2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 救い主イエス | トップページ | イランは燃えているか? »

2009年6月13日 (土)

金融危機第三弾の具体的話が出てきましたが

【大紀元日本6月12日】

輸出産業により経済発展を遂げてきたブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国(BRICs)の各国首脳は、世界経済危機に対処する為、新機軸通貨「スーパー通貨」の案を入れた協議を行う。

 新華社通信は10日「胡錦涛国家主席ら4カ国首脳が16日に、ロシアのエカテリンブルクで初の首脳会談を開く」と報道。この会談では胡主席のほかブラジルのルラ大統領、ロシアのメドベージェフ大統領、インドのシン首相が出席する。

 中国外交部の何亜非次官は9日「各国首脳らは同会談で国際金融システム改革、主要20カ国(G20)会議の強化、食料・エネルギー安保、気候変動などを議題に意見を交わすだろう」と述べた。

 今回のBRICs首脳協議の焦点は、現行の基軸通貨の米ドルに代わる「スーパー通貨」について。先日ロシアのサンクトペテルブルグで行われた国際経済フォーラムでも、メドベージェフ露大統領は、将来的に新たな基軸通貨を創ることは可能だとの認識を明らかにしている。また、中国とブラジルは先月、2国間貿易の決済にドルを使用しない方法を探る可能性に言及した。

 世界の人口の42%を占めるBRICsの国内総生産(GDP)規模は世界の15%に達する。世界経済に対するBRICsの影響力が大きいという点から、今回の首脳会談は注目を浴びると見られる。

 
(報道・飯村)

以上引用~

米英イスラエルの対立軸である中ロが仕掛けてくるようです。この会議の決定次第によっては、NY市場とドル機軸通貨体制にトドメが刺される可能性があります。日本のマスコミはあまり報道しないようですが、個人的には「関が原の戦い」なみに重要なイベントだと思うのです。

北朝鮮を巡っても、米露中が手を突っ込んで何やら水面下でやっているようだし、本当に冗談言っている場合じゃなくなってきたようです・・・

来週は今度こそ?要注意週となるかもしれません。

---------------------------------------

私などの素人が語るより、以下のブログを参考にされた方がいいでしょう。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

玉蔵さんのブログの2009/6/11、6/12の記事に詳しいです。この方の発言は無視できません。ただ、ピンポイントで当たるのか、しばしの時期のズレが生じるかはわかりませんが・・・

また時期こそ「今年中には」としてますが↓

http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2009/06/2009-4f11.html

>今度来る第3弾はそれはそれはすさまじいものですよ。巨大組織を根こそぎひっくり返すのではないでしょうか。米国も昨日はまた長期金利が急上昇です。もう止まらない、株式市場大暴落にまっしぐらという感じです。そして市場参加者は大暴落前にいかに巨大増資をしてカネの持ち逃げをするか、それしか考えていませんからね。

藤原ネットラジオのコメ欄より引用~

-----------------------------------

正直言って、時とともにゾッとしております・・・世界大恐慌の経験などありません(当たり前ですけど)。あの当時の人たちはどうやって生き延びたのでしょうか?

組織に属したサラリーマンと違い仕事柄、影響が出るのが早いです・・・すぐ悪くなる。バブルが弾けた時もそうでした、ダイレクトに弾が飛んできます。

トイレは水洗、水道捻れば水が出てくる、飢餓など考えたこともない、携帯、ネットは当たり前・・・贅沢言わなきゃ、モノだけはある、ただキャッシュがないだけ(-_-;)・・・

このような生活に慣れてしまった人間に、今度来るであろう危機を乗り切れるのだろうか?おまけにパンデミック、戦争、天変地異も視野に入れねばなりません。

安易に考えていた自分がいかに愚かであったか・・・甘かった。嫌というほど知る思いです。少なくとも今年中には艱難時代入りすると思われます。

ただ私の場合、すでに魂をムチ打たれ、棘が刺さるかのように気力が萎えていますが、絶望はしておりません。ブログもまだ書けます・・・ギブアップ宣言するにはまだ早い。

主イエス=キリストがもうすぐ来られるという希望があるから。その時私自身どうなっているか・・・私にはわかりません・・・しかし、その時こそ、人類が悠久の歴史を通しても為しえなかった「平和の統治」=地上天国=ユートピアが実現するなら、それでいい・・・

« 救い主イエス | トップページ | イランは燃えているか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
玉蔵さんのブログ見ました。すごいコメントですね。
今日少し食料買いましたが・・・たぶん焼け石に水でしょうから、あとは神様にお任せするしかないんでしょうね。

レフトビハインド、ユーチューブで最初から見てみました。
まだ途中で、英語もよくわかりませんが・・・、結構面白いですね。
解釈の一つとして見る分にはいいのかも知れませんね。

たろさん、こんにちは。

本当にこれからは、(私など既にそうですが)個人の力でどうにかなるというものではなくなると思います・・・
豊かさに慣れてしまった現代人には、1929年からの前回よりも、かなり堪えると思います。

日曜学校のピクニックでアイスクリームが食べてみたいばかりに、アン・シャーリーは盗んでいないブローチの罪を被ってしまいます。
判る人には判る赤毛のアンのエピソードなんですが~
人間って弱い存在なんですよね。罪深いというより、如何に弱い存在なのか。

>人間って弱い存在なんですよね。罪深いというより、如何に弱い存在なのか。

→アンちゃん、お久しぶり
非常に納得です

事実1
  最近不景気で家計が苦しく、1日1食です。
  体重も1年で17キロも減ってしまいました。

事実2
  最近、高脂結晶、高血圧で減量しています。
  1日1食で1年で17キロ痩せました。
  おかげで、血圧もだいぶ良くなりました。

感想
  人は、最悪である事実より、最悪であると思い込む事に先に参ってしまう。

  事実とは、それを受け止める人の心で大きく異なる。

  神は現実を正しく受け止める者を祝福するだろう。

  「 貧しきものは幸いなれ
      あなたは御国を受け継ぐでしょう。 」

今、天地創造の主ご自身が地を震わしておられます。あらゆる組織を個人を震わしておられます。

初臨の前にヨハネを遣わして凸凹道を真っ直ぐにしたように、再臨前の今、あらゆる企業や国家、世間でカリスマ、トップ、ヒーローと持て囃された人々が落とされているのを見ることでしょう!文鮮明は死にました。金正日政権もあと僅かになりました。三菱、トヨタ、自動車業界から、官僚、スポーツ業界、芸能界、闇社会に至るまで、イエス・キリストはあらゆるものを揺さぶっておられます!何の為に?
このまま主ご自身を無視した生き方が如何に恐ろしい結果になるかを警告する為に~

ハバクク三章で、主がさながら大魔神のように怒り狂って諸国民を踏みつけると書いています!
十八節に「しかし、わたしは主によって楽しみ わが救いの神によって喜ぶ。とあります。
主が味方なら何を怖れましょう。ローマ8:31

空海さん、コメありがとうございます。

>人は、最悪である事実より、最悪であると思い込む事に先に参ってしまう。

  事実とは、それを受け止める人の心で大きく異なる。

→これまた納得。人間は事実より、まだ見ぬ不安に恐怖すると私も思います。
なったらなったで、あんがい覚悟が決まるかも?

アンちゃんも示唆深いコメありがとうございます。
我々も苦しいけど、連中も一部胴元を除き、苦しいんでしょうな。
一日も早く、胴元の悪行が裁かれん事を。

苦しい時、辛い時、悲しい時
騙されたと思って旧約聖書の詩篇91篇を声に出して祈る気持ちで朗読されてください。毎日、詩句91篇を朗読して聖書研究し祈っていた小連隊全員が一人も怪我もなく無事に終戦を迎えた話 前にしましたっけ。

あと新約聖書のローマ書八章31-39節も声に出して祈る気持ちで朗読してください。悪霊が血相変えて逃げ出すそうです!そりゃあそうだ、キリスト者は勝利者なんですから
ヨハネ16:33

皆さんの上に主のみ守りを祈ります!
父親はとうとうテイジンの酸素吸入装置で自宅療養となりました。父が健やかになるようにお祈りください。よろしくお願いいたします。

詩篇91篇は聞きましたよ。
ローマ書にもあるんですか・・・読んで損する事はないですからね!

アンちゃんのお父上の上に、主の大いなる憐れみと御守りがあらん事を。

ザアカイさん、こんばんは。

私の県でもついに新型インフルエンザがやってきました。最近、マスクを買う熱も皆冷めてきたような・・・。
マスコミの報道で、いかようにも皆、危機意識が変化するから恐ろしいですね。

「神の裁き」について3つの視点から考えてみました。

≪神の視点≫
私は、あなたがたが罪と死の中でもがき、苦しんでいるのを憐れみ、あなたがたを愛し、あなたがたのために罪の身代わりとなって十字架の刑を受けた。あなたがたが、信じて罪赦され、永遠の命を得るために。しかしあなたがたは、私の愛を踏みにじり、真理の愛を受け入れようとはしなかった。それ故、私はあなたがたを私の怒りを持って裁く。私が事を行うとき、あなたがたは、私がそれを行う真実の神であることを知ろう。(ピリピ2・6-8、ガラテヤ3・13、Ⅱテサロニケ2・10-12、エゼキエル9・10、イザヤ13・9-13)

≪サタンの視点≫
さあ、われわれの時がきた。闇の力を持っておまえたちを支配する。おまえたちは、私を拝むがよい。キリストのように・・・(マタイ4・8-9、Ⅱテサロニケ2・4、Ⅰヨハネ2・22、イザヤ14・13-14)

≪人間の視点≫
私たちは自己中心的な生活が好きです。好色、宴会騒ぎ・・・、この世の楽しいことなら何でも大好き。特にお金はね・・・。神を信じるかって?とんでもない。私が一番大事なのは、私自身であって神ではないのです。(詩篇5・9、10・3-11、36・1-4、49・10-13、53・1、73・4-12、92・7、Ⅰテモテ6・9-10、Ⅱテモテ3・2-5)
恐ろしい時が来ました。神が私たちを裁こうと立ち上がられました。
山よ。岩よ。「私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と子羊の怒りから、私たちをかくまってくれ、御怒りの大いなる日がきたのだ。だれがそれに耐えられよう。」(黙示6・116-17)

子羊の怒りは、サタンを用い、この世を支配させ、神の偉大な力を持って天変地異を起こさせ、人間の罪を断じ、悪を喜んでいたすべての者が裁かれるためです。
    主を愛さない者はだれでも、のろわれよ。主よ、来て下さい。(Ⅰコリント16・22)

enjeruさん、的を得た考察ありがとうございます。
納得です・・・
特に>神を信じるかって?とんでもない。私が一番大事なのは、私自身であって神ではないのです。・・・(-_-;)

今の世の中、黙示録6章の第六の封印の記述がまさに今進行しているかのようです。
それでも皆言うのです。
「今が底、近いうちに良くなる。いつまでも最悪期は続かない。持ち直す。」って・・・

ザアカイさんありがとうございます。

1973年から7×5=35年の去年秋から事態はめまぐるしい展開になってきています!経済の嵐、インフルエンザ疫病の浸透、次はいよいよ戦争になります!今年中からどんなに遅くとも来年の内に、流血沙汰は避けられないでしょう。

35,6年前に地球で一番辺鄙なニューギニアのクリスチャン部落に現れた天使のメッセージは『まもなく王が帰還します。王の帰還に相応しい支度を至急しなさい』でした。

皆さまお待たせいたしました。まもなく王なる主イエス様が帰還されます!恵みの時はほぼ終了です!もう待つことはありません!
あの十字架と飛び出しナイフとディーンチャレンジ主催、タイムズスクエア教会のデビッド★ウィルカーソン牧師もアメリカは裁かれて滅びると『幻』の中で預言されました!
主への祈りが滞っていた障害が消えてストレートに祈りが実現する時代になるそうです!
携挙はどうなのでしょうか?イスラエルは、カトリックは、私たちの生活はどうなのでしょうか?

さあ花嫁たちよ!眠りから目覚めなさい!花婿イエス様が帰って来ましたよ!花婿イエス様ですよ!歌いなさい!

『お帰りなさいませ!ご主人様!』

ども、わたぴ~です(^^)

enjeruさん、最新版どうもありがとうございます。(vv)
ザアカイさん、確かに受け取りましたので。いつもすみません(^^;)

アンさんへ

お父さんが、主のご加護と共に健やかでありますように。
どうぞ、お父さんとの時間を大切にされて下さいませ(vv)

イランの選挙も終わり・・・と思ったら、暴動、起こっちゃいましたね。最初はちょっとした小競り合い程度に思っていたのですが、何だかイラン版天安門にさえなりそうな勢いです。最高指導者が選挙結果を受け入れるよう発言したのですから、従わなければ本来、反逆者扱いなのですが、その辺りがどうも今までの状況と違うようです。宗教指導者の威厳がどんどん無くなってきている顕われでしょうか。

>神を信じるかって?とんでもない。私が一番大事なのは、私自身であって神ではないのです

つまり、自分が神!・・・って事ですね。ヤレヤレ(ーー;)

わたぴ~さん、了解しました。

確かに今イランにおいて、水面下でなんかやってそうですね・・・
イスラエルでもネタニヤフ首相が、パレスチナの非武装を条件に容認するなどと言ってますし・・・

どちらも裏がありそうです。

それとアンちゃんの言うとおり、2008年秋から「時代は変った」と見ていいのかもしれませんね・・・

ザアカイさん、enjeruさん
癒しの福音 受け取りました。
神の奇跡が、いまでもあるのですね。
ドイツの若い姉妹の話。。 これも素敵ですね、
植物状態の少女が回復する姿も、感動しました。
不可能を可能にするのが、信仰であり、神の恵みなんですね。

そのときに応じて、直されるのも目的があって、病気で召されるにも、
希望をもって周りに神への賛美を示す事で、周りの人を癒しに向かわせる事もできる。。
すばらしいですね。。

わたしは、日本にいないので、せめてネットで、ちょこちょこキリストの救い、
神様の愛について、あるサイトでコメしてます(2チャンじゃないですのでご安心を)
日本人は、キリストの救いすら聞いた事のない人ばかりですね。
戦後アメリカのほかのどうでもいい影響は受けてきたのに、肝心の神の救いが。。
伝わっていない。。 神の恵みが日本人の上にありますように。。

>不可能を可能にするのが、信仰であり、神の恵みなんですね。

→サマちゃん、私もそう思います。
そして表向きの結果が、奇跡的に良かろうと、仮に祈りが聞かれなかったように感じようと、それは人間側からの見方であり、神にとってはすべてがベストなのかもしれませんね。
とえらそうなこと言っても、納得いかないことが多いのも事実です(-_-;)・・・時が来ればすべてが明らかになるのでしょうけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/45328080

この記事へのトラックバック一覧です: 金融危機第三弾の具体的話が出てきましたが:

« 救い主イエス | トップページ | イランは燃えているか? »