2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« EU初代大統領誕生~でもリリーフ大統領? | トップページ | 2009年度最後の陰謀計画? »

2009年11月24日 (火)

東エルサレム入植問題

Up Date  22:00

オバマもここに来てついに巨大な権力の前に跪いたのか?それともこれが本性?

戦争税導入だって!なんじゃそりゃ~!

対アフガン戦争の戦費調達だそうで。議会が前向きに検討中だそうで、その中でオビー下院議員は「犠牲を払うのが兵士やその家族だけで、ほかの人が戦争と無関係でいられることは問題だ」だと!!「ふざけろ!この偽善者ヤロウ!!」と私は叫びたい。だったらあんたが率先して、戦場の最前線へ行って戦え。

それなら私は問おう。

アメリカ本土が侵略されているのならイザ知らず、アヘン利権を巡ってのタリバンとの抗争の為に、なぜ血税をふんだくられねばならないのか~!なぜ若者の尊い人命が失われねばならないのだ?アメリカ市民でなくとも頭に来る!

だったら侵略戦争やめて、その分の経費を実体経済建て直しの為に使えばいいのに~!!

もっとも戦争が国家最大の公共事業の国では、このようなまっとうな理屈は通用しないか。つくづく思う。為政者さえまともで、頭のいかれたキチガイでないなら・・・あんな豊かな国はないと・・・残念。

詳しくは↓

http://sankei.jp.msn.com/world/america/091124/amr0911241108005-n1.htm

ただでさえ多くのアメリカ人は仕事を奪われ、家を奪われ、豚フル蔓延、失業率が10%超えて、ウォール害の銀行家連中に対し怒り心頭状態なのに、その上戦争税だなんて・・・暴動など起きなければいいのですが・・・最もそれが目的だったりして?
12月末にカナダとメキシコとの国境が封鎖されるなどという裏情報も入ってきていますが(ホントかな?)、一歩間違うとありえそうなだけに恐いです・・・アメリカとイスラエルそして中東と・・・分けて考えることは出来ませんね。

(-_-;)・・・一気に気分が重たくなったので、なつかしのCMで気分転換などを。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここに来てふたたび、ガザからロケット弾が打ち込まれ、イスラエルが報復。かと思いきや、ヨルダン川西岸地区でも、東エルサレムへの入植問題を巡って、パレスチナとイスラエルが小競り合いの様相を醸し出してきました。

どうしてもイランばかりに目を奪われがちですが、いつどこから火を吹くかわかったものじゃありません。ここからイランへ飛び火することだってありえるわけで。

アメリカは入植に表向き反対を表明しています。しかし、イスラエルは完全無視 --;

これと関係するのかどうかわかりませんが、オバマにもおかしな噂が。ロシアのイズベスチヤによると、オバマが重篤な肺がんなんだとか?1年間で10kg痩せたんだとか。NWOは、オバマを快く思っていないとする情報もあるようだし、チャキチャキのシオニストである、エマニュエル大統領首席補佐官が、モサドと連携して毒でも盛っていたりして?

ヒラリー=クリントン大統領誕生というシナリオもあるのか?こちらは疑う余地なく、シオニストの操り人形でしょうからね。忠実に命令を遂行することでしょう。

ということで、↓の動画をご覧あれ。

う~ん?酷い事しますね。私は個人的に、旧約の時代、神がイスラエル民族に、異民族を根絶やしにして、パレスチナの地を支配せよと命じたことが、今現在も、そっくりそのまま通用するとは思いません。

イスラエル民族を使って、人身御供をやっていた偶像崇拝の民を撲滅させるのが目的で、当時のカナンの地の情勢を、今のパレスチナにそっくりそのまま当てはめることは不可能です。

また、ユダヤ人と一口に言っても、アシュケナジー、スファラディー、その中でもさらに、聖書の神を心から信じるユダヤ人もいれば、バビロニア=タルムードに影響されたルシファーを崇拝するサタニストもいるわけで、まさしく複雑怪奇な群れ。

反論を覚悟であえて言うならば、「ユダヤ人のやることは何でも許される。イスラエルを応援しよう」などとする和製シオニストがいますが、このような方々は悔い改めた方がいいです。はっきり言って目の見えない盲人だから。

かと言って、ユダヤ人=絶対悪という極端な反セミチズムもどうかと思いますが。動画にもあったように、入植に反対している心あるユダヤ人もいるわけです。

それでも最後には、多くのユダヤ人は、主イエスをメシヤと認め、悔い改めることでしょう。

長くなるのでここでは引用しませんが、聖書をお持ちの方は、新約 ローマ人への手紙の11章をお読みください。そこには同胞に対する、パウロの魂の叫びが見て取れます。

また、

ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。

見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。

わたしは言っておく、『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。

マタイ 23:37~39

とあるように、今は暴虐無尽な民でも、その多くは最後には、主イエスをメシヤと認めるはずです。その時は刻一刻と近づいているかのように思えます・・・

« EU初代大統領誕生~でもリリーフ大統領? | トップページ | 2009年度最後の陰謀計画? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

てへ、一番乗り…って書くこともないのに現れるなぁ~

じゃちょこっとだけ…
確かに、イスラエル=大好き=実はよくわかってない
という傾向の方々もいますね~ (るちゃんもです)

別の話…
なんでもイスラエルに行った人に聞いたんだけど、あちらでは建設中の建物には税金がかからない?だったかでどの建物も出来上がってるのにビヨ~ンって棒が出っぱなしなんだとか…

動画の中にそういうところが見えましたねぇ=①。①=

ザアカイさん、いつもありがとうございます<(_ _*)>。

>確かに、イスラエル=大好き=実はよくわかってない
という傾向の方々もいますね~

→おそらくですが、日本人の中には、このような方がほとんどなのかもしれませんね。神の選民ということで、ユダヤ人を美化しすぎています。

一部にシオニストの広告塔みたいな人もいますが --;

誤解を恐れずに書くならば、旧約聖書って、「人間の罪の歴史」と言う側面があって、読めばわかるようにユダヤ人の歴史って、決してほめられたものじゃないと思います。
ただ、それはユダヤ人に限らず、人類の縮図であると言うことでもあるんですよね。

私も決して反ユダヤじゃありません(^_^;)
良くも悪くも、人類の歴史を動かしてきたのは紛れもなくユダヤ人ですから。
そして霊的な長子はキリストでしょうけど、肉的に限って言えば、やはり長子はユダヤ人になるんだと思います・・・

ザアカイさん、誤解しませんて~
はっきり言った方が聖書的でもあるもんね(*^0゚)v

…ところで、サイトの形式を変えたのですね!
スクロールが楽になりましたぁぁぁぁヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ

>…ところで、サイトの形式を変えたのですね!

→あらま!ホント!
プロバイダの方でココログの設定変えたみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/46848239

この記事へのトラックバック一覧です: 東エルサレム入植問題:

« EU初代大統領誕生~でもリリーフ大統領? | トップページ | 2009年度最後の陰謀計画? »