2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イランVS イスラエルー5~ついに言っちゃったよ!言ってはいけない事を! | トップページ | パンデミック、地震、戦争の噂~続報 »

2009年9月22日 (火)

東欧MD計画中止の舞台裏

http://archive.mag2.com/0000012950/20090922152201000.html

全文読みたい方は上記URLへジャンプしてください。

本日の「ロシア政治経済ジャーナル」に興味深い記事が載ってました。

長いので以下抜粋引用します。それでも長いですが、端折れないので我慢して読んでください。

何故アメリカは東欧MDをやめたか?ということで、金の問題と戦争へ=ウォー・ブースト・エコノミーへの道であると言います。

これを読むと、東欧MD中止は、アメリカ経済の問題もさることながら

アメリカはロシアを懐柔し、イランとロシアの分断工作に出たようです。イランへの追加制裁に協力せよということのようですね。

ロシアが対イラン制裁に協力しない時は、「ふたたび原油価格を暴落させっぞ!」と脅しをかけてくるだろうと。

ロシアが「ニエット」と言って、アメリカが原油価格暴落という爆弾を落としたら・・・いよいよレッド=ゾーン突入でしょう。アメリカがロシアに対して先に手を出すことはないでしょうけど、ロシアはキレるんじゃないかな?

イランとイスラエルの中東危機から、一気に第三次世界大戦の危機へと、いきなりホップからジャンプへと。どうやら本気で我々は、このような危険極まりない時代に生を受けたようです・・・

これは聖書預言的にも、可能性大です。ロシアは核ミサイルをアメリカ本土に打ち込むかもしれません。

本当に一触即発のリスクが迫ってきている気がしてなりません。

やはり、終末の本番は、ここからもエゼキエル書38章から始まる気がします。

そのための手持ちのカードが、パンデミック、金融危機、あるいは地震であったり、テロ、戒厳令があるかもしれません。

イラン、イスラエルとロシア、アメリカという対立の構図でしょうか。我がブログで追いかけてきたことが、的外れでなかったとなるかもしれません・・・

時は本当に近いかもしれません。今ならまだ間に合います。

聖霊によるガード、主イエスを受け入れ、罪赦され悔い改める事が一番かと。

ということで以下抜粋記事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▼なぜアメリカは東欧MD中止を決めたのか2?(戦争にむけて)


アメリカ側のもう一つの理由を「オバマ=ルーズベルトの再来説」とし
ましょう。

さて、「アメリカは金がないから東欧MDをやめた」説と矛盾するようで
すが・・・。

実は矛盾していません。


現在は「100年に1度の不況」といわれています。

100年に一度というのは、当然1929年からの「世界恐慌」を念頭にお
いている。

1929年、「古典派」フーヴァーさんは、恐慌を放置して大失敗しました。

それで、次のルーズベルトは大々的に公共事業(二―ディール政策)
をした。


オバマさんは、フーヴァーさんの失敗に学び、即座に大規模財政出
動を決めました。

それで財政赤字が膨大になっているわけですが、この選択は正しい
といわざるをえません。

オバマさんにも「自分はルーズベルトの歩んだ道を歩いている」とい
う意識があるのでしょう。

彼の政策は、「グリーンニューディール」といわれています。


ところで、ルーズベルトの活躍(???)にはつづきがあります。

彼のニューディール政策だけでは、アメリカ経済、決定的にうわむ
かなかったのです。

アメリカの景気がよくなったのは、第2次大戦がはじまってからでし
た。

その後アメリカは、「景気が悪くなったら戦争をすればいい」という
クセができてしまいました。



例、
・レーガン時代の好況後、アメリカは不況に襲われた。ブッシュパ
パは湾岸戦争をした。

・ITバブル崩壊で、アメリカの景気は悪化した。ブッシュ子はアフガ
ン・イラクを攻撃した。



オバマさんがルーズベルトを研究したとすれば、「次は戦争だな」
と考えてもおかしくありません。

ターゲットは当然「イラン」ということになるでしょう。

なんといっても、この国はアメリカのドル体制に堂々と反逆してい
るのですから。



<イラン原油決済イラン、原油のドル建て決済を中止=通信社

07年12月10日9時31分配信 ロイター 

[テヘラン 8日 ロイター] イラン学生通信(ISNA)は8日、ノザリ
石油相の話として、同国が原油のドル建て決済を完全に中止した、
と伝えた。>



これが強力なドル下げ圧力になっている。

さらに、「アメリカがイランを見逃したら、おれたちもドルはずしをしよ
う!」と決意しているのが、中東産油国。

GCC加盟国のうち4カ国(サウジアラビア、バーレーン、クウェート、
カタール)は6月7日、サウジアラビアの首都リヤドで、



湾岸共通通貨創設



に関する合意書に署名しています。

この構想が実現すると、「ドルで原油が買えなくなる」という驚愕の
事態が起こってしまう。

(湾岸共通通貨の詳細についてはこちらをご一読ください。

【RPE】ドル体制をぶち壊す湾岸共通通貨  09年6月15日
http://archive.mag2.com/0000012950/20090615212218000.html



アメリカはイランを見せしめにし、その後「湾岸共通通貨なんてねぼ
けたこといってると、次はおまえたちの番だ!」と脅迫したい。

そして、崩壊しつつあるドル体制をなんとか維持したい。

しかし、イラク攻撃時のように根拠をでっちあげてしまうと、アメリカ
が「悪の帝国」になってしまう。

ですからパールハーバーやアフガン攻撃時のように、うまいこと世
論つくりをしていきたいのです。



ここで、「ロシアの協力」が不可欠になってきます。

ロシアに譲歩したアメリカは、早速イラン問題を取り上げるようにな
ってきました。




<米、イラン追加制裁を示唆

9月19日15時35分配信 産経新聞

 クリントン米国務長官は18日、ワシントン市内で講演し、イラン
に対し核問題解決に真剣に取り組むよう求めるとともに、イラン側
が拒否した場合、追加制裁を実施する可能性も示唆した。>



アメリカは、当然ロシアに「追加制裁に同意せよ!」と迫ることでし
ょう。



ところで、「イランの脅威は大したことなかった」が東欧MD中止の
オフィシャルな理由でした。

当のイランは喜んでいるのでしょうか?




<イラン最高指導者、米ミサイル防衛網見直しを批判

9月21日15時30分配信 CNN.co.jp

(CNN) 国営イラン通信(IRNA)によると、イランの最高指導者ハ
メネイ師は20日、

米オバマ政権がミサイル防衛(MD)システム配備計画の見直しを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
発表したことに対し、「反イラン」的な政策との批判を展開した。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



これはイランが、今回の出来事は、「ロシアとイランを分裂させる
ための工作」と気がついたということでしょう。



問題は、ロシアがアメリカとイスラエルの意向に従い、「イランを見
捨てるだろうか?」ということ。


今の段階ではなんともいえません。


もしロシアが協力を拒めば、アメリカは去年の秋に落とした爆弾を
もう一回落とすでしょう。
そう、

原油価格大暴落 (→ロシア経済壊滅)


という爆弾を。


(註1、原油価格はNYの先物市場で決まるため、アメリカ政府が
価格を操作することは容易)

(註2、原油価格は、昨年147ドルの史上最高値をつけた後、大暴
落。なんと32ドルまで下がった。ロシアの株式市場ではパニック
が起こり、80%も大暴落してしまう。)


0918h


覚醒剤はいけません!!タバコの30倍やめるのが困難らしい・・・じゃなかった!
違う!
ふざけている場合じゃありませんね(ーー;)

Mosk


917bfacaf26351aa8c0de1f77151eb41

« イランVS イスラエルー5~ついに言っちゃったよ!言ってはいけない事を! | トップページ | パンデミック、地震、戦争の噂~続報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

以前にも書きましたが、イザヤ書は聖書の中の聖書 一種のひな型です。旧約聖書39巻に対応してイザヤ書も39章までと40章から66章までまるっきり違う為、第2イザヤ書とさえ言われています。ですから聖書朗読にイザヤ書はとても便利です。聖書は創世記から黙示録まで、イエスさまを証し示しています。(ヨハネ5:39)

イザヤ書は明らかに主イエスこそ救いのキーワードであるとはっきり証ししています。ですから皆さん是非ともイザヤ書に挑戦してみてください。

あと、苦難の時は詩篇91篇を朗読することをお勧めいたします。ある軍隊の朝礼で、詩篇91を朗読していた師団が終戦まで一人も戦死者を出さなかった実例があります。キリスト教掲示板でも書きました駆逐艦雪風も祈りに守られた奇跡の軍艦でした。あとローマ書の8章31~39節を声に出して読むと悪霊が逃げるそうですし、私たちも鼓舞されます。あと、夜道を歩く時や身の守りの時は、ブザーやスプレーも必携ですが、み使いの守りを要請する祈りをします。私たちにはそれを要求する権利があるそうです。イエスのみ名により「今、力強いみ使いを遣わしてくださるよう要請いたします」と祈ってくださいね!

るちゃんです(*^_^*)

アンちゃま、良いお話をありがとうございます。。。

るちゃんも詩篇91篇は必須と思い、車に乗ったらすぐに「わざわいはあなたに近づかず、疫病もあなたの天幕に近づかな~い」と叫んでから出かけています。

だってだって、ここらへんの地域はありえなくらいドライバーのマナーが悪いんです(^▼ェ▼メ^)
ここはサーキットじゃないぞ==ですよ…

新型インフルエンザもかかる予定はありませぬ(*^0゚)v

家を留守にする時は、御使いに家を守ってくれるように要請しておきます(ヘブル1:14)
その他、遠く離れた家族や友人のところにも…

アンちゃまのお話を聞いてこんな話を思い出しました。

ある女性が夜道を一人で歩いていました。
その後にあるレイプ犯が捕まったのですが、本当はその女性も狙われていたのです…

しかし、犯人が言いました。
その女性の脇にはがっちりした男性が一緒に歩いていた、だから狙うのをやめたのだ、と・・・

ハレルヤですね~ヽ(=^゚ω゚)^/
きっと誰かが彼女のために祈っていたか、彼女自身がそのような信仰を持っていたのでしょう。

>ローマ書の8章31~39節を声に出して読むと悪霊が逃げるそうです

うむうむ、これもしっかりと霊の中に叩き込んでおきましょ~

みことばは本当に強力な武器ですね。。。


アンちゃん、るちゃん、いつもありがとうございます。

>だってだって、ここらへんの地域はありえなくらいドライバーのマナーが悪いんです(^▼ェ▼メ^)

→・・・(-_-;)、右に同じ。
特に右折待ちの時。信号変ろうが、対向車ドライバーの顔見て判断しないと・・・信号が赤になって、右矢印が出てからでも、平~気で!何食わぬ顔で突っ込んできますから~!ぶつけられても、双方走行中だと、いくら相手が悪くても、100%保険出ませんからね。やられ損です。特に若いお姉ちゃん(ーー;)・・・

詩篇91篇とローマ書の8章31~39節は、私もアンちゃんに教えてもらいました。

ヘブル1:14も追加しましょう!


ザアカイさんのブログで、{文明の終わり}とあり、私がその場所へ行くという夢を見ました。いよいよ近いか~?
別に行く気はなかったけど、海に沈んだエジプト展を見て来ました。頭のかぶり物が蛇とは、やっぱりサタンの頭ですね。
金、宝石など見られない位のすごい人。タイタニックの時と同じで、私は裁きは必ず来ると見ているのに、みんなは、金持ちの憧れだけで見ているようでした。
それにしても、神が惜しんで滅ぼせないように、湾岸に立派なビルばかり建てて、、、まさにヨナになりそう。
それから連休だからか、みやげ屋で、クレジットカードは混んで繋がらず使えないと、ちょっとパニックでした。一時的な金融混乱もありそうですね。

世泣さん、「文明のおわり」ですか・・・

う~ん?enjeruさんのインスピレーションといい、世泣さんの霊夢?といい・・・近いことは間違いないのでしょうけどね。

まずは当らない、はずしまくる予言者をいつまで続けるのか~!やってラレませんな~ (T_T)

皆さんの上に、主のみ護りを アーメン。

アンちゃん、尊いお祈り感謝いたします。
Amen

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/46284214

この記事へのトラックバック一覧です: 東欧MD計画中止の舞台裏:

« イランVS イスラエルー5~ついに言っちゃったよ!言ってはいけない事を! | トップページ | パンデミック、地震、戦争の噂~続報 »