2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 聖書から見る近未来シナリオ~おさらい | トップページ | 多くの者はあちこちと探り調べ »

2010年9月12日 (日)

ユダヤ暦について

私は時々、ユダヤ暦を取り上げます。
もちろん基本は、グレゴリオ暦でいいと思いますが、なぜ?ユダヤ暦なのか?

その理由は、神のシナリオはユダヤ暦をベースに動いている可能性、あくまで可能性ですよ、が高いのではないか?と考えるからです。

ちなみに今年の主なユダヤの祭日はというと・・・

3月30日~過ぎ越しペサハ初日)~4月5日ペサハ最終日

5月19日~七週の祭り=初穂の祭り=ペンテコステ~シャブオット

9月9日~ラッパの祭り=ユダヤ暦新年~ロシュ=ハシャナー

9月18日~贖罪日~ヨム=キプル

9月23日~29日~仮庵の祭り=収穫祭=タベナクル~スコット

* レビ記23章を参照のこと

必要以上に律法主義になることはないと思いますが、これがまた示唆深い予表が隠されているのです。

ペサハ=過ぎ越しはもちろん、キリストの十字架による贖い。
過ぎ越しの祭りが始まる直前(日没前)に当時は、生贄として羊が屠られていました。
ちょうどその時間!主イエスは十字架に架かり、ただ一度だけ、それは完全であり、付け加える物は何もない。キズ一つない完璧なる聖なる罪なき羊として、全人類の贖罪をしてくださりました。

次にペンテコステ。これはおそらく、千年王国のキリスト直属の祭司=官僚に当たるのでしょう。文字通り、初穂としての144000人の予表です。

最後に仮庵。これは、終末の大収穫=大リバイバルの予表です。ただ、今の調子で行く限り日本では・・・あり得るのかいな?

これは神による人類の救済計画を表してます。知っていて損はないでしょう。
ちなみに、カトリックはもちろん、プロテスタントの福音系、ペンテコステ系の教会ではまず教えてくれません。SDAは必要以上にこだわっているようですが。

誤解を恐れずに言うならば、キリスト教とは、完成されたユダヤ教ということもいえるからです。もちろん旧約のイスラエルは人類の縮図であり、新約のイスラエルはクリスチャンであって、聖書の神=ヤハウエは全人類の全知全能なる創造主であり唯一絶対神。そしてメシヤであり、御子なるキリスト、聖霊の完璧なるハーモニー。
救いの手始めにユダヤ人を選び、ユダヤ人は良くも悪くも人類の長子ではあろうかと思いますが、全人類の神であることに疑問の余地はありません。

ちなみに2010年9月9日前後に、単なる偶然か、何らかのメッセージなのかわかりませんが、地球に二つの小惑星(大きい方がおそらく直系でしょうね?20mほどの大きさだとか?)が接近し、ニアミスしたとNASAが発表しました。
何でも地球と月の間だとか。

個人的には、フォトン=ベルトもアセンションも、マヤ暦の終焉もサタンからのペテンだと思ってますが、それでも2012年という年を無視することは愚かであると考えます。今の流れから言って、無視はできないことでしょう。

« 聖書から見る近未来シナリオ~おさらい | トップページ | 多くの者はあちこちと探り調べ »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

バルナバさんの情報では、例の牧師の「コーラン焼却」が事実ですのに
他のニュースでは中止になったという情報が大半。
きっと暴動を恐れて真実を言っていないのでしょうね。
けれどもすでにこの問題は世界中で「イスラム教 対 キリスト教+イスラエル」の様相を呈してきました。
キリスト教徒への迫害が始まる可能性もありますね。
闇はさらに濃く、サタンは自分の時が近いことを知り、勢いを増してきている様子。
けれど私たち主イエスの救いを受けた者は、たとい世界が闇に包まれても
キリストの愛が取り囲んでいることを知っていますから、
「世の光」として輝くことができますね。
今、私たち一人一人祈りによって神に目を注ぎ、心を静めてまもなく来られる主を待ち望みたいですね。
すべてのものが「主イエスこそ真実の神です!」と言う日が来るのが早まりますように。

 彼らが、おのおのその町の者に、
 またおのおのその兄弟に教えて、
 『主を知れ。』と言うことは決してない。
 彼らはみな、わたしを知るようになるからである。
 なぜなら、私は彼らの不義にあわれみをかけ、
 もはや、彼らの罪を思い出さないからである。(ヘブル8・11-12)

enjeruさん、こんばんは。

少しずつですが、世界中で影響が出始めているようですね。インド、アフガンでは死者も出たようですし・・・
「憎しみ」はサタンのエネルギー源なだけに、仰るように闇が深くなるかもしれませんね。

ミシシッピー川河口では大量の魚の死骸が浮かんだようです。おそらくメキシコ湾に関係しているんでしょう。

闇が深くなり、たとえ戦争が始まったとして、キリストの十字架による救いは変りませんからね!

林さんなんですか?

 enjeru さんおはようございます、コーラン焼却はテキサスの牧師のようですよ。お勧めサイトの「In Deep」観てください。

お塩事件といい、いや~な気分にさせられますね。

さて、菅さんで一件落着したので地震は心配なくなったようですね。
それにしても夕方の瀬戸内上空の雲は不気味でしたけどね。

私は、Johnでもなければ、林という人物でもありませんよ。
悪しからず。

悪意のあるようなコメントには思えないのでお答えしておきますが、以後このような質問はスルーさせていただきます。

そもそも「ハイ、そうです」などと答える人はいないと思いますが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/49430256

この記事へのトラックバック一覧です: ユダヤ暦について:

« 聖書から見る近未来シナリオ~おさらい | トップページ | 多くの者はあちこちと探り調べ »