2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 追い詰められるイスラエル | トップページ | 新説?第一の獣と第二の獣の正体とは »

2009年5月13日 (水)

追い詰められるイスラエルー2~ローマ法王は何しに行ったのか?

テロへの誘惑拒む勇気を=パレスチナの若者に訴え-ローマ法王

5月13日17時33分配信 時事通信

 【エルサレム13日時事】中東の聖地巡礼中のローマ法王ベネディクト16世は13日、イエス・キリストの生誕地として知られるパレスチナ自治区ベツレヘムを訪れた。法王は歓迎式典の演説で、パレスチナ人の若者に対し、イスラエルの占領による破壊行為に直面しても、テロや暴力に走らないよう訴えた。
 法王はこの中で、「命の損失や破壊行為を目の当たりにしても、敵意や恨みを募らせてはならない」と指摘。「暴力やテロ行為に訴えようとの誘惑を拒む勇気を持ち、平和構築への決意を新たにしよう」と呼び掛けた。

* おい、おい、おい・・・あまりにも過激な発言!イスラエルの占領による破壊行為って!誤訳じゃないでしょうね?

「虐殺への謝罪うかがえない」イスラエルで法王に批判集中

5月12日22時9分配信 読売新聞

【エルサレム=松浦一樹】イスラエルを訪問中のローマ法王ベネディクト16世に、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の生存者や地元メディアから、「ドイツ人の法王の言葉からは謝罪の気持ちがうかがえない」といった批判が相次いでいる。

 法王は到着した11日夕、エルサレムのホロコースト(ユダヤ人虐殺)記念館「ヤドバシェム」を訪れ、「虐殺犠牲者の苦しみが否定されてはならない」と追悼。これに対し、自身が生存者のイスラエル・ラウ同館理事長の口からは、「ナチスへの言及がなく、謝罪どころか、遺憾の意さえ感じられなかった」との批判が飛び出した。同館関係者が賓客を批判するのは異例。

と来て、次の記事。

オバマ大統領 中東和平調停で3首脳と会談へ

5月13日9時12分配信 産経新聞

オバマ大統領は18日にネタニヤフ首相、26日にエジプトのムバラク大統領、28日にパレスチナ自治政府のアッバス議長とそれぞれワシントンで会談する。

 ギブズ大統領報道官は12日の記者会見で、オバマ大統領はイスラエルとパレスチナの2国家共存実現を目指して、3首脳と意見交換することになると語った。

 オバマ大統領は4月下旬のヨルダンのアブドラ国王との会談で、中東和平問題で数カ月以内に一定の進展がみられることに期待感を示している。ただ、ネタニヤフ首相は米国が進めようとしている2国家共存案には消極的な姿勢を崩していない。オバマ大統領は首相との会談で、共存案の受け入れと、ヨルダン川西岸での新たなユダヤ人入植地建設の中止を求めるとみられるが、事態打開は容易ではない。

 イスラエル側はオバマ政権が、核開発を進めるイランとの対話を進める姿勢を見せていることに懸念を示している。オバマ大統領は対イラン政策について説明し、ネタニヤフ首相の理解を求めるとみられる。

* さて、このニュースは無関係ではないと思う。

カトリック=サイドの批判を覚悟で言わせてもらえば、どう客観的に見ても、ベネディクト16世は「イスラエルを煽るためわざわざ挑発しに行った」としか私には見えない・・・

「ベネディクト16世=荒らす憎むべき者」の可能性を、まだ捨てていない。マラキ予言から言っても、「オリーブの栄光」のあとは「ローマ人ペテロ」しかいないし、「そこで終る」とある。バチカンが分裂して並立の可能性だってある。そのような解釈も可能であると思う。

そこで18日のオバマ、ネタニヤフ会談。

聖書預言的には、おそらく破談でしょう。オバマもまた、イスラエルを煽り、挑発するためのマッチ=ポンプであると感じる。

ベネディクト16世、オバマ、ネタニヤフと役者は揃っているように見える。いよいよイスラエル暴発の時が近いのだろうか?

なお、「これでイスラエルの運命は消滅しかない」という予測、分析があるが、これは聖書預言的ではないし、私はそうは思わない。

イスラエル(エルサレム)が消滅したのでは、キリストの再臨の場がなくなってしまうから。イスラエルはその時まで、奇跡的なことがあろうとなかろうと、残る気がする。

2008060700000437reuintview000

« 追い詰められるイスラエル | トップページ | 新説?第一の獣と第二の獣の正体とは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ベネディクトはヒトラーユーゲントだったから…
イスラエルに虐殺を辞めるようにというならわかるけど
どこが聖職者なのかわからない
パレスチナとイスラエルの両者の怒りを買ったような気がします

初めまして、いつも興味深く拝見しています。
カトリックの終焉について昔から考えていましたが、ノストラダムスも教皇が
バチカンを襲撃した人々の死体を踏み越えて脱出すると言っていますし、
今度の世界恐慌でイタリアに共産革命が起こり、バチカンが襲撃されるのだろうと考えています。そしてその教皇とは現ベネディクト16世でしょう。
とすれば我々はまもなくカトリックの終焉、おそらくキリスト教の終焉も見ることになるのでしょうか。同時にかつてない苦難が襲うようですから、罪を悔い改め、首を洗って待っている必要があるかもしれませんね。
それにしても下の記事を見ると現教皇様は人気がありますね??(笑)

ローマ教皇様について
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-date-20090507.html

フリーアイズさん、いつもコメありがとうございます。
火に油を注ぎに行った感は拒めませんね。

漁師さん、はじめまして。
ローマ教皇、去年の末あたりから活動が活発になってきましたね。
個人的にはバチカンの終焉はあっても、カトリック、キリスト教の終焉はないと思ってます。
カトリック、プロテスタントを問わず、教会がおかしくなることは十分考えられますが・・・聖書を読む限りそう取れそうです。

これから益々、凄いことになりそうです・・・正直言ってつらいです・・・

それにしても玉蔵さんのブログ・・・(^_^;)

う〜ん ローマ教皇さんは、反感をかってますね。
murderdでなく killedという言葉を使ったということですよね。
ナチに対しての反省は、完全にぼかして、数百万の犠牲者と言って、
600万の犠牲者と断定しなかった。。。とのことですね。
犯罪行為というより、戦争での犠牲者と言うレベルに下げているという感じでしょうね。
もちろん、戦争の犠牲者も尊い命に変わりはないのですが。。

イスラエルのパレスチナへの破壊行為と言っている点では、完全にイスラエルにこびをうるような態度ではないですよね。
平和を求めにいったのではなく、宣戦布告みたいになっちゃいましたね。(;;;´Д`)
これでキリスト教への批判が増えるのかしら。。

ザアカイさん こちらこそいつもありがとうございます

現在パキスタンにロシア軍が進駐
インドVSパキスタン
リグブェダ…ラマヤワナ

ヨーロッパにイスラム
ノストラダムス

イタリアに国連の本部
ジーンディクソン

長い終末の時代…

死んだ人は生き返りません。
例えどんなに凄い人であろうとも。

ゲームの中だけですよ(笑

ザアカイさん、こんばんは。

新型インフルエンザ、国内でも発生しましたね。これから、蔓延していくのかもしれませんね。

>死んだ人は生き返りません。例えどんなに凄い人であろうとも。

多くの人々は、このように考えていると思います。それが、常識ですから・・・。
しかし、聖書はなんと言っているでしょうか。

 もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお
 自分の罪の中にいるのです。
 そうだったら、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのです。
 もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、
 私たちはすべての人の中で一番哀れなものです。
 しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。
 というのは、死がひとりの人(アダム)を通して来たように、
 死者の復活もひとりの人(イエス)を通してきたからです。(Ⅰコリント15・17-21)

このことを信じるか信じないかは、その人の自由意志ですが、聖書は真理を貫き、その人の将来の決定を左右する大きな要となるでしょう。

 私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて
 報いを受けることになるからです。(Ⅱコリント5・10)

 わたし(神)の目は彼らのすべての行いを見ているからだ。彼らはわたしの前から隠れることはできない。
 また、彼らの咎もわたしの目から隠されはしない。(エレミヤ16・17)

どんなに時がかかろうとも必ず死者は復活し、キリストの前に立つ日が来ます。その前に十字架に架かられた主イエスの救いを受け入れられ、ご自分の過去、現在、未来に犯すであろう罪を赦されますように。神さまは、どんな小さな罪も見過ごされず、必ず裁かれます。

enjeruさん、いつもありがとうございます。
豚フルですが、やはり・・・要注意かもしれません。全世界で8000人を超えたようで。一日で1000人も増えたとか?何か嫌なものを感じます。

ところで、わたぴ~さんをはじめ、関西エリアの方・・・ご注意くださいね。命には別状ないでしょうが、主の大いなる守りがありますようにお祈り申し上げます。

死者の復活は信仰の問題で、強制することは出来ませんが、私は「復活」に全生涯を賭けますよ。

>もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、
 私たちはすべての人の中で一番哀れなものです。
ですからね。

私事で恐縮ですが今日、小学校の時の同窓会に出席しました。
懐かしく35年ぶりに恩師にも会うことが出来ましたし、卒業以来あってない人も、何名か来てました。
もう二度と会うことがないかもしれないので、感謝でした。
ただ・・・究極的な核心部分において、みんなとは価値観というか、なんか違和感を感じました(-_-;)・・・
キリストを信じてしまうと・・・もうこの世にどっぷりと浸かり、戻ることは出来ないのかもしれませんね・・・

「偉そうに!」と言われる方がいるかもしれませんが、うぬぼれでもなんでもなく嘘偽りない感想です。
キリストの刻印を押されてしまうのかな?(笑)

気分を害された方がいましたらスミマセン。狂人の戯言と思ってスルーしてください。


ああ‥とうとう、ついに、東京都にも新型インフルエンザが侵入した模様を伝えるニュース
神奈川と東京はアンちゃんの庭のようなもの
早速、わたしもマスク(N-95とサージカル、それとマツキヨで簡易マスク)を箱単位で購入し他に、消毒薬のクレベリンのゲル状置きタイプ、スプレー、エタノール、キレイキレイ、ハイター、手ピカジェル、ゴム手袋カートンで、各種市販薬などなど ざっと十万投資したわよww

おまけに父の具合(心臓はだいぶ良くなりました。皆さんお祈りありがとうございます。しかし薬の副作用らしく、肌が痒い痒い眠れないっていう有り様で睡眠不足と食欲減退で)が悪く、正常な生活ではありません。どうか引き続きお祈りお願いいたします。

今月24日(正確には前日夕方)から、第3の月の新月祭になります。そしていよいよ31日(前日夕方より)に七週の祭ペンテコステです!

サマリア人さん、洗礼の件おめでとうございます。ドイツはインフルエンザ如何ですか?

アンちゃん、こんにちは。

私もあまり調子がよくありません(-_-;)・・・
皆さん中身は違えど、大変ですね・・・困難から守られますように。

ザアカイさん、こんばんは。

>私もあまり調子がよくありません

大丈夫でしょうか?仕事・・・守られています?

新型インフル・・・。テレビで見る多くの人々のマスク姿を不思議に感じます。
突然現れた見えない小さな敵に皆、おびえ、不安がいっぱい。
これが強毒型だったら、パニックだったでしょうね。でも、その可能性は今後どうなるか解らないと・・・。
神の裁きは、そこまで来ているように感じます。
黙示録を読むと、患難時代が始まったら、地球の人口は半分以下になると・・・。
今まで経験したことのない天変地異、戦争、反キリストによる迫害。

 また私は見た。一羽のわしが中天を飛びながら、大声で言うのを聞いた。
 「わざわいが来る。わざわいが、わざわいが来る。地に住む人々に。」(黙示8・13)

主イエスが主を信じる人々に「ここに上れ。」(黙示3・1)と言う前に、イエスさまの十字架の救いを受け入れる人は幸いだと思います。

enjeruさん、こんばんは。
ご心配かけて申し訳ありません。
何とか生きてます・・・が、正直言って、エネルギー消耗状態です。
運転していて、目的地へと向かうのと違う道路を走っていて、途中で気がついて引き返したり、納品業者が来たはいいけど、「はて、さっき来たんじゃなかったかな?なんでダブリで持ってくるの?」などと5秒くらい考えこみ、自分の勘違いだとハッとしたり・・・品物届いてないのに追い返しそうになりました。

ま、無駄死にだけはならないよう祈ってます。せめて1ミナくらい稼がねば、何のためにキリスト者やっているんだかわかりませんからね。米粒程度でもいいから、生きた足跡くらい残さねば。

今日のモトイさんのブログ記事じゃありませんが、主の十字架を否定することは出来ませんからね・・・

今こそ、神の家から裁きが始まる時です。わたしたちがまず裁きを受けるのだとすれば、神の福音に従わない者たちの行く末は、いったい、どんなものになだろうか。正しい人がやっと救われるのなら、不信心な人や罪深い人はどうなるのか、だから、

信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。あなたがたと信仰を同じくする兄弟たちも、この世で同じ苦しみに遭っているのです。しかし、あらゆる恵みの源であるキリスト・イエス御自身が、しばらく苦しんだあなた方を強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。あなたがたは、いわば旅人であり、仮住まいの身なのですから、

主は愛する人たちを追い詰められる。 わたしたちの生に余裕など無いのです。余裕があれば人は油断して滅びの罠に落ち込むかもしれない、余裕が無ければ決して油断しない。出来やしない。神は愛すべき救いに入らせる人に余裕は与えないのです。彼が油断して滅びの罠に落ち込まないように、・・・イスラエル選民の歴史がそうでしょう。

主がゲッセマネで最後の祈りをしているとき弟子たちはみな眠っていました。主は誘惑に陥らないよう目を覚まして祈っているようにと言われた。耳のある者は聞きなさい。虜になるべき者は、虜にされて行く。剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。ここに聖徒の忍耐と信仰がある。

命にいたる門は狭く、その道は細い。

それを見いだす者は少ないのだ。

滅びにいたる門は大きく、その道は広い。

そこから入って行く者が多のだから。



使徒さん、お久しぶりです。
示唆深いコメントありがとうございました。

おひさしぶりです。
家族とのんきに( ̄▽ ̄)休暇へいってまいりました。
のんびりと、バルト海ですごしまして、ネットもつながりませんでした。。
情報はテレビとラジオのみでした。。 でも聖書をよみましたよ
アンちゃん、ブタインフル、大丈夫ですよ。
マスクなども、つけている人はいません。
ブタインフルへの恐怖感が薄いのでしょうか、ゲルマン人は相変わらず
ソーセージパンをむしゃむしゃ食べてます。

( ・∀・)つ〃∩ヘェェーサマ様はバルト海休暇中だったの
うらやましいです!欧米の人たちって休暇のんびりまったりですよね
それにしても、ドイツは豚インフレ騒がしくないですか~。日本だけ異常なのかしら
もともと清潔をモットーな民族性があるのかもしれない。

はい。バルト海といってもデンマークです(*^-^)
私は近いドイツで良かったのですが、旦那がどうせなら、まだいった事の無いデンマークに行ってみたいと、だだこねまして。。。
車で6、7時間ほどです。 ホテルでなくて目の前には小麦畑のひろがる、近所には牛を飼った
農家もあるようなのどか〜な田舎の休暇の家をかりました。 
1週間の休暇はごくごく普通でして。。。 ちなみにひと家族の1週間の宿代350ユーロなり!!
やすあがりです。 デンマークは物価が高いので自炊しました。外食はアイスだけ。。。さみしい(p´□`q) でも、名産のくんせいチーズはスーパーで購入して食べました。
あと、デンマークビール。。
中流(もしくは中流以下)市民も休暇を楽しみに働く。という感じでしょうか。
でも、こんな生活も今年いっぱいですかね。
はやく多くの人に取って苦しい世の中を終わらせるためにも、イエス様にきてほしい。。

はやければ6月14日に洗礼受けられそうです。(゚▽゚*)

デンマークか!?
(´ω`)デンマークと言ったら、コペンハーゲン、アンデルセン環境保全と牧畜の先進国よね~。人魚姫にマッチ売りの少女、みにくいあひるの子。公園だと有名なチボリやレゴランドが知られてますよね
環境を守る為に電気自動車や三輪車が多いのよね♪

麦畑か(・ω・;)わたしも、飛んでいきたい!栄光のからだになったら飛んでいくからね~だって赤毛のアンだもの。

サマちゃん、お久しぶりです。
元気そうで何よりです。休暇ですか、うらやましいです・・・

それにしても洗礼感謝ですね!

のんきに休暇にいってしまいました。。
まあ、こどもが小さいという事でご容赦を(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

アンちゃん アンデルセンが出身のフュン島のオーデンゼ市にもいきましたよ。
でも、私のいきたかったアンデルセンの生家にはいけずに(ρ_;)、子供用に動物園へ。。。
コペンハーゲンのある島ではなくて、フュン島の海岸の民家にとまりました。
120m2と広い農家のお家でした。。 ああ こんな田舎の家に住みたいな〜と、かなわぬマイホームの夢をみましたよ。
しかもシーズン前でやすかったんですよ。 なにシーズン中は倍になりますから。。

http://www.visitscandinavia.or.jp/index.php?node=inf&cmd=view&mareaid=1&subareaid=05
旦那の希望で、北ヨーロッパ一の美しさともいわれる水上城郭、イーエスコウ城(Egeskov Slot) にもいってきました。 観光局の回し者ではありませんが。
いまでも城主が住んでいるという、めずらしいお城です。 ラビリンスもあって、こどもと
遊んでまいりました。 レゴランドもいきたかったのですが、ちょっとプランがきつかったです。
しかも、デンマークはユーロじゃないという事を、車で移動するときまで忘れてました。。
社会保障が充実してますし、自国を大切にするという、いいいみで?誇り高い国なのでしょう。

そういえば、6月7日はヨーロッパ選挙。
あちこちに、ヨーロッパのなかのドイツともあったな。。 どうなるんでしょね。。
ヨーロッパ大統領も。
ちなみに、ドイツのコーラー大統領は引き続き、大統領となりました。 

バカンス良かったですね。
祝福なんじゃないかな?
私も宝くじ当ててヨーローッパに?・・・無理だな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/45003574

この記事へのトラックバック一覧です: 追い詰められるイスラエルー2~ローマ法王は何しに行ったのか?:

« 追い詰められるイスラエル | トップページ | 新説?第一の獣と第二の獣の正体とは »