2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 日々雑感~物質的側面、霊的側面と複眼的に | トップページ | エジプト動乱におけるイスラエルの立場 »

2011年1月29日 (土)

エジプト動乱の背後にロシアVSアメリカ+イスラエルのパワーゲームは存在するのか?

昨日の続編というか、ちょっとした新たな情報が入ってきたので、補足として加筆します。

エジプト動乱の背後にはロシアがいるのではないか?とする推論です。あながち無視できないのではないか?と私も勘ぐってます。

簡単に図式化すると

スタクスネットでブシェール原発が米、イスラエルから攻撃を受けた。
イランの原発はロシア製であり、危うくチェルノブイリ級の原発事故を起こす危険があったという報告もあります。

  ↓

そしてチュニジアから始まった革命の嵐。中東諸国に波及。

  ↓

モスクワ南部での空港テロ(コーカサス地方のイスラム組織だとするなら?これまた米、イスラエルの影がちらつく)

  ↓

NATOに対し原発事故の調査をロシアNATO大使が要請。冷静を装ってますが、怒り心頭なのか?あの国が、いいようにやられっぱなしでおとなしくしているはずはないと思ってましたが。
そして、エスカレートするばかりのエジプトでの暴動。
そうなるとその目的は、中東一帯の親米傀儡政権の転覆か?イスラム原理主義勢力が主導権を握るならば、イスラエルの立場も苦しくなるし・・・

かつての旧ソ連諸国で起こったカラー革命をほうふつとさせます。いわゆるロシアと米・イスラエルのパワーゲーム。

昨日書いてきたことを順を追ってつなぎ合わせると点と線で繋がらなくもない・・・
しかしながら、絶対そうだと断定するのは危険だ --;

そこで私が注目したのがカダフィ率いるリビア・・・聖書にも出てくるプテであります。今のところ、リビアでの暴動のニュースは入ってこない・・・
リビアの今後が一つの判断材料になるかもしれません。リビアが安泰だった時は、その背後にロシアが暗躍していたと推定しましょうか?

またその逆、リビアも政権転覆するようなことでもあるならば・・・純然たるイスラム市民革命の可能性が高いと推定できるかもしれません。

それともう一つ大事な点。スエズ運河ですね、世界交易の要衝です。閉鎖の危機にでも陥れば、米軍の介入などということもあるかもしれない。こうなったら決定的でしょう。

もう一度まとめますと、リビアとスエズ運河の情勢次第で、今回の一連の中東動乱の背景、答えが見えて来るかもしれません。甘く見てましたが、これらの動きが、イラン、イスラエルの本丸へと通じる導火線となる可能性を否定できなくなって来てます。

引き続きフォロー、ウォッチしていきましょうか。

« 日々雑感~物質的側面、霊的側面と複眼的に | トップページ | エジプト動乱におけるイスラエルの立場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なるほどカダフィですか。最近 健康が芳しくないという噂が流れていますよね。
カストロ兄弟も高齢だし、お隣の将軍様も引退の話が出ていますし・・・あちらさんもこちらさんも 後継者がらみで内政崩壊、または市民革命の可能性がありますね。そして その背後にちらつくロシアと中国…。
運河といえば、パナマ運河も小さな爆弾(自国のデモと、コロンビア革命ゲリラ)を抱えていますね。

黙示録で100点を取れないと天国へ行けないのなら、中絶で亡くなった胎児、虐待で殺された子ども、生まれつき知的障害のある人、死ぬ間際にイエス様を受け入れて聖書を通読していない人はどうなるのでしょうね? ていうか もし御国にテストがあったとしても、合格したいなら黙示録やれーって山を張っちゃう方がヤバイと思うんですけど。

aguaさん、いらっしゃい。

いつも思うのですけど、aguaさんは鋭く経絡秘孔を突いてきますねえ~
いやはや恐れ入ります<(_ _)>

>中絶で亡くなった胎児、虐待で殺された子ども、生まれつき知的障害のある人、死ぬ間際にイエス様を受け入れて聖書を通読していない人はどうなるのでしょうね?

→これまた鋭いご指摘。
ルカ伝で主とともに十字架に架けられた罪人の一人など、聖書の知識もそれほどなかったろうし、およそバプテスマすら受けてなかったでしょうしね。

自分たちのグループだけが狭き門で、教理を正しく理解していて義人だなどとうぬぼれるのは、独りよがり以外の何ものでもないと思わされます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/50719141

この記事へのトラックバック一覧です: エジプト動乱の背後にロシアVSアメリカ+イスラエルのパワーゲームは存在するのか?:

« 日々雑感~物質的側面、霊的側面と複眼的に | トップページ | エジプト動乱におけるイスラエルの立場 »