けてます。
真実は誰もわからないのかもしれない。

フランスに本社を置く世界最大の原子力産業複合企業であるアレバが、日本に事務所を構え、特別チームを編成していることから、これから先廃炉まで、30年から100年かかろうとも、福島原発をコントロール化に置く余地はあるのではないか?と私は推察します。

やはり原子力、核を人類の力でコントロールできると考えてきたこと自体、罪深い人間の傲慢、高ぶりであったのだということだけは真実ではないかな、と考えますが。

永田町、霞ヶ関、大手町の日本のパワーエリートトリオの仕出かした事は、当然ながら糾弾され、集中砲火、血祭りの嵐を免れることは出来ないでしょう。事実それだけのことをやってしまった。
しかし今は、事態を収拾させることを最優先と考えるので、個人的な批判は慎みたいと思ってます。そのあとで、好きなだけ集中砲火を浴びせればいいことです。
今私たちに大事なのは、ガセ、大げさな真偽がはっきりしない情報に右往左往せず、冷静に対処することだと思います。

○ 震源域東側でM8級、早ければ1か月内...専門家

東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。
 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。
 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。
 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。
【読売新聞  3:15】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* さて、最後の論点となりますが、これをどう読むかですね・・・これは難しい。

考えられるのは、

① 学者先生が今までず~っと、「東海沖地震信仰」、「東京直下型地震信仰」を持っていたために「東日本大震災」が想定外となってしまったように、先入観によるもの。パニック・プロモーションである。

② 今回の地震は、NWO世界政府による人工的側面と、巨大太陽フレアー、黒点増加の影響とする自然災害的側面とがありますが、7日と11日の余震?と呼べるかどうか?別の地震じゃないの?と突っ込みいれたくなりますが、福島浜通りで連発したことから、3.11はともかく、これは爆撃型人工の可能性が考えられなくはない・・・

ということは、脅迫であるとする見方。

③ ②の飛躍として、違った場所を狙った煙幕報道。本気で日本を葬ろうとする悪魔の予告・・・

いずれにせよ、腐りきった、人間とはここまで邪悪に徹することが出来、なんとも冷酷無比なる生き物であることかということを実感させられます。

この記事には「悪の念」が感じられて仕方がありません。単に注意、警告を発するものであれば、謙虚になり受け入れられますが、この報道にはそれを感じることができない。

今こそ我々日本人は、へりくだって、自分自身を見つめなおし、悔い改め、真実を知り、見つめなおす必要があるかと思います。
人智を超えた災害が起こった今だからこそ、全知全能の創造主なる父なる神と唯一なる来臨のメシヤ=イエス・キリストを仰ぎ見るべきです。
こういうことを書くと面白くない方がいることでしょう。だったら私は問いたい。ほかにどのような希望が存在するのかと。知っていたら教えて欲しいと。

最後に一つ注意を勧告したいと思います。

今回の3.11東日本大震災を「聖書の暗号」は予言(あえて言とは書きません)していたなどと、この期に及んで後出しジャンケンよろしく、洗脳された恥知らずのクリスチャンが一部に存在しますが、賢明な方は決して鵜呑みにしないでください。

その情報ソースであるエグゾーダスHPは、「聖書の暗号の信頼性を貶める悪質なもの」などと、未だに自分が騙されていたことに気づかず、自分の間違いを決して認めず、逆切れし寝ぼけたことまで言っています。

「かつては素晴らしい働きをした方」でもあるため、名誉のため名前は伏せますが、既にサウル王=「過去の人」です。自称「神の働き人」が聞いてあきれます。

おまけに、日本はユダ族の末裔であり(このこと自体は結論を急がないようにしたい)、これまた聖書の暗号に記されていると勝手に思い込んでいる --;

どうやら思考回路的には、全宇宙は自分を中心に回っているらしい・・・

これだけならまだかわいいのですが、絶対に言ってはいけないことを言ってしまった。

「日本を襲ったその災害の原因は、ユダ族がかつて殺した御方、ナザレのイエスの血の
ゆえであることがわかるのです。」

「単なる仮説」でこんな事を言われたのでは、犠牲になった方々の尊い霊が救われません。およそクリスチャンの発言とは思えない病的な頑なさ、目をパチパチやる某都知事の「天罰」発言、韓国のチョー・ヨンギ氏の「今回の震災は神の裁き」発言にも通じる無神経さ。

およそ自分がひょっとしたら「あの中にいたかもしれない」とか、自分に被害が及ばなかったから他人事で、無意識のうちに神になったつもりで思い上がって人を裁いている・・・東京直下型地震がもし発生していたら・・・こんな事果たして言えたでしょうか?これほどの侮辱が存在するでしょうか?

最低の恥知らずなクリスチャンに堕ちたものです。このことは自分自身に対する「戒め、警告」であるとともに、今回犠牲になられた純朴なる東北の方々の霊に対し(キリスト者もいたはずです、岩手、福島、宮城のあの悲惨極まりない映像を見たら、生き残ったあの方々を見たら、口が裂けても言えないはずです。キリスト者である前に、人間として既に失格です。)「主が丁重に霊を扱ってくださること」「必ずや何らかの方法で福音が伝えられる」ことを切に祈らざるを得ません。

と・・・なんかハードボイルドで、しんみりとしてしまいました。
気分を変えて、明るくいきましょうか!こんな動画見つけました。私が学生時代、好きな番組でした。日曜日の夜10:30からの楽しみでした。
主題歌のジョーイ・スキャベリーの「グレイテスト・アメリカン・ヒーロー」もヒットしました。
ウィリアム・カットふんする主人公のドジでマヌケな正義のヒーローらしからぬ?キャラが大好きでした(笑)

実はここだけの話 --;(って!ならんやないけ?)

ウィリアム・カットの写真を持って美容院へ行き「このような髪型にしてください」と、カーリーヘアーにしてもらったことがありましたが、翌日キャンパスで友人に会った時の反応はというと --;・・・えらく評判悪かった~!
「似あわねえからやめろよ^^;」というものでした(ToT)

« 地震から一ヶ月 | トップページ | 過ぎ越しの羊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

今日、ある記事を読みました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000113-san-soci


>「上に行け。上へ。死にものぐるいで上に行け!」と叫んでいた。

この言葉

ロトに言った天使の言葉を思い浮かべます。


「いのちがけで逃げなさい。
うしろを振り返ってはいけない。
この低地のどこででも立ち止まってはならない。
山へ逃げなさい。さもないと滅ぼされてしまう。」
                  (創世記19・17)

今、この地上の人々に言っておられるのかもしれませんね。

もうそこまで来ている地上に住むすべての人に起こる
子羊の怒りの裁きから・・・逃げなさい!と。
命がけで逃げなさい!立ち止まってはいけないと。

イエス・キリストの元へ・・・逃げなさいと。
命がけで逃げなさいと・・・

おっしゃっているような気が
私・・・するのです。

イエスは言われた。
「わたしは、よみがえりです。いのちです。
私を信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。
このことを信じますか。」(ヨハネ11・25-26)

わたしは彼らに永遠の命を与えます。
彼らは決して滅びることがなく、
また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。(ヨハネ10・28)

enjeruさん、毎度さん。

私もいつも思うんですけど、創世記のノア、ロトの物語、そして出エジプト・・・フォーカス点によって、いくつかのパターン、終末の型が見て取れると思うんです。
個人的にももうそれほど、時間は残されていないような気がします・・・

そしておそらく、今年は世界的にかつてなかったほどに荒れるような気がします。おそらくラストチャンスでしょう。
予言の当てっこしているどころじゃないでしょう。

どういうわけか、そのサインの第一弾が日本から始まってしまったということでしょうかね・・・

犠牲になられた尊い霊に応えるためにも、出来る限りのことを、時間の許される限りやっていきたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/51386295

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる記事を三つほど:

« 地震から一ヶ月 | トップページ | 過ぎ越しの羊 »