2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 韓半島危機に関する一考察 | トップページ | 総括2010年 »

2010年12月 3日 (金)

雑記をあれこれ

またまた悪いクセで一週間更新が空きました --;

あまり調子が良いとは言えません・・・元気が出ないのに加え、閃きも悪い。書こうと思っている案件はいくつかあるのですが、五里霧中の状態で命題を論じる段階に至ってないというところ。

でもせっかく書き始めたので、少しも書いておこう。このまま削除する必要もないでしょう。

まず、ジュリアン=アサンジ率いるウィキリークス・・・その正体がわからない。

CIAのエージェントなのか、モサドのエージェントか?はたまたヨーロッパ・サイドの工作員か?いや、考えすぎ、勘繰りすぎで、単なる狂気のハッカー集団の愉快犯なのか?どうもリーク内容が中途半端なだけに読めない・・・

アメリカのメガ・バンクに関する情報を近々公開し、それによって1,2行逝くかもしれないというから、それによって正体が判明するかもしれない。インサイダーの可能性の方が高いだろうか?

朝鮮半島も今の段階では読めませんね・・・本格的な戦争に至る確率は、フィフティー・フィフティーと言ったところか?

そして金融市場・・・これほど詐欺と欺瞞に満ちた場所も地球上にそれほど存在しないでしょう。まずは理屈通りに動かないエリア。

FRBがリーマン・ショック後の資金提供先を開示しましたが、予想通り今の段階では煙に巻いている。これまたどのように動くのか?わからないとしか今は言えない・・・また個人的な見解を言わせてもらえば、ユーロは空中分解しない。ギリシャ、アイルランド、ポルトガルのソブリン危機は計画通りなのではないだろうかと感じる。ヨーロッパ統一のブースター装置、茶番なのではないのかな?

UK=EU=(影の世界金融の胴元で、ロスチャイルドが裏から動かしていると言われているヨーロッパの人工国家)スイスなのではないかなと私は考えてます。

何はともあれ疲れてます・・・世の中小零細は、10年以上の長きに渡り、厳しい経営を強いられてきたわけで、心身ともにボロボロ。死に体にムチ打ちながら耐えてきたわけです・・・潰れずにやっていること自体奇跡です。どこかしらおかしくなって当然。調子悪いからといって休養などと言ってられない。保証など皆無、その瞬間から食えなくなります(涙;)

と、この辺で乱文も終わりにしましょうか。最後になりますが聖書から。

キリスト・イエスの良い兵卒として、わたしと苦しみを共にしてほしい。兵役に服している者は、日常生活の事に煩わされてはいない。ただ、兵を募った司令官を喜ばせようと努める。

第二テモテ 2:3~4

これは強烈でした・・・ただただ自分に失望するばかり。日常生活に煩わされているうちは、スタートラインにも立ててないわけですわね・・・やれやれです。

気合入れたい時はコレ等どうだろうか?

« 韓半島危機に関する一考察 | トップページ | 総括2010年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コロ助はキリストの四等兵、軍規違反者です。
いずれ自爆テロの命令を受けるでしょう。

すいません。睡眠障害で、睡眠相が前倒しになっているので、今気分がすぐれないのです。

睡眠障害で眠剤を服用した経験は私もあるので、あの辛さはわかります・・・3時間ぴったりで悪夢にうなされたように目が覚め、そのあと頭が冴えまくりでまったく眠れない・・・夜中の2時、3時ごろ起きた所で日が昇るまでなにやってろと言うのよ(涙;)

謝る事はありません。
ただ、コロ助さんの上に神の憐れみが豊かに注がれますように。

ザアさん いつも子羊村でお世話になっています。
私はいつでも営倉に入れられそうな、出来損ないの兵の一人です。

>心身ともにボロボロ。 (中略)潰れずにやっていること自体奇跡です。
 (中略)調子悪いからといって休養などと言ってられない。
 保証など皆無、その瞬間から食えなくなります。

私は雇われの身ですが、ザアさんと同じくカツカツで、
休めばその瞬間から終わり・・いや終われればまだいい、
職を失えば更に苦しくなりますから、終わる事さえできない。
そういう、ジレンマと恐怖と怒りと不安の毎日です。

ウィキリークスですが、大した情報もなく、うそっぽくて
最初から読む気も出ませんでした。
しかも
イ ス ラ エ ル に 関 す る 重 要 機 密 が な い。
どの国の機関が仕組んだのかは明らかですね。

ガリラヤさん、こちらこそいつもありがとうございます。
こちらの投稿はたぶん?はじめてですよね。

「終われればまだいい。終わることさえ出来ない」ですか --;
至極名言ですね。
実際問題、水と食料があれば、とりあえず生きながらえることは出来るんでしょうけど、公共料金、税金関係、教育費等・・・物納効きませんからね。
混乱の極みにでも達すればともかく、物々交換システムだけでやって行けるほど、連中は甘い存在ではないと私的には思います。

ま、考えたってしょうがないし、「命預けます。御心のままに」が一番大切なんでしょうかねえ~

ウィキリークスに関しても、今後を見通す上で、ある程度重要な役割を演じる可能性がありそうな気もするのでいろいろ探っているのですが、陰謀論の知識のある著名なジャーナリスト、ハイレベルな人気ブロガーの間でもポジションは真っ二つですね。

7:3から8:2でインサイダー、ディスインフォーマーだろうと見ていますが、残りの2,3割の要素を見極めるまで、結論保留状態です --;

ゆうべ、わたぴ~さんのブログでやり取りしたのですが、どちらサイドであれ

これだけ利用価値のある存在をサタンが放っておくはずがなく、カオス演出のために、とことんうまく利用するだろう

ということだけは確信いたしましたです、ハイm(__)m
あとはうまく行くかどうかで
たとえ短命でも致命的な打撃を与える可能性を隠し持っているかもしれないとだけ今は書いておこうと思います。
アサンジもサタンに白羽の矢を立てられたかな?

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

この世で生きることは、本当に試練が多いですね。
主が来られるまで・・・ただ忍耐して待つしかありませんが、
私たち・・・主イエスにある希望が残されていることは感謝です。

御座について考えていました。

たちまち私は、御霊に感じた。すると見よ。天に一つの御座があり、
その座についている方があり、その方は碧玉や赤めのうのように見え、
その御座の回りには、緑玉のように見える虹があった。
また、御座のまわりに24の座があった。これらの座には、白い衣を着て、
金の冠を頭にかぶった24人の長老たちが座っていた。
御座からいなずまと雷鳴が起こった。7つのともし火が御座の前で燃えていた。神の7つの御霊である。
御座の前には、水晶に似たガラスの海のようであった。御座の中央と御座の回りに、前も後ろも目で満ちた4つの生き物がいた。(黙示4・2-6)

また私は見た。私は御座と生き物と長老たちとの回りに。多くの御使いたちの声を聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍であった。(黙示5・11)

神の御座は、神の栄光に満ちた所。
そこに神が着座しておられ、その前には水晶のようなガラスの海が前面に広がっており、御座の回りは栄光を現す光りの輪で取り囲まれている様子が伺えます。また御座のすぐ回りには24の座があり、金の冠をかぶった長老が座っており、4つの生き物もその回りで神を賛美しています。
またその外側を無数の数え切れない天使たちが轟きのような声で神の栄光をほめたたえています。
これは、私の天の御座の想像ですが、人間では測り知ることのできない巨大な光りの栄光に満ちた所なのでしょうね。いつかそれを見る日が来るのでしょうか?これほどの御座の栄光を捨てて、地に下り、さらにへりくだり、人間の罪をその身に背負い、十字架に架かられた主イエスをほめたたえずにはおれませんね。

神は祝福に満ちた唯一の主権者、王の王、主の主、
ただひとり死のない方であり、近づくこともできない光りの中に住まわれ、人間がだれひとり見たことのない、また見ることのできない方です。誉れと、とこしえの主権は神のものです。アーメン(Ⅰテモテ6・15-16)

あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。
すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富むものとなるためです。(Ⅱコリント8・9)

enjeruさん、こんばんは。

御座ですか・・・私も黙示録の記述から想像したことしかありませんが、壮大なんでしょうね。
新天新地が天から降りてきて、約束の地が実現した暁には、あのような礼拝になるんでしょうね。それこそ本物の全宇宙統一的な、まったくもって完璧なるものなんでしょう・・・

そしてやはり、父なる神は見えないんでしょうね。主イエスは見えるような気がしますが。

おととい初めてここに投稿させて頂きました。
こちらに掲示板があることを最近知ったばかりです。

リークスのアサンジ氏。
インサイダーか、ディスインフォーマーなのか・・

これまでOWOは敵を無力化する際、どんな手法をとってきたか?

①低俗な類の犯罪の濡れ衣をかぶせ、さっさと刑務所にぶちこむ
②さっさと殺す

の2種でしたよね。他はほとんど聞いた事が無いです。
         ↓
で、今回は①にみせかけているのですが、
イギリス警察がどうも
【彼には関わりたくない】ような雰囲気ですね。
闇の大物からストップをかけられているような・・。
         ↓
      これはどうも・・
「アサンジは利用価値があるから泳がせておけ」
と指示されているかのごとき、恣意的な逮捕引き延ばしを感じます。

まだ私はアサンジ氏については全く研究不足なので
断言はできないのですが、
         ↓
レオ・ザガミ氏と重なって見えます。
OWOとは敵なのだが、嘘情報を教えられた悪意のない
ディスインフォーマーなのではないかと。。

レオ・ザガミ氏が数年前OWOに捕まり、リンチを受けたのち、逃走に成功。
しかし闇貴族連中にとっては、敵を殺すことなぞ朝飯前。わざと逃走させたのでしょう。
ザガミがOWOにとり都合の悪い実話を話す存在なら、即処刑でしょフツー。

彼を泳がせてる理由はやはり闇貴族にとっては
“ 我々にとっては都合の良い 間違い情報 ”を流してくれる無邪気な奴
・・だからではないかな?と思うのです。

現段階では、ジュリアン・アサンジ氏も悪意なきディスインフォーマー
のように感じます。麗しの国の工作員による手の込んだ捏造を信じて。

◇◆ザアカイ様
そこなんですよ。水と木の実があれば生きて行けるのに、
国や自治体がそうさせてくれない。
税金払わねばならないし、家賃を無視すれば公営アパートから追放されます。
私1人がそうなるなら良いが、母まで路上生活させる事はできません。

最後の頼みは世界大戦によるカオス状態なのですが、
う~ん・・決め手となるような大きなことが起こらない。

カトラ火山は噴火してくれないし、
北朝鮮も期待だけ期待させておいて、何もしない。
イスラエルもイランも高いびきで長期休養中。
メキシコ湾の海底も当分は小康状態。
将来白髪のじじいになって「結局終末こなかったね・・」
そんなセリフが出るのでは?という心配をしています。


 

今日はなぜかバタバタしていて、先ほどネット始めたばかりなのですけど、さっきテレビでアサンジが逮捕されたとか?私テレビはほとんど聞いている程度で、あまりよく見てなかったので、今からネットで確認取ろうかと思ってます。ますます不可解な人物ですね・・・

>①低俗な類の犯罪の濡れ衣をかぶせ、さっさと刑務所にぶちこむ

→ フリッツ=スプリングマイヤー氏がそうでした。最近10年の長きに渡る務所生活から解放されたばかりです・・・

②さっさと殺す

→ジョン=ドッドこと、コリンズ家の裏切り者、トム=コリンズがそうでしたね。
シスコ=ホイーラー女史も何度も殺されかけました・・・

>将来白髪のじじいになって「結局終末こなかったね・・」
そんなセリフが出るのでは?という心配をしています。

→「ああ、人生は素晴らしい」という人生であればそれもいいですが、一生借金背負って転がしながら、苦しんで生きていく・・・出来れば勘弁願いたいところです・・・とほほ。


「人生は素晴らしい」・・私も一度は言ってみたかった言葉です。
こうやってザアさんから改めてこの語句の存在を知らされ、
おお、なんと新鮮なワードだろうか、と思いました。

子供の頃は『大人っていいな。働くってきっと楽しい事なんだろうな』
と思い、早く大人になれるようワクワク胸をときめかせていたものです。
そして大人になった今、そのあまりの「落差」に気絶しそうな思いです。
無理もありません。この世はサタンに支配された世界。
サタン側につく事なく、幸せになれるはずは無い事を知りました。

「人生は素晴らしい」・・もう今では 言ってみたい と思いません。
このセリフを愛用する人はきっとサタン側かそれに近い人ですから。

それよりも、
24人の長老や数万の天使のいるあの水晶のガラスの海で
「ここは素晴らしい」と言える瞬間にあう事が私の夢です。
この掲示板に居るみなさんと、いつか肩をたたきあって
たたえあい、神の御座のそばで主を賛美できますように。

ザアさん言及のジョントッド氏に関する消息は2種類あるようですね。
           ↓
①一九八七年、レイプの罪を捏造され、懲役三〇年の判決を受ける。
  スプリングマイヤーによれば、 トッドは一九九四年に釈放されたが、
 「あるヘリコプターによって連れ去られ」そして殺害された。

②ジェームズ氏のウェブサイトでは、
 トッドはサウスカロライナの刑務所から二〇〇四年四月に釈放され、
 その後再び、サウスカロライナ州、精神保健部の「行為障害治療施設」 
 に幽閉されていると記録されている。
 施設長のチャド・ロミニック[Chad Lominick]へ電話してみたが、
 返事はなかった。

ガリラヤ個人の願望にほかなりませんが、
②であってほしい。そうであればどんなに嬉しいでしょうか。
施設長から返事がない・・ここがキモのようです。
また①の事案だと、証拠に欠ける気がしないでもない。

いずれにせよ、彼は本当の意味で「救済」されたのかも知れません。
トッドが天国で拍手のなか迎えられますように・・。

ジュリアン・アサンジ氏が、ザアさん言及のスプリングマイヤー氏と同じく
低俗な罪の濡れ衣で逮捕されました。
もう手垢たっぷりのパターンですねコレ。
さすが新しいことを嫌うOWOです。

今回の騒動で、報道統制は猛烈に強化され、
アメリカのナチ化が加速するのでは・・?と感じています。

この掲示板に居るみなさんと、いつか肩をたたきあって
たたえあい、神の御座のそばで主を賛美できますように。

→アーメンです

さてアサンジ氏、逮捕された後どうなるか?すぐに釈放されるのか?それとも長期拘留となるのか・・・私は、結論を先送りさせてもらいましょうか。

この先、ウィキリークスのフォーカスすべきことは、フォーブスとのインタビューにあったように、「金融情報テロ」を本当に仕掛けてくるかどうかでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/50202595

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記をあれこれ:

« 韓半島危機に関する一考察 | トップページ | 総括2010年 »