2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 「はやぶさ」に見る人生という荒野の旅 | トップページ | 最近の出来事から思うこと »

2010年6月18日 (金)

デビッド=メイヤー師を悼んで

ここの常連の方はほとんどモトイさんのブログもチェックしておられるでしょうからご存知かと思いますが、6月8日に、サタニズムから回心されて、ラスト=トランペット=ニュースレターを配信し、貴重な情報を提供してくれていたメイヤー師が召されました・・・

http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/153248572.html

あの時初めて師の姿を知ったのですが、なぜか?毎日あの写真の平安な顔つきを思い起こす日々を過ごしております。

http://www.lasttrumpetministries.org/

Djm

あの方の残された一番の功績と言うか、私の脳裏にいつも刻まれているのは

2008/9/30ラッパの祭り=ユダヤ暦新年(正確には1~2日ほどずれていたかなあ?)のNY市場のダウ777ドルの暴落劇です。

師によると「777は裁きのしるし」なんだそうです。ゲマトリアに関してはおそらく第一人者だったことでしょう。
後々、明々白々となることでしょうが、今思えば、あれが第7の封印の開封であったかも?しれません。


その後に関して今回は、ここで語ることは致しません。

のびたさんのブログにもありましたが、イスラエルとイランの中東対戦をもって、本番入りするのかもしれないと私も考えております・・・それが起らないと何も前には進まないのでしょうね・・・

http://nonnchann.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-fccf.html

(注;氏はカトリックですので、細かい点については見立てが違ってくるのですが、上記の点については考えを同じにしております)

また、キリスト者ではありませんが、国際情勢分析にかけてはおそらく日本では第一人者でしょう、副島隆彦氏の予測によると、ラマダン明け、10月あたりにイスラエルがイランを空爆するだろうとの事・・・当たるも八卦、当たらぬも八卦であることはセオリーとして覚えておくべきことは言うまでもありませんが。
氏のすごいと思ったことは、時期こそ半年ほどずれましたが、サブプライムローンから始まるリーマンショックまでの一連の流れを見事に分析して当てていることです。

それに絡んで、その伏線になりそうなのが、BPの原油流出事故なのかなあ?

http://www.truthseekerja.org/notes/note2010_06.html

アメリカ在住の日本人クリスチャン、Truth SeekerさんのHPからの最新情報をいくつかピックアップします。詳しくは↑HPを。

>ゴールドマンサックスやBPプレジデントがこの事件がはじまる前に株を手放している。 彼らは知っていたのか?(自作自演の事故か?)の質問にリンゼイの答えは、かれらはオカルトに深く関わっており、時として未来を告げられることがあり、彼らの崇拝するサタンにはその力がある。との発言だった。

>(昨日書いたように)油より、有毒ガスが危険。
その関連で (うわさ?) 人々が北に移動の時期がくる? 避難となる?

>リスナーからの電話。アラバマ州の海岸から5マイルほど内陸に住んでいる友人のはなしだとガスライターのようなにおいがするとのこと。
Dr. Stanはこれに答えて様子がわかるまで避難したほうが良いと答えている。

以上、抜粋引用~

と論点から脱線しましたがご愛嬌ということで(笑)

話を戻しましょう。

ある牧師先生も仰ってました。危機の起る前には警告として、神から語りかけがあったり、神の僕(牧師や神父)が多く死んだりすることがあると。

デビッド=メイヤー師が召されたのも(師の出自はオカルティストの占星術師、手相見であり、闇の世界から救われ回心されただけに何となく何となくです)警告の一つなのかもしれません。

まるで惑星探査機「はやぶさ」のごとく、我々に対するメッセージなのかもしれません。この時代に遣わされたデビッド=メイヤー師を、我々は決して忘れません。そして、また近いうちに「御国」でお会いできると信じます・・・今頃はキリストの元で、来るべき千年王国における祭司として訓練を受けていることでしょう!

よくよくあなたがたに言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。

自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう。

ヨハネ 12:24~25

« 「はやぶさ」に見る人生という荒野の旅 | トップページ | 最近の出来事から思うこと »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私がこのページを拝見させて頂いたのは、777を調べていてたどり着いた為で、キリスト教徒ではございませんが、考え深い内容が多く参考にさせて頂いております。特に金融に興味がある訳でもないのに、当時のブッシュの会見と、テロップの777という数字に強烈なメッセージを感じました。ユダヤ暦の紀元前3760年に、今話題の2012を足すと5772年、さらに、その5と2を足すと、777になりますよね。偶然かもしれませんが。

木蓮さん、こちらこそはじめまして。
私のブログはキリスト者のみ対象にした、信仰オンリーの記事を書いているわけではないので、気になさらないで下さい。

エホバの証人やどこかのカルト教会のような、人を連れてきてナンボなどということとは、まったくもって無縁ですので(笑)
時が来れば、わかる人にはわかると思ってますので。

>ユダヤ暦の紀元前3760年に、今話題の2012を足すと5772年、さらに、その5と2を足すと、777になりますよね。偶然かもしれませんが。

→なるほど。
示唆深い見解ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/48660715

この記事へのトラックバック一覧です: デビッド=メイヤー師を悼んで:

« 「はやぶさ」に見る人生という荒野の旅 | トップページ | 最近の出来事から思うこと »