2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« クライスラーが破産か? | トップページ | 5月になりました »

2009年4月27日 (月)

豚インフルエンザと金融スキャンダル

世の中、豚インフルエンザ騒ぎで大変になってきました。

一つ前のエントリーのコメ欄でいろいろと情報交換しましたが、私の幼稚園児並み?(笑)のオツムでは、その狙いが今ひとつわからない。

想像をたくましくして列記すると

1. おそらく細菌兵器だろう、自作自演か?

2. メキシコの麻薬問題が関わっているらしい

3. それをめぐってアメリカのエスタブリッシュメントが二陣営に分裂して

  南北戦争よろしくエスカレートするかもしれない。アメリカ潰し?

4. 人口削減計画まで想定しているのか?

  戒厳令、強制収容所もありなのか?

5. お決まりのパターンで、単なる製薬会社の金儲け?

わからないことだらけです。

唯一つ言えることは

イエスが言われた、「あなたがたは、惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたし名を名のって現れ、自分がそれだとか、時が近づいたとか、言うであろう。彼らについて行くな。

戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。こうしたことはまず起らねばならないが、終りはすぐにはこない」。

それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。

また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。

ルカ 21:8~11

を彷彿とさせます。この箇所に一番近い時期に来ているかのような・・・

そして、豚フルと関係あるかどうかわかりませんが、↓の記事・・・これまたきな臭い。バーナンキ、ポールソンが逮捕!などとなったら・・・益々混沌としてくるでしょう。

政治と経済、はたまた宗教、戦争が密接に関連しているのはわかりますが、災害も関連しているのかもしれません・・・どうなってんだ?明らかに世の中狂ってます・・・我々はあとどのくらい、この狂気とつきあわねばならないのか・・・正気が保てるというのだろうか?

バンカメのメリル買収、FRB・政府が口止め要請─バンカメCEO=WSJ

2009年 04月 23日 19:31   

 [23日 ロイター] ウォールストリート・ジャーナル紙によると、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N: 株価, 企業情報, レポート)のルイス最高経営責任者(CEO)は、今年1月のメリルリンチ買収について、バーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長とポールソン財務長官(当時)から、買収計画を事前に明らかにしないよう口止めされていたとの認識を示した。

 同CEOは今年2月、クオモ・ニューヨーク州司法長官への宣誓供述で、バーナンキ、ポールソン両氏からメリルの巨額損失について口外しないよう指示されたと発言。

 政府の後押しで救済買収が完了するまで、買収交渉の事実を明らかにしないよう求められたと証言した。

 宣誓供述の筆記録によると、同CEOはメリルの巨額損失をなぜ事前に公表しなかったかとの質問に対し、バーナンキ、ポールソン両氏から買収を完了させなければ「金融システムが大きなリスクにさらされる」と説明を受けたと答えた。

 バンカメのコメントはとれていない。

~以上引用~

やってられないから最後にミュージックなどを。

追加どすえ。

« クライスラーが破産か? | トップページ | 5月になりました »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

>パウエル氏の予言について、人造の流行病が解き放たれるだろう。
鳥インフルエンザかそれに類したもの。
http://icke.seesaa.net/article/112661814.html
1月15日の記事です。
 
米軍フォートデトリック生物兵器研究所でウイルス兵器標本が行方不明
やはり計画的犯行のようですね。目的は複数有るのでしょうが。

バルナバさん、精力的な情報提供ありがとうございます。
パウエルがそのような事を言ったのは知りませんでした。

>目的は複数有るのでしょうが。

→そうなのかもしれませんね・・・場合によっては、火器類よりも強力なカードになることでしょう・・・まさしく卑劣極まりない悪魔的行為です。
「相手は人間じゃあない」という名言通りです。

ザアカイさん
>パウエルがそのような事を言ったのは知りませんでした。
言葉足らずでした、パウエル氏の予言のひとつの解釈だと思います。

 こんな記事見つけたのですが。
発熱疑いの外国人女性が検疫ゲート突破…成田空港
http://www.zakzak.co.jp/top/200904/t2009042733_all.html
関東ではニュースになっていますか?

バルナバさん、補足説明ありがとうございました。
そのようですね。

>関東ではニュースになっていますか?

私、テレビはあまり見ないで、聞く程度なのですが今のところ聞いてません。パニックを恐れ隠している可能性も?

ところで藤原直哉氏のネットラジオ「新型インフルエンザ広がる」 ↓

http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2009/04/200928-feaf.html

聞いてきました。氏はクリスチャンではないと思いますが、なかなか鋭いところ突いてきます。
「天のシナリオ」という言葉をよくつかいます。
「この事件が時代を変えることは出来ないだろうけど、流れを加速することになるでしょう」という内容です。

確かにこの豚フルが、終末の流れを爆発的に加速させる可能性は大だと私も思います。

サブプライム=金融恐慌 → リーマンショック=経済恐慌 → 豚フル=生活恐慌 という図式になると・・・

その先に待っているのは、黙示録の世界以外に考えられませんが・・・

こんばんは。
豚フル→生活恐慌ですか。
いい加減備蓄を増やすべき時が来たのですね。
Dロックフェラーが先日日本で買い物してたようなので(まだ滞在中?)、発熱者の成田ゲート突破報道は自分的には単なるメディアの煽りなのかなと思ったりしてますが…
あ、エスタブリッシュはもうワクチン打ってるか…
ともかく鳥フルの時と違いフェーズ5引き上げまで時間も無いと聞きますし、もし拡散が本格化してきたら物流へのダメージは相当なものでしょうね。
連休中に更なる食料買い増しを進めます。
まあ、私ごときの家では焼け石に水なんですが…

皆様の情報大変勉強になります。
今後ともよろしくお願いします。

ザアカイさん今コメントをしようと想い送信をしようとしたのですが。
期限切れのエラーメセージが出ましたがこんな機能ありましたか?
知らせたかったのはこの記事です
http://satehate.exblog.jp/10254804/
ぶたふるの検索でPCがウィルスに感染した事例があるようです。

ツリビトさん、いつもコメントありがとうございます。

最近の私の見解は、慎重になり(笑)基本的には「なってみないとわからない」としてますが、フェーズ5になりましたね・・・
私ごときでは、詳しいことはわかりませんが、すべてが繋がっているような?
はたまた、メキシコ南部の大規模養豚場が発生源だとするならば、人災には違いないでしょうが、「神の裁き」?が働いたような気も?・・・想定外?・・・わかりませんね。
悪い時には悪いことが重なるようです。それとも重ねているのでしょうか?

バルナバさんですね?
いつも情報ありがとうございます。

>期限切れのエラーメセージが出ましたがこんな機能ありましたか?

→いや、聞いたことありません。慎重に行動する時がすでに来ているんでしょうか?

ども、わたぴ~です(^-^*)

「思い切って神に全託せよ」
今、メールBOX見て気づきました。すみません。(;^_^A

>enjeruさんへ

重ね重ねすみません&ありがとうございますm(_ _)m
何もお返しできませんが、どうか無理はなさいませんように。

>ザアカイ さんへ

送ってくださってありがとうございます。m(_ _)m
たまたまメールBOX見たら、来てたのでビックリ!です。w(゚o゚*)w
いやはや、メールBOXはちゃんと掃除しておきましょう。
・・・って、人に言ってる場合じゃないな。反省~(´□`;)

わたぴ~さん、
気付かなかったらブログでアナウンスするつもりでしたが良かったです。

世の中益々混沌としてきましたが
わたぴ~さんをはじめ、皆様の上に、主なる神と御子なるイエス=キリストの大いなる御護りがありますように。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

新型インフルエンザ、拡大の一途をたどっていますね。日本に上陸するのは、時間の問題でしょうか?
今朝見たテレビで、新型インフルエンザはA型で、これが流行すると、今までのA香港型やAソ連型は無くなるのだそうです。
インフルエンザにも秩序があって、新型がでるとその王座を明け渡すとのこと。おもしろいと思いました。

以前、SARSが流行した時、私は「主よ、この日本をお守りください。」と真剣に祈りました。
ある兄弟にこのことを言うと、「ははは・・・。姉妹、そう祈っても来るときは、来るのですよ。」と笑われてしまいました。
しかし、どうでしょう・・・。日本に遂にSARSは上陸しませんでした。
報道では、日本人の遺伝子が他のアジア人と違うなど・・・説明していましたが、私は祈りの聞き届けを感謝しました。
もちをん、多くの方々の祈りがあったと思いますが・・・。

祈りについて、神の偉大さを知ったの台風の時でした。
2004年か2005年か忘れましたが、とても大きい台風で、九州がすっぽり入るほど大きい台風。
その台風は、明らかにまっすぐ私が住む市を直撃するような進路でした。
私は、恐くなって台風に「来ないで!!」と叫びました。祈りというようり叫びだったと思います。
すると、どうでしょう・・・。しばらくすると台風が進路を変え、私の住む県を回り始めたのです。
そう、県に上陸する寸前で・・・。一番驚いたのはわたし・・・。え~~~っ!!
もう驚いて、祈ることもできず・・・。すると台風は、途中で上陸しました。
もちろん、私に全く被害はありませんでした。
私は、このことをすぐ友人に話ました。友人も台風の進路を見ているので、驚いていました。「こんなこともあるのね~」
昨年、飛行機のパーサーと話をする機会がり、この話を勇気を出して話してみました。
きっとバカにされると思いつつ・・・。すると、彼はこの台風のことを覚えていたとのこと。
「変な動きをするなぁ~」と思っていたとのこと。彼もクリスチャンで、しばしばフライト中、神に祈り、天候の助けを経験している方でした。
私のような愚か者の祈りを聞いて下さるとすれば、この国のため、皆で力を合わせて祈れば、
どんなに大きな力となって守ってくださることでしょう。
このインフルエンザのためにも多くの方々が祈ることができますように~。(エペソ6・18)

わたぴーさん、
ぼちぼち暇を見つけてしていますので、気になさらないで下さいね。
次は、「神の導き」です。
ザアカイさん、長くなってすみません。

enjeruさん、いつもありがとうございます。

私も結果はどうあれ、やはり祈るべきだと思います。
テポドン騒ぎの時もつい、祈ってしまいました。他に祈っていた方も多かったと思います。祈りが聞かれたのかどうかはわかりませんが・・・着弾しなかったわけで(^_^;)

>この国のため、皆で力を合わせて祈れば、
どんなに大きな力となって守ってくださることでしょう。

→そうですね。この国が悪から守られ、救いに与る人が増えるように。

あることがありなぜか?今「出エジプト」を読んでいるのですが、エジプトでの災いの数々・・・なんか黙示録の災いの予表のような気がして・・・今現実に起きてきることが、やがて過ぎ越しの裁きに発展するような気がしてなりません・・・救いの希望があることは言うまでもありませんが。

それから、クライスラーがいよいよチェックメイトまで来たようですね。今晩あたりはっきりと結果が出るのでしょうか?本当に、世は終末に突入したかのようです・・・

 ザアカイさん私は信仰の基本とバランスを保つ為に、今ローマ書を読んでいます。

 ローマ 3:24~25 ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
神は、キリスト・イエスを、その血による、また信仰による、なだめの供え物として、公にお示しになりました。それは、ご自身の義を現わすためです。というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって見のがして来られたからです。
 
今回の豚フル騒動によって北米統合の動きが進むかなと考えていますが。

米クライスラーが破産手続き、オバマ大統領が発表
>米メディアによると、米国、カナダ両国政府は運転資金をクライスラーに供給して経営を支える方針だ。

ザアカイさん、皆さんこんにちは。

そうか、人為的に撒かれたのであれば、バルナバさんの言うように北米統合の加速を意識したという事はあり得そうですね。

>やってられないから最後にミュージックなどを。

ははは。ザアカイさんのこの雰囲気には、いつも和ませてもらってますw。

バルナバさん、モトイさん、いつもどうもです。
確かにバランスは大事ですね。
その為にも新約、旧約とバランス取らねばならないのかなと。
新約をローマ書まで読み進めて・・・突如として?出エジプトなのですが(^_^;)・・・

やはり、終末の鍵になるのは、イスラエルとアメリカなんでしょうかね?・・・


クリスチャンはキリストの花嫁です
♪その結婚式のことなんですけど、ユダヤ人社会では結婚式は7日間行われるんですって!!御存知でしたか、士師記14・17参照

我が国でも、最近まで田舎では、結婚式は数日かけて飲めよ唄えの村をあげての一大イベントだったとか…
なんだか、キリスト者が天に引き上げられるのが七年なのも ユダヤの結婚式みたいですよね

イザヤ65は宴会用語であり、空中婚宴を預言しているそうです。地上での艱難の間 クリスチャンは黙示録19の7-9の小羊の婚姻
用意できたキリストの花嫁は携挙されて婚宴をお祝いして、その後 披露宴のハイライト地上再臨今の世界を揺れ動かし千年の新婚旅行に旅立ちます。それはゆみちゅんと行こう世界一周みたいな わくわく謳歌満喫できる楽しい時
新婚旅行の観光地はあくまで演出 大切なのは夫です!よりいっそう相手を深く知り 愛を深める親密な時になります。新婚旅行を終えると キリストとの共同の初仕事があります。第一コリント6・2
いよいよ、新しい天地創造のスタートラインになりました!これからが本番です!

そんなミラクルな時が迫ってきた予感がします。皆さん王の婚姻の支度を準備してくださいね!

聖歌161番
「このつみのふかい」

1.この罪の深い者の為に
救い主イエスは死なれたのか

2.十字架の刑罰 その悩みは
汚れた我が身を救う為だ

3.咎の無い者が死ぬのを見て
日も雲の中に顔を隠す

4.まともに見ている事は出来ぬ
心は涙でとけるばかり

5.恵みにどうしてこたえられよう
この身とたましい差し上げます

この身とたましい差し上げます

>そんなミラクルな時が迫ってきた予感がします。

→そうだとするなら、どんなにうれしいことでしょう。

ドミトリー・ラディシェフスキー氏によりますと、第三の脱出が非常に近いと警告されておられます!

第一の脱出 出エジプト
第二の脱出 バビロンからの帰還
モーセがエジプト王に対して「我が民を解放せよ」と告げたように
主イエスはサタンに「聖徒たちの魂を解放せよ」と命じておられます!

十の災厄
水を血に変えたように、水は信仰を象徴
ポストキリスト教である人間主義humanism ナイル川を悪臭で満たした。
第2のカエルは性的倒錯行為を現しています。家庭は崩壊 不道徳が蔓延
官僚の腐敗の象徴 ハエ 経済界が腫れ物のように膿みを出し 雹 マスコミも公正さを欠く報道 イナゴはパンを喰い尽くします。パンは神のことば 全地は霊的闇に覆われています。

しかし、何よりも一番神が警告しているのは奴隷からの解放と脱出に緊迫感がないことです!

しかし、主が最後の疫病で世界を打つ時に事態は急展開するそうです!

聖徒たちは頑なな心を悔い改め祈る時 エジプトの家々で嘆きが聞こえる時に解放の角笛が吹き流されます!

さあ、みなさん 直ぐにでも出発の合図が木霊します!この世と呼ばれる紅海を渡るのです !!

第三の脱出ですか。
確かにもういいかげんこの世から脱出したいですね。

ども、わたぴ~です(^-^*)

今、ふと思ったのですが・・・。(vv)

豚フルの感染源って、ひょっとして人ではなくて「お金(札&硬貨)」の可能性も・・・。
特に拡大時期に関しては、怪しい感じがするんですがねぇ。(--;)
お金は人の手垢にまみれながら、一切、消毒なんてしませんからね。
拡大範囲がある程度の範囲で収まっている部分に関しては、
単純に気候などによる病原菌の死滅かも知れませんし。
ま、基本はヒトからヒトへの感染でしょうけど。

思いっきり個人的な思いつきですが。(;^_^A

わたぴ~さん、どもです。

無いとは言えないでしょうね・・・
少し騒ぎが納まってきたでしょうかね。
本番は秋以降と言いますが、侮れないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/44813673

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザと金融スキャンダル:

« クライスラーが破産か? | トップページ | 5月になりました »