2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ドバイ=ショック~続報 | トップページ | 今日、御国では祝宴が »

2009年12月 3日 (木)

2009年12月初旬、世界では一体何が起きているの?

動いてきました。
当面、私的には、イラン、イスラエル、アメリカ、そしてドバイ、ウクライナ発のスーパー=フル・・・そして必要に応じて、おとなしいフリをしているロシアにフォーカスしてやっていこうかなどと考えてます。EU、中国が動いてくるのはもう少しあとか?と考えますが、一応要チェック。

もちろん、突発的なイベントが起るならそれも取り上げながら。

ということで、さっそくイランで動きがあったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000153-mai-int

<イラン>IAEA提案、大統領が拒否 核交渉白紙に

12月2日23時43分配信 毎日新聞

 【テヘラン鵜塚健】イランのアフマディネジャド大統領は2日の演説で、低濃縮ウランを国外に輸送して加工し、研究用原子炉の燃料として戻す計画について、「これ以上の交渉はしない。我々が必要なものはすべて自前で生産する」と述べ、拒否する考えを示した。国営テレビが伝えた。10月から再開した核交渉で模索された計画は白紙に戻った形で、年末を期限とした交渉は絶望的な状況となった。

 イランは先月27日、国際原子力機関(IAEA)の対イラン非難決議で、中部コム近郊の第2濃縮施設の即時停止などを突き付けられ、態度を硬化。対抗措置としてウラン濃縮施設を国内で新たに10カ所増設する計画を打ち出していた。

 国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国とイランは、交渉を再開したジュネーブ協議で、イランが製造した低濃縮ウランの大半に当たる1.2トンをロシア、フランスで再濃縮し、加工後にイランに戻すことで基本合意。IAEAが草案を提示した。

 だが、イランの体制内から「段階的な搬出なら応じる」「外国が核燃料を提供するのが先だ」などと反発する声が相次ぐなど態度を二転三転させ、先のイラン非難決議を招いていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おそらくお芝居はこのあたりで手打ちでしょうか?
2ヶ月以内のS300対空防衛システムの引渡しが、ロシアからイランにあるとの報道がありますが、表面上、イランとロシアの間にすったもんだが生じているようです。
ロシアとしては、東欧ミサイル防衛システムの導入をアメリカがご破算にしたことから、米露間に手打ちがあったとの見解も存在します。

ただ、ロシアのこと・・・本音が見えてこない・・・一癖も二癖もあるアフマディネジャドとプーチンのこと。裏で密約があっても不思議ではない。真実が見えてくるまでにはもう少し時間が必要か。アメリカのアフガン増派の真の狙いがどこにあるかと言う論点も無視できない。タリバンとの麻薬利権に関する縄張り争いだけじゃないでしょう。

今の時点で明らかなのは、イスラエルとしては、S300がイランに渡る前にケリをつけたいはず。そしてやはりアメリカを傭兵として引きずり込みたいことだろう。

人類皆兄弟、仲良く共存共栄を・・・というシナリオは残念ながら私には見えてこない。悲しいことですが、これが偽らざる現実なんだと思う。

またアメリカの格付け機関、S&Pとフィッチはドバイ関連企業の格付けを「ジャンク債」に引き下げたようです。明らかな意図が見え見えですね・・・格付け企業を使って、追い込んでいるんでしょう。
ヨーロッパの金融機関に打撃を与えるべく、アメリカの一部勢力が生き残りをかけ抵抗しているのでしょうか?ドル機軸体制死守のための総攻撃なのか?

湾岸共通通貨だけはなんとしても阻止したい。そしてドルを放棄したイランもこのままで済むと思うなよ・・・というところか?

サウジの財閥系銀行、ドバイときて、ウクライナ国有鉄道も実質デフォルト状態との報も入ってきています。そしてギリシャが危ないらしい・・・東欧、バルト三国あたりも青色吐息でしょう。

イギリスもデフォルト危機が囁かれていますが、あの国に限っては死んだフリ、負けたフリがうまいし、その隠された実力はそんなものじゃないはず。シティのパワーセンターの意思一つでしょうが、最終的にはアメリカ=ドルを利用できるだけ利用して、スケープ=ゴートにし、狡猾なる大陸ヨーロッパ=ユーロと手を結び、一つの終末世界の核が出来上がる気がします・・・もちろんEUが覇権をアメリカから奪取するには、それまでにいろいろな混乱があることでしょう。

これとは別に、アメリカ国内における第二次南北戦争のシナリオも否定できません・・・もちろん日本も無事ですむ訳はないでしょう。

その為の手段として、ブースターとしての豚フルパンデミック騒ぎ、ウクライナでのスーパーインフルエンザの実験・・・という側面は否定できないでしょう。

その後わたしが夜の幻のうちに見た第四の獣は、恐ろしい、ものすごい、非常に強いもので、大きな鉄の歯があり、食らい、かつ、かみ砕いて、その残りを足で踏みつけた。これは、その前に出たすべての獣と違って、十の角を持っていた。
わたしが、その角を注意して見ていると、その中に、また一つの小さい角が出てきたが、この小さい角のために、さきの角のうち三つがその根から抜け落ちた。見よ、この小さい角には、人の目のような目があり、また大きな事を語る口があった。

ダニエル 7:7~8

この小さな角(訳によっては強い角となるそうです。)をアメリカとする解釈がありますが、私に言わせれば、アメリカとイギリスは大西洋を挟んで一つの国家であり、その頭脳、パワーセンターはロンドンにあると見ています。今の情勢を見る限り残るのは、強靭な体であるアメリカではなく、頭脳であるイギリスなんじゃないのか?本体というのはなかなか見えないものです。そしてEU内ですったもんだがあり、イギリスを中心としてEU合衆国が完成する。

数ある解釈、可能性の一つと考えてください。私は預言者でもなければ、幻視のうちに、未来を見てきた者でもありません。よって、断定調で書くことはしません。そして、完璧な解釈ができなくとも当然、ある程度は知らされていても、すべてがわかるわけじゃない。

自分の解釈と違うからと言って、他人を裁き、ガセを信じ込まされるあほたれとか、盲人であるアホ牧師などと誹謗中傷するつもりもありません・・・

自分に出来る事をやればいい。それ以上の事を神は求めないでしょうし、完璧なる聖書の解釈ができないからと言って「救いが無効になる」などとも思いません。間違いに気づいたら、謙虚に自分の非を認め悔い改めればいい。

キリストの十字架は、そんな安っぽい、無力なものではないはずですから。「キリスト者のサバイバルゲームを楽しむような陰険な方」でもないはず。
もちろん、極端に走らず、今はラオデキヤの教会時代。教会が攻撃の対象になっており、偽教師である刺客が送り込まれ、偽りの教会は裁かれるだろうから、惑わしを見分ける目を与えられるよう祈り求めることも、今の時代において要求されていることは言うまでもありませんが。

ーー; 長くなってしまった。どうしても信仰に関することも書いてしまう・・・申し訳ありません。
今回はこれまでにします、おわり。

« ドバイ=ショック~続報 | トップページ | 今日、御国では祝宴が »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
米軍移転に対するカードなのか?それとも、鳩山さん本気なのでしょうか、しかし、これでも1/10程度ですからね、米国債買取拒否宣言も合わせてしてほしい所ですね。

マーケット・ニュース、日本政府の米国債売却計画の「憶測」を報道
>12月3日(ブルームバーグ):マーケット・ニュース(MNS)は3日、日本政府が国内プログラムの資金を調達するため、米国債1000億ドルの売却計画を米政府に通達するとの「憶測」があると報じた。MNSは情報源を明らかにしていない

ザアカイさん、バルナバさん、皆さん、お早うございます。
モトイです。

バルナバさんは相変わらず朝早いですねw。
ほほぉ~、ブルームバーグがそんな報道をしましたか。

むかしちょこっと「米国債売っちゃいたい」ってつぶやいた首相は、すぐ引きずりおろされましたけど、事情が変わってきましたね。これもあちらさんの戦略でしょうが。まったく都合がいいですね。

>自分の解釈と違うからと言って、他人を裁き、ガセを信じ込まされるあほたれとか、盲人であるアホ牧師などと誹謗中傷するつもりもありません・・・

これはザアカイさん、大爆笑でしたw。

実際にセミナーに行くとそうでもないんですけどねw。

バルナバさん、毎度です。

アメリカ債売却計画・・・私はニュートラルな立場なのですが、どうなんでしょうかねえ?

常識的に考えれば出来るわけがなく、下手すりゃ失脚、最悪首吊り自殺に見せかけられて暗殺、日本国民は民主党に抱きつかれ心中 --;・・・

やるとすりゃ、背後に強力な後ろ盾を得た?からなのか・・・盛んに「イギリス詣で」やりましたからね。あるいは中国?
英ロスチャイルドによる、新世界誕生のための「アメリカ=スケープゴート用済み計画」でもあるのか?民主党に自前で出来るほど力があるとも思えませんしね・・・様子見といきますか。

モトイさん、どうもです。

(^_^;)・・・ウケ狙いで書いたわけじゃないのですがね・・・

実はここだけの話(になってませんね --;)、私も二度ほど生でお会いしたことあるからわかりますよ。そしていろいろ教えてもらいましたし、私みたいな出来損ないと違い、自分にも厳しく、行いも立派な貴重な働き人であるのは事実ですからね。

それだけに残念なんです・・・「放蕩息子のお兄さん」もしくは回心前のパウロみたいにプライドが高いのか、自分がこうと思ったら、絶対に聞く耳持たないですからね。それどころかK師やN師のような先輩牧師に対してさえ、自分の我を主張し、批判し譲りません・・・もちろん、先輩牧師と言えど、人間ですから間違えることもありますけど。
「おいおい、この人二重人格?」と思ったくらいです(-_-;)・・・

「聖書の暗号」に関しても随分いろいろな方から
「日本だけではなく欧米の研究者達も、この事については自分勝手な解釈が様々に出来るからインチキだ」とアドバイスを受けたようです・・・
オバマ暗殺の予言が外れてさえ、「聖書の暗号はなってみないとわからないから」などと自分の非を絶対に認めませんし --;

二言目には「私は人間ではなく聖霊に聞いている~」と来るし(~_~;)

マザー=テレサに関しても、(私としても)聖人として崇拝するつもりもないし、多元主義者として確かに問題もあった方だと思いますが、素晴らしい働きもしたわけで、「魔女」呼ばわりして「地獄の業火で苦しんでいるはずだ」とまでバッサリと裁かなくても・・・そこから先は神の領域では?と感じたりもしました・・・

とまあ、最近のメルマガやメッセージを読むにつけ、つい、勝手に指が動いてしまいました。

モトイさんのようなしっかりとバランスの取れた信仰を持った方がアドバイスすれば・・・おそらく聞く耳持たずダメでしょう(笑)

ははは、かつて氏はそんなんでしたか。結構今もそうかもしれませんが、セミナーを外に開く形でやりだしたので、マイルドにしているようですよ。

なるほどそんな強烈な個性だから神学校でも我を通し続けることができたのかもしれないですね。追い出されたのも実は神学ではなく我の強さのせい?だったりしてw。

それはそうと、色々動き出してますね。去年の暮れにイスラエルがガザに進行したのはイランを挑発するためだったと言う見方がありますが、今年もそろそろまたありそうですね。ロシアのイランへのミサイル譲渡関連で。

落ち着いて紅白見ておもちを食べることができる年末年始は、これが最後かも?あり得ない話じゃなさそうですね。

返信ありがとうございますm(__)m

そうそう、K師とは「荒○の声」のオーナー牧師で(この先生の著書がきっかけで、今の働きに入ったと言ってましたが、自分の聖書解釈と違うとなると・・・「聖霊に聞いているから、自分が絶対正しい」と主張して退きません --;)、N師とは「ハー○スト=タイム」やっている牧師です(和製シオニストであるのが玉にキズなのは同感ですが --;)。

>落ち着いて紅白見ておもちを食べることができる年末年始は、これが最後かも?あり得ない話じゃなさそうですね。

→本当に冗談じゃなくなるかもしれません。

「ヒズボラとハマスへの支援を隠すつもりはない。ここで公に宣言する」。保守のラリジャニ議長はこう語り~(毎日ネットより)

いやはや・・・チキンレースというか、挑発合戦もエスカレートしてきました --;
私も時間の問題だと思います。

こんばんわ!
今週は風邪ウィークリーで充分苦しめられ(休養させられ?)たワタクシでございます。

いきなりの39度1分!悪霊にやられましたぁ・・・。
悪霊追い出しを5つも同時にしたら、自分が弱っちゃいました。(>_<)ぐすん

悪霊追い出しして自分が弱ってしまった経験って、ちなみにあります?

(ちなみにわたしの教会では、悪霊追い出しなんて知らない人多数です)

>>落ち着いて紅白見ておもちを食べることができる年末年始は、これが最後かも?あり得ない話じゃなさそうですね。

>→本当に冗談じゃなくなるかもしれません

↑・・・とモトイさんザアカイさんがおっしゃっておられますが、
ちゃんとしたクリスマスを迎えるのも今年が最後かも~と去年の今頃思ってたのを思い出しました。(^^;

誤解のないように追加して書いておきます。

悪霊追い出しというのは、本人には告知せず、本人には知られないようにひとりで行いました~。
もちろん、イエス様のお名前で♪

あっ、ちなみに、親戚3人の叔父と叔母の体と魂の病気をひとつひとつ名指しして、5つ追い出し、戻らぬよう命じてみたのでした。

ジュリさん、こんにちは。
何はともあれ、直ってよかったですね!ブログによるとウィルス性の風邪だったようで(ーー;)・・・

わたしんとこでも、高2の息子が修学旅行で沖縄へ行って、豚フル菌もらってきちゃって陽性 \(゜ロ\)(/ロ゜)/

高熱でうなっていた所、リレンザでわずか半日!!憎まれ口たたく本来の姿に・・・だから騒ぐ必要ありません。

ワクチン接種して、ロシアンルーレットの弾に当たるくらいなら、かかって免疫抗体つけた方がいいです。

今日発症しなければ、私と家内は無事だと思うのですけど --;
40過ぎるとあんがいかからないみたいです。

ところで「悪霊追い出し」なんていうから、わざわざこちらから出向いて、霊障者を映画「エクソシスト」みたいにやったのかとビックリしちゃいました~!

ま、ジュリさんのやったことは「とりなしの祈り」的なので安心しましたが(^_^;)

>悪霊追い出しして自分が弱ってしまった経験って、ちなみにあります?

→ないですというか、思います。

私が「主イエス=キリストの御名において命ずる!悪霊よ去れ~!」と(状況からして心で念じたんでしょうな?)発したのは、生々しいたぶん夢?・・・薄暗い部屋で、腐臭を放ちながら殺気に満ちた目をして飛んでくる生首に対して --;・・・
目が覚めたら寝汗びっしょりでした。夢って、臭いがあるんでしょうか?臭いを感じた夢は、後にも先にもあれっきり。腐った生ゴミ以上の強烈な臭いでした・・・

それと、心臓には自信があったのですが、一度、眠りに入ろうかという時、急に胸が苦しくなり、「こりゃヤバイ!息苦しい~」となった時。

ろくなヤツが寄って来ません(涙;)・・・って、被害妄想か?

ザアカイさん
悪霊のいたずらは、まだ続いていますか?
クリスチャンになるまえから、あったことでしょうか。
ご家族は、そういう経験はしていないですか。

わたしは、そういう経験がないので、実際に 悪霊をみたり感じる方は
とても 怖い思いをしているのでしょうね。。
あ〜たんといい、るちゃんも。。 enjeruさんも、ありましたよね。


るちゃん enjeruさん
ザアカイさんは、主が送る 天使によって守られ、
悪霊が近づく事が これからないように、効果的な聖書の言葉や
お祈りの仕方が ありましたら 教えて下さい。
みんなで、お祈りしたら、 効果抜群かも。

きっと あ〜たんにも 役立つかもしれません。(*^-^)
ジュリちゃんも 悪霊追い出し、取りなし?の祈りを捧げているのですね。
これから、クリスチャン兄弟、家族、親戚、友人のために
救いの手が 届くように 祈りがますます 必要ですね。
教会が、機能しなくなって、霊が取り去られたら、
個人的に 祈る事を今のうち訓練しておく事、信仰を強めるのが
ますます 重要ですね。(*゚▽゚)ノ

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

数年前、地区の班長をしていた時、会費を集めるため各家庭を訪問したところ、一人の小さな古い家に住んでいたおじいちゃんと話す機会がありました。今はもう他界しておりますが。そのおじいちゃんの言った言葉・・・。
「わしは戦争で人を殺したことがあるのだよ・・・」
「え?」
私、まじまじおじいちゃんの顔を見たのを覚えています。
「やらないと自分が殺されていたからな・・・」
「・・・・」
その言葉は衝撃的でした。父に戦争体験は小さな頃、耳にたこが出来るぐらい聞かされていました。けれども父はまだ若く実際に戦争に行っておらず、空襲の恐ろしさとか戦後の食糧難の貧乏生活の話とかでした。人を殺した・・・。その言葉の重み・・・。
現代なら裁判を受け刑罰を受けることが、戦争の時代は当たり前。人間の作る制度は、本当に自分たちのいい様に都合よくくりくり変わるもの。その中で一般の人はどうにもならない歯車に乗せられて生きるために武器をも手に持たなければならない。
人間の罪がある限り、悲劇は繰り返され、悲しみ苦しみが人を絶望にさせますが、父なる神がその一人子主イエスを人類に与えられ、魂の救いをご計画されたことはなんて感謝なことでしょう。
12月はクリスマス時期。神が地に下り、神の愛が人間に降り立ったことの喜びは言葉に尽くすことの出来ない恵みだと思います。
皆様の上に栄光の主イエスの救いと喜びが今宵ありますように。

わたしは光として世に来ました。
わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。(ヨハネ12・46)

サマちゃん
御言葉を記しておきますね。

彼らを恐れてはならない。あなたがたのために戦われるのはあなたがたの神、主であるからだ。(申命記3・22)

サマちゃん、ご心配ありがとうございます。そしてとりなし感謝m(__)m

直近では、7月に息苦しくなったのが最後ですかね・・・単なる体調不良だったんでしょうか?ちょうど私、夏場・・・精神的にかなりやられていて弱ってましたからね。

ジュリさんは最近来て、知らないだろうから、以前投稿した「飛んでくる生首の幻」事件?を再掲したまでです。ありゃ、最凶に恐ろしかったです。夢だったにしてもありゃ、完全に霊夢ですな・・・

大丈夫です(-_-メ)・・・悪霊は「神の許し」以上のことは出来ません。最悪、やられても、霊は救われるはず・・・たぶん(^_^;)

クリスチャンになる前は、一度だけ。
金縛り~♪になって、白いもやみたいな物体が、お腹の上に乗っかって、口の両端を吊り上げて笑っていました・・・

『「南無阿弥陀仏」を唱えるといい』と聞いてましたので、2,3回やってみましたがダメ!
「仏教なんかインチキじゃん~!」と思いましたよ。
そのうちに相手方から消えていきました。

実はうちのかみさんが、けっこう霊感強いみたいで不思議体験それなりにしているみたいです。よくうなされているし・・・こっちが恐くなります(-_-;)・・・
本人はチャキチャキの唯物論者なので、絶対に認めませんが。

enjeruさん、ニアミスでしたね。

それにしてもその老人の話・・・重いですね。なんとも言い様がありません・・・

イラクからの帰還兵は、かなりのパーセンテージで、精神に異常をきたらして、社会復帰が出来なくなっているそうです。

そりゃそうですよね・・・目の前で同胞が爆発に巻き込まれ肉塊になったり、ハイテンションな状態で、目の前の敵を撃ったりしたら・・・
普通の人間であるならば、気が狂いますよ・・・

犠牲になるのはいつの時代も末端の人間で、世の権力者は安全な所で高見の見物。やってられませんね・・・

>人間の罪がある限り、悲劇は繰り返され、悲しみ苦しみが人を絶望にさせますが、父なる神がその一人子主イエスを人類に与えられ、魂の救いをご計画されたことはなんて感謝なことでしょう。

→このあたり前の真実に気がつかない人があんがい多いですね。早く気づいて欲しいです。

我々人間の力では、理想郷を作り上げることが出来なかった。それは人類史が証明していることです・・・

身近な例で言うならば、自公政権から民主政権に変わったところで・・・何も変わらない・・・ということと同じですね。

enjeruさん

ありがとうございますヽ(´▽`)/
神がともに いてくださり、戦ってくださるのですね!!

ザアカイさん。 こわいものなしですね〜
奥さんも 霊感が強いのですか。。う〜ん
以前 とくに 神道や、仏教と関わりが強かったとか
唯物論者だから。。あるわけ。。ないか。。 

私も宗教とはまったく無縁でした。信じられるのは自分だけと強がってましたから(ーー;)

ただ、オカルト大好きでして、つのだじろうの「うしろの百太郎」と「恐怖新聞」は全巻読破しました(笑)

あと「メギドの火」とかいうマンガもありましたね。

陰陽師石田、池田キゾク、ギボ愛子、稲川淳二とかも --;
池田氏は、たぶん悪霊に憑依されて殺されてしまったのかも?
必要以上に関わるべきじゃありませんね。

なんかクリスチャンになってからのほうが、変な現象の遭遇率が高いです(ToT)

こんばんは
世の中なかなか動きませんね
ドバイショック、14日に爆発するんでしょうか?

支持で恐縮ですがついに洗礼受けました。
人生いい方向に変わると良いですが・・・
早く御国が来てほしいもんです

たろさん おめでとうございます〜
寒い12月に 受けられるとは。。すごいです。。(*^-^)

私たちにとっても うれしいですね〜 
まず、たろさんを 一番ご存知の 主が一番喜んでおられるとおもいますが。
天使たちも喜んでいるでしょうヽ(´▽`)/

励ましや、支えが必要な事が、ますます 増えるでしょうが、
主は きっと 時期をみられて 静かに答えてくださるでしょう。
平安のうちに 忍耐できる事を 祈って参りましょう〜

 たろさん洗礼おめでとうございます。
 
 貴方の勝利は約束されています、主はすでに世に
勝利しているのですから。
 これからも互いに愛し、励まし、祈りあい最後まで歩いていきましょうね。天では天使たちや先人たちが喜びの祝宴を上げていることでしょうね。

 ドバイショック怪しくなってきましたね、東海アマさんからの引用です。
>最初の関門が、12月14日に償還が迫る40億5000万ドル相当のイスラム債である。 これまで報じられていた35億ドル前後(ドバイワールド社傘下のナキール社の社債35億2000万ドル)よりも増大しているのがポイントである。 隠れ債務が時間の経過と共に次々と表に出てくる可能性がある。
  ドバイの株式市場は連日暴落が続いているようだ。 資金が次々とドバイから引き揚げられているのだ(これまでもそうだったが)。 ドバイ・ワールド社の債務再編が難航を極めているのだろう。 また、モルガンスタンレーの指摘によると、 『 見直し対象となる債務が、現在の260億ドル前後から一気に470億ドル近くに拡大する危険がある 』のだという。
  12月14日までの間に、投資家たちを安心させるだけの進展がなければ、信用不安が一気に世界に拡散する可能性がある。

たろさん、おめでとうございます!!

これからも引き続き、神様がたろさんの心と体と精神を守ってくださいますように! 

遅くなりましたが、たろさん、受洗おめでとうございますm(__)m
感謝です!!

ここまで、いろいろなことがあったことでしょうが、勝利を確信してともに歩んでまいりましょう。

確かに動きそうで動かない・・・
おかげでブログの更新も止まってます --;

焦点絞ってきているだけに、余計論点が絞られてます・・・

たろさん、

洗礼おめでとうございます。

これからもがんばってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/46925553

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年12月初旬、世界では一体何が起きているの?:

« ドバイ=ショック~続報 | トップページ | 今日、御国では祝宴が »