2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 叫び | トップページ | 詩篇~51篇より »

2009年7月26日 (日)

イラン VS イスラエルー4

書ける時に、書くべき事は書いておこうと思います。

やはり私からこれを取ったら、何も残らない気がするし、ここ数日、一瞬ですが、息苦しいと感じることがあるので・・・

薬のせいか、弱気による単なる被害妄想かはわかりませんが、心労がたたっているのは事実でしょう。

----------------------------------

イスラエルの潜水艦がスエズ運河を超え、艦船2隻も紅海入りしたことは前のエントリーで書きました。その続報とでも言いましょうか。

○ イラン革命防衛隊司令官がイスラエルけん制 「核施設攻撃」と

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090726-00000004-cnn-int

* イラン側からこのような事をリリースするというからには、我々が考えている以上に緊張しているのかもしれません。

○ その他、さもありなん?という記事

1. イスラエルの『エルサレム・ポスト』紙76日付によると

 F16戦闘機が欧米へと遠征しての演習を繰り返している。

2. 英『サンデー・タイムズ』紙(75日付)によると

サウジアラビアが領空通過を黙認するとの事である。

* ということは、エジプト、サウジ、ヨルダン、湾岸親米諸国はイスラエルに敵しないわけで、イラクはアメリカが押さえてあるし、シリアが厄介なだけか?ヒズボラも今度ばかりはどうだろうか?ハマスにしても蚊に刺される程度だろう。

0726i

3. 米三大テレビネットワークのABC78日の電子版で、「イスラエルはすでにイランと戦争状態か」と題した記事を掲示。

イラン革命防衛隊のコンピューターシステムにサイバー攻撃をして、核情報を探っているらしい。

* それと、オバマは断固反対の姿勢を取っていますが、たぶんポーズじゃないでしょうか?バイデン副大統領は容認姿勢、エマニュエル大統領補佐官に至っては、チャキチャキのシオニストで、ブレジンスキーがオバマの指南役と言われているし。

ある意味、根回しは完了しており、あとはタイミングだけのような気がしなくもない。

時期はいつも外しまくっているので、ひょっとしたら考えているより早いかもしれないとだけ書いておきましょう。

アメリカにしたって、最終的には引っ張り出されるに決まっています。

それにしても、サタンと堕天使軍団、それに懐柔された人間の下僕連中・・・なんとも恐ろしい連中です・・・

次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。

マタイ 4:8~9

私は今回、身をもって思い知らされております。常連リーダーの方はおわかりかと。

政治、経済、情報、宗教、軍事、食料、エネルギー、医療とすべて牛耳っている。

好むと好まざろうと、世界は中東、特にユダヤ人・・・現代においてはイスラエル(アメリカ、イギリスなども含む)を中心に動いてきたのは、疑う余地のない事実でしょう。

そしてユダヤ人のうち、どのような人たちかはわかりませんが(アシュケナジー、スファラディーとかではなく)、最終的には悔い改め、主イエスはメシヤであったと認めるときが来るのでしょう・・・

これが神の奥義、真理なのでしょうか・・・

« 叫び | トップページ | 詩篇~51篇より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

わたび~さん、初めまして!でなくて早く「終わりまして」とご挨拶したい世泣です。HPの方に送ったコメント届いてますでしょうか?
enjeruさん、早く天使のようになりたいものです。
日本にもいた、バカクリが~と子羊通信社の証がきっと伝導となる時がきますよ!
今、元気に喜んで生きている人はたいてい、死んだらずっと眠っていられるから、と言います。真のクリスチャンがそうでなければいけないのですが、この世は本来の居場所でないので苦しいわけです。(息苦しいのは心配ですが)ザアカイさん、学生時代に良い想い出あったのならうらやましいです。
私は小学生のときから、今なら捕まるような虐待を受けて来ました。得意だった体育は「お前が1番なんておかしい」とわめかれ下にされ、ケガをさせる為の時間となりました。でも、周りにはえこひいきしてるようにみせるし(いつもそばにおいてツバかけとくさい臭い)親に言っても「先生がそんなことするわけない。あんたが悪い」でした。
ヒットラーのような教師は、「おまえは死んでも名前が残るからいいだろう」と言っていました。
理不尽な事で成績に関係なく、通知表は1にされ、年中殴っていた中学の教師は、卒業間近かになったら、復讐が怖かったのでしょう、愛想笑いしてかえって気持ち悪かったです。
神の裁きが来たら、コロッと変わればいいという人のようでした。
教会に誘って友達の親に怒られたり、作文に「神から生まれた命」と書いて両親からと直されていましたからね。
人類の敵として、当然だったと思います。
どなたか、横田めぐみさんの御家族と連絡とれる方がおられましたら、掲示板をお伝え願います。

皆さんおはようございます。
http://www.youtube.com/watch?v=YGAaPjqdbgQ
アーロンルッソの1時間半に亘るインタビューです。
英語の分かる方よろしければ解説お願いできますか?

ども、わたぴ~です(vv)

世泣さん、「終わりまして」(なんちゃって~( ̄▽ ̄;))
子羊通信社のバカクリ筆頭でございます。

ま、ワタクシはたいしてお役に立っておりませんが、ここにこられる常連の方々のコメントを
読んでいただければ、十分いろいろと学べると思いますので。

>神の裁きが来たら、コロッと変わればいいという人のようでした。

案外、潜在的にこういう人、多いかもしれませんね。
ただ、最終的な判断は神様の領域に属することなので、
ワタクシたちが裁いてしまわないようにしたいものです。

世泣さんも本来の居場所でないこの世の中で、ご苦労されているのですね。
本質論で言えば、人間社会の教育そのものの「真偽」と「是非」ということになるのでしょうが、
ワタクシたちの「師」は主イエスのみですから、そこからブレないように、
主のご加護のもと、共に再臨を待ち望みましょう。(^^)

>HPの方に送ったコメント届いてますでしょうか?

確認しましたが、残念ながら届いていないようです(TmT)
ま、ネット回線のことですから、そういう事もあるでしょう。
それより、わざわざコメントして下さって感謝します。m( __ __ )m
これに懲りず(?)、いつでも遊びに来てください。ウチにもココにも。

>ザアカイさんへ

結局、アフガン駐留もイスラエルのためなんでしょうね。
ウイグル暴動でイランから目先が逸れてしまった感がありますが、
やはり、中東&中国、ロシアが気になりますね。
それから、いつまでたっても「影の英国」。
英国王室家系の英国貴族階級は「アングロ・ユダヤ貴族」というような話もありますし・・・。

世泣さん、ゆうべPCの前でこのコメ書こうとしたら、薬のせいか、気がついたら2時!オフィスチェアーで2時間くらい居眠りこいてたの知らんかった~!結局目が醒めたのが5時・・・それでも5時間寝たから、良いほうでしょう。
言いたいことは、わたぴ~さんが書いてくれましたので省略します。私も世渡りヘタだから、こうなってしまったんです、たぶん。

わたぴ~さん、たしかにイラン包囲網は完成していると感じます。
そしてやはり、ヨーロッパがアメリカを裏から操縦している気がするのですがねえ~

バルナバさん、こんにちは。血糖値が安定されているようで良かったですね。けれどご病気の身で奥様の世話をされるのも大変でしょう。
どうぞご無理をされませんように。奥様が一日も早く良くなられますように。

アーロン・ルッソのインタビューですが日本語字幕付きの短縮版(2本で20分弱)はご覧になりましたか?
http://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo&feature=related
短縮版は「おいしいとこ取り」編集してあります。残りの1時間はざっとこんな感じです。

1)ルッソがどうやって警察・政府の堕落を知ったかという個人的経験
2)アメリカ連邦政府は銀行に借金し、国民の所得税で利子を払っている。アメリカ(連邦準備制度)は民間銀行
(ロスチャイルドなど)に所有されており、司法・立法・行政が監査することもできない。
3)対テロ戦争と言っておきながら国境閉鎖をしないのは、銀行が北米連合・アメロを導入したいため。
4)最初は外国人がテロリストであったが、政府は退役軍人や銃・爆薬を買うアメリカ人をテロリストとみなし始めている。
国土安全保障省は他国からアメリカを守る目的であったが、そのうちに自国民に対して機能し始める。
5)アメリカ国民はメディアに洗脳され、民主党と共和党の二つに分かれているが、どちらも操り人形。その後ろにいる銀行に気づけ。
やつらは国民の協力なしには何もできない。今こそ国民が立ち上がるべきだ。
6)私の映画(Freedom to Fascism)を見てください。

aguaさんありがとうございます。
二人の娘が掃除と洗濯をしてくれたり自分の食事の準備してくれるので助かっています。
家内は8月8日が退院予定です。

ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ 1~2ですよね
これとだぶっているのですか?
この方告発をしたあと癌で亡くなっていますね。
マイクロチップの埋め込みの事も言っています。

カリフォルニアのニュースや演習のことはなにかありますか?

連投です。
アメリカは他国で武器の消費が出来なくなると、自国でそれを行うようになります。(4)
ある地区でデモがありその力を恐れたようでシナリオが早まる可能性があるとの事(5)

aguaさん3月14日エントリーにある動画観てもらえますか。(リンクが切れてるかもしれませんが?)
日食についてイスラエルで将来起きることを検証しています。


> 「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ 1~2ですよね これとだぶっているのですか?
はい、100%だぶっています。カリフォルニアやFEMA演習にはまったく触れていません。

3月14日のエントリーはリンク切れです。このURLで検索したら メシアニック・ジューのMark Biltzによる
Blood Moons (赤い月食?)の話のようですが、これであってますか? Mark Biltzの動画はYoutubeに
たくさんアップロードされているので、見れると思います。

ところで、ユーフラテス川が干上がっているそうです。
http://www.nytimes.com/2009/07/14/world/middleeast/14euphrates.html?_r=1
干上がった原因は4年連続の旱魃だけでなく、川上に設置されたトルコとシリアの合計7つのダムが原因で、
水資源についてもめているため、今年以降も川の水量は増えないんじゃないかと思います。
干上がったためにイラクは大規模な砂嵐が起こり、住み場所を失った毒蛇が移動してきて人や家畜を襲っているそうです。
http://www.independent.co.uk/environment/nature/as-iraq-runs-dry-a-plague-of-snakes-is-unleashed-1705315.html
(蛇の写真、怖い・・・)

aguaさんありがとうございます。語学は全く出来ないので助かります。 

>赤い月
それだと思われます。その時に久保牧師の予測のように第三神殿を建てるのなら
その3年半まえに、反キリストの登場というわけです。やはり2012年あたりが気になりますね。

ダムが建てられた当時から聖書の預言の成就だと、確か宇野氏が書いていましたね。
角のある蛇ですねエデンの園にいた蛇もこんな感じかもしれません。

アメリカでは家庭で賛美などの集会があると、ご近所から苦情があると聞きましたがそちらではいかがですか?

aguaさんこれからもよろしくお願い致します。

ザアカイさん

http://video.yahoo.com/watch/5332868/14058237
フルフォードVSイルミナティー(字幕補完版)
今年の6月に こんなインタビューがありました。

イルミナさんの中で、対立があって、悪魔主義的な
計画は 中止されたとかなんとか。。

平和、戦争をなくす事、病気について、宗教や世界の
一致などなど。。 地球環境への配慮。。。
さも、平和的に、一致して
めでたしめでたし。。??

これから、大きな変化が おきるでしょうというこの言葉。。
やはり、世界大統領なり、反キリストが現れそうな
勢いですね。。
それが、ヨーロッパ大統領か、またほかの ものなのか。。
わかりませんが。

そこへ、2人の預言者がきて、 まるで 世界の一致を
壊すように、一致を妨げるように みられるのか。。

もうすぐ。(今は序章としても。。数年以内に?) 終末の7年間が 始まるのでしょうかね。。

個人的には、あまりベン=フル情報は信用してないのですが
今言えるのは、コーカサスと中東が地下水脈でうごめいている?ということでしょうか?

やはり、イラン、イスラエル、ロシア、アメリカですね。

 この二人の対話が東西のイルミナティーの対話ということであれば
当然ベンさんんもイルミナティーということでしょうか?
それにこのサガミさん脱退していたはずですね、いつの間にか復帰しいます。
彼らの使う戦略に双頭戦略があります、敵対しているようで実はそうではなく、
どちらに転んでも生き残る。自然環境保護、貧困層の救済(食料の均等配分)
世界統一による平和的治安などをことさらに強調し過ぎるのは気をつけなければ
いけないかもしれません。私の個人的な妄想かもしれませんが。

バルナバさん、奥様の退院おめでとうございます!予定どおり退院できて良かったですね。少しほっとされたんじゃないでしょうか?

さて、遅くなりましたが、Mark Biltz の「赤い月(Blood Moons)」の動画を見ました。タイトルはBlood Moon(狩猟の満月)ではなく、月食の時に月が赤くなるという意味で、月食を意味しています。長いビデオですが要約すると以下のとおりです。

* クリスチャンは旧約と新約を別ものに捉える傾向にあるが、関連した一つのものであり、パラレルとなる部分が多く見られる。また教会ではなくイスラエルを中心に考えてみる。

* モーセが下山して黄金の子牛を見て怒った後、罪のつぐないを求めて再び山へ登って神に会った。下りてきたのはヨム・キプールの日でモーセの顔が輝いており、人々は恐れた。モーセは幕屋を建てるよう人々を集めた。それを祝うのが仮庵の祭。イエスの再臨に類似(ゼカリヤ14:14など)するため、再臨は何年かはわからないが、日にちはヨム・キプールではないか?

* 聖書で「季節」と翻訳されるヘブライ語のMoedは、春夏秋冬ではなく、季節ごとの祭日という意味である。

* 春の祭日(過越)は個人の救済、秋の祭日(ヨム・キプールはイスラエル、仮庵はその他の国)は国家の救済。その国家がイスラエルをどう扱ったかで羊とヤギに分けられる(マタイ 25)。

* ニュートンによるダニエル9:25-27の解釈では、7週(再臨まで)+62週(イエスの最初の来臨まで)+1週(患難)=70週。1週を安息年(7年)と計算して49年=17640日。ユダヤ人がエルサレムを奪回した1967年6月7日から数えると、17640日目が2015年9月23日、ヨム・キプールに当たる。

* グレゴリオ暦(カトリック)は太陽暦、イスラムは太陰暦。ユダヤ暦は太陰太陽暦。NASAの日食・月食表をユダヤ暦に参照すると、2014・15両年にある月食4回は、それぞれ過越(4/15、4/4)、仮庵(10/8の日没から翌日、9/28)に一致する。2015年にある日食2回はそれぞれニサンの月第一日 教暦の新年のはじまり(3/20)、ティシュリの月第一日 ロシュ・ハシャナ 新年祭(9/13)、に一致する。

* 前述のエルサレム奪回(1967年 ユダヤ暦5775年)を基点にして安息年(7年)を7回繰り返すと、ユダヤ暦5775年で49年目が終わり、翌5776年(2015年9月13日 日没後)はヨベルの年(50年ごと。負債すべて帳消し、自由と解放の年)となる。ヨベルの年の始まりは、新年1日目のロシュ・ハシャナでなく、10日目のヨム・キプール(9/23)にラッパを吹いて宣言される。

* もし2015年9月23日が患難の終わりであるとすれば、単純計算で7年さかのぼったヨム・キプール(2008年10月9日)が始まりでは? (動画の撮影は2008年10月より前でした)

質問に答えるのを忘れていました。

>アメリカでは家庭で賛美などの集会があると、ご近所から苦情があると聞きましたがそちらではいかがですか?

アメリカは保守的な場所でもリベラルな場所でも 聖書研究会、祈祷グループ、親睦会、教会メンバーを地域や興味ごと
に小さなグループで分けるセルチャーチ、独立教会(ハウスチャーチ)など、個人宅で集まる機会が頻繁にあります。
だから賛美集会に対し近所から苦情が出る、という話は今だかつて聞いたことがないです。

ただし賛美にしろ何にしろ庭で行うなど、音量が大きいと近所の人が管理人(アパート)や警察(個人宅)を呼びます。
屋内では何も問題ありません。もちろん屋内で児童虐待やカルト的行為が行われていると誰かが疑った場合は通報
されるかも。

家庭でなく公共の場の場合。公園でこじんまり行うのはバーベキューパーティと同じ扱いで、誰かから文句が出ない限り
大丈夫ですが、大規模な場合は事前に届出をするのでそこで却下される可能性があります。でも教会の人達が大勢で
公園の清掃を大々的に行う、といったボランティア活動は歓迎されますし、活動前に集まって賛美し祈っても問題ありません。

学校の場合。敷地内でキリスト教集会を行うのは問題視されることが多く、違法とされて活動を停止するように言われ、
キリスト者が宗教の自由を求めて裁判にもちこむケースもあります。
一方 ユダヤ集会・イスラム集会は宗教ではなく文化や民族集会とみなされ、一般的に校内での活動を認める学校が
多いようです。

aguaさんありがとうございます。
家内の方は副作用がきつそうです。

動画の件はモトイさんの解説とで判断すると再臨ではなさそうに思われます。
その時に半時の静けさが有るかもしれませんね?

アメリカの話は去年日本に来ているある宣教師から聞いた話でした、州に拠っても違うのかもしれませんね。
>一方 ユダヤ集会・イスラム集会は宗教ではなく文化や民族集会とみなされ、一般的に校内での活動を認める学校が
多いようです。
キリスト教を排除しようとしているのですね。
アメリカの貴重な現地の情報をありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/45750860

この記事へのトラックバック一覧です: イラン VS イスラエルー4:

« 叫び | トップページ | 詩篇~51篇より »