2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 神の子羊~過ぎ越しの贖罪の血 | トップページ | 人類の諸悪の根源はこれ!~その他雑記をつらつらと »

2010年12月17日 (金)

ジュリアン=アサンジ保釈

終末時計が止まったかのような錯覚すら覚えるくらいたいしたニュースもないので、懸案事項であったアサンジ氏について。

ジュリアン=アサンジ氏が16日保釈された模様です。
これで何となくのどの痞えが取れた気がします。慎重に?様子を見て吟味してきましたが(有能な方々は早々と見極めがついていたようですけど --;)、ほぼ断定してよろしいかと。今さらアホやん!と言う方はスルーしてください。

Images

* オーストラリア人ですけど、見た目には、ドイツ北欧系の移民のようですね・・・

結論から言うとアサンジ氏は、やはりユダ金陣営の「アクセルとブレーキ役」のブレーキ役、バランサーなんでしょう。

世界のウラを知っていそうな学識高き自治問題、経済アナリスト関連の学者先生でさえ、レジスタンスであると見ている方々が多いようですがたぶん違うでしょう。

>24万ポンド(約3170万円)の保釈金の支払いをめぐるやりとりで、保釈は予定より数時間遅れた。保釈金は米映画監督マイケル・ムーア(Michael Moore)氏など支援者から集められたとみられる。
(c)AFP/Alice Ritchie and Danny Kemp

とAFPにはありますが、マイケル=ムーア自身バランサーでしょうし、この資金の出所にしても、報道にあるとおり無邪気な支援者からという要素もあろうかと思いますが、私には疑問符がつきます。

なお、ジョージ=ソロス、ロスチャイルドとの関係も前々から囁かれていましたし、私としては、大芝居を打ったのではないかな・・・と見てしまいます。恐ろしいくらいに手が込んでいると思わざるを得ません。それとも単に私が疑り深いだけなのだろうか?

さて、問題はこれから先となってくるんでしょうが、たぶん、アサンジがこれでおとなしくなるとは思えません。
とりあえず世界人間牧場への、ネット規制、情報統制への布石は打てた。今のところそれほどインパクトのあるリーク記事は見受けられませんが、アサンジを反権力、一般市民の英雄としてデビューさせることも出来た。情報テロ核爆弾を隠し持っている可能性もある。
たとえ偽情報でも、世界市民が真実であると信ずればその効果は抜群、「ウソも百回言えば真実となる」とはよくも言ったものです。

ビル=ゲイツがそうであったように、世界支配の役に立ちそうなカリスマ性を持ち合わせた有能なる人物にはサタンが近寄ってくる来るようです、甘い誘惑のささやきを携えて。

次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。

マタイ 4:8~9

参考 : AFPBBニュース、さてはてメモ帳、カレイド=スコープ 他

おまけ : 私のような無能で何の役にも立たない腑抜けには、間違ってもサタンは近づいて来ない。 
ゆえに無名のままで貧乏暮らし。これをこの世的には負け犬の遠吠えと言う --?

« 神の子羊~過ぎ越しの贖罪の血 | トップページ | 人類の諸悪の根源はこれ!~その他雑記をつらつらと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

滅多に見ないプラチナブロンドですね。
顔は全盛期のミッキーロークに似てなくもなく
う~んどうでしょう、まあハンサムな部類ですね。

不自然なのは、
①イスラエルやロシア・中国に関する機密がほとんどない。
②メキシコ湾に関する陰謀説関連情報がない。
③ハイチ地震やコレラ蔓延について陰謀を決定づける情報なし。
④各国政治家のキャラクターを揶揄するという
             結構どうでもいい情報が多すぎる。
⑤おぞましい映像ほとんど皆無。

全体としては米国にとって恥ずかしい情報の羅列で、
WW3の開戦を決定的に後押しする事柄はゼロでした。

なので次のイベントは
アサンジ氏が投獄されたり米国政府から起訴された時に
一斉に公開するぞ・・とのたまう1.4ギガバイトにも及ぶ
「滅亡ファイル」の公開なのですが、(1.4ギガ=70万ページくらい?)
まあディスインフォメーションも数パーセント混入しての事でしょうから
結局何が本当なのか読めない。 期待ハズレになる可能性大ですね。

しかし
①我々の予想に反して、米国民の大半が怒り心頭な事と、
②他のハッカーへのみせしめ
③恥をかいてしまった他国への申し訳

も手伝い、米国政府は彼をスパイ罪で起訴することは
間違いない、と言われています。
そしてスパイ罪で起訴されればどうなるか?
        ↓
その裁判の過程においては
米国情報機関から、数々の情報部員が証言台に立たなければならず
そのプロセスで
①米国情報部員の顔や身元が、
  その裁判を見に来ている他国スパイに, さらし者になってしまう。
②証言台において、アサンジ氏の有罪を強固にするには
  情報部員が更に多くの機密情報を話さなければならなくなり
  米国にとっての傷口は広がるだけ。
 
よって起訴しても米国政府は本気で裁判に臨まないか、
あるいは裁判には持込まない可能性あり・・
・・と解説してするコメンテーターもいます。

というわけで、明日以降のヨンピョン島の射撃訓練のほうが
現実的に世界を騒がせる様相ありなんじゃないでしょうか?

そう言えば、中共幹部連中がスイスの銀行に不正蓄財とウィキリークスが暴露したと東海アマのツイッターにありましたが、騒がれませんね?どうなったのでしょうか?ガセ?

朝鮮半島情勢に関してロシアが国連緊急安保理開催を要求とか。
ニューメキシコ知事も北を訪朝中ですし、さてどうなるのか?

それにしても段々とやることに対し手が込んできており、見極めが難しくなりつつありますね --;

追記~
そうそう、大事なこと書くの忘れてた。
アサンジは、「9.11テロが陰謀なワケがない!」と豪語していたんでしたっけね・・・

すいません、勉強不足でした(恥)。幹部がスイスに不正蓄財ですか‥。腐敗も極まった、という事ですね。▲▽スイスはヨーロッパで一番アンタッチャブルなエリアですから、終末の最後まで、その実像は明らかにされない可能性もありますよね。◆◇あとアサンジ氏の911に関する姿勢ですが…あからさまに「私は米国の味方」的な所感ですよね。これも不自然なのです。もし彼が本当にOWO側の人間ならば、そうゆう一般人から疑われるようなスタンスを見せるだろうか?…とひねくれ者の私は感ずるのです。◆◇しかしまだまだ 分かりません。私の勘ぐり過ぎかも知れませんし。。それと他にもアデン湾の事、ノルウェーの空の渦巻き怪光の事、オーストラリア平原や日本の瀬戸内海の巨大なドーナツ型の雲の事、カリフォルニアの潜水艦ミサイル事件、カリフォルニアのケム機墜落の大事故、気象兵器の事など、明らかにして欲しい事柄が沢山あります。●○とりあえずアサンジ氏の「滅亡ファイル」は見守ってゆく必要がありそうですね。

それにしてもガリラヤさん、精力的にチェック入れてますね^^;

どの程度までか詳しいことはわかりませんが、ウィキが、「バンカメ」攻撃を始めたようですね・・・
韓国軍も射撃訓練やるようだし、北朝鮮も戦闘機が地下格納庫から姿を現したようで。

何も年末くらいおとなしく過ぎ越せばいいものを、連中何考えてんだろ?

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

父が、脳梗塞で入院し、多忙な毎日を送っています。
80を過ぎた頑固な父が、ベッドで24時間の点滴を受け、身動き取れない身体となって横たわっている姿を見る時、そこには人生の終盤を迎えた老人の悲しみを感じます。
何も言わなくても、死を見つめ、その先にある漠然とした不安を感じているのがわかります。
 
 死の綱が私を取り巻き、
 よみの恐怖が私を襲い、
 私は悲しみと悲しみの中にあった。(詩篇116・3)

死はいつ人を襲ってくるかもわからない暗闇の恐怖。
回りのベッドに横たわっている患者さんの姿も皆その言葉に出来ない恐怖と少なからず戦っていると・・・。

神さまが、御子イエスさまを信じる者に永遠の命を与えられ、死に勝利を与えられ、悲しみと恐怖の中にある人々を解放して下さった恵みはなんて大きいのでしょうね。

父は私が救われて17歳の時から祈っています。憐れみ深い神は今に至るまで私の祈りをお聞きになられてきっと最後には救いを与えて下さると信じています。

幸い手足の麻痺もなく、来年の初めには退院できそうです。感謝!

朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、「死は勝利にのまれた。」としるされている、みことばが実現します。
「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。」
死のとげは罪であり、罪の力は律法です。
しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。(Ⅰコリント15・54-57)

enjeru様
>幸い手足の麻痺もなく、来年の初めには退院できそうです

良かったですね。
お父様はまだ主を受け入れてらっしゃらないのでしょうか?
そうでしたら病床のお父様も、今は不安な心境かとお察しいたします。

私の母は70代なかばで肺気腫です。
そんな体調悪い母に対して時々口げんかしたりと、自分を恥じます。

お父様は、まずはもうじきご退院されるという事で嬉しいですよね。
主が祈りを聞いて下さったのでしょう。

次はenjeruさんに続いてお父様も勝利に導かれると感動ですね。
長期予報では厳冬になりそうですがどうかお大事に。

言いたいことはガリラヤさんが代弁してくださったので省略させていただきます。

enjeruさんとお父様の上に、平安と癒しとが豊かに注がれますように。
アーメン

ガリラヤさん

ありがとうございます。

肺気腫の病の中にあられるお母様が早く主イエスを受け入れられて
永遠の命と主にある平安が豊かにありますように~!

ザアカイさん

お祈りありがとうございます。

enjeruさん、お正月どころではないとお察しします。
お父様はいかがですか? 順調に回復され、思いがけない雪景色を楽しんでおられることを願います。

人がイエス様を受け入れた時、本人以上に周りの人たちが歓喜しますよね。ましてや17歳からの長い
長い祈りが叶えられた時の喜びはどのようなものでしょう!!

年末年始と浮かれる世間の片隅で、enjeruさん、ガリラヤさんをはじめ 家族を心配し看護する方達が
神様のもとで心と体が守られ、平安と休息が与えられますように。
また医療にたずさわっている人達にも 神様を通して気力と意欲と知恵が与えられますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/50325664

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリアン=アサンジ保釈:

« 神の子羊~過ぎ越しの贖罪の血 | トップページ | 人類の諸悪の根源はこれ!~その他雑記をつらつらと »