2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2009年度最後の陰謀計画? | トップページ | ドバイ=ショック~続報 »

2009年11月27日 (金)

2009年度最後の陰謀?~金融経済編

ここに来て騒がしくなってきました。今年最後の陰謀か?などというエントリーを書いたばかりですが、金融市場が底抜けするかもしれません・・・

FRBがゼロ金利継続、ドル=キャリー=トレードに拍車がかかる~!ということで、ドル相場が86円台に突入したかと思いきや、時限爆弾に次々と引火している模様。

ちょっと危なすぎる状況です。ついに金融危機第三弾(サブプライム、リーマンショックに続く)へと突入するのかどうか?ここまで魔法を使ったかのように、1年余り引っ張ってきましたがいよいよなのか?これ以上ごまかしは効かないのか?それとも準備万端、時は満ちたとでもいうのか?

衝撃的なニュースを3つほど。

まずは国内から、サーパスシリーズのマンションで知られる

穴吹工務店の破綻

http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20091126ddlk37020621000c.html

↑より一部引用~

◆地銀の反応

 同社と取引のある高松市の百十四銀行、香川銀行は25日、債権の取り立て不能や遅延の恐れがあると発表。

 百十四銀行はグループで、穴吹工務店などに計56億3900万円の債権がある。担保などで保全されていない約41億円は、09年10~12月期決算で引き当て処理をする。

 香川銀行(同)も、穴吹工務店などに計48億5400万円の債権があると発表。保全されていない20億8900万円を同期決算で引き当て処理する。

 両行とも、当期の業績予想の修正は、現時点ではないという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あと財務状況の健全性においてはメガバンク以上で、国内トップクラスの静岡銀行もかなりやられているらしい。

しかしこれだけの資金をまともな保全もなしで貸し込むかね?95年ごろ問題となった、まともな担保評価もせず不良債権の山を築き消滅していった、かつての住専のデタラメ融資と同じじゃん。業績予想の修正はないといっているけど、不動産でやられ、為替、債権、株でやられているだろうから・・・ウルトラCの会計基準の変更や、飛ばしやるにしても、下手すると破綻・・・よくて国有化というシナリオもあるんじゃなかろうか。

私自身、自分は能無しで、箸にも棒にもかからないバカの見本だと思ってますが、エリートと呼ばれている人たちも、たいして変らないんじゃないかと思うときがあります --;

さて、次行きましょう。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

ネバダより~

ドバイの債務不履行

ドバイ政府はとうとう債務不履行宣言をし、590億ドル(5兆2000億円)の債務繰り延べを要請すると発表しています。

今回の債務不履行は『ドバイワールド』と『ナキール(不動産開発会社)』分だけであり、民間分を入れれば債務不履行額は20兆円にも達する恐れがあり、ドバイに貸し込んでいる世界中の金融機関が震撼する事態になります。

このドバイの債務不履行が今後東欧諸国、北欧諸国に波及し、ロシアの金融危機から金融崩壊へ発展するのは避けられず、あとはどれだけこの崩壊の時間を遅らせる事が出来るかになります。

金が上昇していますがこの上昇が世界中の金融システムが崩壊するのを予言していたとすると今後【金】は急騰しヨーロッパ金融市場がメルトダウンし【ユーロ】は崩壊し、世界は暗黒の時代に陥ります。

世界の金融市場に警鐘が鳴り響いています。

~~~~~~~~~~~~~~

このネバダですが、かなりのアメリカ教信者なため、すべてにおいて共感するわけではありませんが、貴重な情報を提供してもくれているのでとりあえず引用。

砂上の楼閣、現代版バベルの塔と言う表現がふさわしいドバイの熱狂だったわけですが、普通に考えればこうなることはわかっていたことでしょう。

ドバイのバブル崩壊は今に始まったことではありませんが、なぜ今ここに来てトドメを刺すような報道が表に出てくるのか?ということでしょう。

鹿島、大林などの日本のゼネコンもかなりやられている模様。この5兆円の焦げ付きは、正直かなりヤバイですぞ。

1126h

さて、最後です。これまた、その筋の人々の間では常識。わかっていることなのですが、なんで今リークするの?というもの。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091126AT2M2601F26112009.html

バチカン銀、資金洗浄関与か 伊司法当局が捜査開始

 ローマ法王庁(バチカン)の財政管理組織「宗教事業協会」(通称バチカン銀行)が、マネーロンダリング(資金洗浄)防止を目的とした法律に違反する取引をした疑いがあるとして、イタリア司法当局が捜査を始めた。ANSA通信などが25日伝えた。

 同銀行は過去3年間にわたり、イタリア銀行最大手、ウニクレディトの支店口座を通じ、毎年約6千万ユーロ(約80億円)を送金したが、受取人や口座の管理者名を明らかにしていないという。

 バチカン銀行の不透明な金の動きは、イタリアの中央銀行のイタリア銀行が把握、司法当局に通報した。バチカン銀行は1942年設立され、資金調達のほか、投資銀行を通じてバチカンの資産の運用などをしている。(ローマ=共同) (21:10)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

この際だからはっきり申し上げましょう。バチカンがマフィアと結託して、表に出てこないカネを動かしていることくらいイタリア銀行や司法当局は、当たり前のこととして知っている。

バチカン銀行が、麻薬、兵器、偽札、売春などのアンダーグラウンドのマネーの資金提供者であることくらい、このブログの読者であれば知っていることでしょう。遠まわしながら、それが公然と暴露されたということ。何かよからぬ事を企んでいるに違いないはずです。

世界最大、最悪、最凶の偽善がバチカンには存在します。悲しいことですが、これがカトリックの総本山の正体です・・・だからバチカンはアメリカとともに裁かれなければならない最右翼でもあるのです。

ただ誤解しないでいただきたい。本物のキリスト教はまた別です。当然、バチカンが伏魔殿だからと言って、カトリックをすべて否定するものではありません。末端レベルでは本物のキリスト者だっているはずです。

主イエスが救いへ至る唯一の道で、来るべきメシヤであることにも変りありません。

長い歴史のうちに、人の教えが入り込んできて腹黒くなり、変質してしまっただけ。サタンにやられてしまったということ。

ヨハネによる福音書 / 14章 6節

イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。

このことは真理であり、間違いはありません。小沢が何と言おうとそんなことはどうでもいい事。

とまあ、駆け足で見てきましたが、パンデミック騒ぎと場合によっては戒厳令?、金融危機が年末にかけてクライマックスを迎えるかもしれません。

EU大統領が決まったと思いきや、急に動きが激しくなってきました。

ドバイ、バチカン、ワシントンDC・・・そして忘れてはならないウォール街とシティ。当然、日本における我々の生活・・・ただでさえ大変なのに、あまりネガティブに考えたくないのですが (-_-;)

年末に向けて要注意であることだけは確かでしょう。

« 2009年度最後の陰謀計画? | トップページ | ドバイ=ショック~続報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

お金は本当に魔物で、それでどれだけ多くの人が心を支配され、命を落としたことでしょう。

金銭を愛する生活をしてはいけません。今持っているもので満足しなさい。主ご自身がこう言われるのです。
「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」(ヘブル13・5)

金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。(Ⅰテモテ6・10)

>世界の金融市場に警鐘が鳴り響いています。

多くの人は経済の動向に一喜一憂していますが、その背後に主の御心が働いていることを知る時、主が近いことを知り祈らざるおえません。また主に信頼している時、お金はなくても本当に平安でいられることは、なんという感謝なことでしょうね。

これから主を信じていない多くの方々が金銭的な試練に陥っていくでしょうけれど、この真実の生きた助けることのできる神を信じて救われてほしいです。

不真実と偽りとを私から遠ざけてください。
貧しさも富も私に与えず、
ただ、私に定められた分の食物で
私を養ってください。
私が食べ飽きて、あなたを否み、
「主とはだれだ。」と言わないために。
また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。(箴言29・8-9)

この時期、台風が発生しているなんて・・・。本当に異常気象ですね。
皆さんが主が来られる時まで、豊かな主の守りと平安に満たされ、主を仰ぎ見続けることが出来ますように~。

るちゃんです(*^_^*)

ドバイなんてお金持ちだなぁ~としか思ってなかったんですが、
債務の上に成り立っていた「幻の城」だったのですねぇ…

あやしとは思っていましたが…やっぱりね!って感じかな。。

スパイラル・デフレが心配だ、とニュースで言ってましたが、日本の経済はどうなるかな…

前後左右、どっちを向いてもドヨ~ンとしてますが、まだ上が残ってます。
この事に世の中の人々も早く気づいてほしいですね!

「皆様、上に参りま~す」 るちゃんはエレベーター・ガールになりたい。。。ウソ

enjeruさん、こんばんは。

我々の求めているのは「富」ではなく「生活費」=「生きていくための必要経費」ですから
感覚が違いますわね。

人間やはり一度、経済面で嫌というほど痛めつけられないと目が覚めないんでしょうかね・・・やれやれです。

御国が到来した時は、カネの心配がなくなるだろうから、早く小切手落とす苦しみから解放された~い!

るちゃん、こんばんは。

やはり世の中の図式は、ヤコブの子孫であるユダヤ人に、イシュマエルの子孫であるアラブ人はやられっぱなしなんですわねえ。

アブラハムのゆえに、石油でもって祝福も受けているんでしょうけど、金融に長けたユダヤ人に、良いようにふんだくられまくってますね --;

>上が残ってます。
この事に世の中の人々も早く気づいてほしいですね!

→ほんとうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/46869348

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度最後の陰謀?~金融経済編:

« 2009年度最後の陰謀計画? | トップページ | ドバイ=ショック~続報 »