2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 今日、御国では祝宴が | トップページ | ひと時とふた時と半時 »

2009年12月13日 (日)

(今更ながらですが)ノルウェーの怪光について

Article1234430078bbb05000005dc136_3

ええ~、世間を騒がせているこのノルウェーの怪光騒ぎ。北欧では、場所によっては朝の8時でこの暗さなんですね。

つい最近、アメリカ西部でも真夜中に突然、昼間のような明るさがと、謎の閃光騒ぎが起ったばかりです。

米軍部内でイザコザがあり、愛国軍がデンバー国際空港へ核ミサイルを発射して、イルミ陣営が迎撃したとか、豚フルウィルスを積載したケムトレイル軍用機を、愛国派軍人がミサイルで撃ち落した説、確か公式発表は隕石説ですがこれまた正体不明。

大手メディアの発表を含めて、この正体(ノルウェーの怪光のほう)と思われるものをまとめてみました。

① メインストリーム=メディアによる公式発表によると、ロシアのミサイル発射実験の失敗とされている。

しかし・・・どうも解せない --;

なわけねえだろ!と私は思ってしまう・・・

そこでふと閃いたのが

② ロシアによるスカラー兵器の実験・・・あくまで推測です。

物理学はからっきしなので、詳しくは知りませんが、「ニコラ=テスラの発明」がベースのようです。

イランとイスラエルの戦争、S300の引渡しが本当に?来月中に実現するとするなら・・・ジョン=コールマン氏の情報が本当ならば・・・可能性としてはありかも?

③ 欧州合同素粒子原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)のLHCの実験ではないのか?という説。

これまた物理学は専門外(-_-;)・・・自慢じゃありませんが高校時代、物理のテストで20点以上取ったことがないので(^^ゞ

当然成績は、5段階評価で 2・・・1がつくと留年でした --;

聞いたところによると、小型ブラックホールを作り出すという、極めて危ないもののようです。科学技術の発展、世紀の大発見という大義名分において、人類を滅ぼしかねない凶器を作り出すなど言語道断、冒涜、罪もここに極まれりといったところでしょうか。

アクシデント(ハッカーに侵入されたとか)でしばらく稼動休止してましたが、ここ最近、また稼動を再開した模様。やめりゃ~いいのに。

↓ CERNとLHCに関する参照サイト

http://ee-news.seesaa.net/article/106465268.html

この可能性もゼロとして無視できないかな?と。

そしてラスト!これはまだ私、どこのブログでも見ていないもの~!ですが、別に自慢するほどのものじゃない --;

④ 反キリスト、ロード=マイトレーヤの出現を告げる「星」なんだって ! ーー;

http://sharejapan.org/info/news_091212.pdf

によると、

中心が燃える巨大な渦巻き状の光が2009年12月9日にノルウ
ェー上空に見られ、天文学の専門家を含む大勢のノルウェー人
を興奮させ、困惑させた。それは何を意味するのか。
 2008年12月12日、『シェア・インターナショナル』は、大
きな光輝く「星」のような物体が間もなく空に見られるであろ
うと発表した。それは、世界教師マイトレーヤが最初のテレ
ビ・インタビューに姿を現すのが差し迫っていることを告げる
徴である。このインタビューはアメリカで行われるであろう。
この「星」は実際には、世界に現れている四つの巨大な宇宙船
のうちの一つである。

とありますが、「巨大な宇宙船のうちの一つである」・・・って!わけわからん。やはり、スターゲイト=コンスピラシー、ニューエイジとリンクしているのか?露骨過ぎるくらい胡散臭さも感じる。

その一方、CERNはスイスにあるわけで、スイスと言えばロスチャイルドの牙城。関係あるんだろうか?

http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968/e/e68b0cdba8389a22045981f49e275095

↑ わたぴ~さんのブログ記事の最後にも、シェアインターナショナル誌の11月号(英語版)によると、インタビューの用意がされつつあるとか・・・って、英語版と日本語版の違いだけだから、同じ内容ですね、当たり前か(^^ゞ

注; 私はロード=マイトレーヤこと、ラーマッド=アーマッドが反キリストであると断定しているわけではありません。ガセだと切捨て、可能性を否定し無視すべきではないとは考えますが。

と、ここまで見てきましたが真実はと問われると・・・スイスもしくはロシアが関係しそうですが

私にはわからない・・・としか答えようがない(^^ゞ

「人をバカにすんじゃねえよ!このたわけ~!」と言われそうですが、わからないものはわからない。そのうち真実が見えてくるかもしれません。

ただ、謎を呼ぶ怪現象が増えたのは事実であって、終末のしるしかもしれないとだけ言っておこう。

« 今日、御国では祝宴が | トップページ | ひと時とふた時と半時 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ども、わたぴ~です(vv)

え~、いきなり違う話題で恐縮ですが(^^;)

12月3日にロシアのメドベージェフ大統領が、ローマ法王庁(バチカン)を訪れ、法王ベネディクト16世と初会談し、外交関係樹立に合意したとありましたが、この辺りの詳しい情報を、どなたかご存知ないでしょうかね? ロシア正教云々という点も多分に含まれるでしょうが。

それから先月末のロシアでの列車事故。この列車、モスクワ発サンクトペテルブルク行きでしたが、サンクトペテルブルクといえば、モスクワにつぐロシア第2の都市で、プーチンが昔、第一副市長やってましたし、プーチンの祖父はサンクトペテルブルクで生まれだとか。2006年には主要国首脳会議(G8サミット)を開催してますしね。サンクトペテルブルクといえば、ほぼ真南が、イスラエルからエジプト周辺ですが・・・。

何かあったんでしょうかね(考えすぎ?(--;))

わたぴ~さん、どもです。

ロシアとバチカンですか・・・ロシア正教会のトップがアレクセイ2世からキリル総主教に変わったのが関係してるの?くらいしか残念ながら私はわかりませぬ。スミマセンm(__)m

列車事故ですが、その二、三日後にモスクワ近隣のナイトクラブの火災事故がありましたよね。臭うなあ~、たしかメドベージェフもサンクトペテルブルグ出身だと記憶してますが違いましたっけ?

わたぴ〜さん
ちょこっと 調べてみました。ニュースの訳なので、
あまり 代わり映えしない 情報ですが。。。

ロシア正教とカトリックの関係についての是正のようですね。、
遠回しに、安全と平和の政治について,また 
ロシアにとって、家族と信仰の貢献(寄与の)大切さについて、
話し合ったとの事。。

ロシアの大司教が 信仰の大切さに関して、 ロシアにて ベネディクト法王の
説教である、 ヨーロッパとそのキリスト教の根源 を 出版したとの事。
ですが。。。 だからといって、カトリックに100% 同調して、
エキュメニズムが推進されるともみえません。

ロシア正教の外相の 大司教のヒラリオン氏は ローマ*ヴァチカンとの
、 好戦的な 還俗か(世俗化)への反対のために 協力関係を得るという事は、 宗教にとっての好戦的な 無神論と合意するのと 同様に 危険なものだとみている。。とのことです。

関係はよくして、一応協力するけど カトリックと 同化はしないよ。といいたいかんじですね。。 呉越同舟ですね。。 

よほどの事が無い限り、エキュメニズムは 難しいですね。。
正教会も、プロテスタントも、譲りませんからね。。
大切なのは 、主を賛美し、信頼して、従うという事だけ
ですからね。。 

ども、わたぴ~です(vv)

ザアカイさん、サマリア人さん、ありがとうございます。

やはり、エキュメニカル云々というのは、
マイトレーヤ出現まで無理なんでしょうかね。
或いは、ワザとそうしているとか? 本来であれば、
ロシアとローマ法王庁(バチカン)の初会談ですから、
もうちょっと話題になってもよさそうなのですが、
他の事柄が話題になっている時に、隙を見てゴソゴソしている
ような感じがしてるんですが・・・。
ま、公式会談ですから、前々から決まっていたんでしょうが、
どうにもスッキリしません。

しかし、「一応協力するけど カトリックと同化はしないよ」
なんて感じさせるのは、遠まわしに「あんたらの神様、
(私たちはは)認めないよ」って言ってるのと同じような気が。
(--;)

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

私もブログとは関係ないのですが・・・。
以前の教会に行っていた時、そうもう随分昔・・・。
クリスマスの降誕劇で私、「マリヤ」役をしたことがあります。
長いベールを被り、白い長服を着て跪き、天使のお告げの声に「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように」とセリフは一言。粗末な劇。手作りの簡単な劇でした。けれども、マリヤの気持ちが少し分かり、本当はその身に起こった出来事さえも驚きと不安があって、なぜ救い主を生むのに定められた者として選ばれたのか分からなかったのだと思いました。けれどもその従順な信仰は本当にすばらしいと・・・。

御救いはあなたが
万民の前に備えられたもので、
異邦人を照らす啓示の光、
御民イスラエルの光栄です。(ルカ2・31-32)

わたぴ〜さん

なんとなく、マイトレーやなり、反キリスト、
もしくは 最後の教皇ペテロの出現、2人の証人の登場が無い限り、
エキュメズムも ほそぼそとしていて、話題にならないのでしょうね〜

そして、主役(よくも悪くも)があらわれてから、一気に チェンジ!! 
と。。あっと いわせるのかもしれません。。
そして、あっというまに 息もつかせずに 艱難が押し寄せてくるのかもしれませんね。。 嵐の前の静けさですかね。。


わたぴ~さん、どもです。
私、東方正教会はノーマークなので詳しく知らないのですが、どうなんでしょうかね?
歴史的には、かなりシコリがあるような気がしなくもないですけど、う~ん?聖公会やプロテスタントのリベラル派より手強かったりして?

政治面と同様、なかなか連中も思うようにいかず、苦労しているんでしょうか?
考えようによっちゃ、世界統一政府、世界統一宗教なんて狂気の沙汰ですからね --;

エキュメニズムがどの程度をもって、完成するのかわかりませんけど、個人的にはやはり、バチカン=ローマ教皇を中心に動いていくような気がします。
仏教やヒンズー教は取り込むのに、わりと簡単なんじゃないんでしょうか?
オーソドクス=ジューとムスリムはかなり手強いんじゃないかなあ?

enjeruさん、こんばんは。

ほほう~、マリヤの役をやったのですか。
確かにマリヤの「この身になりますように」という信仰は手本となりますよね。
そして忘れてはならないのは、この世的には決していい事ばかりじゃなかったということですよね。普通の母親としての喜びもあったのかどうか・・・
「驚きと戸惑い」、これが正直な所だったのかもしれませんね・・・それにもかかわらず、あれだけのミッションを全うしたのですから。

サマちゃんと行き違いでした。
私も動き出したら早いというシナリオもありかなと思いますね。


 皆さんおはようございます。
義父の様態も落ち着いてきているとの事です、お祈りをありがとうございます。

 話題は変わりますが久保氏がムーから
『2014年ユダヤの大預言』を出版しました、アンちゃんそろそろ帰ってきて読んでたら教えて~。

ども、わたぴ~です(vv)

そもそも東方正教会という別称は、西方教会(ローマカトリック・聖公会・プロテスタントほか)に対置する言葉ですから、歴史的にもその対立は、当初から深いものがあります。。「カトリック」とはもともと「完全」とか「普遍」とか「公」という意味をもつギリシャ語ですが、正教会も、全ての時代の全ての場所に共通する真理をもっているという意味で「カトリック」であるといっても、差し支えないでしょうね。ただ、正教会から見たローマカトリックという意味で言えば、ローマ・カトリックでは、ローマ法王を最高権威として、全世界に教会を行き渡らせるという意味がありますから、そういう意味では正教会は「カトリック」ではないと言えます。何故なら、彼等正教会はそもそも、ローマ法王の存在を最高権威として認めていないからです。この辺は、今後の展開上、重要な意味を持ってくるでしょうね。


>バチカン=ローマ教皇を中心に動いていくような気がします。

ワタクシも同じ考えですね。これは外せないでしょう。

>仏教やヒンズー教は取り込むのに、わりと簡単なんじゃないんでしょうか

実はワタクシ、仏教の存在に関しては、かなり気にしています。
現状において、これだけ「原理主義」が揶揄されている中で、
メジャーな宗教の中で仏教に関しては聞きませんよね、(仏教における)「原理主義」って。そう呼ばれない意味合いは、影響力という点でとても大きいような気がしますが・・・(--;)

少なくとも現状を見れば、マイトレーヤに絶大なカリスマ性をあえて与えるために、わざと混乱を引き起こしている部分もあるのかもしれません。オバマの選挙中のカリスマ性も、人々を洗脳するために必要な事を調べるための実験場だったような気がします。

バルナバさん、義父さんの容態落ち着いてきているとのことで感謝です。願わくは、さらに回復するよう続けてお祈り申し上げます。

アンちゃんが旅に出て?約一ヶ月ですね。ロムってるかもしれません・・・来年当たりまたひょっこり、帰って来ることを願いましょうか。

わたぴ~さん、ご教授ありがとうございました。
聖公会にせよ、プロテスタント諸派にせよ、カトリックから枝分かれしたわけで、そういう意味では、東方正教会の群れは、ルーツが違ってますものね。毛色が違うわけですわね。
確か、カトリック10億、プロテスタント10億で20億でしたよね。東方正教会は、ロシア正教会が9000万だからその他あわせて、1億から1億5000万というところでしょうか?

>彼等正教会はそもそも、ローマ法王の存在を最高権威として認めていないからです。この辺は、今後の展開上、重要な意味を持ってくるでしょうね。

→このことが今後どういう展開となるか・・・要注目と行きましょうか。

あのノルウェーの怪光が、主イエスの初臨の時のしるしの真似事であるとするならば、来年早々、マイトレーヤが動いてくる可能性も高いわけで、近いうちに真贋ハッキリするかもしれませんね。

とするなら、ローマ教皇はナチスの宣伝相、ゲッペレスみたいな役回りか?

あくまで仮説、妄想とも言う?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/47015341

この記事へのトラックバック一覧です: (今更ながらですが)ノルウェーの怪光について:

« 今日、御国では祝宴が | トップページ | ひと時とふた時と半時 »