2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« カリフォルニアが危ない? | トップページ | ロシアが核使用条件緩和へ »

2009年10月11日 (日)

リスボン条約批准間近!EU大統領が反キリストなのか?

アイルランドが2日の国民投票で批准を決めたのに続き、ポーランドのカチンスキ大統領が10日に、批准書に署名しました。
ということで、残るはチェコのみとなりました。チェコも、アイルランドと違い国民投票ではありません。ここまで来れば、リスボン条約批准は時間の問題のような気もします。リスボン条約が発動されれば、EU大統領が誕生することになります。

さて、そのEU大統領に関する話ですが、以前も名前が挙がっていた、英元首相のトニー=ブレアが今もって有力候補のようです。たしかブレアは、国教会からカトリックに改宗した記憶があります。ロンドン~バチカン枢軸とでも呼びましょうか。今なおアメリカを始め、イギリス連邦の国々を裏から支配下に置き、宗教的総本山であるバチカンとタイアップする・・・ノーマークですむはずがありません。
そして、大事なのはポンドがユーロと合体する可能性があるということ。

とにかくイギリスという老大国は狡猾、二枚舌というか、死んだフリ、負けたフリ、落ちぶれたフリがうまい!私は獣の頭脳というか、本体だと考えております。
ということは、アメリカの凋落はほぼ決まりでしょうか?反キリストの母、母体という意味では、確かにアメリカ合衆国は獣の国であるとは言えるでしょう。しかし、私はこのブログでたびたび書いてきましたが、頭脳=本体ではないと考えます。

1010n

* ご存知、トニー=ブレア氏

確かに同じアングロサクソン系でも、イギリス人は、アメリカ人に比べ気品は感じます・・・

私の性格が天の邪鬼なのか、ひねくれモノなのかわかりませんが、アメリカがスーパーパワーの超大国なのは認めますが、だれでもわかるあまりにも単純ゆえ、裏読みしてしまいます。真実は見えないゆえ、おそらくアメリカはお役ゴメン、大陸ヨーロッパを取り込むつもりなのかもしれません。その根拠ですが、ロスチャイルド家はアメリカに本拠を移してません。モルガン家など、エージェントを使ってコントロールしてきましたから。あのロックフェラー家に融資したのもロスチャイルド家。
また、イギリス王室は、インドをはじめ旧植民地諸国から今でも上納金をふんだくっているのでしょう。

宗教的な主導権も、やはりバチカンが握るのでしょう・・・アメリカの新興的なモルモン教会、テレバンジェリストの福音系伝道師、エキュメニズムを推進するビリー=グラハム、ピーター=ワーグナーなどの聖霊の第三の波系の伝道師、今売り出し中のペンテコステ系のベニー=ヒン、トッド=ベントレーなどもそれなりの役割を果たすのでしょうが、やはり歴史と伝統、そのカリスマ性から言って、トップはやはりローマ教皇なんでしょう・・・それがベネディクト16世なのかどうか・・・あと一人、バチカン最後の教皇が登場するのか?

ただ、仮にEU大統領がブレアになったとして・・・反キリスト候補と呼ぶには、個人的にはちょっと --;
せいぜいオバマ同様、「偽バプテスマのヨハネ」程度だと思うのですが?
ま、私の予測は競馬の予測並みに当たらないので(涙;)、話半分に聞いてください。

相変わらず、結果が出ないストレスフルな日常が続いてますが、時は着実に進んでいると信じたいですね。

ということで、EU大統領誕生間近、敵陣営も産みの苦しみの最終段階。「陣痛がピークに達しようとしている」というお話でした。



« カリフォルニアが危ない? | トップページ | ロシアが核使用条件緩和へ »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

以前久米宏氏が、ブレアさんだったら若いし、世界を変えられるようなブレてない?期待をしていました。
小浜の黒焦げ鯖オバマ氏なら、黒人だからいつ暗殺されても不思議ないし、蘇ったら神になれるのではと思ってましたが、、、?アルメニア、トルコの歴史的和解に不倫豚(フリントン)夫人、
EU大統領は、誰もオランダって、出てきましたね。
このまんま和平条約までいきそー!?

おはようございます!
仮庵祭、日本でも三連休も終わり。また普通な凡なる日々が始まった感ですね。しかし水面下では何か魑魅魍魎(ちみもうりょう)おどろおどろしいSomething なる何かが、うごめいて今にも繭を破って出て来るような雰囲気があります。

サモアなどの地震や日本の富士山の不気味な噂、過度なインフルエンザ報道、月面に弾丸ロケットをぶつけてみたり、パキスタンやイラクの情勢、そして反キリストの出現の話
何もかもが何か一つの誰にも変えられない時代の大きな潮流に飲み込まれそうな雰囲気です。

わたしは反キリストとは、歴史的に堕落したカトリック教会辺りから始まった流れではと思っておりました。今ちょうど、わたぴ~さんがそうした教会史観を講義されておられる由、是非参照されてください。

http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968

そして、反キリストの最終形態体現者がやがて地上に公に現れるのではないでしょうか

1914年の第一次世界大戦前の雰囲気に非常に似てきている今の時代に、わたしは「たそがれ清兵衛」を鑑賞しました。強さを秘めながらも家族を大切にする愛と優しさに満ちた清兵衛に何故か惹かれました。

ザアカイさん、皆さんこんにちは。

ブレアさんはカトリックに改宗してたんですか。なんだか戦略的ですねぇ~。ヨーロッパで宗教的和解の歴史的セレモニーが準備されているんでしょうか。

あとはチェコのみですね。こちらもいずれ解決し、いよいよEU大統領の出現ですね。さてどうなるか・・・。

世泣さん、アンちゃん、モトイさん、書き込みありがとうございます。
私も個人的には、政治家とは限らず宗教家という線も十分あると考えております。

改めて、競馬並みの予想です --;
私競馬はやったことないのですが、連勝複式で行きましょう。
反キリストと第二の獣のコンビということで。

その前に、賛否両論あるバイブル=コードの解釈によると

ミット=ロムニー - ヒラリー=クリントン

私としは、↑ は可能性低いと見ているので

ブレアーベネディクト16世(逆のほうが可能性大?)

ロード=マイトレーヤ(ラーマッド=アーマッド)
 - ベネディクト16世・・・何となく本命っぽい?

ダーク=ホースとして

アンゲラ=メルケル - 二コラ=サルコジ・・・

大ドンデン返し、大穴で

デビッド=キャメロン(若き英保守党党首、ロスチャのお気に入りだそうです)
 - ベネディクト16世

・・・いずれにせよ、ローマ教皇は絡みそう?

それとありましたよ。確認した所、07年末にブレアはやはり、カトリックに改宗しています。

http://facta.co.jp/article/200802033.html

すべて外れたりして?(涙;)
こんな予想している暇があったら、この先どうやって食って行くか考えた方がよさそうですが・・・

ども、わたぴ~です(vv)

アンさん、何だかうちのブログ宣伝していただいたようで、
恐縮です。そういえば以前にも、某掲示板の方で紹介して
頂いていたようで、重ね重ねすみません。
ま、講義という程、大げさなもんじゃないので、
せんべいでもかじりながら、番茶グビグビ飲みつつ、
まったりと読んでくださいませ~。

さて、気になるEU大統領ですが、初代からいきなり
直球勝負なのか、それとも露払いなのかは分かりませんが、
すでに台本通り動いているんでしょうね、たぶん。
聖書には、反キリの人相風体よりも、「何を行なうか」という事が
書かれているので、「反キリが個人であった場合」でも、
人物そのものよりも、行動や言動を注視しておくべきなのかも
しれませんね。

さてさて、どうなりますことやら・・・(--;)

・・・わたぴ~ですが

すみません。思いっきり二重投稿になっちゃいましたね。(--;)

ザアカイさん、すみませんが削除しておいてくださ~い。
(vv;)

ミッション、やっときました。

>「反キリが個人であった場合」でも

そうそう、何も個人とは限らないかもしれませんね。
それとEU大統領とからんで、ワンクッションおいて・・・というのもありかもしれませんね。
「やっぱりブレアじゃダメだわ」ということもあるかもしれませんし、あんがい能力隠していたかもしれないし?

アテーション・プリーズ、皆さんおはようございます!
暗い世相に負けないように、将来の希望のことをお話しします。楽しいことを考えましょう!妖精の粉を振りかけて、飛べるんだって信じ、楽しいイメージを持てたなら誰にだって空を飛べるんだってピーターパンは言ってました。

私たちの将来与えられるからだと魂は♪罪から解放され、自由に神と愛の関係を持てるのよ!死なない、年取らない、理想年齢そうね~女性なら15歳ぐらいに戻った自分の姿をイメージしてご覧なさい。病気や肉体の弱さを克服された体になります!もちろん、ユダヤでは体と心はつながっていると考えられていますから、精神の病もなくなり、健康のからだに健全な心で楽園での生活を謳歌します!
自然界も理想的な環境下に回復し整備され、動物たちの中にも安らぎが保たれます!

空を飛べるのか?キリスト教掲示板で一年あまり聖書から議論されて、結論は「主が栄光体で引力にも捕らわれることなく昇天されたのだから、また私たちが携挙される等を考察するなら、垂直上昇出来る体なら当然、ピーターパンやスーパーマンのように空中飛翔は可能なり」でした。

皆さん、空を飛べるってどんなに素晴らしいかわかっておられますか

「ドゥ・ザ・ライト・シング」(真っ当に生きる)

真っ当に生きる。的外れでない生き方~それは罪から解放されて自由な喜びな生き方だとわたしは思います!
アダムとエヴァは蛇に唆されて「禁断の木の実」を食べた結果、神によって楽園から追放されました。二人には息子がいました。小麦などを栽培するカインと羊などを放牧するアベルでしたが、何とカインはアベルを殺害しました。原因はカインの嫉妬でした。見方を変えれば、カインは栽培農業経済、ひいては後の産業経済のシンボルであり アベルに代表される狩猟採取経済を殺したのです。18世紀後半にイギリスから始まった「産業革命」で人間ははたして幸せになったでしょうか?楽園への回帰ができましたか?
地球の資源をどんどん加工して製品に変えていく産業経済により人類は今や資源を使い果たしかけ、大気を汚染し、オゾン層を破壊しました。禁断の木の実の悪しき智恵は人間を神の領域に迫ろうとしてきました。人間のクローン化に代表される神を恐れない傲慢さが蔓延しています!
このような真っ当でない生き方に気づいてください!そして、世界的なインチキな滅びの道からの脱出を図ってください!

答えは「イエス」だけが唯一の解決の道なのです!

テレビ東京系で空からみた東京湾を見ています!
栄光のからだは空を飛べます!飛行機やグライダーも必要ありません。ヘリコプターや気球、飛行船も要りません。

昆虫を考えて下さい。ファーブルさんは昆虫の飛翔を絶賛しています。どうして神業な飛びかたをするのか~やはり進化では説明つかないそうです。
クモも糸をはいて上昇気流に乗って何十キロもフライトを楽しむんだそうです。
神に似せて作られた人間が空を飛べるようになるのはある意味必然なのです!なぜなら、空中飛翔した人間は人生観も変わってしまいます。NHK専属のモーターハングのカメラマンの方が証しています。

私たち主に贖われたクリスチャンは、不老不死の無敵なからだをいただきます。空中も飛翔できます。地球へ、のソルジャーブルーみたいに宇宙空間も移動できます。瞬間移動ワープもできるのかもしれません。
もちろん地上と霊界(天界)とも行き来出来るそうです。

高所恐怖症?仮に墜落したって死なないんですよ~大丈夫です!たぶん…。

サア、改めまして皆さんを「ゆみちゅんと行こう!ハルマゲドン後の栄光のからだ世界一周ハッピーフライト旅行」略して「ゆみ旅」にご招待いたします。

テへ!

場所:富士山頂上
時間:ハルマゲドン後千年王国開始直後

私たちゆみちゅん一行は、かねてよりネットで配信したように〇月〇日の夜明け前に、大噴火でかなり崩壊した富士山頂上で集合
いよいよこれから、世界一周ハッピーフライトが始まる。はとバスのガイドよろしく、小旗を持った小さな10才ぐらいの生意気そうな女の子がゆみちゅん。
ハーベストタイムの中川牧師が例によって「なぜ今ゆみ旅なのか」三つに分けて解説。一人につき百万円と旅のしおりと三角おむすびと熱い番茶が配られ、久保先生の安全祈願の祈りと素晴らしい御来光を拝んで?から、いよいよゆみちゅんの火炎太鼓に乗って一人また一人と栄光のからだ成り立てからでしょうか!?見えない翼を広げて高度三千をkeepしつつ、東に向かって飛び立っていきます!

箱根山の真上を飛び、横浜八景島上空から一路進路を変えて東京湾岸を北上中
崩壊後の首都圏を眺めつつ私たちは諸行無常を感じました。

常磐道沿いに北上し、松島、三陸海岸を眺めつつ、先ずは北海道は札幌郊外の羊か丘で小休止。ジンギスカン鍋と石狩鍋にキリンビールフリーでブランチになります。これからの予定と自己紹介を兼ねて行われ、シエスタ昼寝をします。Zzz

>キリンビールフリーでブランチになります。

→アルコール0%のフリーですか(^_^;)・・・
どうなんでしょうかね?新しい体では、食べても食べなくても良さそうですが、アルコール摂取して酔っ払うんでしょうかね?

さあ?イエス・キリストも復活後にお魚むしゃむしゃ食べていましたし、キリンビールが生き残っているかが疑問ですが…空想科学近未来読み物としてご容赦を

今日はこれぐらいでやめましょう。

新しい栄光の体では、生きる為に食べるのではなく純粋に楽しむ為に食べるんじゃないかなと思われま~す☆
(お話に介入してごめんなさい、楽しげだったので!?)

天国に用意されてるおうちには夢の中で数回行った事があります。
すごく素晴らしい感覚の素敵な場所でした。
喜びと愛と真実と希望と神様への感謝といいものだけがあふれた場所☆
嬉しくて両手広げてぶ~んと丘を走り回りました。(笑)
気持ちとしては10歳児ぐらいでしたよ。
いくら走っても息切れなしで、まさしく、走っても疲れず・・・の場所です。
家を真上からも見れたので、飛ぶ事もできるみたいです。
光り輝く雲の中から神様?の声も聴けました。(^-^)v

決して誘惑や罪が存在しない場所で、どんなに楽しんでも罪を犯したり事故って迷惑かけたりしない信仰と希望と愛の存在する素晴らしい場所です♪楽しみですねっ。

ジュリ様
ようこそ、いらっしゃいませ
そうなんですか、天国へ行ったことあるのですか!!貴重な体験ですね。よろしかったら、何時か機会ありましたら、その話もっと詳しくお聞かせ願えないものでしょうか。

さて札幌郊外の羊が丘でのんびりシエスタを楽しんだ私たちゆみちゅん一行は、午後から再び空に向かって空中散歩へ旅立ったのでした。

北海道を横断して、いよいよ太平洋に出て高度をグングン上昇。上空を流れているいわゆるジェット・ストリーム(気流)に乗ります。
ウワァ真下には雲海の空、城達也さんの司会で有名なジェットストリームの軽快な音楽に乗って千島、アリューシャン諸島経由飛行中。
見て見て、凄いウミネコたちの繁殖地なの、此処は鳥たちの楽園ですね!!

夕方までにアラスカのユーコン川河口に到着しました。カヌーイストの野田さんと合流して少しカヌーを楽しんだ後でゆみ旅1日目の宿泊地リージェンシーハイアットホテル・アラスカにチェックインします。

栄光のからだになったって人間に変わりないもん、温泉にゆっくり入って旅の疲れ!?と垢をのんびり落としてくださいね~♪

さあ、今夜はオフ会兼ねて宴会よ!隠し芸用意しといてくださいね。

ここで、ブレイクタイムよ!

「ゆみちゅんと行こう!ハルマゲドン後の栄光のからだ世界一周ハッピーフライトの旅」略して「ゆみ旅」の概略として、目次とそれぞれのBGMを募集中します。

1.prologue 富士発、黎明の飛翔 BGM:Yes,Lord Yes(THE JAPANESE CONTINENTALS)

2.ジェット気流に乗って B:ブルームーン(スタンダードジャズより)

3.ロッキーを越えて、紅葉の東カナダへ
B:Amazing grace

4.プリンスエドワード島の休日 B:In the garden

5.アイルランドへ
B:Danny Boy(Charlotte Church)

6.ヨーロッパでの自由時間 パリのオープンカフェにて B:オーシャンゼリゼ

7.オリエント急行でイスタンブールへ
B:A列車で行こう(スタンダードジャズより)

8.聖地エルサレム
B:未定

9.キリマンジャロでみんなで踊ろうゆみちゅん音頭
B:幸い小唄(演歌フレンズ)

10.オーロラ幻想 南極 B:未定

11.南太平洋で鬼ごっこ B:未定

12.上海 飲茶楼にて
B:夜来香

+epilogue B:蛍の光

ジュリさん、とっても!素晴らしい話ありがとうございます!
これこそ究極なる希望ですよ。
早く行きたいものですね。今しばし我慢せねばならないのかなあ?

ま~だかな?
ま~だだよ・・・って、かくれんぼじゃあるまいしーー;

それにしてもアンちゃんは朝から元気ですねえ~
「いつもよろこんでいなさい」
これが御心なのはわかってますが
1/10でいいから分けて欲しいですわ・・・
一日でも早く、旅行ツアーの計画が実行されん事を~!


訂正と追加

ゆみ旅の目次で10.南極幻想 のBGMをマンハッタン・ジャズ・クインテットのCome Rain or Come Shineにしました。

なお幸田浩子さんのカリヨンをepilogueの蛍の光に替えて採用いたします。

ザアカイさん、アン・シャーリーさん、みなさん、こんばんわ☆

天国の話をするとワクワクしますよね?
一番の希望のある場所は天国ですから~☆
実際に行ったのではなく、夢の中で行ったのです。
夢を通して神様が語りかける事が結構多いので・・・。
神様のメッセージはいつもひとことの事が多いです。

天国では、「ここがあなたの本当のお父さんの家よ」と天使風な案内者に言われました。
もうびっくり!天国ってその時点では知らないので。(笑)
本当のお父さん?じゃぁ今のお父さんは??って思いましたもん。
お母さんはそんな人じゃないって。(笑)
でもそういう疑惑がいっぺんで吹っ飛ぶ喜びの場所でした。
本当のお父さんは大富豪だったんだ~!って疑惑を通り越してハイ状態。(笑)
理屈や細かい事はどうでもよくなる喜びの場所でした。

違う夢の時では、「来てくれるのを待ってたよ」とクリスチャンで召された祖母に言われました。
その祖母には、生前、「おばあちゃんは今のままでは天国に行けないからわたし達とずっと一緒にいられる為にイエス様を信じる事が大事」とおどし気味に伝道した記憶があります。
その後洗礼を受け、病床のうちに天に召されました。
電話がかかってきたので、電話あるようです。(笑)
ちなみに、バス停もありました。空飛ぶバス停??

そんな感じで究極の喜びの場所です。
家はちなみに、広すぎて広すぎて。
たとえで言うなら、博物館や美術館や劇場並みでした。
一部屋が軽く100メートルはありそうな感じでした。
老夫婦が仲良くディナーを食べてたのが印象的です。

夢から覚めて、両親に「本当のお父さんの家に天使に案内された」って話をしたら、「それは神様の家だね」と二人に言われびっくり!でした。(^-^♯)

ジュリさん、いつもありがとうございます。

私のブログはおどろおどろしいエントリーが多いので、ジュリさんのお話は、鳩の部分として、バランス的にも、宣教としても十分スパイスとして機能してくれてます。

ワクワクする証しを、またいつでも書き込んでください。

ホテルをチェックアウトして一行はアラスカを後にして、いよいよロッキー山脈越えの飛行
切り立った尾根の岩肌にトライしている人たち(栄光のからだになれなかった生き残り組の方々)も手を振っています!

やはり上空の風が厳しい。無敵のからだになったとはいえ皮膚感覚は元の体とそう変わらないからね♪大丈夫なんだけど、防寒対策して空中飛行している私たちでした。なんせまだ飛行歴僅かですから、赤ちゃんがたどたどしくアンヨしているようなもの
そんなこんなで先頭を飛んでいる旗を持つゆみちゅんが雲海の切れ目を指差しました。
「見て見て、セントローレンス川よ!!あれがナイアガラ瀑布よ!!」

少し高度を下げて観光しましょうか!?

カナダのケベック州に入りました。セントローレンス川沿いにはメイプル街道と呼ばれ、美しい赤や黄色に彩った紅葉でまるでお伽話の国にいるよう。上空100メートルから眺める一面に絨毯を敷いたみたいです。

うっとり見とれて飛んでいると大河はやがて大西洋の入り口プリンスエドワード島

かなり長距離を飛行したのでクタクタ?な気分 今日は早めにホテルにチェックインします。サア赤毛のアンのグリーンゲーブルズの舞台に着きました☆

>天国に用意されてるおうちには夢の中で数回行った事があります。

いいなぁー

>天使に案内された

いいなぁー
天使ってどんなでしたか?

天使はですね~、何回か夢で見てるのですが~、
一番はっきりしてるのが、家の裏を護衛してくれてた天使です。

裏道を通って家に帰ろうとしたら、機関銃を装備したアメリカ女性兵士風な天使が2名?いました。

銃口を向けられたのですごいびっくりしたら、わたしの顔を見てさっと銃をおろし笑顔になりました。
顔見知りだったようで、「あっ、ここ通っちゃいけないんでしたよね?」って言ったら、笑顔で表の道に戻るように誘導されました。

裏から悪霊が侵入しないように見張ってくれてるんだ~とすごい心強かったです。

悪霊も何度か見ましたが(夢で)、蛇が立ってるような形の小型恐竜のようなゴジラのような感じでした。
眼つき鋭く睨んでるけど、手出しはしない感じです。

天使(聖書では、御使い)に関して、私の知っている情報をお話いたします。
天使には階級があります。セラフィム、ケルビムは非常に似ていて区別がつき難く、セラフィムは六つの翼の内。ケルビムは時に4つの頭をした姿の場合もあります。天使長で有名なのはミカエル、彼は堕天使の長ルシフェール(ルシファー)と双子で創造されました。モーセの死体の始末に関して二人(二位)は議論しています。ルシファー共々一番最初に創造された存在。双子の次にガブリエル、ラファエル、ウリエルなどが創造されました。

悪魔に関して言うなら、御使いにはもともと性別がないので男女どちらの姿にもなれるそうです。元光の天使と言われるくらいなので、私たちがイメージする飛びっきり愛らしく美しい女神のような存在として現れたり、常にトップファッションのプレイボーイ姿で現れたりするそうです。不気味な尻尾のある黒い道化の姿ではありません。彼?は常に時代時代の最先端をいくトップファッションで現れるそうです。

天使も悪霊も通常3~4メートル以上の大きさ、最初のアダムも3メートル以上 人間は洪水後寿命も身長も縮まったそうです。

もちろん霊ですから伸縮自在
ウルトラセブンみたいですね。

ジュリさん、

>関銃を装備した

すごいですね


アン・シャーリーさん、

ミカエルとルシファーが双子だったなんて 知りませんでした

アンです。nさんはじめまして、天使詳しい内容とミカエルはルシファーと双子の弟説の話ココで扱っております。お読みください。

http://www.google.co.jp/gwt/x?ei=EzrbSvD_LpfyqwP-6vjkCw&source=m&u=http%3A%2F%2Fhomepage3.nifty.com/kiraboshi2/Abraxas/Concept1.html&wsc=pr&wsi=8e42e52a17efcaa3

アン・シャーリーさん はじめまして

さっそく訪れさせていただきました。
天使にもいろんな階級があるんですね、
とても興味深いホームページですね

こんばんはnさん

天使は現実に存在し、絶えず私たちを見守っています。私たちがオギャと生まれた時から、最低一位の記録係の天使が必ずつきます。最後の審判の裁きに証人は一人か二人必要なように私たちの全生涯を記録する役目を担います。
更に、私たちがキリストを受け入れ救われると力強い天使いわゆる守護天使がボディガードとさて要人警護につきます。私たちクリスチャンは神からのVIP扱いなのご存知でしたか
ガーディアンアンジェルは、要請がないと働かないらしく、私たちが積極的に祈る必要があるのです。例えば暗い夜道を歩く時は神に願って、「精鋭軍団の天使を私のもとに遣わして文字通り保護してくれるように主イエスのみ名により要請いたします」と祈ります。
主イエスさえ、12軍団の天使を遣わしてもらえたのにあえて放棄されたではありませんか

寝る時、特別な時も力強い天使を遣わしてくださるように祈ります。間違っても天使を拝んではなりません。ただ礼拝は主のみ。

今まで、天使の守りを祈ってなければこれからは、守りの切り札として是非ご活用下さい。

悪魔はこの真理をクリスチャンに知られないように隠していたのですから

ザアカイさん、ブログお祝いコメントありがとうございました☆

広い心でわたしのコメントを受け入れてくださりありがとうございます♪
ここで皆さんと神様の恵みをシェアできる事、嬉しいです。

アンシャーリーさん、天使に関しての見解、わたしも同感です。

天使のボディガードの存在は霊的に感じる事、ありますあります。
自分の誕生日には、ささやかながら日頃の感謝に、イエス様と専属天使共々ご招待して、ケーキ等で宴の短いひと時を年に一度だけ持っています。(^^;
(昨日、持たせていただきました)

神様の子供となる特権を与えられた者は、ボディガードの天使に保護される事、神様イエス様ご聖霊様に大感謝ですよね!

おはようございます!
ジュリさんへ、わたしも同じようにしてますよ
つまずきの原因にならぬように、あまり公開しませんが…(祈りではありません気をつけて下さい)
わたしを警護しているボディガードさんと、最初から見守っておられる記録係の二人(二位)を本当に周辺におられるのか確認したことがあります。(確認の仕方は秘密)その上で、気さくな言い方ですが「何時も見守ってくださってありがとう!わたしの良い部分ばかりでなく、どうしようもない醜い部分もご存知なんですよね、本当に馬鹿みたいなわたしなんですが主によって神の子に救われたことを神さまに感謝しているんですよ
あなたがた御使いを創造された主を誉め讃えます!
どうか、天国に行った時には神さまの次に面と向かって謝意を申し上げたいと思っていますよ、どうかそれまでふつつかなわたしですが、最後まで我慢してお付き合い下さいね」
そう言うと、不思議なんですが灯りが点滅したり、何かモノが落ちり倒れてきたり、クスクスって笑っている雰囲気が感じられるんですよ。本当に…

悪霊ではありません、あの温かい雰囲気は全然違います!栄光の復活体になったら真っ先に彼女たち?を抱きしめたいと思っていますわたしです。

ジュリさん、アンちゃん、「御使い講座」ありがとうございました。

聖書には確か、ミカエルとガブリエルそして、この人たちとはちと毛色が違うであろう?賛美専門職?のセラフィムとケルビムについて書いてあったような記憶があります。

そして何といっても、人間を天使より優遇しようとしてへそ曲げてぐれて非行に走ってしまったルシファー・・・

私も天使は、お二方の書いたような存在であるような気がします。
それと大事なのは、黙示録にもあるように、天使は崇拝されるのを拒否するから、崇拝の対象ではないということですね。

でも、もし会えた時は、尊敬と感謝の気持ちを持って接しようかななどと。

それと ↓

http://blogs.yahoo.co.jp/juria1224/62443580.html#62443580

ジュリさんのブログです。ハンネの色が水色になっているコメがあったのでしばらくして気がつきましたーー;
みなさん訪問してあげてください。

そうなんですか 記録係と守護の天使がいるんですね

こんにちは
さっそく ジュリさんのブログ訪問してしまいました。
最近? どうも集中力が欠けていて
ぼーっとしていますが。。

何回か いきそびれてしまった日曜礼拝に久しぶりに参加し、
交わりを楽しんできました。
やはり 違いますね。。
私よりも若い人の熱心な賛美、歌声をきくと
刺激をうけました。(なんだか おばちゃんみたいです。。( ̄Д ̄;;)


ザアカイさんの 好きな? ソロモンの雅歌8:4
エルサレムの娘たちよ、わたしはあなたがたに誓い、お願いする、愛のおのずから起るときまでは、ことさらに呼び起すことも、さますこともしないように。

を心の片隅においていますよ。(*^-^)
旦那や家族、親戚、友人の神との関係の修復をねがっています。。

人間的見地からみれば、できるだけ 信仰が長い方が 霊的な交わりと 助けをより感じられるのでいいにこしたことはないのですが、
やはり 自主的な心からの愛を望まれ、ふさわしいときを見極められ、辛抱強く待ってくださる神であるからこそ、
個人個人 差があるのでしょうね。。
ついつい、せっかちになり、まだか まだか どうなっているんだと
焦ってしまいますが。。
イエス様の再臨までに 多くの方が 回帰されることを。。願います。

私もジュリさんのブログ訪れました。

質問なんですが、天国の夢のカテゴリーで 「死から生き返った元僧侶の証し」を読んでくと 【天国と地獄の別れ道】のところで 広い道が出てくるのですが、 この広い道はどこにつながっているのでしょうか?イエスキリスト様を信じてない人が通る道らしいんですが

サマちゃん、毎度さんです。

確かに誰かが福音を語らねばわからないわけなんですけど、聞いても信じない人って、信じないし ーー;

やっぱり理屈じゃないんだね~!
聖霊が働かないとやはりダメなのかなあ~?
焦らないことは大事ですかね。

基本は
>愛のおのずから起るときまでは
ですかね・・・強制はいけない。

雅歌は旧約らしからぬ、主イエスの本質が満ち溢れてる所ですね!!

狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。
命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。

マタイ 7:13~14

nさん、文字通りこの箇所のこと言っているんじゃないのかな?

はい そうなんですが、いったいどこに通じるのかと・・・。
地獄とは別なんですよね?

nさん、こんにちは。

私もジュリさんの僧侶のエントリー、ゆうべ読んできました。

いきなり地獄、天国には行かないと思ってます。
これらが誰にもはっきりとわかるのは、最後の審判の後だと理解してます。
いわゆるパラダイスと黄泉であるから、広い道は黄泉へと通じているんでしょうね。非常に危険なのは確かでしょう。

私ごとき木っ端が、新しい神学を立ち上げようなどとは思いませんので、以下私の個人的見解だと思ってください。

主イエスを受け入れていない人は黄泉に行くのでしょうが、この黄泉にはいくつかの階層があるんだろうと思ってます。
積極的に悪事、ましてやサタンの働きに携わった人と、幼くして不幸にも福音を聞くことなく召された人や、この世的な善人、及びよきサマリア人のような人が同じ所へ行くとも思えません。

この事は、聖書に明確に書かれているわけではないので、あまり多くを語るべきではないと思いますが、義なる裁き主であると同時に、愛である神が、杓子定規で測ったような冷酷無比な方だとも思えませんので。

このような事を書くと、律法主義者、原理主義者あたりから「セカンド=チャンスに道を開くのではないか」というご批判もあることでしょう。私としてはわからないとしておきます。しかし、いきなり天国と地獄へ行くのではなく、最後の審判が存在するという意味も考慮すべきであると考えます。

ただ、仮に現役合格とか浪人合格が存在するにせよ、「この世にいるうちに」というのが原則だとは思います。

あと、「唯一の救いはキリストによる」ということだけは真理でしょうね・・・これが狭い道なのではないでしょうか。仏陀でもなければ、マホメットでもない。聖母マリヤでもない・・・ましてやシリウス星人や宇宙連邦なわけがない。

* PS;私は聖職者でもなんでもないので、異論反論しないで下さいね(笑)
この命題を巡り、某伝道師とウェッブ上でやり合って、「神の義がすべてだって?人間に間違いは許されないわけですか?すべてを正しく理解できるわけないでしょう?あなたの信仰はかなり極端です。サヨナラ~!」となった苦い過去がありますので(汗;アセ;)

黄泉ですか なるほど

ザアカイさん、こんにちは。

>神の裁きにおいて神の義がすべて・・・。
>義なる裁き主であると同時に、愛である神が、杓子定規で測ったような冷酷無比な方だとも思えませんので。

私は裁きにおいてきっとすべてを見通しておられる主は、その全能の力により、正しい裁きをなさると信じています。
だから、裁きに段階があるのも信じます。

次の御言葉はすべてを物語っていると思います。

「神は、ひとりひとりに、その人の行ないに従って報いをお与えになります。」(ローマ2・6)
「神にはえこひきなどはないからです。」(ローマ2・11)

nさん
イエスさまを信じておられるなら、狭き門を通って天国に通じる門を通っておられます。私たちと一緒に・・・。
門は狭いけれど、通った最終地はそれはそれはすばらしい光に満ちたイエスさがいらっしゃる広く高く輝く所を用意されていますから、希望をもたれて歩まれますように・・・。

enjeruさん、こんばんは。

今回の論点は聖書の記述から類推解釈しているわけで、神の領域でもあるので、必要以上に人間である我々が裁くべきところではないとは思ってます・・・でも最後の審判は、誰もが納得いくものであると信じます。

まあ私としては、希望として、黄泉においても矯正の余地はあると思いたいですが。つくづく甘ちゃんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/46458353

この記事へのトラックバック一覧です: リスボン条約批准間近!EU大統領が反キリストなのか?:

« カリフォルニアが危ない? | トップページ | ロシアが核使用条件緩和へ »