2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 聖書の暗号(バイブル=コード)について | トップページ | ついにブシェール原発が21日に稼動~イスラエルは動くのか? »

2010年8月12日 (木)

第七の封印~第一のラッパから第四のラッパを神がほんの少しだけ教えて下さっている?

第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一は血となり、 海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。

第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた。 この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。

第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くなり、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

黙示 8:7~12

ここの箇所は、有名な使徒ヨハネが見たという終末の幻なわけです・・・おそらく大艱難期の後半、3年半の出来事かもしれません。
私は預言者でもなく、使徒ヨハネでもないので、その真実はわかろうはずもありません。

「自称」終末の預言者は「第一のラッパは既に鳴っている」とアナウンスしておりますが --;

しかしながら、ここ最近の世界中で起っている異常気象による災害を見ていると、その片鱗、予表をわずかながら見せられている?と感じなくもありません。ほんの少しだけ神は見せて下さっているのだろうか?
ひょっとしたら、これらの事象をエスカレートしたものなのかもしれません。

ちょっと感じたことがあるので書き出してみます・・・

第一のラッパ

「ニガヨモギ」を意味するチェルノブイリ近くで火災が発生しているようです。森林保護局とグリーン=ピースの報告が食い違っている模様。放射性物質の拡散が懸念されているようです・・・結論を出すのは早計か?
モスクワ市の放射線監視センターの担当者によると、現時点での市内の放射能レベルは通常から変化はなく

「パニックになる必要はない。現在燃えているのは地表面だけ。放射性物
質は地層深くに埋まっているため、最後の最後まで燃えない」

ロシア政府の保健当局者も、ラジオで、「ブリャンスク州の北西部でバックグラウンド汚染(低濃度の常時観測される残留汚染)が確認されたのみ」と、平静を呼び掛けた。

とのようですが、モスクワ(Moscow)から東に500キロのサロフ(Sarov)の主要核研究施設近辺で同日、落雷により、新たな森林火災が発生し、政府が現地に派遣していた消防士、兵士数百人の引き揚げを開始した直後のことという報道がありましたが、なんか?霊的なものを私は感じてしまう・・・単なる偶然か?

(ネタ元=ロイター、AFP)

それと、アフリカ中部でもロシア以上の?広範囲な山火事が起きているとの事なのですが、まったくもって報道がなく、ネットで検索しても出てきません・・・もしこれが事実だったら、第一のラッパは鳴ったかもしれませんね。

今回のロシアの山火事は、カリフォルニア、オーストラリアの山火事と一緒にすべきではないかもしれません。火、水は聖書的には霊(水はほとんど聖霊でしょうが、火は聖霊の場合もあれば、悪霊を指す場合もあります)のたとえでもあるので。

さて次です。

第二のラッパ

これは散々書いてきたので簡略しますが、言うまでもなくメキシコ湾。原油流出箇所は蓋をしたらしい?ですけど、海底岩盤の亀裂から原油が漏れているらしい、メタンガスが発生しているとの情報もあり、予断を許さない状況。大西洋へはまだ流出してないんでしょうね。

第三のラッパ

ことは北半球だけではありません --;

ボリビアの寒波被害
死んだ魚、アリゲーター、亀、イルカなど総数600万匹がボリビアの川に浮いているようで、百万匹以上の魚(現在では六百万に修正)、ワニ、亀、イルカなどの野生生物が数千、Santa Cruz、Beni、Tarijaなどのボリビアの南東部の多くの川で死んで浮かんでいるようです。
非常に強力な寒冷前線が7月中旬にボリビアを襲い、河の水温が河の生き物が耐えられるより低くなり、この結果、河、湖、ラングーンや漁場などは腐敗した魚や他の生物で溢れ返っている模様。ボリビアではこのようなことはかってなく、川岸に暮らす人々の話では、臭いがひどく、河の堤防から1キロ離れていても臭いが感じられるほどだそうです。

「百聞は一見にしかず」ですから以下の動画を↓

第四のラッパ

モスクワの状況ですが、酷い!のひとこと。国によっては大使館関係者にモスクワを離れるように勧告が出されているようですが、首都機能が麻痺していないのだから、まだそこまでではないのか?という状況のようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

くどいようですが、私はこれらがラッパの災害であると言っているのではありません。神はほんの少しだけそのさわりを見せてくださっているのではないか?ということです。しかしこれだけ短期間に集中するとなると、本番はそう遠くないような気がします。ロシアの山火事、メキシコ湾の原油流出事故に限っては、ラッパそのものになる可能性すら秘めている。

中国でのノアの洪水を髣髴とさせる洪水災害も凄まじいの一言ですし、これまたロシアネタですが、グルジア紛争から二年。ロシアがアブハジアに地対空ミサイルS-300を配備したようです。コーカサス地方は、ロシアにとって中東方面への足がかりとして、地政学的にいっても是が非でも押さえておきたい地域。山火事騒ぎでそれどころじゃない?と思うのですが、しっかり戦略を練っているところなど、日本の腑抜け政治家連中とは違うのでしょう --;

わたしはあなたを引きもどし、あなたのあごにかぎをかけて、あなたと、あなたのすべての軍勢と、馬と、騎兵とを引き出す。彼らはみな武具をつけ、大盾、小盾を持ち、すべてつるぎをとる者で大軍である。

エゼキエル書 / 38章 4節

何度も引用している箇所ですが、「あなたのあごにかぎをかけて」が山火事であるとするならば

主なる神はこう言われる、その日に、あなたの心に思いが起り、悪い計りごとを企てて、

エゼキエル書 / 38章 10節

とあるように、その一方でしっかり戦略を練っているんでしょう。その時期とタイミングを決めるのは、やはり神のみ業なのでしょうかね・・・

最後に、森元総理の長男とハマコーが逮捕されました。恥犬の捜査が自民党に及びつつあるようです。
デビッド=ロックフェラーが危篤であるとの噂がありますが、権力委譲でジェイ=ロックフェラーがアメリカの帝王(こちらがロックフェラー家の本家本元で四世です。デビッドは5男で分家)に就くとなると、清和会も風前の灯かもしれません。竹中、小泉、飯島の悪行がさらけ出されるのなら、私泣いて喜びますが^^;

もしこの噂が本当なら、小沢民主党はとりあえず、とりあえずでしょうが、安泰となるかもしれません・・・ただ、自民と大連立、大政翼賛会政治の悪夢再びなどとなったら・・・えらいことですが --;
今の流れを見ていると、ひょっとしたら?本当に危篤なのかも?と考えられなくもありませんね。ウラの世界も大激動、ますます終末の様相を呈していることは間違いないようです。


« 聖書の暗号(バイブル=コード)について | トップページ | ついにブシェール原発が21日に稼動~イスラエルは動くのか? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

私も 
ラッパがなったら こんなことが 起こるんだよ~
って感じで 神様が教えてくれてるような気がしてます

予行練習みたいな
こうゆうときは どうしたらいいかとか

ラッパが鳴ったら もっとすごい状態でしょうが

オーストリア大使館、全オーストリア国民に直ちにロシアを離れるよう勧告。

噂によれば、核弾頭貯蔵庫、火災により延焼との事。

諸国民は海の轟きのような万物の終わりを予感して、まさに気を失うでしょう!
しかし、あなたがたはこれらのことが起こったなら身を真っ直ぐにして頭をあげなさい。あなたがたの救出がまさに近いからです。
マルタマルタ、あなたはたくさんの事で思い悩んでいるが、大切なのはただ一つだけなんだよ。マリヤは良いほうを選んだのだ。

朝の霊感により聖書の断片的引用でした。ああさわやかな風が頬をそよぐ!世間はお盆休み帰省中なり。横浜は曇天 …。早く栄えのからだになって空を自由に飛んでみたい!♪何時かは知らねど主イエスの再びこの世に来たもう日ぞ待たるる~その時 聖徒は死よりよみがえり、我らも栄えの姿とならん!

悩みは終わりて、ちとせの世となり
あまねく~世界は君に仕えん。荒野に水湧き砂漠に花咲きみ神の栄えを仰ぎうべし

携え挙げられ主イエスに抱かるその日の喜びいかばかりぞ~備えは終わりいざ来たりたまえ花婿なる主よ救い主よ~

アーメン

聖歌623番より

この歌は明治時代 築地明石町の外人居留地近く、今の汐留や銀座でバイオリン片手で宣教師と日本人信徒が路傍伝道の際に歌われた有名な曲だそうです。424番のただ信ぜよとともに~明治の開国の風を感じませんか。

いつかは知らねど

聖歌623番より

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&xl=xl_blazer&hl=ja&rl=yes&xl=xl_blazer&v=hPRgwGDAms8

この歌は、替え歌として、「真白き富士の峰」とか「七里浜の哀歌」として日本人に親しまれております。

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&xl=xl_blazer&hl=ja&xl=xl_blazer&v=bIhLJj-VqAo

nさん、こんにちは。

出来ることなら・・・この程度で勘弁してもらいたいものですね --;
これは個人的考えですが、人間を矯正するためとはいえ、必要以上の天災は下さないという思いも。
やはり憂うべきは、人災なのかもしれませんね・・・

あれこれさん、いつも情報ありがとうございます。

なかなか真相を知るのは我々一般市民では難しいですね。
私はブログ始めた当初から、ロシアに関してはず~っと書いてきましたが、やはりいろいろな意味での大国だと思います。

アンちゃん、毎度。

良い歌詞ですね。
いましばし、この物質世界で食いつないでいかねばならないようですな(涙;)
しかしなんと言いましょうか、このエントリーでのキーワードは

「史上最悪」
「前代未聞」
「今だかつてこのようなことはなかった」etc・・・ (-_-;)


はじめまして。いつも読ませていただいてますが、初めてコメントします。大西洋でもすでに魚が大量に死んでいると In Deepさんのブログにありました。メキ湾での海流がとどこおってるという情報もありますが、すでに油は、アメリカの東海岸側に届いているのでは?

私もクリスチャンで、ラッパの予行演習的なかんじを受けます。これが本当になると恐怖ですね。リハのうちに皆が心の目を開かれて、神様を受け入れてくれるといいのですが。。。

ペコさん、こちらこそはじめまして。ニューカマー大歓迎ですm(__)m

私も本日、東海岸でサカナが大量死というニュースを見ました・・・おそらく検閲かかっているだろうから、ひょっとしたらひょっとするかも?ですね。

仰るように、一人でも多くの方が心を開いてくれればと思います。それほど時間はないような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/49131801

この記事へのトラックバック一覧です: 第七の封印~第一のラッパから第四のラッパを神がほんの少しだけ教えて下さっている?:

« 聖書の暗号(バイブル=コード)について | トップページ | ついにブシェール原発が21日に稼動~イスラエルは動くのか? »