2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« プーチンとメドベージェフ~真打国家のお家事情はどうなの? | トップページ | なぜそんなに怖がるのか、どうして信仰がないのか »

2011年4月 1日 (金)

4月です

東日本大震災より約20日あまりが過ぎ去りました・・・太平洋戦争末期、原爆を二発投下されて以来の国難と言っていいかと・・・地震、津波、そして泣きっ面に蜂とばかりに福島原発事故 --;

なお、この福島原発事故関連報道ですが、この手の情報には細心の注意が必要ですね。はっきり言って、情報戦。
大本営発表が真実を隠している可能性がある一方で、巷のブログの必要以上に不安を煽るプロパガンダ記事にも要注意。

情報工作員が跋扈しているという事実。
たびたび引き合いに出して恐縮ですが、ネバダ=ブログ、3月31日の記事より。今は頭も冷えましたので(笑)、冷静に行きたいと思います。

被曝した死体が最大1000体

福島第一原発から20キロ圏内に死体が数百から千体も放置され、放射能汚染濃度が高く、回収できない状態になっていると報じられています。

中には内部被曝している事例もあるのではないかとも指摘されており、政府は決して認めないでしょうが、被曝して死亡した日本人が最大1000人に上るかもしれません。

自分の身は自分で守る必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原子力、原発関連に関してはズブの素人であることがわかりました。それにもかかわらず、パニック・プロモーターぶりに拍車がかかっているようです。

外出していて被曝して、すぐに吐き気を催し、気分が悪くなり行き倒れ、そのまま即死・・・そのような人が1000人にも上る?持病持ちの人とかで、このような人も数名居るかもしれません・・・が!これは常識的に考えてあり得ない。だとすれば、福島原発敷地内では、それこそ死体の山が出来ていたことでしょう。

公式発表の「死んだ後被曝」とするのが妥当だと、同じ素人の私でさえ「少し考えれば」わかります・・・ウソもここまで来るとお粗末です。

予断を許さぬ状況には変わりがなく、危機感は持つべきです・・・しかし、このようなアホの情報を鵜呑みにするのもまた、愚かと言うもの。

やはり自分自身の判断基準を持つべきですね・・・わが生息地は、福島原発から直線距離で約130キロ地点。お隣に東海村の原発があるゆえ、放射線モニターが歩いていける距離に設置してあります。私はこの放射線モニターを自己の判断基準にしてます。

このモニターに細工がしてあった時は・・・その時はお手上げですが(笑)、モニターの数値を信じるしかない。JCOの臨界事故のときは、モニター数値は常時、正常範囲内でした。

夕方の犬の散歩の時、見て来るのが日課となっております。本日の数値は0.28マイクロシーベルト/h。
正常値が0.03~0.1マイクロシーベルト/hであることを考えると確かに高い。でも東京まで放射能汚染が広がっているなどとパニックを煽るのはいかがなものでしょうか?無責任発言も度を越してますね。

雨であるとか、風向きであるとかで、一時的に高数値が出ることは否定しませんがね。
当地で最高値が0.6マイクロシーベルト/hまで行ったことがありました。3号炉が水素爆発(ユーチューブ動画を見ると三連弾だったような --;)起こした直後だったと記憶しております。それでも危険基準と言われる1ミリシーベルト/hまでにはならなかった。

この御仁、東海第二原発も「音沙汰なし、間違いなく何か隠している」という記事まで書いてますが、根拠のない憶測で不安を煽るべきではない。私の場合、知り合いから現場の生情報も入ってきます。

少なくともこの二点に関しては、明らかなるプロパガンダ、国際金融資本の走狗(雑魚レベルでしょうが、それともご主人様に認めてもらいたいだけか?少なくとも結果だけ見ればそうなります)、その奥に隠されている意図、狙いを曝け出したと私は見ております。まったくもってお粗末。我々はそこまでバカではない・・・

仮に隠蔽している事があるにせよ、東海第二原発に関しては、「能面ビー玉顔」と言われる永田町、霞ヶ関、大手町のパワー・エリートの大好きな口癖、自分を自分で洗脳し、暗示にかける呪文 --;

「たいしたことない!」(これらの事は、藤原直哉氏から教えていただきました<(_ _)>)

を少なくとも現時点では信じていいはずです。

仕事で、原発前をもう6往復以上したからわかります。福島原発並みであるならば、周囲の雰囲気からわかります・・・もう一度言います、東海原発に関しては「たいしたことない」と。東海村は、通常通りです!

ここがやられた時は、はっきり言って最悪、東京も危ないでしょう。だから古い一号炉を廃炉にし、二号炉だけ運転しているわけです。東海は6発も運転してませんから。堤防も高くしてあり、津波の被害もたいしたことなかった。そこがコストをケチった民間である東電の福島原発(なんでも聞いた話では、万が一の時東京に被害が及ばないために、東北電力の営業エリアから土地を買い取り、東京に電力を供給するために東電が造ったのがあの福島原発らしいのです・・・この話を聞いた時、納得したと同時に唖然としました・・・近隣の住民はどうなるのだ?と。そして最後の審判の時、あのエリート連中はどう申し開きをするのか?と・・・)と官製の違いだったのでしょう。

私も当初から、「なぜ東北電力の管轄じゃないの?」と疑問に思っていたものですが、これで疑問が解けました。

だから私は言いたい。非常事態であるのは確か、危機感を持って対処せねばならない。その一方で、愉快犯のごとく不安を煽るパニック・プロモーター連中の情報にも注意せよと。

善意か悪意かは別にして、サタンの働きに加担すべきではありません!!少なくとも、「善意無過失」ではない。
カオス、パニックに陥れば、サタンの術中に嵌ります。最悪の場合、その時はその時でしょう。恐れるものなど何もないはずです。

体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。

マタイ  10: 28

 信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、へびをつかむであろう。また、毒を飲んでも、決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる」。

マルコ 16:17~18

これですよ、これ。

ましてや我々は、よくコメントくださる漁師さんが、末期癌から短期間で見事に、驚異的な回復、癌の克服をしている姿を見ているのです!!カラオケまで行ったとか(笑)

これを神の癒しの御業と言わずして、何と言うのでしょうか?
そのような時代に突入していると言ってもいいのかもしれません。心強いことに、我々には生き証人が存在するのです。

もう一つのフォーカス事項、中東ですが・・・もう少し事態の推移を見極める必要があるゆえ、スルーします。経済関連も同様でしょう。

<災害・戦争・経済>

これから先の三大フォーカス事項、論点となるでしょう。

最後に音楽などを。こういう時だからこそ、心にゆとりを持つのも大事かと。自分でも知らないうちに、心身ともに疲れが出てきているのがわかります。
私も一応?軽度の震災被災者であることを前提に、記事を書いていることをお忘れなく。被災地認定受けてるし・・・
正直あの時は「終わったな・・・」という思いが、脳裏を掠めましたので --;

PS: このJOURNEYというバンド、ワタクシの大好きなバンドの一つです。ボーカルのスティーブ・ペリー、ギターの二ール・ショーンという二大タレントがいますが、このバンドをビッグ・バンドに引き上げたのは、キーボードのジョナサン・ケインが参加してからであるのは反論の余地のない事実。音が変わり、ヒット曲を連発!

« プーチンとメドベージェフ~真打国家のお家事情はどうなの? | トップページ | なぜそんなに怖がるのか、どうして信仰がないのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発、放射能について、防衛と危機意識を持つことはもちろんですが、テレビの報道を見ていると、相反する情報を同時に流して、よけいに、混乱や恐怖に心理を釘づけにしている気がします。長引く恐怖は心を蝕むのではないかと思います。

仰るとおりですね。おそらく誰も本当のところはわからないのかもしれませんね。いわゆる、前人未到の未体験ゾーンというやつでしょうか?

おそらく長引くかもしれませんね・・・やれやれです。
私も仕事とおカネがあれば、嵐山の渡月橋が見えるマンションにでも引っ越したいですよ(笑)

原発に関しては、アメリカやフランスのチームも日本に入って、政府や東電とともに活動しています。
福島原発と東電の姿は、ある程度、国際社会の前に明らかにされるでしょう。(どこまで本当かは、分かりませんが……両国とも、原発推進国なので。)

ああ、目がかゆい。スギ花粉症です。
震災の被災地では、花粉症の薬も手に入らないのでしょうね。かわいそうです。

あら~、トマスさんも花粉症ですか・・・
実は、私もなんです --;

そしたらここ数日、ノドが痛いので風邪を併発 --;
花粉症と風邪と両方・・・地震以来いいことないですね(涙;)

あれ?誰かわたしを呼びましたか?
年度末、年度始めで忙しくしています。
病気の方は更に回復しています。
これだと末期の膵臓癌から自力で3ヶ月で完治ということになるかも。
博多へ行きました。
博多駅の駅ビルが新築なって阪急デパートや東急ハンズが入りました。
どちらもわたしのごひいきです。
毎日10万人の客だそうで日本の危機も関係ないと言う感じ。
でもやっぱり痛みで顔が怖かったのか、ポケットの薬のパッケージが金属探知器に反応して、若い女性の管理官に全身をさわられまくって気持ちよかった、じゃなくて、困った(笑)

あ!飛行場での出来事です。
昔はテロリストと間違えられてずっと遠くに居たガードマンたちがすっ飛んできたことがあった。
その時も母教会の牧師夫人が急死して葬儀に向かう時でけわしい顔をしていたようだ。

あら、お呼び立てしてすみませんでした(笑)
私も万が一被曝した時は、白血病の治癒の仕方をご指南願おうかと思ってます<(_ _)>

私、残念ながら九州は行った事がないのですが、学生時代の友人が福岡市内で眼鏡屋やってます。

私も残念ながら50近くにもなると、妻にすら、ちょこっとでも手が触れたりすると
「汚らわしい、シッ!シッ~!」とやられます(涙;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/51273163

この記事へのトラックバック一覧です: 4月です:

« プーチンとメドベージェフ~真打国家のお家事情はどうなの? | トップページ | なぜそんなに怖がるのか、どうして信仰がないのか »