2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ゴールドマン=ショックだって? | トップページ | シオニストとオーソドクス=ジューの違い »

2010年4月19日 (月)

ゴールドマン詐欺とイラン情勢の続報

UP DATE  4/20

ペテン師連中のやることなので、ウラ、さらにそのウラをかいてくる可能性も高いし、柔軟にどうとでも出来るのでしょうが、

メリルリンチが狙われているのではないか?という見解が・・・

メリルリンチはバンカメが買収しているから、バンカメがスケープ=ゴートにされるかもしれない。

一つの可能性のある選択肢くらいに捉えていて丁度いいかも知れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今はまだ、必要以上に騒ぎ立てるのは賢明ではないと感じるので、事態の推移を静観しようかと思います。

なお、お恥ずかしながら知らなかったのですが、ゴールドマン=サックスのアジトって、そのままウォール害かと思ってましたが、その本体というか頭脳は、英国のゴールドマン・サックス・インターナショナルなのだそうだ・・・つまり真のオーナーはロックフェラーではなく、ロスチャイルドと言う事になろう。英米の二国間関係を考えるならばこれが真実なのかもしれない。

つまり、米英は大西洋を挟んで一つの国家であり、首から下の目に見える傭兵がアメリカ合衆国であり、首から上のリモコン司令塔がイギリスとなろうかと。
あの老練なるイギリスは死んだフリ、負けたフリがうまいから見誤る・・・

真なる獣の国の正体はアメリカではない、そんな単純ではないでしょう。あくまで目に見えるロボット=鉄人28号である。正太郎少年はイギリスはロンドン=シティといったところだろう。いつでも(株)アメリカ合衆国を見限って、大陸ヨーロッパと合体することなど容易なのだと思う。

アメリカにこだわっていると終末観を見誤ることになる。黒幕は最後の最後まで姿を現さないものだから。

この事を前提に記事を読んでいただくと、「なるほど」と思うはずです。
場合によっては、ゴールドマンを潰すことも躊躇しないかもしれない・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米メリル、提訴されたゴールドマンと同様の行為-ラボバンク

0419melile.jpg米メリルリンチは、米金融大手ゴールドマン・サックス・グループが米証券取引委員会(SEC)から指摘された詐欺的行為と同様の行為に関与していた。メリルを昨年提訴した銀行が指摘した。
 オランダのラボバンクは、メリルが合成債務担保証券(シンセティックCDO)について重要な情報を説明するのを怠ったと主張。メリルがシンセティックCDOへの投資と反対の取引を手掛けていた他の顧客との関係を開示しなかったとしている。この投資は4500万ドル(約41億円)の損失をもたらしたという。メリルは現在、バンク・オブ・アメリカ(BOA)の1部門。
 サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン担保証券(MBS)に関連するこCDOに対するメリルの対応は、SECが16日提出した訴状で明らかにしたゴールドマンの行為の内容と酷似している。SECによると、住宅市場が低迷し始めるなかで、ゴールドマンはサブプライムローンに関連する金融商品についてこのような重要な事実を開示しなかった。
【ブルームバーグ 17日】

~~~~~~~~~~~~~~~~

そしてイランです。インド洋のディエゴ=ガルシア島にはバンカーバスターミサイルがストックされているというし、これまたシナリオライターはロンドンなんでしょうかね・・・
イギリス=アメリカ=イスラエルという、現代のユダ金帝国です。
オバマの反イスラエルのポーズも、しょせんはアクセルとブレーキのブレーキ役でガス抜きだったと言うことでしょう。
カイン→カナン→ニムロデ→パリサイ派=サンヘドリンへと脈々と続くサタンの血流はいよいよ最後の仕上に取り掛かろうとしているかのようです。
(旧約聖書の創世記、新約聖書の四福音書参照のこと)

そればかりではなく、もはやすでに、地球上のすべてが動き出しているような気すらします。神のシナリオはさらにその上を行っている事は間違いないはず。

米国防長官、対イランで軍事行動の可能性示唆

ゲーツ米国防長官は18日、イランの核問題に関し声明を発表し、イスラエルなどの同盟国に向けて「米国は様々な不測事態に行動する用意がある」と強調した。ホワイトハウスに今後の数週間か数カ月以内に必要となる「次の措置を確認」するメモを送付したとしており、対イラン政策の中で軍事的な選択肢の検討を含めたことを示唆したものとみられる。

 長官の声明は、1月にホワイトハウスに送ったイラン核問題への対応策に関するメモの事実関係を認める形で公表した。メモは米国家安全保障会議(NSC)のジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障担当)に送付。

昨年12月に国際社会とイランによる外交交渉が暗礁に乗り上げたことを受け、圧力路線へとカジを切るために、情報機関も含めて取るべき措置をまとめた内容としている。

 

メモは秘密扱いだったが、米紙ニューヨーク・タイムズは17日、その存在を報道し、ゲーツ長官がメモの中で「米政府にはイランを阻止するための政策が欠如している」と伝えた。ゲーツ長官はこれを受け、報道内容の一部を否定する形で声明を出したものだ。

 これに関連して、米軍制服組トップのマレン米統合参謀本部議長は18日「軍事的行動は(核開発を)遅延させる効果がある」と語り、イランの核関連施設の空爆は核開発の阻止に役立つとの見解を表明した。「現時点では、最後の選択肢が空爆だ」と述べつつも、武力行使の選択肢を排除していないことを示した。ニューヨークで記者団に語った内容を、ロイター通信が伝えた。

 イラン核問題を巡り、オバマ政権は当面、欧州諸国と連携し、国連安全保障理事会の枠組みによる追加制裁に全力を挙げる方針。イランが使用可能な核兵器を開発するまでには「3~5年」(カートライト統合参謀本部副議長)かかるとみている。

 ただ、米国の同盟国でイランと敵対するイスラエルは核開発の進展に神経をとがらせており、米政府はイスラエルが単独で空爆に踏み切ることを最も懸念している。米高官が相次ぎイランへの武力行使の選択肢に言及したのは、イスラエルに自制を求める意味合いもあるとみられる。
【日経新聞 11:03】

« ゴールドマン=ショックだって? | トップページ | シオニストとオーソドクス=ジューの違い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさんおはようございます。
 気になるので貼り付けときます。
>なぜか「有事銘柄」が急騰している
http://netallica.yahoo.co.jp/news/119329

バルナバさん、いつも情報ありがとうございます。

狙いは半島か、イランだと思うのですけど、上海万博控えているし、半島有事はうやむやにするんでしょうかね?
グルジアも日本の株価上昇にはそれほど関係ないだろうし?

それとも得意のペテンで単なる誘導?
世界の株式市場もこの先どうなるかはわかりませんが、見事にウラを書かれた感じですね!誰もが下げると読んでいたところ・・・上昇ーー;
まだまだカネを出させてからふんだくるつもりなんでしょうか?

理論どうりに動かないし、ファンダメンタルズもへったくれもあったもんじゃないですね・・・

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

最近、寒暖の差が激しいですが皆さんお元気ですか?

アイスランドの火山噴火で火山灰があのように空港閉鎖で欧州にダメージを与えるなんて夢にも思いませんでした。
アイスランドには「魔女の火山」カトラ(Katla)火山というのがあって
連鎖で噴火する可能性があり、もし噴火すれば今回の10倍の規模だとか。


私も風向きによっては火山灰に悩まされる者ですが、
今年になってもう400回以上の噴火をしています。
地は活発に揺れ動いていますね。
大地震、噴火、中国の100年に一度の干ばつ・・・。
主は次、何をされるのでしょうか?

いつも主イエスを見上げつつ終わりの時を歩みたいです。
皆様の上に主イエスの祝福と平安が溢れるばかりにありますように~!

私たちは揺り動かされない御国を受けているのですから、
感謝しようではありませんか。(ヘブル12・28)

enjeruさん、こんばんは (p*'v`*【★* Good Evening *★】*'v`*q)
魔女の火山ですか・・・さすが土地柄か火山に関して詳しいですね。

本当に次はどう進むのでしょうか?

私も今なお自尊心、プライド、尊厳と言った自我をズタズタに引き裂かれ、徹底的に打ち砕かれている真っ只中にいますが(神様も厳しいお方ですねえ~、自分では十分に!わかっているつもりなのですがーー;)、そんな中で毎日繰り返し口ずさんでいるメッセージの言葉があります・・・

“状況、結果を考えるのではなく、たとえそれが現実的に希望がないように見えても、ただ神に忠実でありましょう。結果は神御自身がお決めになることです”

 皆さんこんにちは
enjeruさんこのことですね
「大規模噴火の可能性も」 アイスランド大統領
http://www.asahi.com/international/update/0421/TKY201004210347.html

 こちらは関連記事です
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993393#sequel

バルナバさん

わざわざ調べていただいて感謝!
ええ、このとこです。
バルナバさんが長時間労働の中で守られますように~!

enjeru さん 、お祈りを感謝いたします。
 先週から週3日、午前中だけ同僚が働けるようになりました。
おかげで少しはましです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/48127319

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドマン詐欺とイラン情勢の続報:

« ゴールドマン=ショックだって? | トップページ | シオニストとオーソドクス=ジューの違い »