2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ロシアの警告か? | トップページ | 4月です »

2011年3月26日 (土)

プーチンとメドベージェフ~真打国家のお家事情はどうなの?

東日本大震災から約二週間が過ぎ去りました。
わが身を持って、震度6強を体験し、48時間停電、54時間通信遮断・・・さらに12日間断水 --;
非常時には携帯も役に立たない・・・水(もしくは味のない飲料)と食料のある程度の備蓄は、今後も必要でしょう。あとはラジオと電池、懐中電灯、蝋燭と。いい経験をさせていただきました。文明生活に慣れ切ってしまった人間のなんと脆いものか・・・

あとはガソリンが通常通り流通しだせば、ほぼ全面復旧まで来ましたが、東北の被災した方々のことを思えば、この程度で不満を言っていてはあまりにも自分が恥ずかしい。

生き長らえたとは言え、住まいも仕事も奪われ・・・私も綱渡りの自営業なので彼らの気持ち・・・痛いほどわかる。断腸の思いでしょう・・・
私もあの時、「終わったな、天井崩れるわ。カネはないし、この先どうやって家族養ってい行けばいいんだ?」と考えましたので・・・

それから福島原発です、まだまだ予断を許さない状況。
FUKUSHIMA50をはじめとした決死隊の方々。何としても彼ら英雄の命がけの仕事が報われて欲しい・・・
私としては、神がこれ以上の試みをこの国に課す事はなさらないと信じたい・・・ただただ、憐れみと奇跡が速やかに為されん事を祈るばかりです・・・

余震も400回は超えたでしょう・・・いい加減にして欲しいものです、やれやれ。
今日はだいぶ減ったとはいえ、それでも、う~ん?日付が変わって10発以上は来てますね --;
夜中も2~3回目が覚めましたから。まるでポルター・ガイスト現象の家に住んでいるようです(涙;)

ということで、本題。
こんなことでヘコタれてはいられません、涙を流す日々をいつまでも続けるわけにも行かない。無常にも世界は刻一刻と、日本のダメージをあざ笑うかのように秒針を刻んでいる。
今はまだ終末に向けての「終わりの始まり」=プロローグに過ぎないのでしょう。本番はこれからです。その時には・・・涙さえ枯れ果てるのだろうか?
リビアではNATO軍により、何の罪もない一般市民が空爆に巻き込まれ犠牲となってます。これまた言葉がない・・・

そんな中で、今後を予測する上で、やはりロシア情勢は非常に重要です。ロシア在住のジャーナリスト、北野幸伯氏のメルマガに興味深い記事を発見しました。

論点のみ、抜粋引用いたします。
ロシアを知る上では教科書的な大変参考になる内容です。

http://archive.mag2.com/0000012950/20110325171906000.html

引用開始~

▼ロシア政界対立の構図5(プーチン対メドベージェフ)

さて、冒頭で記事を紹介したように、プーチンとメドベージェフの対立が目立つようになっています。いったい何が起こっているのでしょうか?
基盤のなかったメドベージェフに、「基盤らしきもの」が現れてきたのです。
そう、それはゴルバチョフ、エリツィン、ホドロコフスキーと同様の基盤でありましょう。

米英やユダヤから見ると、既存の世界支配体制に挑戦するプーチンより、メドベージェフの方が断然いい。メドベージェフは優秀なのでしょうが、ソ連崩壊時26歳でした。だから、アメリカやイギリスの本当の狡猾さや怖さを知らないのです。
「ツィッターいいよね~」「ブログいいよね~」と、いい面ばかり見てしまいます。

一方、プーチンさんは東ドイツでCIAと戦ってきた男ですから、米英のこわさを嫌というほど知っている。
メドベージェフが大統領として欧米諸国に行く。すると、欧米の超エリートがたちがいうわけです。
「メドベージェフさん。あなたはプーチンより断然優秀だ。私たちはあなたを応援している。
どうか、もう一期大統領をやってください!」
こんなことを、毎回毎回いわれてれば、メドベージェフだってその気になってきます。
最近のメドベージェフの強気発言の背後には、「欧米のスーパーエリートが俺を支持してくれている」という自信があるのです。

▼ロシア政界対立の構図6(プーチン対メドベージェフ対立のレベルは?)
では、二人の対立はどの程度深刻なのでしょうか?もう少し、ロシアの政治体制を深くしる必要があります。

ロシアの下院は450議席。

第1党は「統一ロシア」で、315議席

第2党は「共産党」で57議席

第3党は「自民党」で40議席

第4党は「公正ロシア」で38議席

で、この「統一ロシア」の党首はプーチンなんです。もし、プーチンが次回大統領選挙に出れば、統一ロシアはプーチンを支持します。だから、必ずプーチンが勝ちます。

もし、プーチンではなくメドベージェフが大統領選挙に出れば、統一ロシアはメドベージェフを支持します。だから、必ずメドベージェフが勝ちます。
では、もしプーチンとメドベージェフが二人とも立候補したらどうなる?この時、統一ロシアはプーチンを支持するので、メドベージェフは負けます。

結局、メドベージェフが2期連続で大統領をやる方法は、「プーチンと統一ロシアの支持をとりつけて出る」以外にない。ですから、プーチンとメドベージェフの対立は、「民主党の候補者はオバマさん?ヒラリーさん?」くらいのレベルであることがわかります。

メドベージェフが2期目に立候補するとすれば、それは「プーチンのお墨付きを得て」ということになります。決定権は、いまだプーチンにあるのです。

今回はロシアの話でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* ・・・とのことです。

オーソドクスな、大学の国際関係論などの試験であれば、おそらく<AA>の評価がつきそうな素晴らしい模範解答ですね。

しかしながら、私のようなひねくれ者の天邪鬼には・・・鵜呑みには出来ないのですよねえ~

メドベージェフのバックグラウンドに欧米ユダヤの国際金融財閥がついた可能性がある・・・これは無視できない。そして人の心というのは変心する。

古代ヘブライ王国のサウル王の物語からもこれはわかる・・・人間の最大の敵=驕り、高ぶりという本質が、一番厄介で罪深いものです。

個人的な見解を述べさせていただけば、リビア情勢、さらにイスラエルで爆発テロ事件が起きた。未だ犯行声明は出ていませんが、イランを視野に入れた可能性は否定できない。

これらの中東情勢次第ではあるでしょうが、今の情勢スピードの変換の速さから言って、想定外の状況になった場合・・・私はメドベージェフの事故、自殺に見せかけた暗殺のシナリオを否定しません・・・プーチンは政治家、国家指導者としては、超一流だと思ってますが、その根底には、妥協を一切許さない冷徹さが潜んでいると思うのです。

ましてやFSB(旧KGB)、軍部を掌握しているだろうし、支持率が最低を記録したとはいえ、未だに70%からと、ロシア国民の支持も篤い・・・

エゼキエル書38章のマゴグの地のゴグは、どうしてもプーチン以外に考えられないし、これから先登場しないような気すらするのです。

あくまでも個人的見解ですのでご了承の程を。

久々にプーチン氏に登場願いましょうか。

917bfacaf26351aa8c0de1f77151eb41

そして最後に、これからの時代を読み解く聖書箇所です。

「ダニエルよ、あなたの道を行きなさい。この言葉は終りの時まで秘し、かつ封じておかれます。多くの者は、自分を清め、自分を白くし、かつ練られるでしょう。しかし、悪い者は悪い事をおこない、ひとりも悟ることはないが、賢い者は悟るでしょう。

常供の燔祭が取り除かれ、荒す憎むべきものが立てられる時から、千二百九十日が定められている。待っていて千三百三十五日に至る者はさいわいです。

しかし、終りまであなたの道を行きなさい。あなたは休みに入り、定められた日の終りに立って、あなたの分を受けるでしょう」。

ダニエル 12:9~13

さばきが神の家から始められる時がきた。それが、わたしたちからまず始められるとしたら、神の福音に従わない人々の行く末は、どんなであろうか。
また義人でさえ、かろうじて救われるのだとすれば、不信なる者や罪人は、どうなるであろうか。
だから、神の御旨に従って苦しみを受ける人々は、善をおこない、そして、真実であられる創造者に、自分のたましいをゆだねるがよい。

第一ペテロ 4:17~19

またわたしに言った、「この書の預言の言葉を封じてはならない。時が近づいているからである。 不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ」。

「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。 わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。

黙示 22:10~13

人を必要以上にフォーカスすれば、惑わされます・・・ただ、真実なる方のみ見つめて歩んでいきたいものです。

« ロシアの警告か? | トップページ | 4月です »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

プーチン氏のキャラクターに関して‥黒帯(規律)、趣味はオートバイ(自由)、ピアノ(繊細)‥と、根っからの悪人とは思えません。しかしザアカイ氏のおっしゃる通り、「これだけは譲れない」という冷徹さ、それは「自己本位」からではなく、「無私」による冷徹さだと思うんです。▲▽その「無私」から出た冷徹さは、ロシアの為にならない、と判断した場合には、例え自分の愛娘でも暗殺するでしょう。プーチン氏ってそうゆう人だと思うんです。繊細さと控えめさ、真の優しさの裏には「自分の利益抜きの・自分の感情を一切排した」冷徹さを持った、ある意味で素晴らしい人だと思っています。◆◇プーチン氏は西側のどんな指導者よりも、人間的に信用のおける人物だと感じています。絶対に裏切らない高潔な人です。●○そしてベージェフ氏、彼はぼんぼんです。今ベージェフ氏は外国要人からおだてられ、舞い上がっているのではないでしょうか?…「俺って結構すごいんじゃないか?」って。そうなると、もう長くは続きませんね。ベージェフ氏が心を入れ替えないと、ある時期を境に急な坂を転がり落ちる事になるでしょう。…バットマンとロビンのままで良いのです。

ガリラヤさん、うまい喩えですね。

バットマンとロビンですか^^;
座布団10枚ですよ!!

私もプーチンは根っからのロシア人だと思いますね。
あの売国奴であった、ゴルバチョフ、エリツィンとは明らかに違う。
まあ、ワタクシ、プーチンさんと親戚関係にあるわけではないので(笑)、どういう人物か?様々な情報から分析、推測するしかないのですが、典型的な愛国派ロシア人であることだけは間違いないと思います。

この際、背に腹変えられないから、菅、枝野、仙石、前原、野田、レンホウと、プーチンさん一人とトレードしてもらいたいくらいですね(笑)
当然、ロシア側の回答は・・・ニエット!(ノー)でしょうけどね --;

「バカの能無しは何人いてもバカの集まり、いらんわ~!」
とか言われそうですね --;

いつも何度でも(夢を描こう):東北関東大震災被災者へのレクイエム

http://quasimoto.exblog.jp/

昨日は友人の送別会で久しぶりにカラオケに。
ランキングというものをやってみた。

三月度全国ランキング
「サライ」全国1位、長渕剛「とんぼ」2位、シャボン玉はランキングしなかったが94点、「涙そうそう」は7位

体調悪く痛みをこらえての歌だったからこんなものか(笑)

漁師さん、カラオケに行けるまで回復されましたこと、感謝です。
わが教会でも昨日、牧師夫妻が3月一杯で牧会を終え、ブラジルへ帰国されるとの事で送別愛餐会を。
4月から新任の牧師先生が。私が通いだして8年目に入りますが、これで5人目です --;

相変わらず、余震と福島原発の二重の試みの中にいます(涙;)
いつになったら一息つけるのやら・・・
それとも、このまま世界的なカオスへと突入するのでしょうか・・・やれやれです。

8年で5人は多いですねえ。
うちも回転が早い教会と言われてますが(笑)平均5年。

わたしは死ぬまで居てくれと言われたが5年目で死にかけてる(笑)

>わたしは死ぬまで居てくれと言われたが5年目で死にかけてる(笑)

→ジョークが出るようですので、とりあえず安心してます(笑)

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

プーチンさんの目・・・怖いですね。凄みのある睨み・・・。
あんな目で睨まれたら、カチカチに固まってしまいそう・・・。
蛇に睨まれたカエル・・・みたいに~。

主イエスについて・・・考えていました。

主イエスが成長した人間として、この世に現われたのではなく、
私たち人間と同じように母の胎から生まれるという過程を通して、
神の御子主イエスは、人間の持つ肉という・・・その中にある

  弱さ、悲しみ、病の苦痛を完全に理解し、

愛そのものであるお方が、憐れみの心を持って、そのような人々に
福音を語られたのだと思いました。
また主イエスは、罪に捕われて、苦悩している人々を人間の目線でご覧になられて、そのような人々をご自身の身を犠牲にしてでもその中から助けたいと思われたのだと・・・。
だから、主イエスは人間の成長という期間を通られ、より深く人間を理解されたのだと思います。
 
  赤ちゃんイエス
     布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりご(ルカ2・11)

  幼少のイエス
     幼子は成長し、強くなり、知恵に満ちて行った。
     神の恵みがその上にあった。(ルカ2・40)

  少年のイエス
     イエスが12歳になられたとき・・・(ルカ2・42)
     聞いていた人々はみな、イエスの知恵と答えに驚いた。(ルカ2・47)
  大人になられた主イエス
     イエスはますます知恵が進み、背たけも大きくなり、神と人とに愛された。(ルカ2・52)

このように生活するという行為、両親、人に仕えるという行為を通して、深く人間を理解して下さった神の子イエスが、死んで立って動かない像の神ではなく、その生きた神の口を通して福音が語られたことは、本当に大きな恵みですね。

このような神だからこそ、災害で苦悩し、涙し、寒さに凍え、食物がなくて飢えている人々の傍らにそっと寄り添って、その嘆きの声を聞いておられるのではないかと思います。

神は、どのような苦しみの時にも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。(Ⅱコリント1・4)  

enjeruさん、いつもありがとうございます。

何か心に染み入りました・・・
普段あまり考えなかった、人間としての主・イエス・・・
このあたりが、神であり、人であり、仲保者である。「神の御子」という表現がやはり?一番しっくりと来ますかねえ・・・

人に媚びへつらって、ひれ伏すのが大嫌いなヒネクれ者の私が、唯一ひざを屈めたお方・・・

この方のみ信じ、希望を託して生きたいものですね!!

>人に媚びへつらって、ひれ伏すのが大嫌いなヒネクれ者の私が、
 唯一ひざを屈めたお方・・・

なんかザアカイさんの気持ち分かります。

昔、よく知人または友人から歌手のコンサートに誘われました。
しかし一度もコンサートに行った事はありませんでした。

理由は、まあ私が「人に酔う」という体質もあるんですが、
一番の理由は、
   ↓
人間を賛美する事が嫌い、もう生理的にイヤだったからです。
「なんで歌手ひとりのために、
 ファンが総立ちして賛美するのか? どこが偉いのか?」
その気持ちが理解できませんでした。

しかし父と主イエス様に対しては別です。
喜んで「その他大勢」になります。
賛美しても到底足りることはないと思います。

話は変わりますが、
プーチン氏とは違ったキャラクターのアフマディーネジャード氏。
外見で損をしていますが、なんかこの人、イスラム的じゃないんですよね。

「この人からは宗教の香りがしない」と思っているのは私だけでしょうか?
アフマディーネジャード氏。 不思議なムードを持った人です。


このブログが生きていて、コメントが集まっている!
妙なところで感激していますが、最近村がやかましく、腹立たしくもあったので、ここでザアカイさんはじめ皆さんと言葉を通してお会いできたのがうれしくて……。
掲示板だと、悪いことも書きたい放題だから、読むほうは疲れますね。特に、トマスは陰謀論・終末論をいきなり子羊で読んだから、脳足りんのトマスにはついていくのも難しいです。

それにしても、欧米ユダヤの動き、気になりますね。
今回の東日本大震災も、日本の食糧自給率を下げ、日本をTPPに引きずり込もうと言うアメリカ(の農業経済)の手で、人工的に起こした(!)という話を聞きました。(日本では公式には何も分からないのですが)
カネに群がる……トマスの一番嫌いなパターンです。

あはは、ガリラヤさん、そうですか。
ご理解、ご賛同いただきましてありがとうございます。

アフマディネジャド大統領閣下ね・・・ひげそって、さっぱりすれば、結構いい男かもしれませんが(笑)

一筋縄では行かない、頭の切れるハイレベルな国家指導者であることだけは間違いないようですね。

トマスさん、ちょっとブログ記事読んだところ心配してましたが、大丈夫でしょうか?

確かに「サタンは光の天使に偽装する」というのは本当のことだと思います。でも、その一方で、神の許しの範囲を超えて、我々に手出しできないのも事実です。これはヨブ記からも一目瞭然ですよね。

特に、海千山千の達人級ブロガーの意見、考えにはグラッとさせられるときがあります・・・しかし、人間にフォーカスすれば惑わされます。

私も読んでいて、冷や汗が出るような、狡猾なるブログをいくつか知ってます・・・まさしくサタンのこの世の英知のようなブログです・・・御霊の警告なのでしょうかね?
私は即、ブックマークから削除、二度と近づきません・・・案外、カンって、バカにしたものじゃありませんからね。

何でもかんでも、自分ひとりで解決しようとしても限界があります。
祈りを通して、フッ・・とヒントが与えられることもあれば、「信頼できる」(これ大事!)人の見解を、何人か聞いてみるのもいいでしょう。

「聖霊は人を通して語られる」ことももちろんありますからね・・・

神のみ見つめて歩みましょうか。全幅の信頼を置けるのは主イエスのみですよ。

掲示板の方は、「福島原発問題」が収束するまでは・・・賑やかかも? ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/51222898

この記事へのトラックバック一覧です: プーチンとメドベージェフ~真打国家のお家事情はどうなの?:

« ロシアの警告か? | トップページ | 4月です »