2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 7月末から8月始めの気になる話 | トップページ | イスラエル・レバノン両軍が衝突、そしてキャメロン発言 »

2010年8月 1日 (日)

異常気象「2010年夏」と気になった件を二つほど

嵐の前の静けさのごとき7月も終わり、8月に入りました。今年もあと5ヶ月 --;・・・ストレスフルな日々が続きます、明らかにノーマルではない状況。生かさず殺さず、人が苦しみ、不安がっているのを、陰からニヤニヤしながら眺められている感じです(-_-メ)・・・陰険やねえ~

とはいえ、世の中のマジョリティーは何も感じてない人がほとんどかもしれません・・・海老蔵、小林真央の豪華披露宴見てため息漏らしているくらいか?別に他意はありません、貧乏人のひがみと思ってくださいまし(笑)

何か世界の異常気象もここに来て極まったかなと言う感じです。これ以上エスカレートしたら、本当に「ノウイング」のラストシーンや、「ザ・デイ・アフター・トゥモロー」「2012」の世界になってしまう・・・

日本のゲリラ豪雨も悲惨ですが、ちょっと世界を見てみましょう。

○ 観測史上最もひどい猛暑となったロシア西部では森林火災が収まらず、モスクワの最高気温が38.2度とか?あり得ねえ~!
旱魃被害もひどいようで、世界の穀倉地帯でもあるだけに小麦価格の高騰という懸念も。

プーチン首相の「裏切り者はろくな死に方をしない」という、アメリカで拘束されたスパイを指して発した発言があったばかりですが、何かウラがありそうな・・・ますますロシアから目が離せません。

山火事で思い出しましたが、カリフォルニアでは、拡大速度が異常に早い crown fire という森林火災が発生しているとか?何か悪霊の業を感じます、デビッド=メイヤー師が健在であれば、なにか示唆深い解説が聞けたところですが・・・
参照 ↓
http://oka-jp.seesaa.net/article/158109378.html

○ 中国では豪雨に伴う洪水被害が南部から東北部に拡大。三峡ダムも相変わらず警戒水位のようですが、北部のダムが決壊の危機で軍に出動要請が下ったとか。被災者人口1億超、凄まじいのひとこと。

○ パキスタンも1929年以来最悪の水害に見舞われたようで、モンスーンによる豪雨の影響で鉄砲水、土石流により、800人以上が死亡、北西部では36時間で312ミリという前例のない豪雨を記録したって・・・想像出来ませんね。

○ 南米は7月中旬から強い寒波に見舞われ、各地の合計で少なくとも200人以上の死者が出ている模様・・・これまた考えられない。

詳しくは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100801-00000083-san-soci

へとジャンプしてください。

七つの雷が声を発した時、わたしはそれを書きとめようとした。すると、天から声があって、「七つの雷の語ったことを封印せよ。それを書きとめるな」と言うのを聞いた。
それから、海と地の上に立っているのをわたしが見たあの御使は、天にむけて右手を上げ、 天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを造り、世々限りなく生きておられるかたをさして誓った、「もう時がない。第七の御使が吹き鳴らすラッパの音がする時には、神がその僕、預言者たちにお告げになったとおり、神の奥義は成就される」。

黙示 10:4~7

「もう時がない」・・・そうなのかもしれません。

この「7つの雷」は、ヨハネが「書きとめるな」と天使から指示を受けたもので、謎であり、納得できる解釈も聞いたことありませんが、「世の終わりは天変地異、異常気象が激しさを増す」、7つの雷のうちの一つが異常気象であろう、という解釈を聞いたことがあります。参考までに。

それと「ウォーク・イン」さんのブログに面白いこと書いてありました。

http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/

又、世の中のニュースも要注意、
コレでもかとばかり、予測を促す、

米GDPが減速して、今週の米雇用も落ちるだろう、

中国のバブルはもうはじけている、
加えて山峡ダムが警戒水位を超え続けている、

中東に戦艦が集結している、

金は暴落する、等々、

ネガティブニュースを聞き、
自己予測(先読み)で、
売りに入ると、しっぺ返しを食らう、

世の中の事象とマーケットの値動きは、
必ずしも連動しない・・・

* 私は貧乏人ゆえ、投資はやりませんというか、出来ませんが、明らかにマーケットはファンダメンタル、テクニカルなど「そんなの関係ねえ~」状態で理論は通用しない。八百長相場と成り果てたような・・・セオリーからいけば、借金してでも空売り仕掛けりゃ億万長者になれそうなものですが、世の中そんなに甘くない!スッテンテンになるのが関の山 --;

地道に行くしかないんでしょうね。今の生活が出来れば儲け物くらいに私は考えてます。金融市場はいずれ崩壊するのでしょうが、結構しぶといような気が・・・

それともう一丁。

『アストロロジーを研究して約45年になるが(中略)私は未だかつてこのような強力なアストロロジー上のパターンを見たことがない。

即ち、2010年8月1日前後数日間に、地球の軌道の外で多数の惑星が稀なアスペクトを形成するのを未だかつて見たことがない。これらの理由のみで、わたしにとって2010年は私の人生で最も重要な年になると思う。

2010年に何が起こるにしても、今年以降に重大な結果をもたらし、その状態は次の10年間も続き、さらにそれ以降まで続くかもしれない。

それは政府、およびビジネスの指導者たちにとって、如何に重大であるかを、いくら強調しても強調しすぎることはない。』

と、大岡山投資生活研究所/投資関連 から引用してますね。

* なるほど。ウェッブ・ボッド予言の、7月末から8月初旬が要注意であると言うのは、占星術的裏付(オカルティストの得意分野です)もあったわけですね・・・

ま、これに関しては今週中に結果が出ることでしょう。少なくとも「2010年が重要な年になりそうだ」ということに関しては否定しません。

ということで、何がよ!

となりそうなので、最後にお口直しに夏向けの音楽でも聴いてくださいm(__)m

« 7月末から8月始めの気になる話 | トップページ | イスラエル・レバノン両軍が衝突、そしてキャメロン発言 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

とにかく、来月のユダヤ暦の新年までの約四十日まで気をつけてください。

ひょっとしたらひょっとして…。簡単なメモで良いですので遺書を書いてください。

もう、本当に時間がありません。一度、自分名義の預金通帳や保険など把握しておくべきだと思います。

あと、暑さで水をがぶがぶ飲んでお腹壊さないでください。食あたり水あたりに正露丸を飲んでおきましょう。食中毒にも気をつけてください。

ええ~、毎度のことですが夏になると・・・腹の調子は良くないです(笑)
なるべく水は常温で飲むようにしてますが、胃が痛くなることはまずないにして、腸が弱いようで・・・脳神経もやられてるし(涙;)

今年は9月9日ですか・・・
ラッパの祭りと言うくらいだから、無視はできませんね。
実際、2008年のラッパの祭りの当日か前日だったかな?
リーマン・ショックから、NY市場の777ドルの暴落が起きてるし・・・

ラッパの前に まず封印が解かれるんですよね?
それから ラッパですよね?

封印はすでに開封されております。
第一の封印…白い馬、正義の名のもとに、キリスト教の世界的宣教 特に大航海時代を挟んでキリスト教化が世界中に広まる。
第二の封印…戦争と殺戮 赤い剣、特に第一次世界大戦、共産革命、第二次世界大戦、民は民に戦う。
第三の封印…黒い天秤の馬、経済 食糧飢饉、人工問題を含む。イスラム教の台頭
第四の封印…蒼ざめた馬、世界的疫病 インフルエンザ。
第5の封印…キリスト教への迫害 犬のような犯罪者集団の台頭 愛の喪失。
第6の封印…天変地異 異常気象 地震 火災、洪水、噴火、害虫…。
第七の封印…以上の封印によって、半時の時間的静寂を経て、ラッパ の裁きへ至る。

nさん、いつもどうもです。

解説はアンちゃんがしてくれたので、その通りです。
その内容については、様々な解釈がなされてますが、アンちゃんの解釈は無難な所だと思います。

そして、第七の封印の中身が、七つのラッパ→七番目のラッパの中身が
→七つの鉢の災いとなるわけですね。図解するとわかり易いかと。

個人的には、七番目のラッパが鳴り、七つの鉢の災いって、再臨の日の大いなる裁きで、それこそ一日のうちに成就するような気すらしております。

C3クラスの太陽フレアが8月3日に地球に到達する模様です。
過去にC1フレアでM4以上の地震が発生してます。

C3はC1の3倍の威力だそうで、警戒が必要です。

あれこれさん、情報ありがとうございます。

惑星の稀な配列と太陽フレアですか --;

クリフ=ハイもカリフォルニア大地震の訂正記事を書いたようですね・・・
確信犯的臭いがプンプンですが。

一応、地震警戒の根拠はまったくのデタラメではなさそうですね。

それと、最高機密の情報ゆえ、本当の所はトップ数名しかわからない、単なる噂でしょうが、デビッド=ロックフェラーが危篤なんだとか?

もし本当だとしたら、大きな動きがありそうですね。

七つの雷の、海と地の上に立っているのを~は、自由の女神でしょうか?それと、今年のユダヤ暦の、新年って9月9日なんですか。2010年9月9日を単純に足すと、21=777ですね。なんか嫌ですね。そこから一年何もなければ、ホッとするんですが。

あら‥ヤダ、木蓮さんは何も起こらないのを希望しているんだ??
わたしは、何か起こることを希望しております。

だって、こんな矛盾だらけの世の中早く早回しして終わって、地上がパラダイスになる方が、茶流彩彩 波乱万丈 驚天動地

黙示録10章の神の奥義とは、創世記3:15の成就 蛇と女の興亡 黙示録12章にリンクシフトしています。

あと、黙示録の預言成就は必ずしも時系列ではありません。七つの封印は全体像のあらすじ 本題は巻物を開いたラッパからですので…。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~elisha/armageddon-0.htm

木蓮さん、書き込みありがとうございます。

>自由の女神でしょうか?

→自由の女神のモチーフはエジプト神話のオシリスの妻=イシスで、魔女がモチーフなわけだから私的には違うと思います。このみ使いは、忠実なる神の僕でしょう。

>21=777ですね

→^^;・・・参りましたm(__)m
そこまで計算してなかったです。
777=裁きのしるしは、デビッド=メイヤー師の残してくれた偉大なるメッセージであると私は信じます。

「何もないに越したことはない」と私も本音ではそう思いますが、このままの状態では永久に「真なる平安」が来ないのも真理だと思うし・・・人類は永遠に艱難辛苦の中を生き続けるわけでもあり・・・

人類の歴史上どこかで・・・外科手術が必要なのでしょうかね?・・・

アンちゃん、行き違いですな。

聖書のテーマの一つとして、神と神に反逆した悪魔の闘争・・・というか、それも神の人類救済計画の一部に過ぎないのでしょうが、日本人には相対的に絶対善と絶対悪の概念が無いのも事実かなあ~

そして人類の営みは、未来永劫永遠に続く・・・世界的に見て、ここまで落ちぶれてもまだ良い方だろうから。だから現世至上主義の輪廻転生論の受けが良い。
これがマジョリティーなんですよ。

大田龍氏が生前言ってました。
「日本人にとって、黙示録など縁起でもない忌むべきもので、焼き捨てるべき書物だ!」と --;

太田氏は、国家神道を信仰してました・・・山陰基央氏も太田氏と同じく国家神道を信仰してますが、出エジプトから聖書の神は山神だと --;

陰謀論の大家と言われる日本人論客でもこれがオーソドクスなんでしょうね。

多神教徒には唯一絶対神と絶対善、全知全能が理解できないのでしょう・・・人の信仰をとやかくケチつける気はありませんが・・・って、ケチつけてるかな?

そうだったんですか

てっきり まだ封印開封の途中かなんかかと思ってました
小麦1枡1デナリ
てっきり全世界で起こるのかと思ってました

nさん、こんばんは。
絶対そうだ~!と断言すべきではないと思いますが。

聖書は、誰にでもわかるように具体的に書いてませんからね・・・

rev6:12 私は見た。小羊が第六の封印を解いたとき、大きな地震が起こった。そして、太陽は毛の荒布のように黒くなり、月の全面が血のようになった。

rev6:13 そして天の星が地上に落ちた。それは、いちじくが、大風に揺られて、青い実を振り落とすようであった。

rev6:14 天は、巻き物が巻かれるように消えてなくなり、すべての山や島がその場所から移された。

rev6:15 地上の王、高官、千人隊長、金持ち、勇者、あらゆる奴隷と自由人が、ほら穴と山の岩間に隠れ、

rev6:16 山や岩に向かってこう言った。「私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と小羊の怒りとから、私たちをかくまってくれ。

rev6:17 御怒りの大いなる日が来たのだ。だれがそれに耐えられよう。」

第6の封印もまだ起きてませんよね?
天の星もまだあるし
すべての山や島がその場所から移されてませんよね?
あらゆる すべての人に起こることかと思ってたんですが

それとも これは一部の人だけに起きることなのでしょうか?
それとも 封印は解かれたけど ただまだ それが実際に起こってない ということですか?

nさんへ

ザアカイさんが仰いますように、あくまでも私が投稿した説は久保有政氏の著作(2014年ユダヤの大預言)に基づいた一つの黙示録解釈でしかありません。
アナログ時系列には起こりません。カイロスとして預言は成就します!

ユダヤ暦や天のしるしとして天文学的知識も必要です。省略

今は第五の月アブ 続いて第六の月エルル、そして9月9日から新年(771)の第七の月ティシュリとなります。

少なくとも20世紀に入って二度の世界大戦は赤い騎手疾走と唱えるべきでしょう。国は国に敵対し、方々に飢饉や疫病、地震、不法犯罪が蔓延し愛は冷えていませんか。偽キリストが現れていませんか。

黙示録には巻物がふたつ出てきます。「大きな巻物」と「小さな巻物」
大きな巻物には七つの封印が開封されない限り内側は見ることは出来ませんよね。七つの封印が解かれて本編の主要な預言が成就するのです。封印の幻はちょうど映画の予告編のようなもの 封印の出来事に続いてラッパの幻が続くと解釈すると前後関係がチンプンカンプンになっちゃうよ
だから封印の幻は予告編 ラッパの幻は本編 鉢の幻は本編預言の中でも特に大患難期のクライマックスを詳細に描いたものと解釈すべきなのです。

体調は絶不調、世界や他人の心配する前に自分の心配しろという声が聞こえます(笑)
暑いので山奥の清流に泳ぎに行きました。
水につかって緑を眺めていると別世界に来たようです。寒いです。

異常気象と言われますが、異常なのは人間の方で自然はなんとかバランスを回復しようとしているのでしょう。

nさん、たぶん?世界中探した所で、黙示録の解釈をドンピシャで解説できる人はおそらく一人もいないかもしれません・・・
偉そうに語る人の中には、自称預言者=偽預言者が多いのにも警戒すべきですしね。

nさんの提示された第六の封印ですが、文字通りの出来事ではなく、霊的なたとえとする解釈もあるようです。

個人的には今まさに、世界は心理的に

>「私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と小羊の怒りとから、私たちをかくまってくれ。
御怒りの大いなる日が来たのだ。だれがそれに耐えられよう。」

という状況なのかな?とも思えます。

少なくとも中近東での戦乱、ロシア、中国、南米で今起っている自然災害。また日本のマスコミは報道しませんが、アメリカでは日々の食事もままならない人々が3000万人以上いると聞きました・・・約3億分の3000万だから、十人に一人がホームレス状態なんでしょうか・・・あの世界で一番豊かなはずである国がですから、信じられませんね。

またマーケットだけは八百長で維持してますが、実体経済はボロボロなわけですし、今の状況がまったく当てはまらないとも思えません。

世界のエリート連中もそれなりに追い詰められているのかもしれません・・・

それとこれも解釈の一つのようですが、
「封印が開いたからといって、すぐに起るとは限らない。タイムラグがある。第六の封印の雷は、第七の封印が開いてからも激しさを増しながら、ラッパの災害とコラボして、主の再臨まで続く」とする見解もあるにはあります。

私もブログで、聖書の預言を現実に当てはめる作業をやってきましたが、ある意味、東大の入試以上に難しいかもしれません(笑)

漁師さん、どうぞお体ご自愛ください。

私も本音は世界や他人の心配している余裕もないのですけどね。
月末が過ぎ去ったので、ひとまず少しもプレッシャーが軽くなったのか、昨日今日と、錠剤1錠ずつで乗り切りました・・・って、自慢することじゃありませんが(涙;)

どうも夜、風呂上りに缶チューハイを一本飲む習慣がついてしまったようで。夜よく眠れるため、情けない話、心理的なごまかし以外の何ものでもありません。

肝機能が強い方じゃないので、γーGDP値が高いかもしれません・・・350mlのアルコール度数たかが6%の缶チュウハイ一本でも、毎日のことだと私には不摂生となってしまいます。

昼間は「今日こそアルコール休み!」と自分に言い聞かせるのですが、夜になるとなぜか飲みたくなってしまいます(笑)

あまり先が長くないかもしれません(爆;)

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

暑い日が続きますね。体調の悪い方々の為に祈ります。
主イエスさまがその方々を早く回復して下さいますように~!

神は言われます。
 「わたしは、恵みの時にあなたに答え、
  救いの日にあなたを助けた。」
確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。(Ⅱコリント6・2)

私が救われたのは、恵みの時。
私たちが生きている今の時は、「恵みの時」のほぼ終わりの時点。

わたしは光りとして世に来ました。
わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。
だれかが、わたしの言うことを聞いてそれを守らなくても、わたしはその人をさばきません。
わたしは世を裁くために来たのではなく、世を救うために来たからです。(ヨハネ12・46-47)

恵みの時は、主イエスの救いの時。主イエスの十字架の贖いによって人が救われる時。もちろん、患難時代にもそれは続きますが・・・。
恵みの時は子羊の怒りの時ではありませんので、封印が解かれることもラッパが吹き鳴らされることも鉢がぶちまかれることもありません。
それが起こるのは、「子羊の怒り」の時。7年の患難時代。

世界規模で起こる神さまの「子羊の怒り」は、かつてないほどの苦難を人類が通されることでしょう。憤激と激怒をもって・・・神が刈り入れをされる前、主イエスの救いを受け入れる人は幸いだと思います。

主は、みことばを完全に、しかも敏速に、地上に成し遂げられる。(ローマ9・28)

>久保有政氏の著作(2014年ユダヤの大預言)に基づいた一つの黙示録解釈

そうだったんですね
いろんな解釈があるんですね

enjeruさん そうですよね
神様が刈り入れをされる前に、イエスキリスト様の救いを受け入れる人は幸いですよね

enjeruさん、こんばんは。nさん、連投ご苦労様です。

尊いお祈り感謝です。
どうしても気ばかり焦りますが、仰るとおり本番はこれからでしょうね・・・
その時の為に、備え、準備することが大切ですね。

どうやら今夜、フレアが到達するようです。

オーロラが見える程度の天体ショーで済むならいいですが。

ミューレーダーは臨界に達しているそうで、日本、インドネシア、南極を結ぶトライアングルは影響無さそうです。

昨日の朝6時ごろと、先ほど9時頃だったでしょうか?

たいした事ありませんでしたが、二日続けて地震がありました。
う~ん?フレアーの影響なんでしょうかね?

地磁気撹乱中です。
KP指数は通常の2倍以上、安定するまでは引き続き注意が必要です。

情報ありがとうございます。

太陽風と地震の因果関係はハッキリしたようですね。今日も、被害こそありませんが、M5以上の地震が世界中で頻発しましたね。

HAARPも揺れてますね。

CNN(2010.08.08)

米デラウェア大の研究チームによると、北極圏のデンマーク領グリーンランド北部のペテアマン氷河から5日、面積260平方キロの巨大な「氷の島」が分離 し、海上を漂流し始めた。このまま南下すれば、カナダとグリーンランド間のネアズ海峡をふさぐ可能性もあるという。
崩落した氷塊の大きさは米ニューヨーク・マンハッタン島の約4倍で、高さは超高層ビル、エンパイアステートビルほどに達する。

太陽フレアが切り裂いた模様です。

あれこれさん、いつも情報ありがとうございます。

私は天文学や物理の知識はからっきしなのですが、この太陽フレアーというのはバカに出来ないようですね・・・

今週いっぱいは、要注意でしょうかね。
人類の歴史は、いよいよ最終コーナーを回りきった?ような気がします。

666様へ、
主語が抜けています!
誰に言っているのですか?

一発速攻削除ゆえ、知らない方へ~

↑ 666などと、あまりにもハンネが人を馬鹿にした、クソたわけのクズ野郎ゆえ、一発コメント削除、投稿禁止措置を取りました。
二度と現れないことでしょう。

無視しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/49031465

この記事へのトラックバック一覧です: 異常気象「2010年夏」と気になった件を二つほど:

« 7月末から8月始めの気になる話 | トップページ | イスラエル・レバノン両軍が衝突、そしてキャメロン発言 »