2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 北朝鮮とグルジアが狙われている? | トップページ | ゴールドマン詐欺とイラン情勢の続報 »

2010年4月17日 (土)

ゴールドマン=ショックだって?

なんか凄いことになってきました。

ハイチ、チリと来て,チベットでの大地震の被害が拡大しているようです。アイスランドのまず名前を覚えられそうにない舌噛みそうな火山が爆発して、火山灰の影響でヨーロッパの空の便が大混乱・・・

その他、メキシコ、カリフォルニア国境、スマトラと甚大な被害こそありませんでしたが、環太平洋造山地帯でまだ無事なのは北米と日本・・・要注意でしょう。特に浜岡原発がある東海地方、イエローストーンあたり・・・主の憐れみを祈るばかりです。

そこに出来過ぎた話のように追い討ち・・・

世界最大の金融マフィアであるゴールドマン=サックスが不動産ファンドで大損こいたとの報道がありましたが(もう一方の雄、モルスタの方が甚大らしいが)、

泣く子も黙るというアメリカ証券取引委員会(SEC)は、(GS)を証券詐欺罪で訴追したことを受け、米政府が金融取引の規制を強化するとの見方から金融株を中心に売りが広がりました。

株価ではゴールドマンは13%と大幅安、決算発表したバンク・オブ・アメリカは黒字に転じましたが、融資需要が低迷したとのことから5.5%安、同じく決算が市場の予想を下回ったグーグルは7.6%安となり、売上高が5%減となったGE(ゼネラル・エレクトリック)は2.7%安となっています。

さらに、4月の消費者態度指数は前月から低下し市場予想も下回り、米経済の先行き不安が増大している格好となっています。失業率は相変わらず高止まり、住宅差し押さえもオーバードライブがかかっているし、ちなみに今年に入ってからのアメリカの銀行の破綻が50行に達した模様。  

(日経新聞 他 17日)

ま、世界に冠たるギャンブラー、ユダ金のシンボル、世界的カジノの胴元であるGSが破綻することはないでしょうが(あるとすれば計画倒産でしょう)、なんか裏があるのは確かでしょう。身内が身内を訴える?いよいよ最終的なサブプライム、リーマンショックに続く、金融危機第三弾、全世界の資金回収、仕上に取り掛かるつもりなのでしょうか?それとも、まだまだその先の先まで、シナリオが存在するのか?

ちょっと先が読めませんね・・・と弱気な管理人です。ただ、来週の金融市場は大荒れなんじゃないんでしょうか?

上海万博が終わる10月までは平穏に行くだろうという予測もありましたが、どうなることやら。

ここいら辺で状況をちょこっとまとめてみましょう。

○ 政治、軍事セクション~

国内のダメ政治家連中は論外、無視。語る気すらしませんーー;

亀ちゃんが孤軍奮闘くらい?

イギリスの総選挙が5月6日。保守党単独政権は難しいだろうとの見方が。

イスラエルがテロアラートを出し、シナイ半島からの帰国を呼びかけているが、この意図するところは何なのか?やはり最大の関心事は、イラン、イスラエル。

ロシアの動きも要注意なのですが、S-300を本当に数ヶ月以内にイランに引き渡すのか?も論点の一つ。今のところはサイレント=ウォーの様相で表立ってはまだか?

韓国の軍艦が引き上げれ、事故調査がなされた。北朝鮮犯行説も?これもとりあえず行く末を注視。

○ 経済セクション~

GSがらみで来週からどう動いてくるのか?ペテン師のやる事だけに読めない?

ギリシャも国債償還日の期限が20日だったような。

新100ドル札が21日にお披露目・・・GS,MSの決算発表も絡んでくる。

人民元切り上げがどうなるか?

○ 災害セクション~

太陽活動とHAARP、大地震、異常気象とまさに終末のしるし?と思えることばかり・・・

最近忘れられた存在であるウェインランドさんが、第六の封印に関して、7つの雷を解説していたが、これはこれで無視できないかも?

アイスランドの火山活動がどうなるのか?バカに出来ないかもしれない。また新たにどこかで噴火があるかもしれない・・・

 

« 北朝鮮とグルジアが狙われている? | トップページ | ゴールドマン詐欺とイラン情勢の続報 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

◆上海万博は失敗に終わるでしょう。
今年5月から10月までの184日間にわたり開催予定の上海万博は失敗に終わると思います。テーマソングでけちがつきましたし、フランス舘の土壌汚染も基準数値を遥かに上回る数値でトラブっています。何よりも世界的経済不調で、頼みの綱の外国からの見物客が伸びないでしょう。(欧州のアイスランドの火山噴火の影響も懸念されます)
中国政府と万博主催者は当初、大阪万博の6422万人を上回る7000万人に達すると豪語してぃましたが、1日当たり38万人以上の入場者が必要です。多分、急ぎ建設したホテルも不評で、一部の超高級ツアーか格安パックしか売れず、北京オリンピック同様に惨敗となるでしょう。上海市政府は投資資金回収をあきらめ、目標を目標を国内の見物客誘致に切り替えて、表面上の数字合わせを重ね、最後は上海周辺住民に入場券をダンピングし、ようやく得意の数字合わせを行います。また中国政府が弾圧してきたチベットやウィグルなどの反政府グループからの何らかのテロも考えられます。とにかく、上海万博は99%失敗に終わるでしょう。

※予言ではありません。あくまで推測です。

ゆうきさん、書き込みありがとうございます。

なるほど・・・興味深いですね。
江沢民の上海閥の面子を潰して、完膚なきまでに叩きのめすなどという見解も一部であるようですがどうなんでしょうかね?

また何か情報ありましたら、書き込んでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/48107949

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドマン=ショックだって?:

« 北朝鮮とグルジアが狙われている? | トップページ | ゴールドマン詐欺とイラン情勢の続報 »