2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« デビッド=メイヤー師を悼んで | トップページ | ドイツがロシアと急接近との情報~EU帝国への道 »

2010年6月23日 (水)

最近の出来事から思うこと

ブラジル、中国南部、フランスと甚大なる洪水被害が出ているようです・・・
天変地異が激しさを増しているようです。

また、アメリカは、アリゾナ州他コロラド、ニューメキシコ辺りで山火事が発生している模様。今の時期、アメリカ西部、特にカリフォルニアの山火事は特段珍しいものじゃないかもしれませんが、時期が時期だけに気になる所です。メキシコ湾のように被害が広がらねば良いのですが。

金融市場は、人民元のドルペッグ外しがありましたが、今のところそれほど影響なし。欧州危機も表面的には落ち着いている雰囲気を無理やり?作り出しているように見えます。スパコンを使ったアルゴリズム=トレードという金融兵器もあるようだし、ソブリン=デフォルトを含め、まだまだある程度、人為的にコントロールできる範囲なのでしょう。やるとするなら「突然、想定外のときに」のような気がします。

朝鮮半島ではとりあえず、危機は先送りされそうな雰囲気ですが、

中東情勢 ~ サウジがイスラエル空軍機の領空通過許可体制を整え、アメリカ海軍の空母を含む11隻とイスラエル戦艦1隻がスエズ運河を通過という情報アリ

メキシコ湾原油流出事故 ~ 相変わらず情報入り乱れ、真相は藪の中・・・キューバへと被害が広がったとの情報もありますが、原油の帯が大西洋に達したりしたら(あくまで仮定)、さすがに隠し切れなくなることでしょう。

と、この二つは引き続き事態の推移を見守る必要がありそうです・・・今はまだ、必要以上に騒ぎ立てず、冷静にというところでしょうか。

また、日本では広島のマツダ工場で二年前のアキバ事件を髣髴とさせるような、無差別自動車テロ事件が。どうも一個人の問題というより、社会全体が病んでいるという気がします。悲しい限りです、なんと痛ましいことか・・・
言葉がありません・・・命を落とした男性、奥様と小さなお子さんを残し・・・あまりにも理不尽、なぜこのような行為を神は許されるのか?わからないことばかりです。答えを見つけようとするなら発狂することでしょう。または、知ったかぶりをするしかありません・・・

1. 唯一神のみ
2. 偶像を崇拝してはならない
3. みだりに神の名を唱えてはならない
4. 安息日を守れ
5. 父と母とを敬え
6. 殺してはならない
7. 姦淫してはならない
8. 盗んではならない
9. 偽証してはならない
10. 隣人のものを欲してはならない

以上は、出エジプト記20章にある、かの有名な「モーセの十戒」です。

613あるといわれる律法のうち、基本のキなるものですが、この人として当たり前のことのうち(俺は信仰が違うから関係ねえよ、現代においては意味を成さないんじゃねえ?という人でさえ)、全人類、約65億のうちどれだけの人がこれらすべてを完璧に!守る事が出来るでしょうか?私はおそらく誰一人としていないだろうと思います。
もし、これらすべてを全人類が完璧に守ることが出来るなら、もしかしたら?場合によっては?地上天国が出来上がることがあるかも?しれません。しかし実際は限りなく不可能です。

それほど、人間とは罪深い生物であるわけです。こんな当たり前の簡単なことすら出来ない・・・ちなみに私はというとーー;

自己採点、それもかなり甘くつけて・・・4勝6敗の負け越し^^;

だからそれゆえ、よくニューエイジャーが偉そうに語る魂を浄化するとか、自己研磨して神の領域に近づくだとか、魂のレベルを上げてカルマを断つなどということは、偽善者のたわ言以外の何ものでもないと考えております。しょせん自力本願のアセンションなど無理なのです。

だから新約聖書では、主イエスがキリストであるとしてバプテスマのヨハネは

「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」 

ヨハネ 1:29

とアナウンスしたわけなのです。あくまでキリストを贖い主であると信じる信仰(信仰義認)によってのみ人は救われると聖書は語るわけです。

そして過ぎ越しの前、最後の晩餐の時に主イエスが弟子たちに語ったこと

「父が私を愛されたように、私もあなた方を愛したのである。私の愛のうちにいなさい。」
「わたしのいましめは、これである。私があなた方を愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。」

ヨハネ 15:9、12~13

あのような行為は断じて許されるべきものではありません。しかし私はマツダの元社員を裁くつもりはありません。裁き主は自分ではない・・・ただ、一人でも多くの方が主イエスの教えてくださった事を、ほんの少しでも理解するなら、あのような悲劇は起らないような気がします。

人は人を完璧に正しく裁くことは出来ません。だから最後の審判は必要なのだと考えます。
世も押し詰まっていることだけは確かでしょう。
ゆえに、ますます我々には真偽を見分け、目を覚まして備えることが必要とされてくるわけです。

閑話休題:

昨日、「バットマン=フォエバー」をDVDで見ました。最近の気分転換は、旧作1本一週間レンタルで90円の低コスト娯楽(涙;)・・・サタンのシンボルを、あちこちに見ることが出来るのですが、この際無視しよう。でないとこのご時世、息が詰まっちゃいます^^;

ヒロイン役が、トム=クルーズの元?妻の二コール=キッドマンなわけで・・・ワタクシたいしていいとも思わなかったのですが、いや~!映画の中の精神科の女医役がはまっていて・・・「あんな精神科医だったら、死ぬまでお世話になりたいなあ~」なんて(爆;)

「別れたとは言え、トム=クルーズめ、いいなあ~、いい思いしやがって!こんニャロ~」などと(笑)

10. 隣人のものを欲してはならない・・・ダメだね、こりゃ(ToT)

ん?偶像崇拝にも?いや、崇拝はしてないな --;

おアトがよろしいようでm(__)m

« デビッド=メイヤー師を悼んで | トップページ | ドイツがロシアと急接近との情報~EU帝国への道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

来月の7日つまり七夕辺りから十日間ぐらい気をつけてください。
理由は今は詳しくは書けませんが、ネットからの複数の情報からと、夢からです。

ラッパは既に吹かれています。でなければ、おかしい理由がいっぱいあります。鹿児島のenjeruさんは大丈夫なんでしょうか

祈りにはパワーがあります。義人の祈りには天候や、動物さえも動かすことがあります。祈りのバリアを急いで作って下さい。以前、書いたように→復習

①詩篇91を毎日祈るように朗読
②何よりも主との個人的な親密さを維持すること
③隠された罪をすべて言い現して、悔い改めの相応しい実を結ぶ。
④玄関口にキリストの血潮を象徴するオリブ油を適量塗り、肉的霊的に家族の安全を祈願する。。イエスの名により悪霊よ離れ去れと確信を込めて命じる。申命記の6:4からの祈りを小さい紙片に書いて玄関に貼って祈る。
⑤自身の立場を告白する。「我は神の子なり、聖霊の宮なり、イエス・キリストの花嫁 共同相続人なり、この我の体に機能不全が起こることを許さない。病の霊よ離れ去れ 私はお前を受け入れない。主よ私の周りに力強いみ使いを遣わして肉においても霊においても守られることを主の名により要請いたします。」と

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

ザアカイさん、

御言葉が役に立てて感謝!
神さまの言葉ほど私たちを元気づけるものはありませんね。

>それほど、人間とは罪深い生物であるわけです。

愚か者は心の中で、「神はいない。」と言っている。
彼らは腐っており、忌まわしいことを行なっている。
善を行なう者はいない。
主は天から人の子らを見おろして、
神を尋ね求める、悟りのあるものがいるかどうかをご覧になった。
彼らは、皆離れて行き、だれもかれも腐りはてている。
善を行なう者はいない。ひとりもいない。(詩篇14・1-3)

>人は人を完璧に正しく裁くことは出来ません。だから最後の審判は必要なのだと考えます。

あなたは、かたくなさと悔い改めのない心のゆえに、御怒りの日、すなわち、神の正しいさばきの現れる日の御怒りを自分のために積み上げているのです。
神は、ひとりひとりに、その人の行いに従って報いをお与えになります。
忍耐を持って善を行い、栄光と誉れと不滅のものを求めるものには、永遠の命を与え、
党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。(ローマ2・5-8)

どうしようもない罪の存在である私たち。その心はすぐ神を忘れ自分の思いに走る私たち。罪ゆえ永遠の滅びに向かっていた私たち。
そんな私たちを父なる神は憐れみ、御子イエス・キリストを私たちに与えて下さった恵みはなんて大きいんでしょうね。
聖書が告げる神の御怒りから救われ、永遠の命を自分のものとすることが出来る人が大勢与えられますように。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3・16)

アンちゃん
私は主に守られ、平安ですよ。ご心配ありがとうございます。
またお祈りもありがとうございます。また明日から大雨らしいので
続けてお祈りお願いね・・・。

私がまだ患難時代でないと思う理由は、まだ「反キリスト」が登場していないから・・・。患難時代の初めに登場し、7年間イスラエルと契約を結ぶのではなかったかしら?(ダニエル27・27)

いつもアンちゃんにはいろいろと教えられますm(__)m

5項目プリントアウトしました^^;
これから益々、祈りのネットワークは大事になってくることでしょうね。
母教会だけでなく、こうしてウェッブ上においても、祈りの輪が出来ることは感謝な事です。

九州南部地域は、今は小康状態のようですね。
こちらは梅雨独特のどんよりしては、時々晴れ間が見えるという毎日で、それほど雨はふりません。
今晩あたりからまた雨が激しくなる予報が出てますので、enjeruさんをはじめ、鹿児島、宮崎など九州南部在住の方々が災害から守られますように。

ところで反キリストと1週の契約ね・・・聖書学者、研究者の通説によると、反キリストが再建されたエルサレムの第三神殿に座し、我こそ神だと宣言する。
7年間の中東平和条約を結び、その半ば3年半後に、イスラエルを裏切り、黙示録本番の後半、3年半の大艱難期に突入するとされています。

聖書にもこのように具体的に書いてあればいいのですが、あくまで抽象的ーー;
最近私は、先入観や独断、偏見を捨てて広い視野でもう一度見回してみようと思うようになったのですが、これがまた一筋縄ではいかず・・・

反キリストはすでに現れていて、我々の知っている人物かもしれない、宣言してないだけ?また「町と聖所」は新約の時代で言うと、「教会」とも解釈できるし・・・このような可能性はないのか?とか。

3年半の大艱難期も丸々3年半かかるのか?それとも、実際の期間は、もっと短いのか?二人の終末の預言者の登場は?反キリストを含め、実質的な活動はその期間内に起る可能性はないのか?

などと考えますが、ラッパとの関連を点と線で結び付けようとしても、課題ばかりですね(-_-;)

もっとも真実と間違いのないタイム=スケジュールがわかれば、何の苦労も苦難も苦悩もなくなるのですけどねえ~

時と共にベールが剥がされるのを待つしかないですかね・・・

しかし、このメキシコ原油流失事故は異常ですね。
>海水の溶存酸素が30%も減少している例も見つかったそうです
やはり3分の1が出てきますね。
>現在、BPは防毒マスクの着用をさせていません。もし着用すれば解雇です。ゴム手袋も駄目です。
これが本当だとすれば、オバマさんの軽装も意図的だったということでしょうね。
http://blogs.yahoo.co.jp/goldrush21japanbranch/32364379.html

北朝鮮また挑発していますね。
http://oka-jp.seesaa.net/

 

私もこのガルフ=ハザード(勝手に命名 --;)は、何か引っかかりますね。8月末くらいまでには、第二のラッパなのか単なる予表なのか?結果が出るような気がします。

北朝鮮は相手にしないのがベストなんでしょうかね?

 ハリケーンが来週早々にも、メキシコ湾を襲いそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201006260000

それにしてもバルナバさん^^;

ピントを当てるところが似てますね(笑)
ちょっと前にニューエントリーで触れたところです。
行き違いでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/48702164

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の出来事から思うこと:

« デビッド=メイヤー師を悼んで | トップページ | ドイツがロシアと急接近との情報~EU帝国への道 »