2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イスラエル海軍が動いた | トップページ | レーナ・マリア / 一羽の雀に »

2009年7月14日 (火)

エル=シャローム~いつの日にかまた・・・

2

人間、一生の間には平和で楽しい時期があるものですね・・・

« イスラエル海軍が動いた | トップページ | レーナ・マリア / 一羽の雀に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、皆様おはようございます。
 『学生時代』懐かしく聴きました、私の中学時代でしたかよく歌っていましたね。

今日励まされた聖句は・・・・。
2コリント 4:8~11
私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。
迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。
いつでもイエスの死をこの身に帯びていますが、それは、イエスのいのちが私たちの身において明らかに示されるためです。
私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されていますが、それは、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において明らかに示されるためなのです。

2コリント 4:16~18
ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。
今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。
私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。

──いったい何度 暑い夏を過ごせば良いのだろう

今年こそ、最後の夏だと信じて 秋風の吹く季節を待ち望みつつ…あてもなくさまよったわたし

主よ!早く来てください!もう待てません!わたしにはあなたが必要です!わたしをどうか助けてください!

待てど暮らせど宵待草。待ち人来たらず、私たちは渋谷の犬みたい( ゜д゜)ポカーンとしてなくちゃならない訳?

恋人たちが通り過ぎていく。荒んだ若者が酔った男に言いがかりをかけて立ち去っていく。自民党やら民主党やら、いろいろ世間は騒がしいのだろう。

わたしは高い山に登り、フランシスコのように独り両手を挙げて祈ってみた。また蒼い潮風に吹かれ浜辺で歌ってもみた。

主よ!あなたは何時まで沈黙されるのですか?あなたの民が社会の荒波の中でもがいて溺れかかっております!
主よ!今こそ、立ち上がってわたしたちを救ってください!

このモンスターばかりな世の中から緊急脱出 上から救出してください!

サバイバルに必要なエネルギーも食糧も資金もなくなりかけています。

主イエスよ!立ち上がってください!救ってください!


今年こそ、どうか最後の熱い夏でありますように…

風立ちぬ

バルナバさん、アンちゃん、いつもありがとうございます。

月を追うごとに大変になってきますね。

>主よ!早く来てください!もう待てません!わたしにはあなたが必要です!わたしをどうか助けてください!

→私も心の奥底からそう叫びます。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

懐かしい曲ですね。ほんと昔にタイムスリップしたみたです。

アンちゃん、主を待ち望む詩をありがとう。
私にのぞんだ『恵みの時は、終わろうとしている』は、確かに魂に深くはっきりとした言葉でした。
それは、主からのものと信じます。
それが、確かに終わる時は、主が迎えに来る携挙ですが、それまでの期間はそれほどないのではないかと思います。
今は、ノアの時代と同じ。人々は、食べたり、飲んだり、めとったり、とついだり・・・。
そして、ノアが巨大な箱舟を造っている時、人々はノアを馬鹿にし、あざけったことでしょう。
それと今も同じ。私たちの叫びは、主を全く知ろうともしない、自分中心の人々には、愚かに聞こえるでしょう。
けれども、必ずそれは近い将来、ごく近い将来必ず起こります。
それは、神が真実の神であるが故に、そのことを証明なさる力と権威を持っておられるから。
神の忍耐も極限に近いことろまで来ているように感じます。
主にある兄弟姉妹、主が来られるまでもうすぐ・・・。そしたら、永遠が始まります。主イエスさまと永遠に一緒です。
この地上が、神の怒りで未曾有の天変地異、反キリストの迫害のとき、私たちは天で主イエスと婚姻の時を迎えているでしょう。
願わくば、その前に主イエスの罪の贖いを受け入れる人々が多く与えられますように~。

ザアカイさん、試練の中にある方々にF・B・マイヤーの言葉をプレゼントします。

 神は世界史においてただの一度も、ご自分のしもべたちが一条の希望の光もなく、再び帰ることもできない深夜に沈みこむことをお許しにならなかった。正しい者のためには、暗黒の中でも必ず光は上る。人の子をおおった漆黒の時間さえ「父よ。わが霊を御手にゆだねます」という叫びで破られたではないか。
 今あなたが置かれている境遇ほど、あなたの神の御霊との親しい関係に入れるものはない、また悩みの車輪によって激しく砕かれた人こそ、永遠であるお方は至近の距離に近づいてくださるということを。私たちは地において死ぬときに、ただ一粒であることをやめ、多くの実を結ぶようになる。感情はどうであろうと、意志をもって神にゆだねるのである。あなた自身を神の大能の手のもとにゆだねよ。ほかに何も言う事ができないとしたら、あなたの昼と夜を「父よ、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください」という叫び、ないしすすり泣きで埋めるがよい。神の愛を断じて疑わないように。あなたが手に入れようとしている収穫は、今のものより少ない値によって得られるという敵の暗示に決してかかってはいけない。神についていえば、神の道は完全であって、神は私たちの道を完全にされるのである。

苦しみゆえの激しい試練の中にあっても、彼らの満ち溢れる喜びは、その極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て、その惜しみなく施す富となったのです。(Ⅱコリント8・2)

enjeruさん、いつもありがとうございます。
頭ではわかっているんだけど・・・
難しいですね。

enjeruさんをはじめ、みなさんのお祈り感謝です。

ケイタイで見ていたので、もう終わってしまうの?ザアカイさんやめないで~と祈っていました。みなさんのコメントを見てホッとしています。
万年艱難時代の私には、平和で楽しいときはこれから世の中が艱難時代に突入したら与えられると信じてそれだけを希望に生きています。
臨死体験者の99.9%は天国を観て来たそうですが、私の場合は黄泉でした。
その苦しみに比べたら人生100年ばかし、どんな試練にも耐えて御国へ入りましょう!

ザアカイさん、皆さんおはようございます。

イラン民間航空機が墜落、168人死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090715-00000603-san-int
 まさかテロでしょうか?

2コリント 6:10 悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、
         何も持たないようでも、すべてのものを持っています。

世泣さんはじめまして、キリスト教掲示板の久保先生のアシスタントだったアン・シャーリーと申します。

そうですね、臨死体験されたのですか?貴重な体験でしたね 黄泉(陰府よみ)でしたか?

今、私たちには見えない領域で、天軍が私たち人類を応援席で騒がしくしているのがイメージできますか?
まもなく、主自身が再び公に地上へ帰還されます。おっとその前に大事な大事な信者たちを略奪し拉致っていく仕事があります!
大掃除する前に貴重品を別にしない人がいますか?一緒にして掃除したら間違えて捨てたり壊したりしちゃうよ
皆さん、子どもの頃 夏休みワクワクしていませんでしたか?わたしは田舎に行って盆踊りや海水浴、螢狩り、親戚の子たちと一緒にお風呂に入って、浴衣着せられ汗知らずパタパタ、蚊やの中でコワい話や楽しい話で盛り上がったのを思い出します。

あんなワクワクするような生活が天国では行われることでしょう

死なない、年取らない、病気しない、罪と悪から解放された本来の人間として神さまと共に生きられるなんてワクワクドキドキですよね

皆さんあと僅かゴール間近いでしょ!!天軍の応援を!

しっかりしてよ!まもなく主がいぐがらね!
頑張れ!!フレーフレー

ども、わたぴ~です(vv)

キリスト者は基本的に、父なる神と主イエスへの信仰だけではなくて、
「自分の罪と真正面きって向き合う人」の事ですから、正直、しんどい事も多いです。
主イエスも、この地上で活動されている時には、時々は人込みを離れて一人になられることもありましたから、
私達が日々の生活の中で疲れてしまうのも、無理からぬことです。
マジメな人であればあるほど、自分一人で責任を背負い込んでしまいやすいですしね。(vv;)
自分を追い詰めても答えは出ませんし、人が負える責任の範囲なんて限られてます。
キリスト者には自分の重荷を預ける場所があるのですから。
なぁ~んて、ワタクシが言っても説得力ありませんが。(__|||)

貴方が耐えている時は、皆が耐えています。そして、主イエスも父なる神も。

ザアカイさん、大変な試練の真っ只中におられるようですね。
きっとイエス様は「よく耐えた!」って笑いながら背中を叩いて迎えてくださいますよ!

私の大好きな歌、 FFH(Far From Home)というクリスチャン・バンドの『One of These Days』という歌の
リンク(歌詞付き)を貼っておきます。この歌で少しでも皆さんが元気づけられますように。
http://www.youtube.com/watch?v=qniSAHZu3Rc

歌詞は日本語で書くとこんな感じです。
・・・いつかそのうちに 僕は山の上を飛ぶよ いつか僕は雲に乗るよ
いつか見逃したことすべてに 立ち会ってしっかり見るよ いつか

いつか僕は今までやったことないことを全部やるよ 走ったけど勝てなかったレースを全部終えるよ
そして いつか 僕は百万の人に会うよ そして一人ひとり 誰かわかるんだ

(コーラス) いつか 僕のために釘を受けてくれた手を見るよ いつか 僕のために建てられた豪邸の鍵を手に握るよ
いつか 僕のために金で造られた大通りを歩くよ いつか 僕は救い主に顔と顔をつき合わせて会うんだよ

いつか 僕は理解する  あなたが僕から僕自身を取り去ったと信じた日 自分がどう変わったかを
そして もしあなたが僕を救ってくれなかったら 自分がどうなっていたかも理解すると思う いつか

そして いつか 僕は過去に生きた聖徒みんなと話をするよ 彼らの立場を経験するよ
僕らは岸辺に座って 今まで知らなかったことを全部 学ぶんだ そういうこと全部、それ以上のことも

いつか ついに 僕は欠けたもののない場所にいく もう 痛みも 悲しみも 愚かな不信仰もない
とうとう ついに 僕達が 見ることができる時に そこで起こる喜びすべて いつか・・・

世泣さん、お気遣いありがとうございます。

>臨死体験者の99.9%は天国を観て来たそうですが、私の場合は黄泉でした。
その苦しみに比べたら人生100年ばかし、どんな試練にも耐えて御国へ入りましょう!

→ええ、肝に銘じたいと思います!!

絶不調で、46年間生きてきて最悪の状態なのです・・・ごめんなさいね。
たとえ書けなくとも、最悪私が消えても・・・
みなさん同志の交わりのためにも閉鎖はしませんからね!

バルナバさん、いつもありがとうございます。
バルナバさんだって、火の様な試練の中を通っているのに、自分が情けないです・・・
イラン航空機に関しては、テロの可能性も否定できないかも?ですね。

アンちゃん、いつもありがとう。
以前きつい事書いたことがあるけど、本当にごめんなさいね。
「言うべきことは言う」べきでしょうけど・・・自分がこういう状態になってはじめて、あそこまで傷つけるようなきつい書き方はすべきでなかったと・・・悔い改めてます・・・
それにもかかわらず、こうしてコメくれてるなんて・・・アンちゃんは、本物のクリスチャンだね。

わたぴ~さん、私にもしものことがあったら、あとはモトイさんと二人でお願いしますね!!

>自分一人で責任を背負い込んでしまいやすいですしね。(vv;)
自分を追い詰めても答えは出ませんし、人が負える責任の範囲なんて限られてます。
キリスト者には自分の重荷を預ける場所があるのですから。

→仰るとおりで。ただ私の場合、信仰が弱いのかな?頭ではわかっていても、心が言う事を聞いてくれません。わたぴ~さんの仰ることは十分説得力ありますよ!さすが私などよりキャリアも長いし、バランス的にも私みたいに偏ってないし、信仰のレベルが高く、私にとっては手本です。

aguaさん、最近出会ったのに以前から知っているかのように感じます。
励ましのコメントとミュージック=ビデオ本当にありがとう!
最近感じますが、良い悪いは別にして、やはりアメリカはスーパー=パワーな国ですね・・・
エリート連中は力ありますよ・・・私自身も正直、今まで自分のブログでアメリカに関して書いてきたことが、わからなくなってきました・・・私自身騙されていたのかな?などと。自信をなくしました・・・
冷静に考えてみりゃ、アメリカが核で焼かれるなど、ひどい話ですよね・・・悪党だけが裁かれるわけじゃないですからね。善人まで犠牲になったら・・・私の信仰も、自分では認めたくないのですが、アメリカの福音右派の原理主義者と変らなかったのかもしれません・・・
でも万が一という事もありますから警戒だけは怠らないで下さいね。

さて、ここいら辺で、勇気をもって正直に話すべきでしょうね・・・
「情けないヤツだな」「君はブログなど書く資格なかったんだよ」と、どうぞ笑ってやってください。

「ミイラ取りがミイラになった」「私はしょせんピエロだった」「このようなことやる資格などなかった」「調子こいて、いい気になっていたから、神に懲らしめられているのだ」という表現がふさわしい状態です。

生業が非常にピンチ状態で、精神的に限界を超えてしまったのか、ストレスで神経をやられてしまいました・・・不安神経症とでもいったらいいのかな?
3月から引きずってきたのですが、状況、体調とも好転せず、悪化する一方、私の信仰のレベルでは、いくら祈っても、聖書を読んでもダメ・・・癒してはもらえず・・・
ついに先週限界に達し、観念して病院へ行きました。
病名は忘れましたが、睡眠薬を飲んでます・・・毎日3~4時間の睡眠ではまいってきたので。

私の極端な再臨信仰が間違っていたのかもしれません。結局は自分の都合だったわけです・・・再臨だけが希望でしたが、持ちこたえられず、自分が先にコケちゃった。単なるエゴですよね・・・神の目的のためには、自分の思いなどどうでも良くなきゃいけないのに。いつも喜んでいて、感謝しなきゃいけないのに・・・
「神にある平安」がわからないようじゃ、キリスト者を名乗る資格などないですわね・・・とほほ

神としては、私を反面教師としてブログ書かせたのかもしれませんね・・・「信仰の失敗者」とならないようにと。

こんばんは
ぜんぜん慰めにもなりませんが、自分も失敗者です。というか自分など信仰に至る手前でコケてしまった、信仰の失敗者にもなれなかった失敗者、ってところでしょうか。
睡眠薬にうつの薬も飲んでますが、なかなかダメダメです。
もうこれ以上1マイクログラムだって重荷には耐えたくなくなりました。疲れ果ててしまって。重荷を主にゆだねろといっても、毎日朝起きて現実に直面しないといけないわけですしね。前向きに物事を考えようとすること自体がもう重荷です。
いっそのこと神様などいなければよかったのに、と時々思います。そうすれば簡単ではないにしても自分の力で苦から抜け出せる方法がありますから。見えないものを信じる信仰より確実ですし。
でも実際は神様か悪魔かの2者択一?で、中間はない、とこのとですから・・・。悪魔を選べば死後の永遠の地獄、神様を選んでも有限とわかってはいても終わりの見えないこの世の生き地獄・・・どちらにしろ良いことないですね。レ・ミゼラブル、ってところでしょうか。
それでも離れたくてもキリストから離れられない、困ったものです。
愚痴ばかりになってしまいましたね。暗いコメントですみませんでした。

バルナバです皆さんおはようございます。
 私は皆様のコメントに励まされています、私だけではない、大なり小なり
困難な道を歩いているのですね。
私はいつも自分はイエスさまを信じるのにふさわしく無いのではないかという
サタンの攻撃に有っています、それも聖句(1コリント)を示すのです、しかし、
それは恐れるに足りませんサタンは聖書を知っているが信じていないのですから。
 

ザアカイさん。。

睡眠障害があるのですね。。
眠れないって、辛いですよね。。
ザアカイさん、休みをとってくださいね。

自分が弱りすぎると、自分の信仰の確信、自分への信頼、そして神への信頼さえも ゆらいで
しまうのかもしれません。。 でも、それは今の辛い状況が そうさせているだけなんですよ。。

私も、10代の頃うつになったとき、自己否定とがひどくて。。 
自分への自信も、信頼も、周りのひとへの信頼も持てなくなって、孤独になってしまいました。。
ひとって、孤独になってはいけないですよ。。 それから這い上がるには、
まさに 聖書がいっている、信仰、希望、愛が必要ですよね。。。
神への信仰、自分と信徒たちへの信頼、再臨と神の国への希望、神と自分と隣人への愛。。

ザアカイさん。 私が信仰に迷った時、いってくれましたね。
サマリア人さん、あなたも神に愛されているんですよ。。って。
わたしは、ザアカイさんの兄弟愛が、神の私への愛を代弁してくださったようで、
感動して。。とても嬉しかったです。 忍耐強くつきあってくれた。。
神を愛しているザアカイさんだからこそ、私を我慢強くみまもってくれたんですよ。。 
今は、心が不安になって 体調が不調でも。。どんなに 自分の信仰に疑問をいだいても、 
再臨の時期への不信という思いがちらついても、それでも、神はあなたを愛してくださってます。 

ザアカイさん
ローマ人の書 8章31〜39節も 励ましになると嬉しいです。
38 わたしは確信しています。死も生も、御使いたちも支配者たちも、現在のものも将来のものも、いかなる力も、 39 高いところのものであれ深いところのものであれ、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛からわたしたちを引き離すことはできないのです。

自分への信頼が弱まるとき、信仰も弱まってしまう。でも、よわまってもまた 
ザアカイさんの くびきの となりにいてくださる イエス様に強めていただけばいいんです。
歩けない時は、肩をかしてもらい、ときには 背負ってもらう。。
勿論、祈りとみ言葉 以外にも、信徒たちのささえと 励ましは重要です。
私たちも勿論祈らせていただきますし、教会の牧師さんでもいいです。

呼吸をおちつけてくださいね。 眠る前に、ゆっくり 深ーく 深呼吸です。(^^)
神の平安が、ザアカイさんに そそがれますように。

たろさんも、疲れているのですね。。 前向きに物事をみるって、難しいですよね。
ただ、今日一日を無事過ごせますように。。 それだけ祈るしかない。。
そんな辛い状況なのでしょうね。
たろさんの上にも、神の豊かな支えと愛がありますように。。


ザアカイさんの本職は、子羊通信ですよ。(書ける時だけでいいいですから)
消えてもって、1人でケイキョされるなんてズル~イ、子羊ファミリーみんな一緒でしょう!ニートサイトのようにカンパ受付てもいいのでは?
私は、キリストの弟子らしく落ち着いて枕する所も無い生活を誇っています。
悲劇と喜劇は神一重
神様一体どんなシナリオ書いてるねん!という程演じている人間には苦しいことも御国の目から見たならお笑いになりますよ。

アン様
ヨナだけにヨミに連れていかれた世泣の黄泉体験をキリスト教掲示板に「自殺後の生き場所」として書かさせて頂きました。
1日100人の自殺者の1人でも、引きとめる事ができたなら、、というのが私の夢です。みなさん、ぜひ読んで伝えてくださいね。
これから少しずつ、私の霊的体験を書かせて頂きます。
たろさん
決して無にはなれないのですよ。サタン攻撃は、この世の者でない証拠!苦難の中で普通の人には見えない者を見てみ声を聞くのです。一瞬のこの世の祝福よりも永遠を選んでください。

ザアカイさん、

私の経験から言えば、
「たたけよ、さらば開かれん」を胸に、ひたすらたたくしかないのです。たたくということは、ひたすら「ぐちる」ことしかできません。

毎日ひたすらぐちってください。今助けなければ、いつ助けるのですか、イエス様。このやろう、どうにでもしてくれ!日中に、ふとんの中でぐちってください。

言っとくけど、扉はギ、ギーと開きませんよ。問題が解決している時は、いつの間にか「ぐち」が出なくなっているのに気づいた時です。

これほどまでに主に近づく時もないでしょう。御自分の経験を他の人に話せるように、この経験を通過してください。

まだ、先は長いですよ。

特にアンさん、再臨まで後10年くらいかかるので、あせらないようにのんびりいきましょう。そうしないと、ストレスがたまりますよ。

ザアカイさん、皆さんこんにちは。
モトイです。

ザアカイさん、生業が思わしくなくて心労が激しいとのこと、お察しします。
以前にもコメントしましたが、今はキリスト者にこれでもかと攻撃が来ているときだと感じています。ひとりでも引きずり落とそうとする者が、躍起になって働いているのではないでしょうか。

私の周りでも若くて未来の希望に溢れているはずの人々が、主を知らずに死んだほうが良かったなどと私に言います。私もそれを聞いてとても苦しいです。主はその苦しみを知っているはずであるというのが、ただひとつの慰めです。

私自身も会社の業務はとっくの昔に止まっています。期待していた下請けと打ち合わせしていながら突然「この話は無かったことに・・・」と逃げられ、新規事業に乗り出そうとしても道が開けない状態です。つなぎのつもりで相場に手を出したものの、ジェットコースターに振り回される思いで怖くなって手を引きました。今はほとんど小さな庭に野菜を作る農民状態です。(伝道師としての働きではお金を貰ってません。)

それでも自分の主イエスに対する情熱を表現したいと立ち上げたのが私のブログです。
ですが私は自分が証しになっていないことの責任は主にあると思っています。
私は信仰によって歩んだ。後はすべて主の責任です。のびたさんの仰るように、主に愚痴ることなら私のお得意です。そして愚痴って叫んだ後は、涙が出るほど主の愛を感じます。

私の主への叫びです:
「主よ!俺もあんたに熱いか冷たいかどっちかにしてもらいたい!俺に熱く臨むか、俺を冷たくして命をとってしまうかはっきりしてくれ!」
「神の国は言葉には無く力にあると、あんたの言葉がいってるでしょ!あんたの力を俺に見せてくれ!能書きはもうごめんだ!俺は宗教をやってるんじゃない!自己暗示や催眠術や、洗脳や思い込みじゃ無いんだよ!あんたの力を見せてくれ今!」
「俺が情けなくて、弱くて、どうしようもないことを知ってて十字架にかかってくれたんだろ!いまさらまた俺の努力が足りないと責めるのかよ!そうだよ、だからこそキリストが必要なんだよ!だからこそあんたが必要なんだよ!頼むから今すぐ立ち上がってくれよ!」

こんな不遜な祈りができるのも、聖書に大胆に神の前に出ろと書いてあるからです。本当に不遜だと思いますが、神に愚痴り、叫び声を挙げるしかないです。そして神は唯一私たちが愚痴ってよい相手だと思います。

私は主はすぐに来ると感じています。しかしもし後何年も携挙が無かったとしても、それでも主は正しいです。私としては辛いですが、主のなさることが一番良いに決まっています。私としては「もう限界だ」と主に訴えてあるのだから、後は主の問題と思っています。そう思うことで気が楽になっています。

ザアカイさん、私たちは皆、みすぼらしいからこそ主は十字架にかかってくれたんです。このような場所を提供した主は、間違いなくザアカイさんを用いています。子羊通信はザアカイさんが考えてつくったのではなく、主がその思いをザアカイさんに伝えて作らせたんです。

自分を見れば情けなくなります。でも主を見れば楽になります。みすぼらしいまま、傷ついたまま、汚れたままで主の前に出ましょう。私たちにはお手上げなのを、主がご存じないはずは無いです。祈ったらそれはもう、私たちの責任ではないです。主の責任です。

今こそ主に愚痴り、叫びましょう。

たろさん・・・
私と症状が似てますね・・・ブログ上では強がってましたが、ついにギブアップと言ったところです。
わかりますよ、痛いほどわかる・・・でも、どんなにつらくても、我々には、こんなにも分かり合える神の家族がいるんだからその時まで歩み通しましょう!そしてお会いしましょう。

バルナバさん
本当にいつもありがとうございます。
早くお会いしたいですね・・・その為にも耐えねばなりませんね!

サマちゃん、ありがと。
サマちゃんがこのブログに来てくれて、受洗まで辿り着いてくれた事・・・これだけは誇っていいのかな?
本当に成長したね!これじゃどちらが信仰の先輩なんだかわからないね(笑)
サマちゃんは良い賜物持っているから、十分生かしてくださいね。

世泣さん、いやなに、消えてしまうと言うのは、ウェッブ上からという意味ですから。
掲示板見て来ました。私が想像していた通りですね。やはり無にはなれないんだろうなあ~、ましてやキリスト者の場合。この証しは今の私には大きいです。自殺に対し、主が夜泣さんを通して教えてくれたんでしょうね・・・本音を言うと死にたいんですが、まだ死なせてくれないようだし・・・

のびたさん、いつもタイムリーなアドバイスありがとうございます。
やはり私には、のびたさんの経験は必要なようです。全然楽じゃありませんね・・・それどころか、世間一般の人のほうがよっぽど、楽しく明るく生きているように見えます・・・何故なんでしょう?

モトイさん、十分心に響きました。ありがとうございます。
さすがは主が白羽の矢を立てた器ですね。
弱り果てて、肝心な事を忘れてました。
そうですよね、伊達や酔狂、ましてや宗教やってるんじゃないんですよ。人生のすべてを賭けているんですよ!ここに来ている方は、コメ読む限り皆さんそうだと思ってます。
叫びあるのみですね。

これからも何でも結構です、みなさん気が向いたらご自由に書き込んでくださいな。
このブログは間違いじゃなかったのかもしれません、感謝。

ザアカイさん、はじめまして。
モトイさんのブログのリンクから来ましたゆうと申します。
よろしくお願いいたします。
イエス様につながって情報を提供しておられる、尊いお働きなので、大変なこともおありだと思います。
お祈りしています。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

主は確かに近いうち来られます。皆に与えられた試練の忍耐の叫びは天に届き、主イエスが御座を立ち上がる時は近いです。
一人も失われることなく、共に天でお会いしましょう。

       火の燃える炉

熱く、激しく燃える炉。
すべてを焼き尽そうとしている燃える炉。
王の命令・・・・
「金の像を拝むこと」を拒んだ3人の若者を飲み込もうとしていた。
主を愛し、主に従い、主だけを崇めていた若く美しく知恵と知識に富んだ若者を。

シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴ
勇敢な主の戦士たち。

彼を連れてきた者たちさえ、激しい火炎に焼き殺された。
燃える炉に投げ込まれた若者たち。

だが、見よ・・・。
火は、彼らを縛っている縄だけに働いた。
激しい炎の中で、彼らは縄を解かれ、自由に歩き回った。
火炎の中は、なんと外より自由であった。
火は高温の熱を発していたが、
火は彼らに何の害を与えることが出来なかった。

そして、見よ・・・。
彼らと共に火の中を歩かれ、
その中で守りたもう主イエス・キリストを。
見よ・・・。
その火の炎より気高く輝く神の子を。

3人の若者は守られ、何の害も受けず助け出された。
主だけを拝み仕えた彼らは、真実の神が助け出された。

王は言う。
「このように救い出すことのできる神は、ほかにいない。」
王の怒りさえも主をほめたたえる者に変えてしまった3人の信仰。

神はあなたや私を燃える試練の炉に投げ込まれる時、
共にいてくださる。自由にしたくださる。助け出してくださる。
主が私たちを愛しているが故に・・・。

            「ダニエル書3章から~」          by enjeru

あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。
火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。(イザヤ43・2)

イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるものすべてが、ひざをかがめ、
すべての口が、「イエス・キリストは主である。」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。(ピリピ2・10-11)

あら、のびたさん元気そうですね
あなたの天敵のアン・シャーリー参上しました。
サア…あと十年でつか…困ったナア、シミは克服したんだけれど、、ますます年取っちゃうわ それにenjeruさんも、サマリア人さんも、あと十年説には異議ありじゃないんでしょうか
せめてあと数年…っていうことならアレですが…十年はねぇ。

あ、そうそうのびたさんは22日の皆既日食楽しみでしょ?

何かのアレになるんじゃないかしらね?ユダヤ暦の第5の新月ですしね?

2014年と2015年にも皆既日食や皆既月食が集中していますし、なんかわからないけんど、なんかアルゴン

ゆうさん、こんにちは。
モトイさんのブログのコメ欄を通して存じております。
お祈り感謝いたします。

enjeruさん、いつもありがとうございます。
私たちの叫びが一日も早く届くと良いのですが。

う~ん?あと十年はきついなあ~

ザアカイさん、ありがとうございました。
朝のコメの続きです。
>だから、ふさわしくないままでパンを食し主の杯を飲む者は、主のからだと血とを犯すのである。
だれでもまず自分を吟味し、それからパンを食べ杯を飲むべきである。
主のからだをわきまえないで飲み食いする者は、その飲み食いによって自分にさばきを招くからである。
あなたがたの中に、弱い者や病人が大ぜいおり、また眠った者も少なくないのは、そのためである。
しかし、自分をよくわきまえておくならば、わたしたちはさばかれることがないであろう。

 よくもサタンは今まで私を欺いてきたものです、今日解決が与えられました。
検索キーワードは『主のからだをわきまえる』です。

PS;ゆうさんよく来てくれましたね、ここでは悩みや苦しみ、悲しみなど本音で語り合え祈りあえる場所ですよ。
そして主の再臨を強く待ち望みイエスさまに希望があることを知っている人達です。

バルナバさん、解説読んできました。
疑問に思っていましたのでね。
なるほど・・・それを言ったら、誰一人として聖餐に与かれる人などいないですわね。
我々の罪深さを受け入れて下さっていて、我々は許されているわけですものね。

仏陀の教え。
琵琶の弦は張り過ぎれば切れ、緩め過ぎれば音を出さない。
真理も然り。

経験からの助言。
私の場合、2~3週間に一度、夜明け前の晩、海へ行き、禅をします。
薬に頼るのはベストではありません。
そのときにいつも思う事、

この世の最も富める者も、主の前では、裸同然です。

この世の最も貧しい者も、御国の住人からすれば、はるかに多くの物を持っている。

御国の木々は地の木々を見て、あまりの素晴らしさに、恥じて、枯れる程。

私の最も価値ある財産はその時間と空間と思いです。

一度、試して見てください。

ザアカイさん
あなたは私の一番兄です。*^^) *イエス様は最大の友ですよ
ザアカイさんは、神様から皆を集めるという、大きな賜物をいただいています。
わたしは、みなさんに支えられている、ひな鳥です。ヽ(´▽`)/
ザアカイさんは、たくさん信徒の皆や、まだキリストを知らない人々への
伝道を、子羊通信でされてます。

ブログを一生懸命取り組まれているの。。とてもわかります。 
子羊通信は、ザアカイさんの子供みたいなものです。
終末の警告と、キリストの再臨を知らせる為に、いろいろ情報を提供されて、手をかけ、
切り口をかえ、精一杯するけれど、ときには間違う事もある。

自分の発信する言葉や、情報や行動が 間違いたくなくても、間違う事もある。。
自分やキリストのまもない再臨も信じていいいのか わからなくなる事もある。。
でも、手探りで、とにかく信じてみない事には、なにも始まらない。。
でも、自分の力が限界があっても、主はかならず支えてくださります。
支えてもらえないと、困るんですよ!!
神の言葉は 絶対だから。。 人間の情報は流動性があるけど、神は絶対、不動だから。。
永遠にかわらないものだから。

のびたさん。。再臨は。あと10年ですか。。今はまだ3年半にはいるすうねん手前??
7年間の最後に再臨という感じでしょうか? わたしには、なんとも。。
もし。。前3年半の艱難時代が終わったときに、来臨だとしたら。。
あと5年以内ぐらい。。かな。。? そうあってほしいです。。本当に。
ただ、けいきょのじきが、前3年半の前なのか、あとであって、ちょうどど真ん中か。。
そればかりは。。私もわからないけど。 (゚ー゚;
 

キリスト者なのに不眠やウツなんて世の笑いものだ、あぁ神様 この辛い状況から早く逃げ出したいです。今が終末の世でありますように!とすがる思いで、ネット検索して一番最初に出てきたのがこのブログだったんです。偶然見つけたのではない、導かれたのだ、と私は信じています。今 思いつくキーワードを並べても子羊通信がトップに来ないんですよ。

ここを拠点に他の信者の方や終末テーマのブログや、コメント欄の皆さんの書き込みを読み、それをきっかけに真剣に祈りの日記をつけはじめました。まだ3週間足らずですが(でも三日坊主の私には快挙なのですよ)、神様はたくさんのこと(私が今まで知らなさすぎただけ)を教えてくださいました。私も子羊通信は神様がザアカイさんに与えた仕事の一つだと思っています。悪いやつは、きっと歯ぎしりしていることでしょう! 今月に入って私がブックマークしていた2つのクリスチャン・ブログが閉鎖されてしまいました。神様に仕える仕事は攻撃も激しいのでしょうね。ザアカイさんが神様の特別な保護下にあるようお祈りを続けますね!

バルナバさん、先日は祈りの言葉をありがとうございました。ザアカイさん、警戒のアドバイス、まじめに受け止めます。
大いなるバビロン=アメリカって解釈もあながち間違っていない気がします。 あいにくうちの教会では、海外伝道や地域奉仕は熱心ですが、「今が終末の時では・・・」なんて話はしないんです。「宇宙人て実は堕天使では?」なんて言ったらドン引きされそう(笑)

アンさんへ、

日食、興味ありません。たいした意味なし。

今は、やっているお客さんの家のペンキ塗りがうまくゆくように、ということしか頭にはありません。数年前、ふんどし姿でペンキ塗りをやっていた男がいたそうです。しかも、私が見積もりでだめになった家でした。もしかして、あの伝説の黄金の金玉やろう、出稼ぎでこんな田舎に来ていたのかもしれません。

まあ、生活していくことって大変なことですよね。今日も仕事がんばります。しみ、そばかす、しょうがない。手はしわくちゃ。年初には、「生~きてゆくのがつらい日は~」と歌いながら米の袋詰め作業、今は「ヒール・オブ・ザ・ワールド」を鼻歌に太陽さんに焼かれています。

再臨は、皆さん思われるほどすぐではありません。もっと余裕をもってください。

ども、わたぴ~です。(vv)

>世泣さんへ

はじめまして(vv)、で合ってますかね?以前ご挨拶させていただきましたっけ?
ワタクシ、物覚えが「抜群に不安定( ̄ω ̄;)」なので、もし、すでにご挨拶させていただいていたら、すみません。(;^_^A
「子羊ファミリー」。いい響きですね。これからも、一人でも多くの人が参加していただきたいものです。
ザアカイさんやめないで~というのは、ここのコメンテーターの皆さん、同じ思いですからね。
これからもどしどし、コメントしてください。皆さん、励みになりますので。(^-^*)

>aguaさんへ

はじめまして、「わたぴ~」と申します。よろしくお願いします。(vv)
『One of These Days』の歌詞、とても良いですね。(≧∇≦)
「いつか 僕は理解する」という部分、そうですよね、その「いつか」は確実にやって来ると保証されている「いつか」で、
そして必ず、どんな人でも、父なる神と主イエスについて「心から理解できる」んですよね。
祈りの日記ですか。良い発想ですね。日記に書いておくと、後で自分の歩みを振り返れますし。(o^-')o 
まぁ、普通の教会なら「宇宙人て実は堕天使では?」なんて言えば、確実にドン引きされますね~。( ̄▽ ̄;)
それだけで済めば、まだいいほうかも知れません。ただ、それよりも、「今が終末の時では・・・」、つまり、
黙示録は取り上げない、ということなら、そちらの方が大きな問題かも。

>ゆう さんへ

はじめまして、「わたぴ~」と申します。よろしくお願いします。(vv)
ワタクシもモトイさんとこのブログには時々、おじゃまさせてもらってます。
主イエスの愛を感じることのできる、良いブログですね。(゚∇゚*)
まぁ、ワタクシはあんまり模範的なクリスチャンではありませんが、
そちらの方でお会いする事がありましたら、よろしくお願いします。
この場所も主イエスに信仰を置く、素晴らしい方々ばかりなので、是非、今後もご参加下されば嬉しい限りです。(≧∇≦)

さて、ここからは思いっきり個人的な意見として読んでくださいね。(vv)

皆さん何だか「♪もぉ~いぃ~くつ寝ぇるぅとぉ~」、終末、再臨云々という話になっとりますね。感情的には十分理解出来ますが、自分の希望を、神のご計画の予定とすり替えてしまってないですかね?勿論、そんなつもりではないのかもしれませんし、一日も早い主の再臨を望むのは良いことでしょう。

ただ、それは祈りをもって神様にお願いすればよいワケで、祈りは勿論、「父なる神の御心が成るように」という事なのですから、恵みによる救いと同じく、ワタクシたちはただ、それを「受け入れる」ことが必要であるはずです。希望は「主イエスの贖いと救い、そして再臨」にあるのであって、ワタクシたちの思惑による希望にあるワケではないと思います。再臨の時は神様の領域に属する事柄ですから、「あと○年」云々という表現は、個人的にあまり関心しません。信仰は再臨までの期日指定ではありませんし、「必ず訪れる再臨によって、救われるべき人が救われ」れば、それで良いと思います。

再臨の時期については、「主人はまだ帰ってこない」というような思考になるのはダメですが、のびたさんの述べられているように、皆さんの感覚で思っておられるほど「すぐ」というふうにも思えません。これについては、聖書をもう一度よく読んでいただければ、少なくともそういう考え方も可能性としてはある、という事は理解していただけると思います。何故なら、再臨までに成就していない事柄が、余りにも多すぎるからです。また、主がすぐに来られたとしても、今のワタクシたちに求められているのは、霊的に目覚めていることであって、再臨時期の預言者になることではありません。

勿論、個々にご意見はあって良いと思いますよ。(vv)

こんにちは

ほんと、いつくるかは、わからないので。。
気持ち的には早い方がいいのはやまやまですが。。
でも、主はかならず、逃れる道を示してくださると信じつつ。。

ザアカイさん、きっと事業の事と、息子さんの学資金に生活のこととか
重圧がのしかかってしまっていると思います。
自営業なので、日本の社会福祉とか、補助に関してわからないのですが。。
できるかぎり、国や市の補助を利用するという手もあります。
一時的に、お借りすると思えばいいんですよ。

わたしも、失業保険長い事もらってました。
旦那のお給料が最初の頃少なかったので、
最初の子供を産む前から、6年間くらいいただいてました。 (ときどき 小遣い稼ぎ程度の仕事はしましたが。。) エリートがかせぐ年収1億円なんて、旦那が20年以上働いても
介護の仕事じゃ。。無理かもしれません。。
最近、旦那さんの お給料があがったので、失業保険の対象外になったのです。
でも、それでも収入が低いので、失業保険や生活保護を受けるほどでない、低所得者の為に
住宅費の補助があるんです。
わがやは それを申込んでいます。 なにも恥ずかしがる事ないんです。
ほんとに 給料のいい仕事がないので。。やむを得ないんです。
基本的人権は憲法でも補償されているのですから、自分の努力でどうしようもない時は、力をかりてもいい。 そのために、税金払っているんですよ。みんな。。

利用できるものは、なにも 引け目を感じる事無く
利用するという、感じです。 子供の洋服も、かなりの部分で友達みんなで使い回ししてます。(^^)
ここが、ヨーロッパ人と、日本人の大きな 違いだと思うんです。
税金払ってるんだから、自分の努力が限界のとき、補助を受ける権利が当然あると、どんどん主張する。。
日本人は、税金払っていても、国や市町村のお世話になるのは、どこか恥というか。。プライドが。。迷惑はかけたくない。。という事もあると思います。 神にお任せすると同じで、時には国や市の補助に頼るということ、必要な時があるんですよ。。 必要な甘えと言いますか。。
息子さんが、大学で学びたいのであれば、奨学金だってあるし、一度 2年くらい アルバイトでもいいから社会に出てから、社会人入学だって不可能ではないです。
学科によっては夜学という手だってある。。

この不況で、急に仕事を失うひともいる、給料が下がってしまうひともいる。。
ザアカイさん、すべてを自分の責任にしないでくださいね。
全部 背負わないで。。家族だっています。 私たちもいます。
そして、一番近くに主はいらっしゃいますから。。

空海さん、アドバイスありがとうございます。
空海さんとは信仰は違えど、何か共鳴できるものがあります。

aguaさん、いつもありがとうございます。
私もヤクに頼るようになってしまいました・・・信仰を持つ以前ならともかく、信仰を持った後・・・キリスト者として断じて!認めたくない事実ですよね(涙;)。気にするなと言っても無理ですわね・・・
偶然ここに来たという方は意外と多いんですよ。たいした事やってないのにね・・・挙句の果てズッコケて休養中(涙;)
お祈り感謝ですm(__)m

わたぴ~さん、鋭いところというか、私自身・・・「ブレていたかもしれない」と今現在考え中の焦点を突いて来ましたね。時として、ハッキリ書いてくれていいと思います。

私としては、聖書にある「決定的な終末のしるし」を確認できさえすればあとは、生き延びようが、死んでしまおうが、どちらでもいいと思ってブログを始めたんです・・・これだけ人が集まってくれて、サマちゃんが受洗まで辿り着いたりして、米粒程度の結果が与えられたのは想定外の感謝ですけどね。

「自分の思いではなく、御心のままに」が真理であるのはわかっているつもりですが、人間弱いもので、どうしても自分の思い、都合が入ってしまいますからね、そして都合の良いように聖書を解釈したがる・・・もう笑うしかないですわ。

サマちゃん、いつも励まし感謝です。

実は2日ほど前、自暴自棄になり、気が狂いそうになり、カッターナイフで腕を切りつけたと言う事実が。いわゆる自傷行為です・・・さすがにまだ、手首は見つめただけで出来ませんでしたが(^_^;)・・・
痛いだろうな・・・地獄の存在、救いの喪失などという考えすら失います・・・血が滲んで初めて「痛てえ!」となり、ハッとしました。
ヘタにそれなりの金額の死亡保険などかけるべきじゃありませんね(笑)、いくら未信者でも、自分が不甲斐ないばかりに家族まで巻き込んでしまったなどと考えてしまって。
サタンのダークパワーは侮れないと実感。
ま、背に腹は変えられないので、ヤクに頼ってます・・・笑ってやってください。キリスト者の看板おろそうかとも考えてます。それだけに夜泣さんの経験談はありがたかったですが。

日本という国は小泉構造改革以来、弱者には本当に冷酷無比な国になってしまいました。
特に中小零細企業、個人事業主にはね・・・潰れて自殺しようが関係なし。
生活保護を打ち切られて孤独死、餓死などという報道も耳にします・・・
もちろん、上を見ればキリがない、下をみてもキリがないですが。

とまあ、これが日本のセーフティー=ネットの現実です。ヨーロッパやアメリカと違って、普通にまじめにやっていれば一億総中流。失業率は低く、ホームレスは怠け者。食いッぱぐれはなかったですからね。
今は断じて!違うのですけどね・・・

ども、わたぴ~です(vv)

ザアカイさん、そうでしたか・・・。配慮が足りなくて済みません。m(_ _;)m

うちのブログのコメ欄の中でワタクシが、「助言するのはニガテ」と書きましたが、
実際に問題に直面している人の実情の全てを理解しているワケではないですから、
助言もピントがずれたり、単なる気休めの軽い言葉になってしまいがち、ということって、
よくあったりしますから。なので、助言はニガテなんですよね。(vv;)

ワタクシも昔はよく「こんな世の中、今すぐ無くなってしまえっ!!(`ε´)」
「どうせ人間なんてロクなモンじゃないんだから、みんな死ねばいいんだっ!!ヾ(。`Д´。)ノ彡」
って思ってましたよ。とにかくね、イヤなんですよ。他人を傷つけてまで自分が生き延びていることが。

>生き延びようが、死んでしまおうが、どちらでもいいと思って

ここを思いっきりサタンに突かれましたね。ザアカイさん。
自分の生死が「どちらでもいい」から、「どうでもいい」にすり替えられましたね。
サタンの攻撃はいつも直球一本やりではないですからね。

>「ブレていたかもしれない」

再臨や終末論を含め、聖書を考察するのは良い事です。決して、それを否定しているのではなく、
「神様の領域はキチンと尊重した上で」という前提を、忘れないようにしましょう、という事です。
キリスト者が「イエスがキリストであり、贖い主である」ことを信仰の中心に据えるのは、
聖書の解釈や教義を規準にしてしまうと、限界のある罪深い人間は、
すぐに独自の解釈によって逸れていってしまうからではないか、と思うからです。
「信じるか信じないか」ということであれば、そこに解釈の違いを差し挟む余地はありませんから、
ブレることもないと思います。ですから、父なる神も主イエスも、人間がすぐにブレてしまうこと、
間違ってしまうことを折り込み済みで、全てを事前にご計画されているのだと思います。
ザアカイさんの言われている通り、人間なんて弱いものですからね。

実は、ワタクシが以前交わっていた宗教団体にも、数え切れないほど沢山の兄弟姉妹が、
精神的な苦痛によって、うつ病や神経性の病気になられています。当時のワタクシも結構、相談受けたりしましたから。
ま、そういうワタクシも結局、うつ病になっちゃいましたがね。

ええ、ミイラとりが「思いっきりミイラ( ̄▽ ̄;) 」になっちゃいましたから~。

薬を使っていることも、自分を責めたり、恥じたりする事ではないと思いますよ。
交通事故にあって、救急車を呼ばなかったり、病院に行って治療や手術をしない人はいませんから。
今ある命も大切に扱う上で、専門家に適切な治療を施してもらうのは、当たり前ですし。
自傷行為であれば、ゆっくり時間をかけて、専門家のカウンセラーの援助をしっかり受けてください。
聖書に記されている預言者たちでさえ、「もうダメ~!ヽ(*゚ω。)ノ」って人、沢山いましたから。

さてさて、ワタクシのヘッポコ・デモクリ講釈は、もうこの辺でよいでしょう。
子羊ファミリーの皆さん、そして、このブログをご覧になっている心ある方々、
何卒、何卒、今こそザアカイさんのために、そして、今、同じように苦しんでいる方々のために、
主イエスと父なる神に祈ってください。本当に、本当に、これだけはお願いします。m(_ _)m
皆で、我が主イエスの再臨を見ましょうよ!誰一人欠けることなく、喜びのうちに神の王国にいきましょうよ!

本当に、本当に、これだけはお願いします。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


 ザアカイさんおはようございます。
 私は運動の為に歩いている時に、横断歩道を渡るときに車が近づいているのを
知りながら渡ります、保険の無い私には全てを解決するのに最善の方法だと思っていました。
自分は弱くて、惨めで、世に適応できないのです。何故こんなにも苦しまなくてはいけないのか
イエスさまを信じてからの方が悩みや悲しみ、苦しみが多いのは何故なのかイエスさまの従おうとすれば
するほどそれが身近になる、それはこの世の君であるサタンが出来れば選民をも惑わし、引きずり落とそうとしているからでしょう。
 幸い私にはキリスト者の義父母の援助のおかげで、生活ができてはいますがその義父母も高齢になりいつまでも
頼る訳にもいきません、せめて恩には報いたいのですがまだまだ出来そうにも有りません、本当はこんな奴ですバルナバという男は。
努力すれば血糖値だって低く抑えられると分かっているのに、いつも食欲に負けてしまいます、皆さんに早く良い報告をしたいのに出来ません。

 年末まで待ってみませんか?とりあえづ。
アメリカが月に核攻撃をするのでは?という情報がありますその後に世界統一政府と反キリストの登場でしょうか?
宇宙人=レプテリアン=堕天使を使っての地球的規模の演出ですもう敵はどんな手でも使ってきます。
個人的な意見ですが異邦人のキリスト者は先に携挙されるかも知れないと考えています、もちろん希望的予測ですが黙示録に天で主に
地に裁きを訴える人々がいますが、主は地にはまだ犠牲になる人々が残っていると言っていますね。
確かに一度に引き上げられると書いて有りますが、それはイスラエルのキリスト者に言っているのかも知れません。
奥義はまだ隠されているし、私には知る由も無いのですが。

わたぴ~さん、バルナバさん、本当にありがとう。
配慮が足りなかっただなんてとんでもないです。
バルナバさんだって、立派に家庭を守っているじゃないですか。十分ですよ!

私も早くいい報告が出来るようになりたいです。
重ね重ね、お祈り感謝です

ザアカイさん 
うつのお薬もらっても いいじゃないですか。
痛み止めだとおもえばいいんです。 あくまでも補助的なものです。
手術の時の麻酔は必要です、そして、なおかつ
神へ支えをおねがいするのですから。。

周りの助けや、薬だって頼っていいんです。
わらったりなんかしない。 私なんて、失業保険6年ももらっていたんですから、(;;;´Д`)
ひとによっては、たとえ 欧米でも、失業者を 税金にたよる金食い虫、
自活できない、陰謀さんたちがいう、ただ食い人間。とにたような思いを
いだく人だって、すくなからずいると思います。 ほんと世知辛い世の中です。。
わたしも、落ち込みましたよ、、子供の幼稚園のお母さんは 働いているひとばっかし。。
掃除夫なんて雇っちゃうようなひともいて。。わたしは。。子供がいるにしても、
みんないるのに。。。なんてどうしようもないんだろうって。
ずどーんと 一時期 沈んでましたから。。
働いているお母さんが、何気なく、失業者になるよりは、今の仕事があるからましという言葉にも、
どんなにずきずきした事か。。 

自分を価値のないものだと追い詰めて、孤独にむかったら、サタンの思うつぼですよ。  
私たちもザアカイさんも、聖霊にお願いして。。あっちいけ〜 しっしっと、追っ払ってもらいましょう!!
こういう時は、防虫剤ならぬ、抗サタン剤のために。。。モトイさんにキリストの香りを 分けてもらいましょう。(*^-^)  

サタンは、自分が価値のない、どうしようもない、許されるに値しない、
神に愛される資格がない人間だと、思い込ませるのに必死です。
まさに、ライオンの中に迷いこんだ 羊です。。

サマちゃん、励ましのコメントいつも感謝です。

そうですよね、こんなにも優しい言葉をかけてくれて
励ましてくださる仲間がいるのだから・・・
ある意味、幸せ者かもしれません。

肝心なのはあせらないことでしょうね・・・
どんなにつらくても・・・その時まで這ってでも歩まないと
御国でみなさんにお会いできないでしょうから・・・

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

aguaさん、世泣さん、ゆうさん、はじめまして。enjeruです。サマちゃんと同じ時期から証させていただいています。
よろしくお願いします。

ザアカイさん
とうとう自傷行為してしまいましたか・・・。
私、同じ苦しみを通っているので、気が狂いそうになるほどの苦しみ・・・、痛いほどわかります。
2回目の経済的試練のとき、我が家の経済はほとんど破綻していましたから・・・。
ある時、銀行に行き、支払いをしなければならず、カードの暗証番号も気が動転(借りるところもない状態)して分からずに
銀行を出て横断歩道を渡ろうとしたとき、頭上で大きな轟の雷が鳴りました。私は、思わず首をすくめ、上を見上げました。
その時、なぜか主が私の叫びに答えて下さったと確信しました。その雷は、友人も聞いたといっていまいた。
「雨が降りそうでもないのに、一回だけ大きな雷がなったね。」と。
その日は、なんとか支払いが出来ました。この我が家の経済的状態を知っているのは、私一人。夫にも言いませんでした。
普通なら、言いますよね。でも、言えば私に「働け!」というには、目にみえていましたから。
私は以前ここでも書きましたが、主に働かないように示しを受けていましたので。
一人で、たった一人で耐えねばならない試練は、本当につらかったです。
誰も知らなかったので、主と私との葛藤でした。どれほど涙を流し、叫んだことでしょう。
それでも信頼する方は、主お一人だけでした。誰も祈ってくれず、主だけ・・・。
「もう、駄目だわ・・・。オシマイ・・・。支払い不能・・・・」
その時から主は働き始めました。主は一人の銀行員を遣わしてくださり、家のローンの借り換えの話を持ってこられました。
当時、利率の高いローンを組んでいましたので、最低の利率に借り換えできました。
色々な手続き、すべてスムーズに進み、親も金利が馬鹿らしいからと、少し貸してくれ、すべてが明らかになり、
負債が0になりました。この間、何が起こっているのか、我が目を疑うほどでした。
主が生きて働く神であると、このときほど感謝の涙を流したことはありません。
私が苦しんだ期間は1年2ヶ月でした。長い長い苦しみのときでした。
ザアカイさんは、多くの方々が祈ってくださっています。ドイツから、アメリカからも・・・。
なんと感謝なことでしょう。皆が励まして下さっています。恵みですね。
主が私に働かれたなら、同じ主はきっと働かれることでしょう。信頼さえすれば・・・。
信頼できなくても、私のように「遂に・・・・駄目」というときが来るかもしれません。
そうなれば、何もできなくなるので、おまかせするより外なくなります。
「捨てきる祈り」ができるのは、この時なのかもしれません。
私の証が少しでもザアカイさんのお役にたてるなら、私が苦しんだこともまんざら損になっていませんわね。
主はサタンにヨブ記でこう言いました。
「では、彼のすべての持ち物をおまえの手にまかせよう。ただ彼の身に手をのばしてはならない」
ザアカイさんの命は、主の御手の中にあります。
ご家族を守らなければならないこともじゅーぶんご存知。さあ、主はどのように働かれるでしょうか?
祈っていますね。
そして、試練の中にある方々のためにも毎日名前をあげて祈っています。
天では、もう試練のことも思い出さないみたいですよ。

見よ。まことにわたしは新しい天と新しい地を創造する。
先のことは思い出されず、心に上ることもない。
だから、わたしの創造するものを、いついつまでも楽しみ喜べ。(イザヤ65・17-18)


私の欲する物は、欲望と言う壁の隙間の向こう側にあります。
手を伸ばせば届きます。
しかし、掴めば私の自由を奪います。
放せば自由を得ることが出来ます。
多くの人が握った手を放そうとしません。
御国も然り、

実は私も自営業者です。あなたの苦しみが痛いほど感じられます。
今、私は、「手放す知恵」を身に着けようと修行中です。
子を手放す、仕事を手放す、言葉を手放す、聖書を手放す、
自分?を手放す。


レーナ・マリア / 一羽の雀に
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-f964.html
 私たちの祈りは天に届いています。

enjeruさん、いつもありがとう。
強いね・・・信仰の力の違いかな?
本当に情けなくて嫌になります・・・
1年2ヶ月ですか・・・私に耐えることが出来るのか・・・もっと長くなるかもしれないし・・・
ただみなさんが祈ってくださっていることは、確かに恵みですね!
その点、あなたは・・・私だったらダメだったかも。
初めてここで出会ったとき、知ったかぶりして、偉そうにレスしてしまったこと・・・本当にごめんなさいね。私が間違ってました・・・きっと舞い上がって、いい気になっていたから、今懲らしめられているんでしょう。

ブログなんかやらなきゃ良かったのかな・・・
自分でも知らないうちに多くの人を傷つけてしまったかもしれませんから。

空海さんも自営業者でしたか・・・
空海さんはイザ知らず、私はついに八方塞り状態まで来てしまいました。
暗中模索中ですが
道が開ければ良いのですがね。

>私たちの祈りは天に届いています。

→バルナバさん、いつもありがとうございます。
ここでのつきあいもおそらく一番かな?長いですしね。

あなたの家を思う熱心がわたしを食いつくし、
あなたをそしる者のそしりが わたしに及んだからです。


ある熱心で勇敢な消防士がいました。真面目で、努力家でした。
けれども、今まで以上に人々の眼差しが欲しくなりました。

彼は隠れて人の居ない家に火を付けました。
・・・・・


キリスト者にも似た人がいます。
聞いたこともないのに、イエスや天使の声を聞いたという人
・・・・・・


あなたの言いたい事は、良く解ります。
ならば、あなたが見た事は何なのでしょう?
ある人が、その熱心さから在りもしない事を見た!
その事で、私に害が在るなら、避ければよい事です。
害が無いならば、受け入れれば良いのでは?
その人にとって、それは真理です。
あなたが見ている価値観も一つの妄想です。
真実の価値を知る者は主だけです。

ザアカイさん、

私のほうこそごめんなさい。
人の罪の根源には、なりたくなかったし、人を私が原因で苦しめたくはなかったです。
それで、何度もここで証するのが御心か祈りました。
それでも主は、御言葉を通して語るように言われます。
何故なのでしょう?私も苦しみます。
これが「終わりの時」に主がされることなのでしょうか?
重ね重ね、ごめんなさい。
主が「もう、よい。」と導きを受けたら、すぐ消え去りますので。

あの。。どなたか知りませんが、
エンジェルさんは、預言者だなんて、一言も言っていません。
そんなこといったら、ペンテコステ派の不思議や、異言もぜんぶ嘘という事になってしまいます。
もちろん、一部怪しい方達もいますが。。

神の声というよりも、導きというか、聖書の言葉や普段の生活での
なにげない 気づきとか。。そのぐらいだったら、かんじることって、
あると思います。
あなたは。。クリスチャンですか?
終わりの日には、不思議な事がおこる可能性がありますよね。。
もちろん、神からのものか、悪霊からのものかは、実によってわかるといいますし、
キリストを認める霊であれば、本物ですから。。

エンジェルさんは器崇拝を望むような方ではない、私は信仰の先輩として、
謙虚な主の僕として尊敬している方です。
まよいつつ、発言されているのですから。。 あまり、そのような事を
仰らないで、もっと励ましとか、築き上げる事とか。。 話してくださいませんか?

匿名様、バルナバといいます。
あなたのコメがキリスト教一般のことなのかenjeru さん事なのかはっきりとしませんが?
もしenjeru さんの事でしたら、あなたはまずHNぐらい書かれたほうが良いのではないでしょうか
私たちに注意や警告に来たのであればなおさらの事、初めの挨拶は必要ですね。それだけで
あなたの意見(人間性)を見る目が変わります、いきなり土足ではいてくるのは感心しません。私がこう書くのは預言の霊は愛や秩序だからです。

 確かに一般論として「私は神に示されたから」という人は居ますし私も知っています
それにそれを良いことに自分を正当化しようとする人もいます、多くの方はその神の示しの間違いを
認めようともしません、やはり私は愛と秩序が必要だと感じますが匿名様はいかがでしょうか?

enjeru さん私たちは子羊ファミリーから貴女を失いたくはありません。私は貴女のコメントに励まされています。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

サマちゃん、バルナバさん、心温かい励ましありがとうごさいます。
以前、たろさんが批判受けた時、頭が真っ白になったと言いましたが、ほんと私・・・真っ白。(涙)
その気持ちがよく分かりました。
しばらくたって、心が落ち着きました。
私の言った言葉が主の御心にかなっていないのであれば、主ご自身が私を裁くでしょう。
私も弱き一人のキリスト者。けれども主イエスを愛し、主のしていただいた多くの恵みの証を知っていただき、主が崇められれば、
主が生きて働くお方でることを知っていただければ、それだけでいいです。
少しでも励ましを受けた方がおられるのなら、それだけでうれいしです。
もし、失礼なことがあったら、主にあって赦していただきたいと思います。ごめんなさい。
もし、主がここに私を置かれることが御心なら、喜んで皆さんとお交わりさせていただきます。
子羊ファミリーの皆さん、ありがとうございます。

今日は皆既日食。あいにくの雨。父から電話があり、「イオン」で皆既日食を見ることに。
着いたのが、食最大の時。雲の隙間から、細い三日月形の太陽が見えました。
そして、辺りは夕暮れのように暗くなり、風が吹き・・・。
どこでも人々は天を見上げていました。
多くの人が太陽を見るため、空を見上げるように
多くの人が主イエスを見上げることが出来たら、
神の栄光が輝き渡り、主の光が多くの人の心を照らして喜びに満たされるのかもしれませんね。

たとい義のために苦しむことがあるにしてもそれは幸いなことです。
彼らの脅かしを恐れたり、それによって心を動揺させたりしてはいけません。
むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。(Ⅰぺテロ3・14-15)

ザアカイさん、バルナバさん、わたぴ~さん、enjeruさん、皆さま、こんばんは。ゆうです。お仲間に入れていただいてありがとうございます。温かい言葉がとっても嬉しかったです。これからもよろしくお願い申しあげます。

enjeruさん、それでいいんですよ。
ヨハネとペテロだって、歩みが違っていたわけで、

ペテロはこの弟子を見て、イエスに言った、「主よ、この人はどうなのですか」。
イエスは彼に言われた、「たとい、わたしの来る時まで彼が生き残っていることを、わたしが望んだとしても、あなたにはなんの係わりがあるか。あなたは、わたしに従ってきなさい」。

ヨハネ 21:21~22

と言っているわけですから。

ゆうさん、また来てくれてありがとうございます。モトイさんのコメ欄にあったように、クリスチャンホームで育った毛並みの良さが感じられますね。こちらこそよろしくですm(__)m

さて・・・
最大最凶の問題は、ブログの管理人がどうしようもない状態だということです・・・
まったく役立たずで、無駄飯食いの状態。
みなさんでよき交わりをしてくださっているのがせめてもの救いです。

早く立ち直りたいのだが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/45636119

この記事へのトラックバック一覧です: エル=シャローム~いつの日にかまた・・・:

« イスラエル海軍が動いた | トップページ | レーナ・マリア / 一羽の雀に »