2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« アメリカ VS ロシアー2 | トップページ | イスラエル海軍が動いた »

2009年7月 3日 (金)

日経がカリフォルニア州の「借用書」を報道

財政危機で「借用書」 米加州知事「7月末までに現金底をつく」

 【シリコンバレー=田中暁人】米地方財政の悪化が深刻になってきた。大幅な歳入不足でカリフォルニアなど複数州が新会計年度入りした1日までに新 年度予算案をまとめることができなかった。財政赤字の縮小策で議会と州政府が折り合えず、住民に身近な公共サービスの縮小も現実味を帯びている。

 財政危機を受けて非常事態を宣言したカリフォルニア州は市や町、民間企業、住民への税金還付などの支払いで、現金や小切手ではなく将来 の支払いを約束する「借用書」の発行に踏み切った。シュワルツェネッガー州知事は2日の記者会見で「7月末までに現金が底をつく」と述べた。

 一方、米連邦準備理事会(FRB)は借用書の乱発が金融システムを揺さぶりかねないとみて警戒。預金者らに対し取引先の銀行が州の借用書を受け付けているかどうかや、いつ現金が引き出せるかなどを確認するよう注意を促した。 (20:13)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090703AT2M0301H03072009.html

--------------------------------------
太線部分が気になります。
私はFRB、連邦政府は救援しないと解釈しましたが・・・どうするつもりなんでしょうか?
また、AIG危機の時に、CDSを処理したように魔法でも使うんでしょうか?

あと私、カリフォルニア州だけかと思ってましたが、

>カリフォルニアなど複数州が新会計年度入りした1日までに新 年度予算案をまとめることができなかった。

とあります・・・ビッグ3の本社があるミシガン州あたりもそうなのでしょうか?財政危機状態にあるのは知ってましたが、予算案がまとまってないとは。

ということで、今月末に非常事態演習と絡み、いろいろと憶測を呼んでますが、どうなるでしょうか?

« アメリカ VS ロシアー2 | トップページ | イスラエル海軍が動いた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

バンカメ、チェイス、ウェルスファーゴは、近いうちに予算案が通ることを見越して、7月10日までは借用書を受け付けると発表したらしいですよ。それに対しカリフォルニアは10月2日までに利子3.75%を付けて返却しなければならない。州は34億ドル分の借用書を発行する予定。

ミシガン州は5月も失業率が全米1位(14.1%)だし、今回リスト入りしても不思議はないのですが、この州は会計年度が6月で終わらないんですよ。9月末です。6月末までに予算案がまとまらなかった州は、カリフォルニアの他にアリゾナ、イリノイ、インディアナ、コネティカット、ミシシッピー、ペンシルバニアです。(下の地図で濃い青の州。)
http://s.wsj.net/public/resources/images/NA-AY708_STATEB_NS_20090701221811.gif
そのほかオハイオやノースキャロライナは臨時的に1週間延期、アリゾナは知事の署名待ちとからしいです。

他の州でも小学校を合併して教職員を解雇、高速道路のトイレ閉鎖、老齢者・身体障害者のバス廃止とか、いろいろな所にしわ寄せがきています。マサチューセッツなどもともと税金が高いのにさらに増税する州も・・・。

所得税のない州が消費税を高く設定するのならまだしも、カリフォルニアは所得税もあるのに全米で一番消費税が高いので、これ以上の増税による財政難の「解決」は無理だと思います(シュワ知事もこれ以上は増税しないと言っていた)。失業率も全米5位の11.5%です(5月の時点)。

それとカリフォルニアはエンターテイメント産業と富豪による巨額の収入に頼っている一方で、ご存知のように巨大な農業生産地でもあります。それがここ3年ほど旱魃が続いており、また蜂群崩壊症候群(ハチ不足。私はこれも食糧危機の引き金の一つだと考えているのですが)もあり、農業も大変な打撃をうけています。
でも一番の問題は、州ではなく、州のような赤字の累積を抑える法律(財政均衡規定)がなく、巨額の赤字をいくらでも積んでいっている合衆国の予算... みんな今 独立記念日で浮かれてますけどね

すみません。訂正です

上の表で6月末までにまとまらなかったのは カリフォルニア、アリゾナ、イリノイ、オハイオ、ペンシルバニア、ノースキャロライナ、コネティカットの7州です。
http://www.msnbc.msn.com/id/31680340/ns/business-stocks_and_economy/ 
によるとインディアナは政府機能の一時停止を逃れ、ミシシッピーはutility regulatory agencyへの予算ゼロ以外は解決、ってことで 7州には入っていません。

それから日本のニュースウィークによると 「予算合意に向けた動き」
http://newsweekjapan.jp/headlines/business/2009/07/6122.php
7月2日に約5330万ドル(月内に33億6000万ドル)相当の借用書を発行する予定。10月2日から換金可能だそうです。

aguaさん、詳しい現地情報ありがとうございました。

何だかんだ言っても、アメリカは力があるのでしょうか?
だんだんわからなくなってきましたね・・・

ザアカイさん、皆さんこんばんは気になる記事です。

ヤスさんのブログからです。
>日本では、地方自治体の財政赤字が総予算の20%を上回った時点で財政再建団体に指定され破産宣告される。以前の記事でも紹介したが、これと同じ基準をアメリカの州に適応すると、財政破綻がどれほど深刻なのかが良く分かる。

ネバダ州38%
アリゾナ州が28%
ニューヨーク州が24%
カリフォルニア州が22%

つまり、夕張市を上回る破綻が州単位で発生しているということだ。これを見ると、破綻の程度でカリフォルニア州を上回る州がいくつも存在していることが分かる。

>借用書の現金化は自行の顧客に限り、それも新年度の予算案が早期に成立しなければ、現金化は7月3日から10日までの一週間に限ることとした。このバンカメの方針に、州内の他の大手金融機関もすべてしたがう方向であるという。

>これらの情報を総合して博士らは、このシンボル(ミステリーサークル)に込められたメッセージは、グリニッジ標準時間、2009年7月6日ないしは7日(日本時間、7日ないしは8日)に、コロナ質量噴出(CME)と呼ばれる太陽の巨大フレアが発生し、それが地球を直撃するという警告なのではないかと考えた。
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

バルナバさん、いつもありがとうございます。

期日指定となると?ですが(私も随分痛い目ついている為)、7月、8月は今度こそ(って、いつも今度こそなのですがーー;)、要注意月間かもしれませんね。

加州債、迫るジャンク級 借用書で一部支払い 2段階格下げ

http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200907080016a.nwc
>複数の米大手銀行がカリフォルニア州政府発行の借用書の受け取りを10日に停止すると報じた

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/45527859

この記事へのトラックバック一覧です: 日経がカリフォルニア州の「借用書」を報道:

« アメリカ VS ロシアー2 | トップページ | イスラエル海軍が動いた »