2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ザアカイ=レポートーⅩ | トップページ | イラン核問題の帰結先? »

2009年10月27日 (火)

キリスト者の確信とは?

主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐい、その民のはずかしめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。

イザヤ 25:8

わたしはエルサレムを喜び、我が民を楽しむ。泣く声と叫ぶ声は再びその中に聞こえることはない。

彼らの勤労はむだでなく、その生むところの子らは災にかからない。彼らは主に祝福された者のすえであって、その子らも彼らと共におるからである。

彼らが呼ばないさきに、わたしは答え、彼らがなお語っているときに、わたしは聞く。

おおかみと小羊とは共に食らい、ししは牛のようにわらを食らい、へびはちりを食物とする。彼らはわが聖なる山のどこでもそこなうことなく、やぶることはない」と主は言われる。

イザヤ 65:19、23~25

わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。

また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。

また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

黙示 21:1~4

イエスは女に言われた、「女よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」。マリヤは、その人が園の番人だと思って言った、「もしあなたが、あのかたを移したのでしたら、どこへ置いたのか、どうぞ、おっしゃって下さい。わたしがそのかたを引き取ります」。

イエスは彼女に「マリヤよ」と言われた。マリヤはふり返って、イエスにむかってヘブル語で「ラボニ」と言った。それは、先生という意味である。

ヨハネ 20:15~16

今現在、アメリカが揺れ始めています。しかし断片的なものばかりで、確信を得られる情報がありません・・・ということで、いつもいつも暗いことばかり書いていたのでは気が滅入ってしまい、サタンにつけ込まれるので、バランスを取るため、たまには信仰に関する希望に満ちた明るいことも書いてみようかと。

上記引用した聖句は、我がブログでたびたび引用してきました。好きな聖句は多々あれど、キリストにある終着駅という意味で言うと、閃くのはこれらの箇所でしょうか。

ただ単に陰謀論、人類の裏側を探っているだけでは自暴自棄になり、絶望し、発狂するだけです。歴史の裏側から、政治経済の裏側=いわゆる人類の闇の側面~から導かれた私みたいな人間が今、こうしていられるのは、主イエス=キリストという史上最大の希望があるからなのは疑う余地がありません。

我がブログも、のびたさん、わたぴ~さん、モトイさん、そしてジュリさんと相互乗り入れ、リンク先が増えてきました。感謝な事です。そんな中で訪れる方々の中には、キリスト者でないにせよ、少なくとも関心はある方がほとんどだと思っております。

つくづく感じますが、自我を徹底的に打ち砕かれて、御前にひれ伏すまではなかなか受け入れることは難しいかもしれません・・・自分がそうでした。

キリスト教とは徹頭徹尾「他力本願」否、「キリスト本願」なわけです。私はマグダラのマリヤの復活した主との再会の場面、その気持ちが自分のことのようにわかります・・・

今現在の閉塞感漂う、先の見えない時代に置き換えれば、主イエスだけが頼りです。これでもう恐いものなど何もない、爽やかなそよ風が吹きすさぶ、溢れんばかりの暖かな光の渦の中に身を置くようなものでしょう。

すべてが終わるのだ、というか、すべてが解決する。もう悲しみ、苦しみの涙を流すことはもはやない。人類では歴史上そうであったように、到底出来ないことなのです。私は荒唐無稽のおとぎ話だとは思いません。

あのパウロが言ってます。ガマリエル門下のパリサイ派の超エリートであった人間が、今まで自分の得たものは、キリストに比べれば糞土のごときだと。漁師であったペテロやヨハネと違って、彼は今で言えば、ハーバード、東大卒のエリートだったわけです。いつも書いてますが、理屈じゃありません。幼子のように心を開けば、おのずと主は訪れてくれるのです。

「急いで降りてきなさい。あなたの心に今日泊まるから。あなたもまたアブラハムの子なのだから。」と・・・私たちが心を開くのを待っておられるのです・・・

わたしは、すでに自身を犠牲としてささげている。わたしが世を去るべき時はきた。

わたしは戦いをりっぱに戦いぬき、走るべき行程を走りつくし、信仰を守りとおした。

今や、義の冠がわたしを待っているばかりである。かの日には、公平な審判者である主が、それを授けて下さるであろう。わたしばかりではなく、主の出現を心から待ち望んでいたすべての人にも授けて下さるであろう。

第二テモテ 4:6~8

なかなか私ではパウロのごとく、間違っても!このように言うことは出来ません。

「じゃあ、おまえは主に会えるのか?」と問われれば、「たぶん?大丈夫でしょう。絶対に大丈夫!たぶんね --;」程度かもしれません。

しかし、それしかないのです。ないのなら、それに賭けるしか選択肢はありませんから 。

« ザアカイ=レポートーⅩ | トップページ | イラン核問題の帰結先? »

主イエス=キリストの愛」カテゴリの記事

コメント

天使が35年前に警告したように、主イエスは王として必ず地上に帰還される。その前に世界は未曾有の混乱期を迎えることでしょう。ちょうど、オイルショックやドルショックが起こったように、艱難前の第2の経済混乱になると思います。混乱収拾のドタバタの最中にわたしたちは取り去られいなくなります。そして、聖霊の地上での働きが抑えられるので… 目に見えない地獄から悪霊たちがイナゴのように地上に現れて悪さをします!今起きている犯罪など、豆粒のようなものですから…艱難時代は暴力と不道徳と詐欺と盗みが横行し、地上はさながら地獄と化するのですから。
そんな地上を反キリストが支配し、一時であれ解決してしまい英雄として迎えられる。悪魔は巧みに人々を惑わします。取り残された人々の中にはあるいは彼こそ救い主ではと思わせるような数々の不思議が起こるでしょう。闇を光と思わせるようなイリュージョニスト反キリストの正体と終わりは聖書の黙示録に書いてある通りになります。

本当に、今月末から来月、再来月つまり年内にかけて銀行口座と郵便口座 気をつけてください。アメリカの波は必ず日本にも波及してくる筈だからです。

祈ります。

時代劇で必ず、信長、秀吉、家康の頃を描いた作品が何度も何度も何度も繰り返し映像化されていますよね
古くは、女太閤記で佐久間良子さん演じる、ねねから見た世界観。この時期の絵巻には華やかさがあり、活気があったからでしょうか…平安鎌倉時代、幕末時代と比べて格段な量だそうです。天下取りを軸に今流行りの伊達政宗や、石田三成、真田幸村、それに女性陣には多彩なキャスティング。ねね(おね)茶々(淀君)、千姫、細川ガラシャ、
それにしても私としては是非とも高山右近にスポットライトあてて欲しいと思っています。キリシタンとしてに魅力的なキャラクターですもの。
ところで私は何を言おうとしているか皆さん察しまましたか。
時代劇で必ず信長、秀吉、家康時代が繰り返し取り上げられていますように~千年王国時代では、今わたしたちがリアルに生きている終末の艱難時代直前と大艱難時代、再臨と一連のエピソードが繰り返し繰り返し、演劇や映像で取り上げられるそうなんです。もちろん主役は主とわたしたちそれぞれのキリスト者になります。

♪サアサア皆さん、ようこそ~楽しい芝居はいつだって心に響き夢が広がる~

劇団四季によるニッセイ劇場子どもミュージカルの幕開けの歌より

こんにちは~☆

艱難期が近づいてるのは確かでしょうが、携挙についてはいろんな説がありますよね~。

艱難前にクリスチャンが携挙されるというのはルフトビハインドではやった一つの説ですが、小石泉牧師は艱難中に携挙されると確か言っておられたような・・・。
聖書を読んでも解釈によって違ってきますよね。

その部分は実は主も隠されておられる部分ですよね。
いつかわからないからしっかりと目を覚ましているように何度も警告されていますから。
待ってる10人のおとめ達も全員眠ってしまうところから想像より遅いのかもしれません。

艱難をクリスチャンもこれから少し体験するかもしれないという覚悟も必要かなと数年前から思わされるようになりました。
艱難期を乗り越えられる為の前もっての予備祈りを時々しています。
拷問されませんように・・・とか、襲われませんように・・・とか。(笑)


ルフトビハインド=レフトビハインドの書き間違いです。(^^;

アンちゃん、ジュリさん、いつもどうも。

私も「隠されている事」であると思ってます。まるで試されているかのようですね。

いいかげん眠りこけそうです・・・って、おいおい ーー;

ま~だかな?
わからんやっちゃな~!
ええかげんせんとしばくで~!わりゃ~!
(ToT)

以下パイクさんの予言です。

重要なのは「疲弊」させるというところ。


第三次世界大戦の下準備をしているのは、政治的シオニストとイスラム世界の指導者たちとの間で深刻化しつつある対立である。この対立を煽るために、様々な名のもとでイルミナティのエージェントたちが活動している。世界は第三次世界大戦に向けて誘導されている。すなわち、全イスラム世界と政治的シオニズムを互いに争わせ、それと同時に、他の国々をこの問題をめぐって分裂させ、物理的・精神的・霊的・経済的に徹底して疲弊させるのだ。

ザアカイさん、ジュリさん、蒼さんこんにちは。

でもね、現実に第三次世界大戦が勃発したら、それこそ大惨事世界大戦に。
イメージしてください。ここに、一組の真面目な青年と純朴な少女のカップルがいたとします。前川正さんと堀田綾子さんのようなカップルを…。二人は将来を誓い合い、未来に希望を持って生きていました。週末の仕事を終えてOLの綾子さんは、近くの喫茶店で待ち合わせしてデート。
将来は、どんな家庭にしようか?子どもは何人欲しいわね。そんなことより、籍をいれたら姓を変えないわよ。
そんな楽しい二人には、頭上から都市を一瞬に消滅させる核ミサイルが飛来してきた緊急ニュースなど耳に入りませんでした。

前川さんが綾子さんにそっと接吻したその瞬間2人の肉体は建物と共に恐ろしい閃光によって破壊され、二人の未来は一瞬の内に消滅してしまいました!なんということでしょう!

このように、戦争は罪のない一般市民にまで、悲惨な影響を及ぼします。

♪我が民よ へりくだり 祈り捧げ 我が民よ へりくだり 今立ち返れ
祈りを聞いて 罪赦し あなたの国を癒やそう
我が主よ この国を 癒やし主のものとしたまえ
せつなるこの祈りに答え 「この地を癒やしたまえ」

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

今日も平和な一日が過ぎようとしています。見た目にはね・・・。
待つことは忍耐ですが、ノアだって箱舟造るのに100年近くかかっているので、相当な忍耐だったのでは?私はここまできたら、「主の御心の時に来て下さい」と祈っていますので平安です。
「急いでそこへのがれなさい。あなたがあそこにはいるまでは、私は何もできないから。」(創世記19・22)ソドムとゴモラが滅ぼされる直前の御使いの言葉は現代にも生きていると思います。すなわちキリスト者が天国に入るまでは主は何もできないと。
今朝、詩篇を読んで恵まれたのでその御言葉を書いておきます。
ハレルヤ。
天において主をほめたたえよ。
いと高き所で主をほめたたえよ。
主をほめたたえよ。すべての御使いよ。
主をほめたたえよ。主の万軍よ。
主をほめたたえよ。日よ。月よ。
主をほめたたえよ。すべての輝く星よ。
主をほめたたえよ。天の天よ。(詩篇148・1-4)
ハレルヤ。
神の聖所で、神をほめたたえよ。
御力の大空で、神をほめたたえよ。
その大能のみわざのゆえに、神をほめたたえよ。
そのすぐれた偉大さのゆえに、神をほめたたえよ。
息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。(詩篇
150・1-2、6)

enjeruさん、こんばんは。
主はそのように、神の民が天へ行くまで何も出来ないと、そう仰ったのですか。ソドム脱出時の御使いのアノ言葉のように!?

「急いでそこへ逃れなさい。あなたがそこに着くまでは、わたしは何事もすることができません」。(創世記19:22)

と云うことは、他ならぬ名推理ではありませんが艱難前に何かありますね。何か、ラプチャー 携挙 引き上げられる!一瞬のうちに、一挙に またたく間に

キャッホー、キャッホー、キャッホー

ハレルヤ、それが本当なら、私たちは怖いもの無し 大丈夫 ひざまずいて感謝しましょう!

わたしは歌うフランチェスコのように神を賛美します!兄弟なる太陽よ、姉妹なる月よ、あふれるあなたの愛 弱さに沈む時も
兄弟なる風よ、姉妹なる空よ、やさしいあなたの息吹き この目を開いてほしい

神の手で造られた その愛に気づいていく

兄弟なる太陽よ 姉妹なる月よ、今見えるあなたの愛 聞こえるあなたの声
神の手で造られた その愛に気づいていく

ブラザーサン アンド シスタームーン

今見えるあなたの愛 聞こえるあなたの声聞こえるあなたの声

アルバート=パイクの予言というより、ブルー=プリントだったんでしょうね、悪魔のごとき人物そのものですわね。

>物理的・精神的・霊的・経済的に徹底して疲弊させるのだ。

→確かに人間、イザ事が起きるより、この蛇の生殺し状態が一番ストレスたまり効きますわね。人間の弱点をすべてお見通しというわけでしょうかね・・・なんと陰険なことか。

>このように、戦争は罪のない一般市民にまで、悲惨な影響を及ぼします。

→ごもっともで
私も基本的には平和裏にキリストに大政奉還出来ないものか・・・と考えますが・・・人類の歴史は罪の歴史である事を考えると、悲しいことですけど・・・甘受すべきなのか・・・

ウィルスソフトのアップデートがうまくいかず、「コンピューターが危険にさらされています」のメッセージ。再起動するはめに。

ということでレスその2

で、enjeruさんからでしたね(^_^;)

う~ん?やはり信仰の成熟度の差でしょうかね。このブログも、訓練、成長の場としては、ハイレベルな方々が来てくれるので、不足なしです。

私のせっかちな性格はなかなか矯正されません(涙;)

コリント人への第一の手紙 / 15章 19節

もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。

↑ 私が意地になっているのは、ただ単にこれだけは譲れないからなのかもしれませんね。

アンちゃん、こんばんは。

その日、その時は天の御使いもイエスさまも知らず、父なる神だけが知っている(マタイ24・36)と書かれてありますので、はっきりした月日、時間は誰も分かりません。

義を宣べ伝えたノアたち8人の者を保護し・・・(Ⅱペテロ2・5)
悩まされていた義人ロトを救い出されました。(Ⅱペテロ2・7)
あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つ。(ルカ21・22)

以上のことからも恵みの時のキリスト者は患難を通らないと信じます。
恵みの時のキリスト者は、イエスさまの花嫁。この地上では、婚約者です。花婿なるイエスさまが花嫁なる恵みの時のキリスト者を何故患難に会わせる必要があるでしょう?花婿は、花嫁を愛しており、いとおしくてたまらない存在のはず。早く会いたくてたまらないはずだと思います。花婿が来るのが遅れているだけだと思います。(マタイ25・5)
私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。子羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを赦された。(黙示19・7-8)
御霊も花嫁も言う。「来てください。」(黙示22・17)

enjeruさん、十月も今週いっぱいになり、いつの間にか今年も2ヶ月余となりました。
また父の様態が少しだけ悪くなりました。時間のある時で良いのでお祈りください。
テイジンの酸素装置を家庭用に設置して、母がトイレと痰の世話をしています。短気でわがままなので世話が妬けるそうです。
子どもとして親の命が一日でも長いことを、出来れば精神と肉体が最後まで健やかなことを祈っております。もちろん、救われることも

皆さんそれぞれ、重荷や十字架を背負っておられ、大変なのは私だけではないと以前、のびたさんに叱られたこともありましたよね。時々ジレンマに陥ることがあります。今私が携挙されたなら、果たして家族としてどうなんだろう?って

でも、もうくよくよしません。すべては主にゆだねましたから。なんて書くとカッコイいけど現実の私は母に当たって文句と愚痴ばかりなクリスチャン失格者です。多分私は新しい体になってもこの性格は変わらないんだろうな
天国でオフ会したら、皆さん私に会って不快に感じるんじゃないかしら。パウロと同じで「なんだ大層なこと書いているけど、リアルなアンちゃんは小心者でどうしょうもない世間知らずじゃないか」
たぶんそうなると思います。 

>現実の私は母に当たって文句と愚痴ばかりなクリスチャン失格者です。

→みんな五十歩、百歩。そんなに変らないと思いますよ。キリストに似る者になるには、そりゃ~、時間がかかると思います。私など、おそらく人生100回やり直しても無理だな(笑)

アンちゃん、だいぶ変ったと思いますよ。そうでなきゃ、私の性格からして、好き勝手にコメ欄使わせないし、もうとうの昔に追い出してましたから・・・って!おいおい(^_^;)

実際に追い出した人(出来ることならしたくなかったが)・・・4,5人いますし --;

ま、何はともあれ、アンちゃんのお父様が癒され、容態が回復しますように。

アンちゃん

あなたのご両親のために祈りますね。

>子どもとして親の命が一日でも長いことを、出来れば精神と肉体が最後まで健やかなことを祈っております。もちろん、救われることも

私も同じく両親のために祈っています。

主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。(使徒16・31)

神様の約束に感謝ですね。そして私たちキリスト者が祈っている人々をイエスさまは必ず顧みて下さり、祈りは一つも地に落ちないと思います。だから、安心して主に信頼して祈りましょうね。

>クリスチャン失格者です。

私たち、この地上にいる限り罪の性質は消えないので、アンちゃんと同じです。ただ罪があっても恵みのゆえに救われたことを感謝しています。ほら、こんな愚かな者でも救われています。ただただイエスさまに感謝しています。神さまの目から見たら、私たちの罪は真っ黒なんでしょうね。
アンちゃんや子羊通信の皆さんに天国でお会いできることを本当に楽しみに待っています。

私たちの主イエス・キリストを朽ちぬ愛をもって愛するすべての人の上に、恵みがありますように。(エペソ6・24)

ザアカイさん、enjeruさん、ありがとうございます。

アンちゃん
みな それぞれ十字架を負うのですよね。
ひとりぼっちだったら すでに 自分の罪深さにつぶされて
自暴自棄になるか 自己否定して希望もなくて まんまと奈落の底におとされたまま立ち上がれないですよ〜
でも、イエス様がくびきを負ってくださっているから
情けない自分でも、なんとか 七転び八起きと
なんとか やっていけるのでしょうね。。。
いや、励ましを受けつつ おぶってもらっているのでしょうね。。。

サマちゃん

あなたは孤独でイエスさまの愛に飢えていたのですね。
知りませんでした。祈りますね。(Ⅰヨハネ4・19)

皆さんおはようございます!
今朝、お風呂のガスの元栓が開きぱなしで、ガス栓もどうやら着いていて、一晩中口火が着いていたらしく
強い風だったらガスの事故が起こったと思い、自らの迂闊さに呆れてしまいました!サタン?あるいは、自己責任?
とにかく大事にならず何もなかったこと 守られたことを主に感謝いたしました。

サマリヤ人さん、お元気ですか?ドイツのほうもストーブつけるぐらい寒くなりましたか。

enjeruさん  ありがとうございます
ヨハネの聖句。。 19節 神がまず私たちを愛してくださっている。。。
18節の 全き愛には恐れを閉め出す。。
神の忠実な愛には 裏切りを心配する必要がない。
でも、自分や身近な人間の愛の未熟さや欠如を感じるとき
いかに人が罪深いそんざいか まざまざと感じてしまいます。

主の再臨が近いことを祈りつつ、それまでに
自分はどのように 地上の生活を生きるべきなのか。。
恐れずに主を待ち望むためにも
主をみあげて 目をそらさずにいなくてはいけませんね。。

砂の上の家と 岩の上の家が思い浮かびました。。
いままで、キリストの上の家が安定である。
本物の平安をえられる。。 そうだよな〜と確信しているつもりでしたが。。。。
いま、具体的に砂の上に立っている家を よこめにみつつ
岩の上でまだ 建設途中の家を建てている気分になりました。。
寄留者のように 仮設テントで生活しながら。。。
よい土地だと確信していても、やっぱり人間の見地や
肉的な思いににかられて なにか得損なっているのか。。 不安になっている自分が目に浮かびました。。
 
この世の 限られた一時の不完全な愛や自己満足感を
追い求めているのか、神を心から信頼し、永遠の愛と恵みと喜びを享受することを 望み確信しているのか。。。
アンちゃんのように いろいろな想像をはたらかせて、
すばらしい神の国での生活をもっと描いてみます。ヽ(´▽`)/
いまの 目に見える不安材料だけを信じると、惑わされて
落ち込み、不安になりますよね。

コリントⅠ10章12、13。。
これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。
ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。

この言葉も 思い起こされました。
信仰に立ち続けられるか。。。

倒れないように 主と、聖霊により守られますように。。
そして、取りなしの祈りによって
兄弟姉妹とともに、最後まで完走できますように。。

久しぶりに携挙について思いめぐらしていました。
生きたまま皆揃って主にお目にかかれるのが一番の願いですが・・・。

18年前にまだ未信者だった祖母と姉夫婦と親友に対して3通の手紙(遺言)を書いた事を思い出しました。
(そのうち1通は、祖母が受洗したので生前に確か渡した?ような・・・)
姉夫婦と親友に対しての手紙はまだわたしの部屋に置いてあります。

携挙されるまでには救われてほしいですが、万が一の事を考え、まだ純だった頃の初々しい(笑)わか~い(幼い?)わたしが、信仰の勧めとして書きました。

1991年の事ですが、その頃ってレフトビハインドの説はもう流行ってた頃でしょうか??記憶では謎です。

聖なる聖なる聖なる方に賛美を捧げましょう!

http://6202.teacup.com/remnant/bbs?M=THAL&

サマちゃん

クリスチャンとして未信者の中で生活していく時、さまざまな葛藤や中傷の言葉があり、それで不安になったり、落ち込むことがあります。誰もが大なり小なりその中を通され、それでもイエスの愛にまさる魂の平安と喜びにまさるものはなく、そのイエスに自分の十字架を背負ってついていくのが信仰だと思います。でもその十字架はイエスさまが一緒に背負って下さいます。
ここでは、皆温かい心でサマちゃんのことを見守って下さり、祈って支えて下さいますよ。だから、ここを離れないでね。
あなたの信仰のためにも・・・。
砂の家の砂をどけたら、その下には岩の家があるかもしれませんね。ただ今は砂しか見えないけれど、その砂を少しづつ取り払ってくださいますよ。イエスさまがね・・・。時間がかかるかもしれませんけれど・・・。主を見上げて歩みましょうね。主が来られるまで・・・。

ジュリさん、はじめまして。
enjeruです。私、女性ではここで一番年上です。ハイ・・・(笑)素敵なピアニストの方ですね。
レフトビハインドの説がどうであろうと、聖書は恵みの時のクリスチャンを患難にあわせないと言っていると思います。
ジュリさんのお姉さんご家族が早く救われるといいですね。その手紙が役立つ日が来たりして・・・。

ザアカイさん、明日から11月・・・。さあ、何が起こるのでしょうね?

>倒れないように 主と、聖霊により守られますように。。
そして、取りなしの祈りによって
兄弟姉妹とともに、最後まで完走できますように。。

→サマちゃんが、どうぞその時まで主イエス=キリストに連なって、勝利の冠を得ることが出来ますように。

信仰を持ったからといって、我々の生活が劇的に変る訳じゃありませんからね・・・むしろ新たなる試みが、振り払っても振り払っても、火の粉のように飛んできます。
途中立ち止まってもいいと思います。転んでひざをすりむくくらいだったら自分の更なる成長に寄与してくれます。マラソンランナーのように、タイムを競う必要はないわけで、ジョギングランナーでもいいから完走を目指して、這いずったっていいと思います・・・
主の御衣に手を伸ばして、指先だけでも触れようという姿勢を忘れなければ、根が腐ってなければ、また新たに芽吹くだろうし、主は決して見捨てることはされないと思いますよ。

それとレフトビハインドね・・・
私が知ったのは97年ごろでした・・・って、そもそもそれ以前は、この世にどっぷり浸かってましたから(^^ゞ

すべては自己責任、自分の力で生き抜いてやる~って、突っ張ってましたから --;

ジョン=ダービーにしたって、怪しげな人物であることには変わりないですが、「ディスペンセーショナル=ツルース」は、なかなか説得力がありますし、すべてを否定することは出来ないですよね。

ジュリさんは、最近来られたから知らないと思いますが、このブログの住人の中でも、携挙に関しては、前、中、後と見解が分かれているんですよ。それでも分裂することなく、お互いを気遣いながら良き交わりが出来ているのは、ただただひとえに、主イエスの憐れみによるものだと感じます。分裂したら、どんなに主は悲しむことか・・・

携挙の時期がいつであろうと、我々の霊は救いに与かっているわけですからね・・・と・・・偉そうに、口で言うのは簡単ですが(ーー;)

本音は「早く楽にしてくれ~!油がもう残り少ないんですから~!灯火が消えないうちに~!眠って凍死しちゃいますから~」という、根性なしの腑抜けヤロウなんです --;・・・オチがよろしいようで。

enjeruさん、行き違いのようですね。
私が書くまでもなく、模範解答を書いてくださりありがとうございました。

それにしても・・・月末乗り切るのが死ぬ思いです。毎日の錠剤が欠かせなくなってしまいました(涙;)・・・まるで麻薬みたい。

今日で10月も終わりですね・・・バイブル=コードの「9月か10月中のオバマ暗殺」の予言も、ここまで来れば「はずれ」でしょう。やはり神からのものじゃないんでしょう。

何が起ろうと起るまいと「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことに感謝しなさい。」で過ごすべきなんでしょうけど、これまた私には非常~に!困難な「課題」です・・・ダメだね、こりゃ。

キャンデーくれないとイタズラしちゃうぞ

ハロウィンの格好をした親子連れを電車内で見かけてのけぞりました。

爽やかな快晴の青空、わたしは友人と2人で東京クルーズ隅田川東京ベイエリア水上バス観光に行って来ました。と言うか、現在進行形
未完成のスカイツリーを眺めながら、浅草の吾妻橋沿いの発着場から出発して隅田川を下流に南下駒形橋、厩橋(うまやばし)、蔵前橋、総武線をくぐり抜けて、国技館や江戸東京博物館を左手に望み、落語のタガ屋で有名な両国橋、新大橋、清洲橋、隅田大橋、永代橋と来て、豊洲と佃島の超高層マンション群を眺めながら、中央大橋、佃大橋、両津勘吉が橋を広げてミサイルを飛ばした勝鬨橋から、東京湾に出て、浜離宮、日の出桟橋に約40分で到着しました。
ゆりかもめに乗るとレインボーブリッジを通って、お台場海浜公園やパレットタウン、東京ビッグサイト、アクアシティなど遊ぶ所満載です!

これから豊洲からバスに乗って、月島でもんじゃ焼きを食べてMETROで買える予定なりん

ではまたね~!

enjeruさん
ザアカイさん
アンちゃん ありがとうございます。
聖なる方を見上げて、転んでも 擦りむいても
ときには 立ち止まることがあっても
また よろよろ立ち上がって 歩いていけばいいんですね。

生活の中での思い煩いで 主の光を曇らせてしまうと
いけませんね。。
昨日も いろいろ クリスチャンサイトをみていて、
こんな 言葉をみつけました

世界をみては絶望し、自分をみては失望する。
しかし、主をみるものは希望をもつ。

現実逃れではなくて、事実なんですものね。(*^-^)

主が 病人に なおりたいのか?とおっしゃったこと。。
多くの人が 神に信頼を寄せ、素直になおりたいのです。。
そうおもえればいいのですが。。
多くの人は 世界の絶望と 自分の無力さの失望だけみて 主を見つめることもせずに、絶望と恐れと怒り、あきらめによって希望を
なくしてしまい、神はいないと思ってしまう。
なおりたい。。とも 思うこともないんですよね。
自分の見地だけがすべてだと思って、自分に頼って なおることが 幻想だとおもってしまう。 まさに知識の実(自分で善悪や物事を
判断する)の副作用ですね。。

ザアカイさんと同様。。主よ、どうか きてください!
油が途切れそうです。。 とおもうこともしばしば。。
まさに わたぴ〜さん風にいえば
プシュ〜  電池切れです。。( ̄Д ̄;;
油も 日常の不安や思い煩いが
ゴミのようにくっつくと、油が劣化して なくなるのが
早かったり だめになってしまう気もしますね。
それこそ、モトイさんがおっしゃっていた 不安や恐れ、肉的思いという汚れにはえが(サタンが)たかってくる。。
油をだめにして つぶそうとかかってくるんですよね。
 
交わりが さわやかなものに感じるのは
霊的油がきれいになっているのを 感じるのでしょうかね。(*^-^)
充電と掃除をかねているのですね〜

誰しも、十字架を荷うのが辛かったら止めていいんですよ。

自由なんだから。

楽な道を歩みなさい。

広い道があるんだから。

実際、あなたのことなんか、誰もこのブログ上でしか興味を持っていないから。

気にかけているのは、イエスとルシファーぐらいのものだから。

気楽にいきましょう。

まあ、のびたさん随分とクールガイなことで
突き放しているつもりだろうけど、裏腹なんだから…。
劇団四季の日生劇場子どもミュージカルがありました。赤絨毯の劇場にリッチな気分で生の演劇に接して感激したのを思い出しました。
人間になりたかった猫、青い鳥ドリーミング、桃次郎の冒険…

ミュージカルは不思議。失敗して死んでしまった主人公なのに、それで終わりではありません!カーテンコールと呼ばれる奥の手があります。…カーテンコール、それは舞台が終わったかのような不思議な異空間に誘われます。スモモも桃も桃のうち、スモモも桃も仲間だよ。風がビュンビュン吹いている。スモモも桃も桃のうち…、死んでしまった主人公が幕間から突如として復活しちゃう演出家(神)の粋な計らい。…世界の終わりになくなってしまった死者がよみがえり、別れ別れになってしまった家族が再会し、核ミサイルで消滅してしまった愛しあっていたカップルの前川さんと綾子が喜びの再会を果たし抱擁する素晴らしい時
ミュージカルのカーテンコールは将来の復活の再会を暗示しているのです。復活という希望…♪さあさあ皆さん、これでお終い。楽しい芝居は何時だって心を動かし夢が広がる!…幕を閉じよう!

のびたさんではないですか〜w(゚o゚)w
おひさしぶりです。
お元気ですかヽ(´▽`)/
きらくにですね〜
いくらでも 世の楽な?道にいけても、
それもまた 楽でも 平安を感じられないんですよね。。
やっぱり イエス様しか希望がないことを
知ってしまったが故に、
なさけなくとも ついていかなくては。。。

ども、わたぴ~です(vv)

電池が切れる前にやってきました~( ̄▽ ̄;)
いくらキリスト者として歩んでいると言っても、
生活しているのがこの世の中である以上、大なり小なり
波はありますし、それが普通ですからね~。
生活上の煩い事であんまり神経質になったり、
真に受けて過敏になると、霊的な健康までやられちゃいますから、
受け流すのも時には大事でしょうね。
(やられっぱなしが、ここに約1名(^^;))

それからのびたさん、
悪気がないのは重々承知の上ですが、

>実際、あなたのことなんか、誰もこのブログ上でしか興味を持っていないから。

言い過ぎですよ。ゞ( ̄∇ ̄;)ヒヤヒヤ
のびたさんにとってはユーモアなのでしょうけれど。

>気にかけているのは、イエスとルシファーぐらいのものだから。

のびたさんも、言葉の用い方を気にかけてくださいね。
「(笑)マーク」入れるとか、顔文字使うとかすれば、
文字だけの時より、多少の誤解なども避ける事が出来かもしれませんね。

・・・といっても、ワタクシも決して人の事は言えない立場ですが~(^^;)アセアセ・・・ 

本音です。

私は、この道に関しては冷たい男です。

あら、嫌だ!?
のびたさん随分ね。
わたしは、のびたさんの天敵で言いけれど、何か癪に障ることあったんですか。

さあ、日曜日です!爽やかに生きましょう。

男の子って好きな女の子には、わざと意地悪な事を言うんですよ。heart01happy01

わたぴ〜さん
おひさしぶりです〜
まるで 携帯電話の電池が切れますという 信号がでてたところ
もどってきました。。 (*^-^)
のびたさんのことばに 一瞬 Σ(`0´*) どひゃ〜〜〜
ぬぉ〜〜〜 と おもいつつ。。。
これも、きっと 愛のむち?だと 勝手に思いました( ̄▽ ̄)

アンちゃん 今日は日曜日ですね。
穏やかな心をもちたいものです。ヽ(´▽`)/

のびたさん。。
ハートマークに 笑ってしまいました。(o^-^o)

わたび~さんが、絵文字でも入れろと言うから入れてみました。

基本的には、そんな事言われなくても最後までしますよ、という気持ちを喚起するためのエールなのです。

でも、しなくてもいいですよ。私は冷たい男だから、手をさしのべませんよ、ということです。

これが、コメントの真意です。

インターネットが停止したら、それぞれ一人なんですよ。どちらに頼るのですか。道の右では、イエスが手招きし、左では、ルシファーがもう十分苦労したんだから休んでいいんだよ、と言う。

ゴールは、皆と手をつないで一、二、三ではないんですよ。一人です。這いずり回ってのゴールです。

修行は、最終的には一人なのです。

わたしには惚れないで下さい。永遠に独身を貫く覚悟なので悪しからず。

のびた様へ、
アンちゃんより

テへ。

はじめまして、のびたさん、いい事言われますねっ!
まさしくそう!です。

信仰は人に分け与えたり人から分けてもらったりすることの出来ないものですよね。

油を分けてほしいと5人のおとめが頼むシーンで、分けてもらえず買いに行く・・・という箇所が聖書にありますが、油=信仰とはそういうものですよね。
兄弟姉妹で祈りあい励ましあう事は出来ても、狭い道を進むのは自分自身ですよね。

もちろん神様は真実な方で祈りに応えてくださるし助けもくださるし、内住のご聖霊もおられるし、天使も守ってくれるし、兄弟姉妹も祈り励ましてくれる・・・けど、油は自分で神様に求め自分自身で用意し続けるしかないのですよね。

その中に苦悩もうまれ忍耐を学び、それと同時に、真実の希望を発見し喜びを味わい成長していくのだと思わされます。(テヘ)
(エラそうぶってごめんなちゃい)

enjeruさん、はじめまして~☆
お返事遅くなってしまい申し訳ありません。
姉夫婦の救いの件でご賛同ありがとうございました。m(__)m

ザアカイさん、携挙の件、了解!しました~。
主が隠された部分の事は、今は敢えて知らないでいい領域の事なのかもしれませんね。
わざと隠されておられるのかもしれませんよね。
真実を全部聞かせると卒倒しちゃうかも~・・・ってわたし達に配慮されて。(笑)

たとえばいつ死ぬのかとか前もって知らされてたら、生きる事をカウントダウンしないといけなくなっちゃいます。
知らないでいい未来ってあると思います。
携挙される事を楽しみにして毎日を生きていきたいで~す♪

ども、わたぴ~です(vv)

のびたさん、返信ありがとうございます。了解です。
ま、サマリア人さん自身がその最初から、
本人なりに咀嚼しておられたようですから、
ワタクシが横槍入れてごちゃごちゃ言う必要もなかったのですが、老婆心?ということでご理解ください。(^^;)

しかし、のびたさんが絵文字を入れてみたコメント、
爆笑してしまいました。ヾ(≧▽≦)ノ☆

「こっちの方が似合ってるような気が・・・( ̄∇ ̄;)」

あ、ひょっとして、のびたさんって玄人受けする
「影のお笑い大王」では?∑(`□´/)/
ううむ、これは我が霊的漫才の相方、サマリア人さん共々、
弟子入りしなければっ!(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

アン殿、いいや、忍者「赤か毛」、

愛の十字架手裏剣を受けてみよ。シュッ、シュッ、

この戦いは永遠に続くぞ。

           忍者「禿げか毛」より

うふっ、

ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
見事、私の正体を見破ったな、のびた丸よ!
そうじゃわらわは、仮面の忍者「赤か毛」じゃ!しかしてその実体は正義と勇気の戦士セーラームーンゆみちゅんなのじゃ

ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ

愛の手裏剣バチンバチンバチンバチンバチンバチン★★★★★★
みんな落としちゃったもんね。

ゆみちゅんと行こう!銀河系宇宙を超えて、行けるとこまで行ってみよう!栄光のからだツアー第二弾に参加してよ。

なんか知らないうちに盛り上がってましたね!
さすがは、ただ者ではない方々ばかり。

確かに我々人間に出来ること、やってあげられることには限界がありますよね。最後は神と我々個人との双務契約なわけですし。命の書に名が記されている限り失われることはない・・・しかし厳しい戦いなのには違いないです・・・いつまで続くんだろ?やれやれですね(涙;)

ここの皆さんは同じ教会出身者とかもおられるのですか?
なんか顔見知りな感じ風の仲の良さですが・・・。

なんかコメント欄が管理人をムシしてアラシっぽい感じがややするのは気のせい?

ザアカイさんがOKならいいのですが・・・。
ちょっとザアカイさんがかわいそうな気がしました。despair

あはは!ジュリさん、私が質問に答えてあげましょう。

>ここの皆さんは同じ教会出身者とかもおられるのですか?
なんか顔見知りな感じ風の仲の良さですが・・・。

→いや、おそらくただの一人もいませんよ(笑)
誰が集めたわけじゃありません(^_^;)
あえて言うなら、主イエスが集めてくれたんじゃないかな。

>なんかコメント欄が管理人をムシしてアラシっぽい感じがややするのは気のせい?

→ああ、これね・・・コメント蘭と言うより交わり兼ねた掲示板なんです(笑)
だから別口で新しく掲示板作ったんです(^_^;)
どちらに書き込もうと自由ということで。

>ザアカイさんがOKならいいのですが・・・。
ちょっとザアカイさんがかわいそうな気がしました。

→私の立場としては、口を挟まないほうがいいと判断した時は、カキコしません。よってOKなんです(笑)

でも私、アラシ、ネガティブ=コメントとか、壇上目線の傲慢なタイプ、異端トンデモに対してはシビアなんですよ。もう4,5人追い出した前科があるんです(-_-;)・・・キリスト者としてどうか?とも思うのですが、「しかりはしかり、否は否」ともあるし。

最近来たから面食らったんですね、お気遣いありがと(*^_^*)
ここはこんな感じですからご心配なくm(__)m

ザアカイさん、了解いたしました~☆
ブログ開設者で管理人のザアカイさんがOKならOKです☆

ここはいわばザアカイさんのおうち兼教会。
そこにお邪魔するからにはそれなりの礼儀やマナーがあると思ったもので・・・。coldsweats01

コメント欄でご自分の世界を披露したいんだったら、自分のブログ開設してそういう場を作ればいいのに・・・と思っちゃいました。

ザアカイさんに間借りさせてもらってご自分を表現されてる常連さん達って感じなんですかね?gawk

こんにちは〜
ジュリさ〜ん
子羊版 嵐じゃなかった 羊だけど (山)アラシのめんば〜ですヽ(´▽`)/
アラシの実態は。。。幅広いクリスチャンの好みと カラ〜にマッチして よりどりみどり、(冗談です)個性あふれるアラシ。。 実態は 常連組です( ̄▽ ̄)
わたしも、昨年の5月頃からかな??参加してます。
バルナバさん、わたぴ〜さんが一番古株かな。。。

ケイキョも私も、去年の 参加当初はしらなかったのですよ〜。。
けいきょって なんぞや?と。。。 
キリストの再臨がきて めでたしめでたしなのかと
漠然とおもっていたくらい。 まったく おめでたいサマリア人です。

そして、ザアカイさんは 私にとって 霊的兄、
私とわたぴ〜さんは 霊的夫婦漫才なのです。。
(もちろん、お会いしたことは ないですよ〜)
さいきん、私が へこんで、活動停止していたのです。(o^-^o)


みなさんと たとえ、ネットが途切れても
天の御国の 子羊村 で再会できることを
楽しみにしているのですよ〜。。
それまで、教会の信徒の交わりのように
励まし合う(わたしは 励まされるいっぽうですが。。。(;;;´Д`)
神の国での合い言葉は 子羊通信 ですo(*^▽^*)o

補足です。

ジュリさん、というわけなんです。
そして何を隠そうサマちゃんは、このブログがきっかけで受洗まで歩んでくれた、パウロ風に言うならば、私にとっては霊的な娘なんです。

彼女には既に種が蒔かれていたので、私のやったことって、花に水を注ぐくらいのちっぽけなお手伝いでしたけどね。こんなブログが役に立つなど、まさしく奇跡です。

ブログの性格が情報発信ブログなので、みなさん情報を持ち寄ってくれて重宝しているんですm(__)m
個人では限界がありますからね。
当然、教えられることも多々あるしで、こちらが感謝しているくらいなんですよ。このようなブログ運営の方法があってもいいと思って。

以上です。

あ、そうそう、最後に

http://nonnchann.cocolog-nifty.com/blog/

http://kirisutoinochi.seesaa.net/

http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968

上から、のびたさん、モトイさん、わたぴ~さんのブログです。

私もけっこうおせっかいかな?

ジュリ様、

礼儀正しいのびたでございます。よろしくお願いいたします。

よろしかったら、私のブログ、見ていただけるでしょうか。

左サイトに載せていただいている「田舎へ移ろう」でございます。

私は、唯一出入りを許されております、カトリック教徒でございます。 内容に、お気に召さない所が多々あろうかと思いますが、我慢なさってください。

「愛のコンチェルト」を、私の息子のためにリクエストさせてください。今月7日が結婚式でございます。田舎者の私目でございますが、式のため二、三日花の東京をうろうろいたします。

今、あなた様用の手裏剣を鍛えておるところでがざいます。出来上がりましたら、シュッ、シュッと投げさせていただきます。

ザアカイ様、ご迷惑をおかけいたしました。これで、おしまいです。


アンさん、(内緒だけど)、久しぶりに丁寧語を使って疲れましたわい。( ̄▽ ̄)

 ジュリさん、こんばんは、古株の一人のバルナバです。
いつも私が火に油を注ぐような事になるので心苦しいのですが
ま~皆さん本当は心優しい子羊村の住人ですよ。これからも気長に
付き合ってやってください。(ってお前に言われたくないって言わないでね)

 私は自称超生真面目なトンデモクリスチャンです。

>今月7日が結婚式でございます

→そうでしたか、のびたさん。おめでとうございます。

バルナバさんも、こちらのコメ欄に登場するのは久しぶりですね。その分掲示板の方で活躍してもらってますがm(__)m

ども、わたぴ~です(vv)

のびたさんが手裏剣投げたり、
バルナバさんがトンデモクリスチャンだなんて、
何だかいつにも増してハチャメチャ(死語)になってきましたね。
ううむ、ここはひとつ、子羊通信お笑い科演芸課長代理として、
面目躍如!・・・といきたいところですが、

「ネタがありませ~ん」(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

お笑い科演芸課長代理としては、立ち直れないほど致命的なので、
課長代理から「係長代理の右隣り」に格下げさせてもらいます。
(゚ー゚;A 
ワタクシのお笑いの腕も、「くろひげ船長危機一髪」の
リーチ手前ように風前の灯火と化しておりますが、
これで一安心。いつでも「係長代理の右隣り」、
引退できそうでございます。m(__)m
ま、ワタクシにお笑いの腕があったかどうかというツッコミは、この際ナシということで。(^^;)
これから寒くなりますし、ワタクシのギャグでこれ以上、
凍死者が増えないためにも、ワタクシのギャグ自体を
凍死させましょう。\(;゚∇゚)/

ジュリさん、はじめましてm(__)m
わたぴ~と申します。以後、よろしくお願いします。
まぁ、ご覧の通り、ワタクシはダメクリの見本のような者ですが、
ここの常連さんは皆、霊性の高い方々ばかりなので、
安心してください。普段はワイワイガヤガヤ、
生まれつきの家族のように皆さんやってますが、イザという時は
とても頼りになる兄弟姉妹たちばかりですからね。(^^)

・・・って、オマエが言うな~っ!!(x_x) ☆\( ̄ ̄*)

ジュリさん〜
ザアカイさんの霊的妹、娘ですヽ(´▽`)/

種がまかれたのは わたしが5歳のとき。。
ミッション系幼稚園で 主を知りました。両親は信徒じゃないです。
それから 25年ほど。。。って小説じゃないですが。。 いつまで かかっているのか。。。(;´Д`A ``` 

霊的乾きにおちいっているところ、なんと 偶然にも(必然にも?)この子羊通信にたどり着いたのですよ。
ザアカイさんたちに、まあ 一度 食わず嫌いしないで ためしに教会いってみなさい、とすすめられ、
めでたく 今年6月に やっと。。洗礼までいたりました。
というわけで。。できたての ほやほや クリスチャンです〜(*^-^)
改めて よろしく〜

のびたさん 
息子さんのご結婚 おめでとうございます〜(o^-^o)
私用の手裏剣はまだ修行が足りないので、プラスチックか木製で。。
ごかんべんを、
アンちゃんのように バチンバチンと かっこ良く
うってかわせず 床板を盾にするのが せいいっぱいです。
( ̄▽ ̄) 

バルナバさん 
モトイさんのところの ぴろきさん発言で まず づっこけました。 (≧∇≦)(まだ覚えてる サマリア人)

やったね
 皆さんいつもの子羊ファミリーに戻りましたね。
皆さん私のコメは奥が深すぎて、私自身よく理解していませんよ~
私の場合書いたモン勝ちの精神で書いてますから、次から次に飛び出す眉に唾つけなきゃ読めないようなことばかりでごめんね~ごめんね~(ここはU字工事ふう)。
 
 わたぴ~さん私のトンデモは一般人には理解不能です。
一説によると山本弘氏のトンデモ学会認定のようです。
サマちゃん私はぴろきと双子です(ジョークですが)
のびたさん息子さん、おめでとうございます。
早く可愛いいお孫さんできると良いですね。

ザアカイさん、皆さま、こんにちは!
のびたさん、ジュリさん、はじめまして。ゆうと申します。よろしくお願いいたします(^o^)私も何ヵ月か前に仲間に入れていただきました~!皆さま、素敵な方々ですよね。人を笑わせるのも上手ですね♪(^o^)
enjeruさん、ありがとうございます☆みことば、書きとめてみます。"ちゃん"呼び嬉しいです(^-^)/

ザアカイさん、サマリア人さん、のびたさん、バルナバさん、わたぴ~さん、ゆうさん、こんばんわ~☆

ご丁寧なご挨拶をありがとうございます♪confident

ザアカイさん、いろいろと吠えてごめんなさいでした。(○゚ε゚○)
コメントが不思議の世界に見えたもので。confident
東京近郊の方達とオフ会のご予定はないのですかぁぁ?

サマリア人さん、ご受洗おめでとうございました~☆このブログを通して救いへと導かれたのはすごい事ですね。
神様がザアカイさんのブログを祝福なさってる大きな証拠でもありますねっ。
天国での合言葉は「子羊通信」ですねっ!頭にインプットしましたっ!scissors

のびたさん、ご丁重にもありがとうございます。ヽ(´▽`)/
息子さんのご結婚式が7日なんですね!おめでとうございます。heart02愛のコンチェルト、了解致しました~。
ちなみに挙式はどちらでしょ?

バルナバさん、トンデモ系のお話、わたしも結構好きです。イルミナティの話も10年ぐらい前に知り、探りを入れておりまする♪
またいろいろお聞かせくださいねっ!wink

わたぴ~さん、ここはイザという時には頼りになる兄弟姉妹ばかりなんですねっ!わ~い!うれぴ~です。o(*^▽^*)o

ゆうさん、新人のワタクシをどうぞよろしくお願い致しますぅ。happy01

そのほかの皆さまもどうぞよろしゅうに!m(__)m

ゆうさん、ジュリさん、いつもありがとうございます。

朱も交われば赤くなる(^_^;)

個性を大事にして、お互い切磋琢磨するというのもいいかもですね。主任牧師はイエス=キリストということで。

ジュリさん、

「愛のコンチェルト」は、ピアノに向かわれた時に奏でていただければ、それで十分です。後は、天使が運んでくれるでしょう。

ジュリさんは、これまで何の助言も与えられてこられなかったと思いますが、私たちキリスト者は、近じかの弾圧を考慮し、自分がどこに存在するのか隠す必要があるのです。

反キリストの時代を生き抜くためには、すでに自分を隠れキリシタンとして実体を隠す必要があるのです。

おむすび一つで、隣のキリスト者を売る人が出てくるのです。簡単に考えてはいけません。

と言うことで、式場の場所は内緒です。ご理解ください。

皆さん、

子供の結婚式のお祝いのお言葉、ありがとうございます。

のびたさん、以前、わたしの教会のその当時の牧師も弾圧で投獄された経験があります。

内緒の件、了解致しました。m(__)m

昔、私の祖母の兄もキリスト教哲学を教えていたので思想犯で投獄されました。そんな時代になってほしくないけど、気をつけます。

ジュリさん、ゆうさん、いつもありがとうございます。

本当に、出来ることならなって欲しくないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/46600862

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト者の確信とは?:

« ザアカイ=レポートーⅩ | トップページ | イラン核問題の帰結先? »